広告

posted by fanblog

Access2.0のMDBファイルをExcel2013で開く

2017年04月23日

pic0093.jpg

Access2.0アプリケーション


こんにちは、ハニービーンです。
私の仕事先では、いまだに稼働しているAccess2.0アプリケーションがあり、データの入力が日々行われています。



しかし、このアプリケーションは、かなり昔にWindows3.1環境で開発され、しかも作成者不明という代物です。このためにスタンドアローンのWindowsXP機が1台残されていて、そこで稼働されているという状況です。

そのWindowXP機も撤去することになったため、新たなプログラムを作成してそちらに作業を引き取ることになりました。

古いMDBファイルのデータ


新たなプログラムに移行するのはよいとして、旧アプリケーションで作成された何年分にもわたる入力済みのデータを破棄するわけにはいかないので、データも移行する必要があります。

Access2.0で作成されたMDBファイルは、最近のバージョンのAccessで開くことができませんが、Excelを使って、取りあえずデータを保存することができましたので、備忘録を兼ねて記事にしておきたいと思います。

Access2.0のMDBファイルをExcel2013で開く


Excel2013を起動し、MDBファイルを開きます。
img93_01.jpg

セキュリティに関する通知が表示されたら「有効にする」を選択します。
img93_02.jpg

「データソース」の文字列をコピーしておきます。
img93_03.jpg

ここで「接続のテスト」をクリックすると、接続のテストに失敗します。デフォルト設定では接続できませんでした。
img93_04.jpg

「プロバイダー」タブを開き、「Microsoft Jet 4.0 OLE DB Provider」を選択します。
img93_05.jpg

「接続」タブに戻ると、「データソース」の文字列が空になっているので、先ほどコピーした内容をペーストします。
img93_06.jpg

再度「接続のテスト」をすると、今度は接続できました。
img93_07.jpg

「接続」タブの「OK」をクリックすると、テーブルの選択画面が表示されます。全テーブルを一度に保存したいので「複数のテーブルの選択を使用可能にする」のチェックを入れ、全テーブルを選択します。
img93_08.jpg

データのインポート方法では、「テーブル」を選択し、「OK」をクリックします。
img93_09.jpg

すると、シートがSheet1からテーブル数分作成され、テーブルのデータがインポートされます。
img93_10.jpg

これでMDBファイルの内容をExcelにインポートすることができました。あとは、適当なファイル形式に保存すれば、後々Excelで処理することが可能になります。

Excelで開けるようになっているのになぜAccessで開けないの?という思いもありますが、取りあえずExcelで開けて助かりました。



シェアしていただけると大変うれしいです。

更新情報はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

posted by ハニービーン at 12:39 | 動作報告
人気の記事
最新記事
プロフィール
ハニービーンさんの画像
ハニービーン
  • Twitter
  • facrbook
  • Contact
快適な家庭生活を送るための、コンピュータとの付き合い方を紹介しています。

このブログについて

カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。