広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年03月20日

「幽霊の夕子」(6)




 あたしの部屋。

 そのままになってる。

 なんだかすでに懐かしい。

 服とか下着とかゴミ袋にガンガンいれた。

 自分の遺品を自分でかたすのって複雑な気持ち。でも有難い。

ゴミ袋十コにもなった。

 三十三枚のハンカチだけは残した。なんとなく。正人に渡そう。

 ふう。あちい。汗ダラダラ。

 シャワーでもするか。

 正人が手伝ってくれて、なんとかできた。

 今日はTシャツと短パンでいいや。いやでも足が出ない方がいいから、やっぱジャージにした。


 氷川神社。

 セミがわんわん鳴いている。真夏に来るとこじゃない気がする。

 正人がとなりで祈ってる。

「何をお祈りしたの?」

「夕子が生き返りますようにって」

「馬鹿だな、生き返らねえよ」

「でもいま、生き返ってる」

「今日までだ」

「うそ」

「決まりなんだ」

「今日の何時まで?」

「知らない」

「また死ぬのか?」

「死ぬっていうか、まあ、死後の世界へ旅立つっちゅうか」

「死後の世界ってあるのか?」

「おしえない」

「なんで?」

「きまりなんだ。でも、星を見たらあたしだと思って。話しかけてみて。必ずこたえるから」

 なんかだんだん眠たくなってきた。このくそ暑いのに。意識が遠のく。まさと、あたし逝っちゃう…。



doan3.jpeg



 宇宙。

 ど派手なパーティー会場。

 『星授式』ってやつか?あーあ、正人とちゃんとお別れできなんだ。くそ。

「ゆうちゃん、どしたの?」

「あ、母ちゃん。約束通り戻ってきてやったぜ」

「アホだね、一日間違えてるよ」

「まじで?あ、ほんとだ『準備中』って書いてある」

「ゆうちゃんはおっちょこちょいだねえ」

「ばあちゃん。じゃあ、あたしまた地球に戻る」

「いってらっしゃい。楽しんできてね」
 
 
 地球では、正人がおやじのカラダに抱き付いていた。

「ゆーこー、帰ってきてくれ、ゆーこー」

目を覚ますおやじのカラダ。

「まーちゃん、泣いてんの?」

「ゆ、夕子!…なんだおじさんか…」

「いや、あたしだ」

「夕子!生き返ったのか?」

「あと一日、人間でいられる」

 正人はぎゅうっとあたしを抱きしめた。

「く、くるしい。しんじゃうよお」

「ごめん、ごめん」

 見つめ合う正人とあたし。

「アメリカいかない?」

「アメリカ?今から?」

「アメリカってかハワイ」

「ハワイかあ。遠いなあ。移動の時間がもったいない」

「いやか?車イスだしな。飛行機大変そうだもんな」

「そだ。常磐ハワイアンセンターは?」

「ハワイアンセンターか。行ったことねえぞ。いいな、そこにしよう」

 正人の運転で急いでいわきへ向かった。
 


yokohoma.jpeg



 夜、ホテルハワイアンズに無事到着。

「今はハワイアンセンターってゆわないのな」

「そみたいだね」

 すげーいい部屋。窓から海が見える。きれいだ。

「温泉いこ!温泉!」

「いいよ。男同士だから一緒に入れる」

「そっか。すげーな」

「一緒に風呂入るの初めてだな。夕子のカラダじゃなくて残念だけど」

「ごめん。おやじで」


 男湯。

 けっこう人がいる。こんなにたくさんの男の裸みるの初めて。いろんなサイズの人がいるのね。

「キョロキョロしない」

「ごめん。おもろくて」

 正人と露天風呂に浸かる。

 正人が介助してくれた。

「あー、サイコ―だー」

「やっぱ風呂はいいな」

「ここにきて正解だった」

「うむ」

 お湯の中で正人と手を繋いだ。誰にもわからないように。はたからみたら親子が楽しく話しているようにしか見えないだろう。

 ドキドキした。

 ん?なんかあたしの下半身に異変が。

「ま、まさと。やばい」

「どした?のぼせたか?」

「たっちゃった」

「ええーー。まじでーー。ほんとだ」

 爆笑する正人。

「ぼく、人生でこんなに笑ったのはじめて」

 ゲラゲラ笑っている。

 あたしは口を尖らせた。

「あ、夕子のくせ」

 また笑った。あたしも笑った。

 最高の夜だ。

 やっぱり生きているって素晴らしい。

 自殺なんかしたことを心の底から後悔した。


 部屋のベランダで夜景を見ながらビールを飲んだ。

 夜空に星が瞬いている。

「なあ夕子。星を見たら夕子だと思えってゆったよな」

「うん」

「夕子は星になったの?」

「それは…」

「いえないか」

「ごめん」

「いいんだ。話しかけるよ、星に向かって」

「ありがとう」

「元気でな。っていうのはおかしいけど」

「正人も元気で。十年間ありがとう」

 正人があたしにキスをした。

 十年間の思い出が走馬灯のように駆け巡った。初めてデートした日のこと。スノボを教えてもらった日のこと。喧嘩してなぐったこと。仲直りのセックスがよかったこと。

 

yuyakezora.jpeg



 朝、目が覚めると、となりに正人の寝顔があった。幸せそうな顔だ。正人には幸せでいてほしい。ずっとずっと。

 正人が目を開けた。

「よかった。まだ夕子だよね」

「うん」

「おはよう」

「おはよ」

 好きな人と挨拶をする。そんな当たり前のことがなくなる。あたしは絶望と闘っていた。

 また涙が出てきた。

 正人はあたしのカラダを抱きしめた。

 正人愛してる。

 あたしはいつの間にか眠ってしまった。
 

 正人が気付いた時にはもう、心も体も夕子の父親になっていた。

「まーちゃん、ここどこ?」

「いわき」

「なんで俺こんなとこいんだ?」

「なんでっすかね」

 正人は洗面所で顔を洗った。

 本当に夕子はもういないんだ。

 部屋の隅に夕子の荷物があった。

 小さなトートバッグひとつだけ。バッグの中をのぞくと、色とりどりのハンカチがたくさん入っていた。

 一枚取り出す。

 I love you

 正人は自分のバッグから三十四枚目のハンカチを出す。

 Don’t look back

 静かになみだを流す正人。

 ベランダから空を見上げる。

 青い空にうっすら三日月が浮かんでいる。

 白い雲のもようが

 Thank youという文字に見えた。
 



おわり

(この物語はフィクションです)








ふとんクリーナーはレイコップ


2019年03月18日

「幽霊の夕子」(5)

ita1.jpeg






帰りの車の中で、まさとがラジオをつけた。シャ乱Qの懐かしい曲。やっぱつんくさん最高。宇宙へ行っても音楽って聴けるのだろうか。聴けるといいな。

「正人、そんがいなんとか金てやつなんだけど」

「そんがい?ああ、損害賠償?夕子の事故の?」

「それそれ、すごいのか?」

「いや、たまたま電車の角に頭ぶつけただけだったし、線路には遺体が散らばらなかったからたいしたことないよ」

「そうか!よかったー」

「気にしてたんだ」

「うん。とっても」

 心がすっと軽くなった。

 しばらく音楽を聴いていた。

 正人がラジオの音量を下げた。

「ぼくさ。実は、会社辞めたくて。だから留学なんて言い出しだんだ。三十も後半なのに」

「そうだったんだ。そんなに嫌か?仕事」

「仕事っていうより人間関係。疲れちゃったんだ」

「ストレスは体に悪い」

「はー。なんでもっと早く夕子に相談しなかったかなあ」

「あたしもきづかなくって、ごめん」

 溜息をつく正人。

「やめちゃえば?」

「え?」

「やめちゃえよ、そんな職場。正人ならまたどこかに就職できるよ。あたしが保証する。正人は真面目で誠実でかしこいから、大ジョブ」

「ゆうこ」

 正人は車を止めた。スマホを取り出して電話をかける。

「…犬飼です。部長、おねがいします。…おつかれさまです。すみませんが明日も休み…いや、もう会社へは行きません。…はい辞めさせてもらいます」

 ふーっと息を吐くまさと。

 よかったね。正人。

 海沿いの道路は空いていた。海の上をカモメが飛んでいる。きれいだ。

 正人が笑った。もう何も思い残すことはない。


 宇宙。

 あれ?いいとこだったのに。なぜ?

「わたしが呼んだの」

「母ちゃん」

「ゆうちゃん。正人くんといい感じのところ悪いんだけど、人間に幽霊だってばれちゃったからペナルティで一日短くなったわ」

「一日短く?七日間じゃなくて六日間になったってこと?」

「そう、残りあと二日ね」

「きびしいな」

「きまりだから」

「母ちゃんは二十年以上前、誰に憑依したの?」

「おばあちゃんよ」

「ばあちゃんになって、何した?」

「お父さんとセックス」

「おやじと?きもっ。…あ、あれ、夢じゃなかったんだ!あたし五歳の時、おやじとばあちゃんが一緒に風呂入ってんの見た。信じらんなくてずっと夢だと思い込んでた。あれ現実だったんだ」

「あら見てたの?悪い子ね」

「あんな入歯ジジイのどこがいいんだ?」

「あら、若い頃のお父さん、すごくかっこよかったのよ〜。わたしの命の恩人だし」

「命の恩人?」

「聞いてないの?お母さんがまだうら若き乙女だったとき、トラックにひかれそうになって。バイクでトラックに突っ込んで助けてくれたのよ」

「へー、そんで足だめにしちゃったんだ」

「だからお母さん、お父さんの面倒を一生みることにしたの。途中で死んじゃったけどね」

 ひとには色んなドラマがあるんだなあ。

「ゆうちゃん、二日後に星授式があるから必ず戻ってくるのよ」

「せいじゅしき?」

「そう、星を授ける式よ」

「そんなのあんだ」

「じゃ、残り二日間。たのしんでらっしゃい」




disegg4.jpeg




 車の中。

ラジオからback numberというバンドの新曲が流れてきた。『瞬き』だって。いい曲。

「あ、起きた?」

「あたし、ねちゃってた?」

「うん。気持ちよさそうに寝てた」

「このまま北海道でもいかない?」

「北海道?なんでまた?」

「なんとなく」

「ぼくはいいけど、兄ちゃんたちは?大丈夫?」

「…やっぱ帰ろう」

「おっけ」

 いつもこうだ。どこかへ行きたくても行けない。家に縛られている。あたしの人生本当にこれでよかったのかな。

 やり直しができなくなってから気づくのっておそすぎる。


 『あだち整骨院』に灯りがついていた。はるとおにいがまだ仕事してる。

「ただいま」

「おう、おかえり〜」

 いつもの風景。日常ってやつだ。あたしがいないことを除いては。

 正人が家族全員の夕飯を作ってくれた。おにいは結婚してるけど夕飯はいつもうちで食べていく。お嫁さんが楽だからだって。

 店は八時までだから、あたしと正人だけで先に食べた。コロッケとお刺身。ご飯とみそ汁と漬物。人に作ってもらうのって幸せだ。

「いただきます」

「おいしい!」

「ほんと?よかった」

「揚げ物できる男子ってすげえ」

「ごめん。生きてるうちに一度も作ってやらなくて」

「ほんとだよ。十年も付き合ってたのに」

 つきあってた。過去形。さみしい。


 食後、二人で洗濯物を干した。

 夜空には星たちが小さく瞬いていた。

 あたしは明日の夜、あそこへ行くんだ。

「正人、お願いがある」

「なに?」

「あたしの代わりにこの家に住んでほしい」

「え?どして?」

「はるに家事を教えてあげて。あと、あんた整体師になりな。向いてるから」

「整体師か…。考えたこともなかった」

「いまってさ、みんなスマホだのタブレットだの機械をいじってるでしょ。指先から体が冷えるんだ。冷えは血流を悪くする。冷えは一番よくない。心だって冷たくしてしまう。正人にはずっとあったかい人でいでほしい」

「考えとくよ」

 夜も正人と一緒に寝た。

 正人の寝顔を脳裏に焼き付けた。

 朝が来て、ああ、これで最後だと思った。

 すずめがチュンチュン鳴いて。太陽の光がまぶしい。なんて素敵なところなんだろう。地球ってところは。


 はる、まさと、あたしの三人で朝ごはんを食べた。

 はるは全然しゃべらない。あたしが目玉焼きにソースをかけた。はるが「あ」と言った。

 しまった。おやじは目玉焼きには醤油だった。

「まちがえた」

 醤油をとってドバっとかけた。気づいてないみたいだ。よかった。

「はるさあ。あの子と結婚すれば?」

「あの子って?」

「ソープの」

「だって、おやじが風俗の女はダメだって」

「いい、ゆるす」

「ほんと?やったー。今夜プロポーズしてくる」

「がんばれよ」

「あんがと。ごちそうさん」

 はるは仕事の準備をしにいった。

 正人と二人でお茶を飲む。

「だいじょぶなのか?おじさんに怒られないか?」

「しらん」

「無責任だなあ」

「はるがなんとかするだろ」

 てか自分でなんとかしろ。いい年なんだから。

「今日はなにする?」

 そうだなあ。人間でいられる最後の日。なにがしたいかなあ。

「いまかんがえてる」

「ぼくも」

「そだ、氷川神社いかね?」

「神社?」

「初詣いかなかったろ今年」

「夕子、風邪で寝込んでたからな」

「その前に、部屋かたす」





つづく

(この物語はフィクションです)








便利でお得な定期お届け便【ピュリナ ワン キャット】


2019年03月16日

「幽霊の夕子」(4)




 パチンコ屋があって、喫茶店があって、ラーメン屋があって。ごくごく普通の商店街。

 この景色をもう人間として見ることはないのかと思うと急に悲しくなって泣けてきた。

「おいおい、どうした?酒でも飲むか?」

「あたし、あたし」

「アタシー?」

「正人に会いたい」

「まーちゃん?なら家で家事してるよ」

「かえりたい」

「オッケー」

 家路を急いだ。


 途中、あたしが事故った現場を見かけた。見たくない。でも見たい。

あれ?なにも変わってない。

こういう事故ってそんがいなんとか金が高いって聞いたことある。だいじょうぶかなあ、うち。どうしよう。ますます不安。

 家に着くと正人が庭で洗濯物を干していた。

「正人!いや、まーちゃん」

 おやじはまさとのことまーちゃんて呼んでた。

「あ、おかえりなさい。大丈夫?体調は?」

「うむ」

「ぼくもこんど連れってってね」

「どこに?」

「どこって、ソープ」

「ダメ!絶対ダメ!ダメダメダメダメッたらダメ!」

「…どうした?おじさん?」

「えっ、いやあ、その、まだ夕子が死んだばっかだし。おちついたら、な」

「よろ」

「そんなことよりまさ、じゃなくてまーちゃん。明日シーいかない?」

「シーって、ディズニーシーのこと?いいけど明日は夕子の告別式っすよね?その後ってことっすか?」

「そうそう、そのあと」

「オッケーっす。ちょうど仕事も休みもらったんで。いこう、シー」

 やったーデートだあ!うれしい!おひとりさまなんてイヤ!あたしは正人と一緒がいい!

「…ところでまーちゃん。なんで夕子と結婚しなかった?別れようとした?」

 うなだれる正人。

「おじさん。僕ほんとのこといっていいっすか?」

「も、もちろん」

 やだー。心の準備があ。


「ぼく、アメリカに留学するって言ったんです。とりあえず半年だけって言おうとしたんだけど、その前に夕子がパニクっちゃって。…それとぼくたち十年も付き合ってたでしょ?だから、だんだん夕子のこと家族みたいな感じになってきてて。よくある話だけど、その、女としてみられなくなっちまったっていうか…」

「ぶっころすぞ!」

「わー、ごめんなさい」

 正人は深々と頭を下げた。

「まさか、夕子が線路に飛び込むなんて…。僕どうしたらいいか…」

「死ねば?」

「う。それは…」

 まずい。本音が出てしまった。

「うそうそ。明日はよろしく。じゃ、ねるわ」

「うん。おやすみなさい」

「洗濯ありがとね」

「え」

 正人、なんかちょっと気付いたかも。急いで逃げろ。


 なんかはらへっちゃったな。カップラーメンでも食うか。ヤカンでお湯を沸かす。

 ズルズル。入歯だとすんごく食いづらい。味もちがう。老人はつらいよ。

 母ちゃんにもあたしにも先に死なれちゃっておやじってば女運がないのかしら。

 でも、ほなみさんがいてくれて良かった。



al5.jpeg




 正人が車でパークに連れてきてくれた。

やっぱシー最高だわ。乗り物に乗れなくてもここにいるだけで癒される〜。でも暑い。

「おじさん、暑いっすね〜。レストランでも入ろうか?」

「そだね」

「イタリアンなんてどうっす?どうっすもこうっすも僕予約しちゃったんだよね」

 さすが、正人!気が利く!

「その店、二人でよく入った…りした、の?」

「うん。夕子がそこのラザニアが好きで」

 よくぞ覚えててくれた!

「じゃあそのラザニアをくおう」

「うん」

 レストランまで来たが

「申し訳ございません。お客様のお名前では、ご予約をいただいておりませんが…」

「えっ、ぼく昨日確かにネットから予約したんだけど…」

「申し訳ございません…」

「なんだ。がっかり」

「まーちゃんいいよ。他の店いこう」

「おじさん、ごめん」
 
 結局サンドイッチ屋さんに入った。

 あたしのほかにも車イスの人が何人かいた。


 正人が美味しそうなサンドイッチを運んできてくれた。

「サンキュー」

「ごめんなさい。ラザニア食えなくて」

 サンドイッチをほおばる。

「んまい!」

「ほんと?よかった」

シャトーブリアンなんかよりずっとこっちの方がいい。となりに正人がいるから。

 正人の顔をまじまじと見る。

 確かに、あたしたち長すぎたのかもしれない。あたしも正人のこと三人目の兄弟みたいに思ってた。

 最近、セックスもあんまりしなくなった。

 正人が将来の話しをしてたときもあんまり真剣に聞いてなかったな。

 あたしが結婚したくなかったのかも。

 結婚は女が決めるものだってばあちゃんが言ってたっけ。あたしのせいなのかな。やっぱり。

家族の世話で忙しくて結婚するの避けてた気がする。謝らなきゃいけないのはあたしの方。

 正人もジッとこっちを見てきた。

「ん?なに?」

「いや、昨日から気になってたんだけど。…夕子だよね?」

 フォークを落としてしまった。

 正人がフォークを拾ってくれた。

 そしてその手をあたしの右手に重ねた。

 びくっとするあたし。

 顔をぐんぐん近づけてくる正人。

 キス?ここで?おやじと?

 正人はくんくんとあたしの匂いをかいだ。

「やっぱり夕子だよ」

「ちっ、ちがうよ〜、やだなあ、まーちゃんふざけてえ。じょうだんじゃないよ」

 ビートたけしのモノマネをした。

「バラの香り。夕子いつも口臭気にしてバラの香りがするガム食ってたもん」

「…ごめん」

「ぼくこそ、ごめん。夕子がいなくなって、夕子の存在の大きさにきづいた。遅いけど」

 正人はあたしの魂を感じるみたい。

 涙が溢れてきた。オヤジの涙。熱い。きたない。でも止まらない。

「僕、どうしたら」

「なにもしなくていい。なにもしなくていいから、このまま、このままでいて。おねがい」

 まわりから見たら年の離れたゲイのカップルにでも見えただろう。

 正人はそのまま三十分もじっとしていてくれた。

 あたしは泣いた。とにかく全部カラダから水を出してしまおう。

 正人は微笑んでいた。

 近くで小さなこどもが泣き出した。迷子だろうか。

 正人はゆっくりと手を離した。あたしはもう泣いてはいなかった。

 とても心が穏やかだ。

 もう死んでもいい、と思えた。

 言葉なんかいらない。心が通じ合えたから。

 正人のぬくもりを感じた。それだけで十分。




つづく

(この物語はフィクションです)








エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ:BSS脱毛




2019年03月15日

「幽霊の夕子」(3)




 葬式。

 坊さんがお経をあげている。

 みんな寝てる。

 葬式ってことはもう九日じゃん!なんだよもったいねえ!なんか損した!

 てか、あたしの写真。もっといい写真なかったのかよ〜卒業アルバムって。まじ勘弁してくれ。

 あ〜あたし、ほんとに死んじゃったんだなあ。寂しいというか。不安。とてつもなく不安だ。

 てか、なにこのカラダ。

 高齢の男。口くせえ。入歯だからだ。オヤジじゃねえか?この車イスといい、ぷよぷよ太った感じとか。げげげーーー。ショック。 

あたし、おやじに憑依しちゃったんだ。一番やばいことが起きた。

 誰もきづいていないな。よし。

「ちと…気分悪いから寝てる」

「大丈夫か?相当ショックだったんだな。いいよ、寝てて」

 は、はる。また話せてうれしいぜ。

 おやじとしてだけど。

「…わるい」

 よかった逃げられた。でも娘の葬式にちゃんとでない親ってどうよ。ま、いっか。とりあえずおやじの部屋に、と。

 グイーーン!バーーン!

 柱に激突してしまった。

「おいおい、だいじょぶか?親父」

「ちと手がすべった、ごめん」

 車イスむずかし!押すのと違って自分で操作するのむずかし!なれるしかねえなあ。


 オヤジの部屋。

 汚ねえ。ベッドは起きたときのまんまだし。服はタンスにしまってねえし。飲みかけの缶ビール。ひええ〜くせえ。

 とりあえず、着替え着替え。いいや、この作務衣で。これあたしが選んでやったやつだ。昨日洗ってここに置いといたままになってる。

 き、が、え、づらっ!上はいいんだが、下が大変だ。足がぜんぜんうごかねえ。どうすっか。

 オヤジの奴どうやって着替えてんだ?

あ、そっかベッドにうつ伏せて、よっこらせ!こうか!

 ふー。脱ぐだけで一苦労。

 障がい者ってすんげー大変なんだなあ。おやじのこともっと優しくしてやりゃ良かったかも。

 なんとかかんとか着替えはでけた。

 さて、なにしよう?一週間てか、今日が九日だろ。あと四日しかねえじゃん。

 いいもんがあるぞ。「おひとりさま○○」って本だ。

 ふむふむ。んがー。


 …しまった。読んでいるうちに寝てしまった!いまなんじ?

「おやじ」

「ん?はるか?」

「開けていいか?」

「お、おう、いいよ」

 はるが顔を出した。

「寝てた?」

「いや、起きてた」

「ふ。よだれ」

「お、おう。すまんすまん」

 き、きたな!てか、つばクサッ!

「無事に終わったから」

「う、わるかった、な」

「しょうがねえよ。親父が一番可愛がってたもん。…俺たちもショックで…」

 はるが泣いている。

「ごめんね」

「へ?」

「あ、いや、夕子がきっとごめんねってゆってるって、ことだよ」

「…親父、フロいかない?」

「ふろ?」

「ほなみちゃんがぜひ来てくださいって」

「ほな、み、ちゃん?」

「なーに、ふざけてんだよ?ボケちまったのか?やめてくれよお!ほら、いくぞ!」

 はるが車イスを押してくれた。

 フロって、家の外に?

「ほなみちゃんも心配してたぜー。ふーちゃんだいじょうぶ?って。癒してあげるからおいでーってさ」

 ふーちゃん?オヤジの奴、その、ほなみちゃんて子にふーちゃんなんて呼ばれてんの?どんなかんけい?




ss1.jpeg




 この辺いかがわしい店だらけだなあ。

「いらっしゃいませ〜こんばんは〜」

 ソープランド。

 おやじとはるのやつ、こんなとこ通ってんの?あーでも仕方ないかあ。二人とも独身だもんなあ。しかし、オヤジの裸はみたくねーなー。

「ハル、あたし、いや、オレは今日はいいや。一人でいってきてよ」

「なーに、言ってんだよお!せっかくほなみちゃんがサービスしてくれるってゆってんだからさあ!ヌキにいこーぜ」

「わーーー」

 ハルが車イスを強引に店に入れた。ピンク色の電球。心臓がバクバクしてる。あたし、いま、生きてるんだ。

 他にやりたいこといっぱいあるんですけど。なんでこんなとこにいるのかな。

「あーーん、ふーちゃーーん!」

 色黒でやせた女性が抱き付いてきた。この人がほなみさん?

「だいじょうぶ?おじょーさん死んじゃったってきいてー。もーしんぱいでしんぱいでー」

 涙ぐんでいる。この人いい人かもしんない。

「ささ、お部屋にいこー」

 ほなみさんが車イスを押してくれた。

 はるは手を振っている。はるも女の子と一緒だ。若くて可愛いアイドルみたいな女の子。
 

もうなにがなんだか。天国なんだか地獄なんだかわからない世界にきてしまった。幽霊なのに。

 なんでオヤジのカラダなんかに憑依しちまったんだ。くそお。オヤジが一番悲しんでいるって?ほんとか?娘の葬式の日にソープだぜ。どこがだよ。

 ほなみさんは慣れた手つきでサービス中。自分はきわどい下着しか身に着けていない。とりあえず死んだふりしよ。

「今日は無口なんだね。しかたないよね。悲しいもんね。かわいそうなふーちゃん」

 オヤジの禿げ頭にチュッとキスしてくれた。おえーーーあたしだったら金もらってもできねえ。すげえなこのおねえさん。

 あー、正人に会いたい。正人どうしてるかなあ?

「ふーちゃん、今日はなにしてほしい?」

「なにもしてほしくない」

「今日はなんだかふーちゃんじゃないみたいだね」

 おねえさんがあたしの顔、いやオヤジの顔をジッと見る。ばれたか?

「じゃあ、だっこしながらお話しよっか」

 ひざの上にのっかってきた。

「あ、ありがとう」

「どういたしまして〜」

 あ、おねえさんいい匂い。それに比べてあたしの口の臭いこと。

「歯磨きしたい」

「いいよ〜」

 歯ブラシに歯磨き粉をつけてくれた。優しい。

「はい、お口あーんして」

「ああ、いいいい、自分でできるから」

「そう?」

「この仕事、いつからやってんの?」

「ヤダ―、知ってるくせにー!もー。二十歳からでしょお?ふーちゃんが最初のお客さんでしょお?とぼけちゃって!」

 たたかれた。

 そうだったんだ…。このおねえさんは今三十前後に見えるからもう十年も…。なげえつきあいだ。

「いつもおせわになっております」

「ヤダ―!今日のふーちゃんへん!」

 確かに。確かに変だ。だってあたしが憑依してるんだもん。

 こんなじじいに優しくしてくれて。おやじのやつ幸せだな。

「元気だしてね!」

「あんがと」

 この人ほんとにいい人だ。

 こんないい人がなんでこんな仕事を。世の中不思議なことだらけだ。不思議なことを不思議なまま死んでしまった。ざんねんむねん。


 はるが迎えに来てくれた。よかった。

 あれ、はるの担当の子。はるのことずっと見てる。はるのこと好きなのかな?

はるは気付いてないみたい。

いや、あれは両想いだな。

はるもなんども振り返ってる。

つきあってんのかな?

「どう、スッキリした?」

「あ、ああ」

「なんだ元気ねえなあ。ってあたり前か」

 店を出て、はると商店街を進んだ。





つづく

(この物語はフィクションです)



ss2.jpeg









霊感霊視のエキスパート多数在籍!

電話占い【恋愛応援スペーシア】3回まで無料キャンペーン中!





2019年03月09日

「幽霊の夕子」(2)



 冷たい霊安室。

あれ?ワープした!あった、あたしの体あった!でも、頭がとれちゃってる。かわいそう…。

 みんないる。オヤジ、はる、おにい。まさと…。みんな暗い顔してる。

あたし、死んじゃったんだ…。

「ゆうこ〜」

「むーんふぇいす〜」

「たこ〜」

 そんな時まであだ名かよ。

「すいません、僕のせいで…」

「そうだ、お前のせいだ!夕子をかえせ!」

「やめろよ親父、みっともねえ」

「だって、今日から誰が風呂の掃除すんだ?あ?トイレの掃除は?洗濯は?料理は?俺は絶対やらないからな!」

そこ?

「俺もやりたくない」

「俺も」

「じゃあ、僕がやります」

「えっ」

「いいのかい?まーちゃん」

「はい。ただ、仕事が終わってからになっちゃうんで夜の八時とか」

 誰か断れよ。

「いーよいーよ」

 よかった。

「八時でも九時でも」

 断らねえのかよ!

「じゃ、明日から頼むね。あーよかったまーちゃんがいてくれて」

 なんなんだよコイツら!どんだけ家事嫌いなんだよ。正人も正人だよ。アメリカ行くんだろ?ま、まさか?あれ、うそ?


「じゃ、とりあえず今日は帰ろう」

 もう帰んのかよ。あたしの体を一人にして。

 それにしても誰があたしの服脱がしたんだろ?下着替えといてほんとよかった。

 みんなにはあたしの魂は見えてないらしい。最近はやりの水だけどみかんの味がする水になったみたいな感じ。

 魂ってすごいな。自分の行きたいところどこでも行けちゃうんだな。よしじゃあ、米津玄師のライブへワープ!。


 あれ?ぜんぜん移動しない。動機が不純だから?見えないけどルールがあるんだ…。

 明日は友引だから葬式はあさって九日かあ。
 



hana6.jpeg




 宇宙。

 急にワープするからびっくりする。

 あたしって宇宙にいる時は星になるのね。だから星ってなくならないんだ。死んだら星になるって本当だったの…。

へー。すごい。

 だれ?だれかあたしを呼んでる。女の声。

「…ゆうちゃ〜ん」

「だれ?」

「わたしよ、お母さんよ〜」

「どこにいるの?」

「こっちこっち〜」

 声がする方に、あたしと同じくらいの年の女がいた。

「母ちゃん?」

 色黒で痩せ型。間違いない母ちゃんだ。となりにばあちゃんもいる。にこにこしてる。

「おひさしぶり」

「お、おひさしぶり、です…」

「おおきくなったわね〜」

「は、はあ」

「ごめんね。はやく死んじゃって…」

「ほんとに。すごい迷惑」

「ハンカチ、使ってくれた?」

「え!アレって、母ちゃんが?」

「そうよ」

「Don’t look backって、まさかあたしがフラれることわかってたの?」

「うん。ていうか、亡くなることもね。だから過去は振り返らないでってメッセージだったんだけど…」

「ふりかえんなきゃ、死ななかったの?」

「んー。そういうワケじゃないんだけど。ほんとは予定では薬を飲んで自殺するはずだったんだけど…」

「どっちにしろ死ぬんじゃん」

「まあまあ。寿命ってきまってるから」

「母ちゃんもあたしも三十四って若過ぎね?」

「そうね〜。でも、幸せだった?」

「えっ?」

「図星ね。本当は死にたいとか思ってたでしょ」

「なんでわかるの?」

「なんでかな〜」

「神様が決めるの?」

「神様なんていないわよ」

「えっ、えーー?うそ?うそでしょ?」

「うそじゃないわよ。いないわよ神様なんて。あれは人間が勝手に作った幻」

「まぼろし…」

「神様っていう信じられる存在が必要なら、ゆうちゃんが神様よ」

「え?あたしが神様?なんで?」

「自分を信じてやったことってうまく行くこと多くなかった?」

「そういわれれば、そうかも」

「神頼みなんてダメダメ。自分が神様だと思って信じてやること。でももうゆうちゃんは人間には戻れないけど…」

「やだやだ!人間に戻りたいよう!まだ結婚もしてないし、こどもも産んでない!」

 地団太を踏む。




hana5.jpeg




「ゆうちゃん。一週間だけ現世に戻れるって聞いた?」

「聞いてない」

「あらそう。いい?一週間よ。亡くなったのが七月七日だから十三日まで、期間限定で生きてる誰かの体を借りられるの」

「期間限定?じゃあ…綾瀬はるか!綾瀬はるかにして!」

「ううん。選べないの。自分で選ぶことはできなくて、あなたが亡くなって一番悲しんでいる人のカラダに憑依するのよ」

「げ。それって、もしかして、男の体とかも?」

「もちろん。あるわよ」

「げげげ。やだな。どうせ家族の誰かだろ?オヤジはキモすぎるし、はるもおにいだってやだな。誰にも憑依したくない。拒否。拒否する」

「それはダメ」

「なんでー?」

「そういう決まりだからよ。だって、やり残したことあるでしょう?ひとつやふたつ」

 そういえば、ハワイ行ったことないし、シャトーブリアンもまだ食ったことなかったな。やり残したことか…いっぱいあっぞ。

「じゃ、いってらっしゃ〜い」

「まって」

 かあちゃ〜ん!





つづく

(この物語はフィクションです)







女性ホルモンの専門家が作った、女性のためのハーブティー


2019年03月07日

R15 おかしな小説「幽霊の夕子」(1)

<R15小説>



 登場人物

足立夕子(34)整体師
犬飼正人(37)夕子の彼氏
足立朝子(34)夕子の母。既に亡くなっている
足立春彦(37)夕子の兄。次男の方
足立冬彦(63)夕子の父












 『あだち整骨院』は今日も足の悪いジジイとババア、ごめん。じいさんとばあさんでいっぱいだった。いま、おにいとはるが施術してる。

 年を取れば誰だって足が悪くなる。まれに八十を過ぎてフルマラソンを走っちゃう老人とかいるけどそんなのスーパーじいさんやミラクルばあさんだけ。普通の人は普通に足が痛んでくる。

 もともと足の悪い人もいる。うちのおやじがそれだ。おやじは二十歳の頃、バイクで事故って車イスになっちゃったんだって。

 あたしが生まれたときからすでに車イスだったから、別になーんとも思わない。

 ただ、ことあるごとにあたしを使うからイラッとする。

 あたしが受け付けをやっていると、また呼んでる声がする。

「父ちゃん、なに?」

「わるいな。これ郵便出しといてくれ」

「マジでわるいよ。そんなの自分でいけよ暇なんだから」

「ヒマじゃねえよ、俺はパチンコと競馬で忙しいんだっ。じゃ、頼んだからな!あばよ」

 口をとがらせて反抗的な態度をとるも、グイーンと電動イスを起用に操作して去るおやじ。それをボーゼンと見送る。

 渡されたのは青森の住所の手紙だった。またこれか。よくあることだった。


 あたしも、いちおう整体師。一応ってのは、ほとんど整体の仕事はやってないから。長男のおにいと次男のはるがいるからうちの店、お陰さんで結構儲かってる。

 あたしはみんなのご飯を作ったり、洗濯したり掃除したり。ようは家政婦って感じ。

 母ちゃんが死んでもう二十年以上になる。世話してくれたばあちゃんが死んでからはずっとあたしが家事当番。ほかは男しかいねえからしょうがなく。

 あー、今日はあたしの誕生日だってのに誰からもおめでとうって言われないんだけど。

 タンスの一番上の引き出しを開けてみる。やっぱりあった。

 今年はピンク色のハンカチ。濃いピンクで「Don’t look back」って刺繍してある。カッワイイ。

 誰なんだろう?家族みんなになんど聞いても知らないという。

 毎年、誕生日になるとこのメッセージつきハンカチがいつの間にかタンスに紛れ込んでいる。摩訶不思議。

 一番初めにもらったのは六歳のとき。「I love you」って縫ってあった。ばあちゃんが「これは『愛してる』っていう意味だよ〜」って教えてくれた。

 だからずっとばあちゃんが入れてくれたんだとばかり思っていた。

 十八の時、ばあちゃんがいなくなったけど十九の時も、そのまた次もずーっと続いたからわからなくなった。

 ま、家族の誰かの仕業なんだろうなあ。こんなに働いてんのにハンカチ一枚かあ。ないよりましなのか?

 それにしても暑い。でもクーラーは嫌いだし。アイスでも食うか。

 冷蔵庫を開けたがアイスが見あたらない。アイスくらい補充してくれよお。まったく男たちときたら牛乳一本さえ買ってきてくれない。

 あたしはシンデレラかよ。もう三十四歳。いきおくれのシンデレラ。王子様が迎えに来てくんないかな〜。

 スマホがぶるぶる。お、王子からだ。うそうそまさとからだ。正人はあたしの彼氏。もう付き合って十年になる。そろそろ結婚とか?うひょひょ。

「今晩ひま?」

「ひまだよ、飯でもくう?」

「じゃ、八時にひだまりで」

「りょ」

 彼氏だけはあたしのバースデーをお祝いしてくれるようだ。けど、ひだまりかあ。ひだまりとは、近所のださいカフェ。年寄りの集会所みたいなとこ。

 でもハンバーグとかミートソースとか結構イケる。ビールとワインと日本酒なら置いてある。正人はそこが気に入っている。

 今夜もしかしたらプロポーズされるかも?なんて。勝負下着に着替えとこ。

 何色にしようかな?そうだあのハンカチと同じピンクにしよ。ドントルックバックって後ろを振り返るなって意味でしょ?英語できないあたしでもわかる。

 過去を振り返るなってことかな?嫌な予感。


 母ちゃんはあたしが五歳の時、三十四歳という若さで死んじゃった。病気だったって。乳がんだって。

 色黒でやせてたそうだ。それに比べてあたしは色白でぽっちゃりしている。完全にオヤジに似てしまった。兄弟は母親に似て細い。

顔が真ん丸だからおにいからは「ムーンフェイス」って呼ばれてる。はるなんか「タコ」だ。夕子って字がタコみたいだし、あたしが口をとがらせるのがクセだからだって。

 だから男ってムカつく。女が傷つくことを平気で言ってきやがる。

 その点正人は違う。人を傷つけることをしない。たんたんとしている。たんたんと生きてたんたんと仕事してる。

 あたしも結婚したら正人みたいにたんたんと生活するんだろうな。朝ごはんを作って、ゴミを捨てて、買い物に行って、またご飯を作って。こどもなんか産んじゃって。男女の双子とかさ。

あらやだ。妄想しちゃった。えへへ。




itl1.jpeg




 夜、ひだまりにはあたしと正人しかいなかった。お決まりのメニューを頼んだ。

冷房がぜんぜん効いてなくて暑い。ハンカチで汗をふいていた。

「…話があるんだ」

「うん。なに?」

 きたきたプロポーズ。

「…アメリカに行く」

「は?旅行で?」

「…いや、アメリカで英語を勉強する。留学するんだ」

「留学なら日本でもできるんじゃん?ほら駅前留学とかさ?」

「だめなんだ。アメリカじゃないと」

「あんた自分、何歳かわかってる?そんな十五歳やそこらのガキみたいなことゆって」

 気まずい沈黙。

「あたしも一緒に…」

「ダメだ!」

「なんで?」

「一人じゃないとダメなんだ」

「それって…」

「…ごめん」

「ごめんって、あたしたち十年だよ?十年も付き合ってて、ごめんって?あたしの青春返せよ!」

 プッと正人が笑った。

「わらってんじゃねえよ!」

 あたしはテーブルを思いっきり蹴飛ばした。グラスから水がこぼれて正人の股間が濡れた。その股間になんど顔をうずめたことだろう。イヤらしいことを考えている場合ではない。ピンチだ。人生最大のピンチ。

 いつもカラオケで、前前前世から君を探してたって歌ってたくせに。ディズニーシーで毎年カウントダウンしてたくせに。夕子が作るオムライスが一番うまいってほめてたくせに…。

「ゆるしてくれ」

「やだ!」

「この通りだ」

 正人が土下座した。

 コイツ本気だ。

 信じらんない。死にたい。

「うわ〜ん」

 あたしは泣きながら店を出て走った。全速力で走った。あとから正人が追いかけてきた。ふっておいて追いかけてくるってどういうこと?やっぱりやり直したいってこと?そんな急に気持ちって変わるもの?

「まてよ、ハンカチ!ハンカチ忘れてっぞ!」

 ハンカチ?なんだよ!そんなのもうどうでもいいよ!

 カンカンカンカン。線路の踏切が閉まっていた。あたしは後ろを振り返りながら黄色と黒のしましまのハードルを飛び越えた。

 パアーーーン!運悪く、特急列車にぶつかってしまった。あたしのカラダは大きく孤を描いて地面に落ちた。


 ここはどこ?なんか暗くて明るい。でかい物体が光ってる。

あ?あれ?下の方にあるの、あれは地球じゃね?テレビとか映画でしか見たことねえけど、地球だよな?

 えーー!あたし宇宙にいんの?まじで?体がない。あたしのカラダどこ行った?





つづく

(この物語はフィクションです)







最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み



2019年03月02日

映画「ファースト・マン」の感想

fman.jpeg


久しぶりに映画のお話しです。ネタバレ注意です!


先月みてきました「ファースト・マン」。おすすめ度★★☆☆☆星2つ。


正直、感動もしなければ、涙を流すこともなく…。

特に「いい映画」というものではありませんでした。


舞台は宇宙という、壮大な物語のはず。

主人公も、あの、アームストロング船長という伝説の偉人。


何がいけなかったのだろう…とずっと原因を考えています。



男性目線?


主人公に感情移入できなかった理由の一つとして、男性目線のひとりよがりな感じが

いなめません。

特に、亡くなった娘のことをずっと忘れられずに、月に遺品をのこす、という

あるまじき行為。(これは事実だとしたら大問題だと思います)


そりゃあ、こどもが亡くなる、ということは、父親にとって、母親にとって、

人生で一番くらいに辛い出来事なのかもしれません。

でも、主人公の行動に共感できませんでした。




無表情?


キャスティングのミスなのか、監督の演出なのか?主人公の俳優さんがずっと無表情なのですね。

特に、奥さんにおもいっきりどやしつけられたシーンでも、うすわらいのような無表情。

うーん。わざとなのか?

奥さんに感情移入してしまった私としては、よけいイライラしました。




音楽?


映画における音楽の役割は、5割くらいでしょうか。もっとでしょうね。

こころに残る、記憶にのこるメロディーがなかった。

残念です。


やはり、忘れられない映画には、耳に残ってはなれない音楽の存在が大きいですもの。





米国とロシアの競争?


人類が進化するため、前進するために、宇宙開発は必要不可欠なのか?

米国とロシアが技術を競うためのネタとして月面着陸は意味があるのか?

賛否両論ですが、この映画の中にその答えはありません。

この世の中に答えがないからなのかもしれません。


しかし、それをただみせられでも、「で?」となってしまうのです。





「ファースト・マン」は、きっと、月に初めて行って帰ってきたという

奇跡の人も普通の人間なんだよ、っていうことを伝えたかったのかしら?

これは私の推測ですが。



去年みた素敵な映画「万引き家族」や「ボヘミアン・ラプソディ」とは

別の意味でひきずってしまいました。



どこがいけなかったのかずっと考えています。



ディスって申し訳ないけど、大金つかって、人の時間を人生をつかって

創った責任は大きいと思います。


うーん残念です。



ではなぜ★を2つ付けたかというと、宇宙飛行士になる人生を疑似体験できる

という観点ではよくできた映画なのかな?とおもいました。


宇宙マニアというか、宇宙旅行に憧れる人にとっては意味のあるフィルムなのではないか

という感想です。









月の土地が贈れる「MOON GIFT CARD」



2019年02月22日

連載小説「平行線の先に」   4章


 一月。私と紗羅は一緒の日に働くことはなくなった。あっと言う間の一カ月間だった。そのかわりに今では定休日に一緒に家でご飯を食べたりDVDを観たりしている。お金のかからない遊び方を色々考えて。
 
私はこれって友情よりボランティア精神に近いと感じている。おかしい?友だちよりボランティアの方がしっくりくるし楽なんて。奉仕したいからしている。ただそれだけ。他人にサービスしている自分に酔ってるだけなのかもしれない。少なくとも紗羅と遊んでいるときは夫のことをうじうじ考えなくて済む。ありがたい。

 私も小説を書いてみようかな。なんて。主人公はシングルマザーの女性で。大ちゃんびっくりするだろうな。

バイトが休みの日。紗羅と宇宙が家に遊びにきた。手土産に自家製ピクルスを持ってきてくれた。

「わお、ピクルス大好き。ありがと」
「こんなものしかなくって。わーあいかわらずキレイな家」
「ゆっくりしてって」
「おじゃまします」

 宇宙は脱いだ靴をキチンとそろえた。ちゃんとしつけされているんだ。

「おりこうさんだね」

 はにかむ宇宙。とてもキュートだ。
 イッタラのマグカップで珈琲を出そうとしたが、

「お酒の方がよければワインあるけど」
「いいね。昼間っから呑んじゃおう」
「そらちゃんはオレンジでいいかな」

 グラスとワイン、そしてジュースを取りに行く。紗羅と宇宙はマフラーとコートを脱いでソファで寛いでいる。



chee1.jpeg



「ダンナさんの小説ってどんなの?」
「いわゆる推理小説ってやつ」
「読んでみようかな」
「一冊あげる」
「いーよ。貸して。必ず返すから」
「わかった」

 宇宙はソファに座って部屋の中をキョロキョロ見ている。

「何か気になる?」
「いい匂い」
「ああ、フレグランスね。ラベンダーの。ルーム用の置いてるから」
「うちにもほしい」
「ダメ。うちは狭いから」

 宇宙はブーとふくれる。さらに可愛い。
 私は書斎から小説を一冊持ってきた。

「これ読んでみて」
「『刑事○○』?あたしこれ見たことある」
「本屋で?」
「ううん。たぶん電車の中。広告見たことある」

 一番長く続いたシリーズ物である。広告を目にしていてもおかしくない。

「ありがとう、覚えていてくれて。うれしい」

 紗羅はうそをつく人間ではない。むしろ正直過ぎるくらいだ。いい意味でも悪い意味でも表裏がない。
 私はワインの栓を抜いた。

「カンパイ」

 宇宙がサイドボードの上の写真立てをジッと見ている。

「ダンナさん?」
「そう」
「優しそう」
「ありがとう。大好きなんだ」
「いいね。あたしはもう忘れた」
「どんな人だったの?」
「基地の男でさ。横須賀で出会って。すぐこの子ができちゃって。報告したらアメリカ帰りやがった」
「ひどいね」
「手紙も仕送りも一切なし」
「訴えようか?」
「そんな金ないよ」
「…仕事かえたら?なんて、私が言うのおかしいけど」
「いいのがあればねえ」
「どんな仕事がやりたいの?」
「…ホテルとか。でも無理だろうな。あたし言葉づかいわるいし」

 宇宙が退屈そうに見えたので外国映画のDVDを流した。宇宙は興味を示した。

「さっきの話だけど、いい仕事あるよ。もしかしたら合ってるかもしれない」
「どこ?」
「京都の旅館なんだけど。仲居さんやってみない?住み込みでまかないつきよ」
「サウンズグッド」
「見学に行ってみる?」
「行きたい。けど金ないし」
「私が車運転する」
「いーよ。悪いから」
「お詫び。いつかの」
「なんかあったっけ?」
「失礼なこと言っちゃって。ごめんなさい」
「忘れた」
「ね、来週京都に行く用事があるから一緒に行かない?一泊で」
「申し訳ないけど、断る。…京都は寒いみたいだし。東京が好きなんだ。ごめん」
「そっか。残念」

 来週久しぶりに実家へ帰省する予定だ。一人では気が重かった。大人しく映画を観ていた宇宙が、

「マミィ、アタシ行ってみたいキョウト。だめ?」

 紗羅は何も言わずに宇宙の顔を撫でている。
羨ましい。真央はもしもこどもを授かることができるならば女の子がいいと思っていた。だってお人形さんみたいなんですもの。女の子のいる母親は、生意気だとか本気で喧嘩するとか言ってるけど。絶対、楽しいと思う。

「ごめん。やっぱり一度、見てみたいわ」
「そうこなくっちゃ」

 私たちはもう一度乾杯をした。



0507image6.jpeg



 火曜日の夜、東京を出発して、水曜日の早朝に京都に着いた。
老舗旅館『万葉』に到着するや否や私たちは小さな露天風呂に入った。宇宙は車の中で寝ていたせいかすごく元気だった。キャーキャー騒ぐので静かにさせるのに苦労した。

「見て、星が見えるよ。いいじゃん、ここ。気に入った!」
「いいでしょ」
「まさかあんたが旅館のお嬢さんとはね」
「継ぎたくなくて東京へ逃げたの」
「そんでダンナと出会った」
「そう」
「明日は面接だよ、早く寝よう」
「うん。はーきもちかったー」

 客室で布団をひいて寝たのが朝の四時ごろだった。九時に電話が鳴って起こされた。母だった。挨拶に来いと。
 慌てて紗羅と宇宙を起こし、事務所へ向かった。母は小柄だが態度はデカイ。

「遅い」
「真央のおっ母さん?」
「おっかさんやて、変わったお人どすなあ」

 母も紗羅もお互いに高圧的な態度をとっている。まずい。

「紹介します。友人の黒田紗羅さん。職場の先輩。接客のプロです」

 母はじろじろ紗羅と宇宙を見ている。

「この子はサラの娘さんでソラちゃん」
「そらです。よろしくお願いします」
「ママよりしっかりしてはるなあ」

 母は笑った。

「京都の人って腹黒いんでしょ?」

 母はきょとんとした後、大きな声で笑った。

「はっはっは。紗羅さん、おもろい。ほんとにここで働きたいんどすか?」
「できれば…」

 母は厳しい顔つきになった。

「お着物一人で着らはりますか?」
「ハイ」
「体力ありますか?」
「体力しかありません」
「掃除は好きですか?」
「ダイスキ」
「…合格どす」

 紗羅がぱあっと顔を赤くして笑った。

「よかったね!」

 私も嬉しくなった。

「いつから来られますのん?」
「なるべく早く働きたい」
「よろしい。こっちへ来なはれ」

 母が紗羅に旅館の中を案内してくれた。
 私と宇宙はロビーでお茶をして待っていた。

「ねえ、そらちゃん。転校するの嫌じゃない?」
「嫌だけど、ガマンする」
「えー、我慢するのお?」
「だって、ママが楽しくお仕事できる方がいいから」
「オトナだね、そらちゃんは」
「ふつう」
「そっか…。後で金閣寺に連れて行ってあげる」
「きんかくじ?」
「うん。金ぴかぴんのお寺だよ」
「金ぴかぴん?それ、もらえるの?」
「ううん。見るだけ」
「な〜んだ。もらえたらいいのに金。金ておカネのことでしょ?」
「お金ではないけど、みたいなものだよね〜」
「あーあ、ママにあげたかったのに」

 子供の発想って面白い。
 宇宙は、出会ってまだ二ヵ月くらいだけどもう初めて会った時と顔つきが違う。少しずつ大人のカラダになっていく。成長のスピードが速い。マミィはついていくのが大変だ。宇宙もいつか大人の女になってしまうんだ。たくさん傷つかないと素敵な大人の女にはなれない。少しだけ切なくなった。そして心から応援したくなった。

 紗羅たちが京都に引っ越したら、毎月遊びに来よう。あれ?なんか友達みたい。ボランティアは卒業か。
 やっぱり友達の方がいい。宇宙の濃くて長いまつ毛をぼんやり見ていたら宇宙がニコッと白い歯を見せて笑った。





おわり

(この物語はフィクションです)









当たる占い!3回まで無料【霊感霊視の電話占いスペーシア】

2019年02月15日

連載小説「平行線の先に」   3章


帰宅した。紺色のポーチに挨拶する。ただいま。あれ?今日はちび太が来ないな。どうしたんだろ?

「ちび太〜、ただいま〜」

 リビングにいない。キッチンにもいない。寝室のベッドにもいない。あれ?どこいった?
 探し回ってやっと発見した。カーテンの裏で倒れていた。

「ちび太!」

 動かない。かろうじて息はしている。急いで病院へ連れて行った。

 ちび太は入院することになった。年齢を考えると回復するのは難しいかもしれないと言われた。がっくりして家へ帰る途中、マリアとすれ違った。マリアに声を掛けられてハッとした。マリアに抱き付いて泣いた。

「マオ、どうしました?」

 近くのバルに入った。たまたま二人席が空いていたので座らせてもらった。泣きながら説明するとマリアが背中をさすってくれた。

「イノチってはかないね」
「難しい言葉知ってるんだね」

 私は冷静になっていた。ちび太がもうおじいちゃんだってこと前からわかってたから。大輔の時とは全然違かった。当たり前だが。そうでもないか。夫よりペットの方が大事って女性は少なくないのかもしれないし。お酒を飲んで落ち着いたころ、マリアが聞いてきた。

「シゴトのほうはどお?」
「うん、慣れてきたよ。お客様もみんな素敵な方ばかりだし。楽しいよ」
「ヨカッタ」
「紗羅さんのお嬢さんに会ったよ」
「ハーフの」
「可愛いね」
「ワタシもハーフ、だけどあのコは…」
「どうしたの?」
「なんでもない。シングルマザーのひとって、コドモをそだてるためならなんでもヤルってかんじで、ニガテ」
「私も」

 そうかマリアのとこもこどもいないんだったっけ。だから気が合うのかな。マリアにだけは夫のことを話してある。私が夫を溺愛していたのを知っていたからこそ、仕事を与えてくれた。

母親になれた人というのは神様から子育てという素晴らしい仕事を与えられた幸運な人々であると私は思う。私のように子宝に恵まれない人は自分でやるべき仕事を探さなければならない。

 楽でいいじゃない、自由でいいじゃないという声が聞こえてくるが、これがけっこう大変なのだ。

 こどもがいる人といない人の間には深い谷がある。と感じているのは私だけだろうか。こどもがいる喜びや、逆にいるがうえの悲しみや不安を私が正確に理解することはできない。想像することはできても。反対に、こどもが産めなかった劣等感とか、寂しさつまらなさを理解してもらえるとは思っていない。

「もうイッパイのむ?」

 マリアが提案してくれたが断って店を出た。じゃあまたと言って別れた。別れ際にマリアがぎゅっと抱きしめてくれた。こういうことができる人はなかなかいない。元気が出た。



cat2.jpeg



 三日後、ちび太がこの世を去った。こないだあげたおつまみがよくなかたんだろうか。何がいけなかったのでもない寿命ですと言われた。とてつもなく寂しい。ちび太の遺灰の入った小さな壺はグリーンの布で作ったポーチに入れた。

 夫の遺灰の入った壺を包んでいるポーチは夫が良く着ていた紺色のパジャマの布で作ったものだ。お寺さんが気のすむまで持っていていいと言ってくださったので遺灰はずっとそばに置いている。そしていつも話しかけている。ポーチが二つになった。

 バイトの日が何日か続いた。クリスマスシーズンで繁忙期だったから。入るのは、もう七回目か八回目。仕事は全部教えてもらったと思う。その日は雨が降っていてお客様もあまり来なかった。今日の売上目標にぜんぜん達していない。一着買おうかしら?なんて売り物の洋服を眺めていた。

「真央さん最近暗いね」
「わかります?愛猫が亡くなったんです」
「え?猫が死んじゃったの?」
「そんな、猫ふんじゃったみたいに言わないでください」
「ごめん。あたし動物嫌いなんだ」

 カチンときた。

「そんなんでこどもちゃんと育てられるんですか?」
「うるせえなあ。あんたなんかに言われたくない。ウマズメのくせに」

 頭がくらくらした。

「ウマズメっていつの時代ですか?」
「大人しそうな顔して酷いこと言うよ」

 頭に血が上ってしまった。

「アメリカの方なんですか?紗羅さんの彼氏って」
「だからなんだってんだよ」
「日本で知り合ったんですか?」
「どこだっていいだろ、いちいちうるせーなー」

 あーイライラする。

「私これ買います」

 十万円の黒色のワンピースを台の上にバーンと乱暴にのせた。

「売らない」
「え?なんですって」
「あんたには売らないっていってんの!」
「嫉妬ですか?」
「いいかげんにしろ。今すぐ出ていけ。顔も見たくない!」
「出て行きません!」
「じゃあたしが出てく!」

 紗羅は鞄をつかんで傘もささずに店を飛び出した。私はドアを開けて叫んだ。

「帰ってきなさい!勤務中ですよ」

 紗羅は走って見えなくなった。



cat1.jpeg



 マリアに電話して事情を話した。もう一人でも店番できるでしょうから頑張ってと言われた。初めて一人で接客をした。少し緊張したがエキサイティングで興奮した。洋服を売るってこんなに楽しいんだ。たまたま沢山買ってくださったお客様がいて、売上目標を軽く達成してしまった。それでも黒色のワンピを買って帰った。喪中だったから。バイト代の倍の金額だった。

 家でワンピを着てみる。鏡に老婆が映っていた。ひどい顔。私こんな顔で紗羅さんと喧嘩したんだ。鬼婆みたい。言い過ぎちゃったな。人とあんなに言い合ったのって学生時代以来かな。いや、飲食店でバイトしてた時も店長とやりあったっけ。私って喧嘩っ早い。よく大ちゃんに注意されたっけ。

紗羅さんに悪いことをしてしまった。今度会ったら謝ろう。

 クリスマス。大輔の命日。本来であればお墓参りに行くべき日であるが、遺灰を私が持っているためお墓へ行く必要がない。夫の親戚からは早くお墓に入れろと文句を言われている。三年経ったら入れますから。でもまだ入れたくなかった。肌身離さず持っていたかった。

 先日買った黒色のワンピを着て出勤した。紗羅は相変わらずいつものスーツだった。朝からずっと慌ただしくて休憩も別々に取った。プライベートな話をする余裕がないまま夜になった。

 珍しく残業していると宇宙ちゃんが入って来た。

「マミィ」
「ダメだよ入ってきちゃ」
「だって寒いんだもん」
「いいじゃないですか。今日は」
「悪いわね。じゃあ大人しくしてて。こっちに座って」

 紗羅は宇宙ちゃんをバックヤードへ連れて行った。バックヤードには私たちのコートと鞄が置いてあった。嫌な予感がした。私が本日最後のお客様を送り出してドアを閉めた時、裏でガチャンと何かが割れる音がした。まさか。紗羅と目が合った。

 私が血相を変えてバックヤードへ行くと、トートバッグが床に落ちて、中から紺色のポーチが飛び出していた。それを拾おうとする宇宙。

「さわっちゃだめ!」

 自分でも驚くくらい大きな声だった。宇宙はビクッとして泣き出してしまった。私は大輔を拾うために床にしゃがんだ。紗羅がきて、

「そら、なにした?」
「なにもしてない」
「カバンに触ったのか?」
「さわってない」

 紗羅が宇宙の腕をひっぱって横面をバチーンとビンタした。
宇宙はぎゃあと言って、泣き喚いた。私も心が痛かった。壺が割れたショックとこどもが傷つけられるのを見た嫌悪感で吐き気がした。紗羅がまた手を上げようとしたので間に入った。

「やめて!」
「ごめん」
「いいの。謝らないで。骨壺なんか持ってた私が悪いの」
「骨壺?」
「主人なの。亡くなったの。毎日毎日ずうっと考えちゃって。死にたくなって。頭がおかしくなったからここへ来たの。笑えるでしょ」
「笑えないよ。…大変だったね」

 大変だった。そう、私、大変だったの。とってもとっても大変だったの。ただ寝てるだけ、ただDVD観てるだけだったけどずっとずっと戦っていたの孤独と。今も孤独なの。ずっと孤独なの。死ぬまで孤独なの。きっと。

 宇宙は泣き止んで、ごめんなさい、でも自然に落ちてきたの、本当なのと言った。

「そらちゃんは悪くないよ。正直に言ってくれてありがとう。きっと大ちゃん、夫がもうお墓に入りたいって言ってるんだと思う」
「ずっと一緒にいたの?」
「うん」
「羨ましい」
「え?」
「好きな人とずっと一緒にいられるなんて羨ましいって言ったの。あたしは少ししかいられなかったから」
「…そういう考え方もあるんだね」

 私は、骨壺を抱きしめながら、やっぱりバイトをしてみて良かったと思った。こうして新しい知り合いができて、世界が広がった。大ちゃんも喜んでいると思う。




つづく

(この物語はフィクションです)








九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」


2019年02月14日

連載小説「平行線の先に」   2章


朝、電話の音で起こされた。母からだった。ちゃんとご飯は食べているのか。いつ京都へ帰ってくるのか。いつもの質問攻めにあった。

「私、こっちで仕事始めたからしばらくは帰れないよ」
「仕事?なんでなん。必要ないやろ。年末には帰るん?」
「まだわからない」
「もう半年も待ってるし」
「来年には一度顔を出すから」

 受話器を置いた。固定電話をやめようか、と悩む。携帯は切っておけるが、固定電話は留守番電話にしてある。三年前と環境を変えていない。大輔を忘れたくなかった。しかし大輔のことを考えない時間も必要だと最近気付いた。

 いつまでも引きずってちゃだめだ。顔を洗って化粧水をつけた。幸せを呼ぶというディオールの香水を軽くふり、ダイヤの指輪をはめた。今日はバイトなし。何をしよう。


 リビングで朝食を取りながら、フィギュアスケートのDVDを観た。真央は子供の頃スケートを習っていたし、自分と同じ名前の選手のファンだったので試合を観るのが趣味だった。チケットは高かったが大会に何度も足を運んだ。間近で観る試合は迫力満点で感動でいつも泣いていた。夫も時々付き合ってくれたが大抵一人で観に行った。一人が気楽だった。

 独身の頃は友人と呼べる女性が何人かいた。けれど結婚して、こどもが生まれたり生まれなかったりでみんなバラバラになった。真央はこども好きだったがなぜか母親にはなれなかった。一度だけ妊娠したが流れてしまった。ようやく諦めた頃、夫が先に旅立ってしまった。

 大画面では美しい衣装を身に着けた若い選手が華麗に演技している。真央の横には紺色のポーチが鎮座している。そうだ、と思いついて急いで朝食を片付けた。

 街の本屋。大輔の書いた小説がまだ棚に並んでいる。すごく安心する。『刑事○○』だの『名探偵○○』だのシリーズものがほとんど。真央はもちろん全部読んだし、家の書斎にすべて保管している。大ちゃん良かったね。真央のベージュのトートバッグの中には例のポーチが入っている。

 本屋の一角にクリスマス特集が組まれている。サンタクロースなどにまつわる本がたくさんディスプレイされている。真央が好きな絵本もあった。今年はサンタさんに何をお願いしようかな。一つしかないけど。大ちゃんに会いたい。会わせて欲しい。無理に決まってるけど。亡くなってから一度も夢にすら出てきてくれない。ひどい。



bht2.jpeg



 ワインに合うおつまみのレシピ本を一冊買って店を出た。最近お酒を飲む量が増えた気がする。家には常にワインがストックされている。寂しくてついつい飲み過ぎてしまう。外で飲むことはなかった。家で一人で静かに飲んだ。

 占いに行ってみよう。電車に乗って銀座まで来た。そこそこ有名な占いの店に入る。行列が出来ていた。一時間待ちですって。やめた。時間がもったいない。映画でも観よう。たまたまやっていた夫婦の愛の物語にした。予想通りいい映画だった。途中ハンカチが必要になった。

 銀座の街もクリスマスムード一色。きれいだ。ああ、大ちゃんがいればもっともっとハッピーなのに。手と手をつなぐカップルを観ては虚無感に襲われた。恋人をつくるべきなのだろうか。わからなかった。結婚相談所の前をうろうろしたがやめた。

 夕方、家に帰ってさっそくおつまみを作ってみた。ツナとゆずこしょうのガーリックトーストとアンチョビトマトのタルト。具材をバゲットにのせて焼くだけだが非常に美味。ワインがすすむ。ちび太にもおすそわけ。嬉しそうににゃあにゃあ鳴いた。大ちゃんも好きそうだな。いけないまた考えてる。この三年間ずっとこんな感じだ。結婚して十年以上大輔中心に回っていたから急にいなくなられて本当に困っている。


 三年前の十二月。二人で新潟へスキーに行った。スキーをするのなんて久しぶりだった。それは夫も同じだった。まさかあんな事故になるなんて。夫が勢いよく滑っていた先に小さな子どもが立ち往生していた。それを除けようと曲がった先が運悪く危険区域だったのだ。雪崩に巻き込まれて救出されるのに二時間もかかってしまった。助けを呼びに行って待っている間ずっと震えが止まらなかった。絶対帰ってくるって信じていた。大輔は傷一つない綺麗な体で戻ってきた。ただ息はしていなかった。

 あの日の絶望を渇きを焦燥を忘れることは一生ないと思う。あのこどもを探し出して訴えてやりたいと考えたこともあったがやめた。やめたというより気力がなかった。ただただ疲れて寝ていた。三か月寝続けて、三か月フィギュアのDVDを観続けて、やっと普通の生活を送れるようになった。

 現実逃避するために海外旅行にも行った。でも、パリに行ってもロンドンに行ってもカナダに行ってもオーストラリアに行っても思い出すのは大輔のことばかりだった。

 結局、場所を変えてもダメなのね。私自身が変わらないと。で、やっと生活を変えられるかもしれない十二月の初めなのであった。

 あたりまえだと思ってた日常って本当はあたりまえじゃなかった。ありがたい日常だ。だから毎日感謝しながら生きるべき。クリスチャンではないけれど。夫が亡くなってからは感謝していない。



ht5.jpeg



「おはようございます」
「おはよう」
「よろしくお願いします」
「とりあえず、商品整理おねがい」
「はい。わかりました」

 商品整理とは、お客様がご覧になった洋服を畳んだり、欠品しているものがあれば補充したりすること。店舗自体そんなに広くないのですぐに終わってしまう。お客様もまだ来ない。

「じゃあ、レジの使い方ね。うちはタブレットを使ってんの。真央さん使ったことある?」
「ないです」
「スマホのでっかい版だから大丈夫。こうやって、金額を入れて、合計を押して…こうすればおつりが出てくるから。ね、簡単でしょ」
「はい。やってみます」
「ちょっと練習してて」

 お客様が来られたので紗羅は接客しに行った。お客様に対しては一応敬語を使っている。ちょっと不思議な敬語だった。真央は十数年前までレストランでウエイトレスの仕事をしていた。夫の小説が売れるようになって辞めたのだ。だから接客には自信があった。案の定、真央はお客様からすぐに気に入られた。三十代から五十代くらいまでの女性がよく来られた。

 休憩時間。真央と紗羅は『ぱられる』でパスタセットを食べた。

「真央さんさあ、語尾が下がるくせがあるでしょう?あれ直した方がいいよ。いらっしゃいませ〜、ありがとうございました〜、またお待ちしてます〜って上げないと」
「そうですか。無意識に下げてました。気を付けます」

 紗羅は先日と同じ灰色のスーツを着ていた。視線に気付いたのか、

「あたしこれ一着しか持ってないの。制服みたいなもの。社長にお古もらった」
「そうですか」
「真央さんはいっぱい持ってんでしょ?」

 今日は『マダム・マリア』の桃色のワンピースだった。

「ワンピ好きなの?」
「ええ」
「ええっていう人初めて会った。こないだもなんか変わった人だなあって思ったけど」
「私も、紗羅さんみたいな人と会うの初めて」
「みたいなってどういう意味?」
「ええと…」
「貧乏なシングルマザー?馬鹿にしてんの?」
「とんでもない」
「別にいいけど。あんたこどもいないんでしょ?なんで作んないの?」
「できないんです」
「え?できないの?かわいそ〜」
「ご主人がいない方がかわいそうだと思いますけど」
「いらないよ男なんか」
「変わってますね」
「あんたこそ」

 午後三時。店に戻らねば。急いで珈琲を飲んだ。やっぱり全然違うんだ私と紗羅さん。どんな相手のこどもを産んだのかしら?何歳くらいで産んだのかしら?興味ある。好きじゃないけど興味ある。なんでかな。好奇心?だって小説より面白いんだもん。



hbt1.jpeg



 午後七時。店を閉める準備を始める。ゴミ袋の口を締めようとすると、

「まって。まだまだ全然入るじゃん。もったいないよ袋が。これだから金持ちは嫌だよ」
「…すみません」
「頼まないことやらないで。頼んだことだけやって」

 この人すぐイライラするのよね。きっとキャパが狭いんだわ。そして教えるのが下手。相手の立場に立てないタイプ、自分を優先するタイプね。

「なんか言った?」
「いいえ。何も」
「じゃ、閉めるよ」
「おつかれさまでした」

 店を出ると黒人の女の子が立っていた。抱っこちゃん人形が成長したみたいにおめめぱっちり。手足が長い。うちのお店に用があるのかしら。紗羅が出てきて、

「宇宙、おまた」
「そら?」
「あたしの娘。かわいいでしょ」
「え?紗羅さんのお嬢さん?」

 相手は黒人なんだ。でも本当に可愛い。黒人とのハーフの女の子。

「こんばんは」
「こんばんは。マミィ腹減った。なんか食べよ」
「さようなら」
「バイバイ」

 びっくりした〜。十二歳くらいかしら。大人っぽいけど。お化粧してるみたいだったし。紗羅さんすごい。私には絶対真似できない。未婚でハーフのこどもを産むなんて。かっこいいな。私は頭が固いからまずは好きな人と幸せな結婚が先。色んな人がいるのね。世間は広い。




つづく

(この物語はフィクションです)









女性ホルモンの専門家が作った、女性のためのハーブティー


ファン
検索
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
齋藤なつさんの画像
齋藤なつ
いつも読みにきてくださり、ありがとうございます。みなさんの大切な時間をむだにしないように一生懸命書きます。こうして毎日書けるのも健康だから。体を大切に、心も大切に、まわりの人も大切にします。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。