2019年07月30日

実戦での詰みを考えてレベルアップしましょう。(解答)

こんにちは、ホッとコーヒーです。

前回の詰将棋問題の解答です。

第一問
問題の局面を再掲載します。
※画像をクリックすると大きく表示されます。
DSCN1702.JPG
画像は後手△59銀 まで
◆正解手順
▲93銀 △同玉 ▲85桂馬 △92玉 ▲93銀 △同桂馬 ▲同桂馬成 △同玉 ▲85桂馬 
△82玉 ▲73桂馬成 △92玉 ▲83成桂 △81玉 ▲72銀 △同金 ▲同龍 まで

※ 2手目の△同玉で同桂馬は73金以下簡単な詰みです。
  △同香車は▲92金 △同玉 ▲84桂馬 △82玉 ▲91銀 △同玉 ▲92銀 △82玉 ▲83龍  で詰みです。

 ◆ポイントは初手の▲93銀が妙手で▲85桂馬の連打から、▲73桂馬成りとするところでした。
 2手目に同香車と応じた場合の92金も覚えておきたい手です。

 第2問
問題の局面を再掲載します。
※画像をクリックすると大きく表示されます。
DSCN1701.JPG
画像は後手△77歩成る まで

◆正解手順 ▲42馬 △同飛車 ▲61飛車 △41角 ▲41桂馬成 △同玉 ▲43銀 △同玉   ▲41飛車成 △34玉 ▲37飛車 △36銀 ▲同飛車 △24玉 ▲35角 △33玉 ▲44龍  △32玉 ▲42金 まで
 
◆ポイントは初手は桂馬ではなく、馬で取るところです。桂馬で取ると、41に桂馬と打たれて角を質駒にできません。35角が打てないと詰みません。

 以上でした。どうでしたでしょうか。ちょっと難しかったようですが、もし解けた方がいたら素晴らしい終盤力の持ち主だと思います。一見、詰まなそうに見えてもしっかり詰むところに、将棋の奥深さを感じさせられます。
 
 最後にこの2局、実戦ではどちらも私が勝っています。第一問めでは▲68金寄るや58歩などで詰めろを消してしまえば十分、勝てます。第2問めも詰みのある局面ですが、▲33角などと受けるよりは77歩成るとしたことは正解だったように思います。

 アマチュアの将棋では、30秒の秒読みなどで簡単な詰みでも見えない場合があるので、相手の棋力にもよりますが、難しい詰みを読み切るよりも、確実な手が有効な場合も多いと思います。
 
 では、また次回の更新でお会いしましょう。


↓できればランキングバナーのクリックもお願いいたします。<(_ _)>

将棋ランキング
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9018046
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
逆転はこうして起こる。F by ホッとコーヒー (06/19)
逆転はこうして起こる。F by Takataka (06/18)
逆転はこうして起こる。E by ホッとコーヒー (06/18)
逆転はこうして起こる。E by Takataka (06/17)
逆転はこうして起こるB by ホッとコーヒー (06/15)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

初めまして。ホッとコーヒーです。元気なアラフィフです。コーヒーが大好きです。得意分野は英語で実力は英検準1級を指導可能なレベルです。英語教育や英検、受験英語、翻訳を研究しています。趣味では将棋、模型制作(主に軍艦・作品多数)野球(打撃と投球技術)音楽(ピアノとギター)絵画(水彩画)釣り、金魚飼育など多趣味だと思います。本物のプロではありませんが、どれも20年以上長く続けてきているので上級者のレベルに達していると思います。特に将棋は大会での優勝経験もあり、県内でも強豪と呼ばれる実力です。何分初めてなので至らない点もあると思いますが、よろしくお願いします。
プロフィール