広告

posted by fanblog

広告

posted by fanblog
2008年06月11日
居酒屋タクシー?!深夜・長距離・お役所税金使いすぎ。
たぶんスポーツ新聞の見出しが一番最初やったと思う。

「居酒屋タクシー」って?!

むっちゃうまいネーミングやけど、
実情、現実は、

厚生労働省・社会保険庁・防衛省などの、職員が、
深夜、帰宅タクシーで、ビールやおつまみをもらった?
だされた?ことによるもの。

タクシー営業側としては、深夜、長距離の客はまさに、上客。
缶ビールやおつまみくらいなら、「サービス」しても、
乗ってほしい、次もうちの車を、私の車を指名して呼んでほしい。
はじめは缶コーヒーていどやったにしても。

乗る側も、チケットや、税金から出ているので、身銭を切って
交通費、通勤している感覚からは遠いし、
多い職員で年間百数十日も「利用」したそうやから、
日常の一部で、罪悪感などあったかどうか・・・。

問題は、金銭、商品の供与ウンヌンじゃなくて!

なぜ、こんなに多くの職員が、タクシーを使って深夜帰宅を
年間数十日以上もしなくちゃいけないのか、ということ。
経済回るためには、ええんちゃうかともおもうけど、
われわれの税金を、使って余分な通勤費が出てると思うと、
腹が立つ。

職員にしても手当として、つかない残業か、なんかしらんけど、
宿直室、仮眠室、労働内容の見直し、いろいろやれる対策はありそうや。

「お役所」職員のハードワークぶりは、人間のあつかいじゃないとか
いうまえに、
ご自慢の優秀な頭を回転させて、仕事の効率化、無駄なお金の削減、
がんばってもらいたいもんや。


根本は、予算取れるだけとる。
使える予算が多いほど権利、力がある。
来年度のためにも多く予算を計上、組むように。

あほか?
民間の、いや、うちの工場みにこい。帳簿みせたる。
無駄を減らせるのが優秀なやつや。
少ない予算、少しのエネルギーで最大の効果・結果を出すのが
できるやつなんやぞ。

居酒屋タクシー。

乗ってみたいとはおもいません。

今回は悪酔いしそうなブログ記事になってしまい、
もうしわけございませんでした・・・。

詳細データ・詳しい記事はこちら。


うんうん、そうや、もしくは、
私も立腹というあなたは、ぽちっと応援おねがいしまぁす!
にほんブログ村 酒ブログへ

この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。