広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年02月12日

名馬物語#2 ハイセイコー

20200202_180859_0000.png



ハイセイコー
父 チャイナロック
母 ハイユウ
1970年 武田牧場産
競走成績 22戦13勝
(地方競馬6戦6勝)
(中央競馬16戦7勝)


主な勝ち鞍
皐月賞
宝塚記念


稀代の人気馬
国民的アイドルホース
第一次競馬ブームの立役者

大井競馬場でデビュー、6連勝を引っさげて中央入り。
(大井競馬では、デビュー戦をレコード。その後は大差でのレースが続く。)
中央競馬でも連勝し、皐月賞を制覇。

私は当時は知らないですが、凄まじい人気ぶりだったようです。
※弥生賞の当日入場者数 12万3,000人!!
※NHK杯の時は、午前11時前には国鉄や私鉄が東京競馬場には入場出来ないアナウンスがあったそうです。入場者数は16万9,174人!!!
※ディープインパクトよりも人気があったんじゃないでしょうか。

東京優駿での入場者数は13万人。単勝支持率66%。視聴率は20%。しかし三着に終わる。

しかし、負けた事により、更に人気が高まっていったという。

有馬記念での得票率は驚異の90.8%!!

年度代表馬には選ばれなかったが、大衆賞を授賞した。
(逸話「1年を象徴するのが年度代表馬であるなら、ハイセイコーであっても不思議はない」 )


「競馬ブームというよりかはハイセイコーブーム」
週刊少年マガジンや週刊少年サンデーの表紙に登場。
70年代の一つの象徴。
「さらばハイセイコー」という歌が発売される。(オリコンチャート4位)

小さな牧場で生まれた地味な血統の馬が、地方からはい上がって中央のエリートを打ち負かす。という図式が日本人の心を掴んだのではないでしょうか。



IMG_20200212_191231_471.JPG


2020年02月02日

名馬物語#1 セントライト

20200202_180859_0000.png



セントライト
父 ダイオライト
母 フリッパンシー
1938年 小岩井農場産
競走成績 12戦9勝

主な勝ち鞍
横浜農林省賞典四歳呼馬(後の皐月賞)
東京優駿競走(ダービー)
京都農林省賞典四歳呼馬(後の菊花賞)


日本競馬初の三冠馬
JRAもなく、グレード制もなかった時代
三冠目の菊花賞を制した後に引退したのは本馬のみ
レース名(セントライト記念)でお馴染み
日本競馬の象徴ですね
ここから三冠馬の歴史が始ります


StLite1.jpg

wikipediaより引用
プロフィール
さぬきちゃんさんの画像
さぬきちゃん
競馬歴28年以上 競馬の楽しさ、奥深さを伝えたいと思います。 初めての方にも競馬を知ってほしい。 もちろん予想もしますよ。 あと日向坂46が好きです。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
各種コンテンツ

〜準備中〜 20200120_133542_0000.png
[ ス ポ ン サ ー リ ン ク ]
自分でオリジナル馬柱が作れる。IPAT投票にも対応 インターネットで地方競馬の全場の馬券が買える 地方競馬も競輪、オートレースも楽しめる 競馬場やWINSに行く前に事前駐車予約
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。