広告

posted by fanblog

Windows10 インストール準備作業 Lenovo G500編

2015年07月26日

pic0066.jpg

OS変更の準備


こんにちは、ハニービーンです。
いよいよ、Windows10 の提供開始が目前に迫りました。



我が家では、メイン機、サブ機、ともにWindows10 にアップグレードする予定です。

公開されてから1年間が無料アップグレード対象期間らしいので、今のところ予約もしていませんし、公開直後に更新するつもりもありません。

とはいえ、いつでもインストールできるように、準備を整えておく必要はありそうです。

Lenovo G500 の作業方針


メイン機の Lenovo G500 は、Windows8.1です。Windows8.1からWindows10への変更はとても相性が良さそうです。
[参考]
Windows10TP アップグレードインストールでの動作確認結果

Windows10 Technical Preview で試したところでは、必要なソフトウェア等は全て動作しました。

そこで、G500では、マシンの現状をできるだけ引き継ぐ、アップグレードインストールを実行して対応します。

その上で、必要な準備を考えてみます。

場合分けしてみる


何が必要かを考える上で、2つの場合に分けて考えます。うまくいく場合と、元に戻す場合です。
うまくいく場合

今回、G500では、アップグレードインストールをするので、ユーザーファイルを含めて、全てを引き継いでOSのアップグレードが行われます。

従って、うまくいく場合は、事前のバックアップ等は何も必要ないことになります。
元に戻す場合

Windows10のインストール時またはインストール後に、何らかの不具合により、元に戻すことが必要になったとします。

そうなった時に、元に戻すために必要なファイルを、事前にバックアップしておく必要があります。

いろいろなバックアップ方法が考えられますが、どれが必要か、必要でないか、あれこれ考えるより、システムイメージバックアップを作成するのが一番手っ取り早いです。
必要なもの、その1:最新のシステムイメージバックアップ

システムイメージバックアップがあれば、HDDを再フォーマットして真っさらにしても簡単にリカバリーできます。
[参考]
Windows8.1 システムイメージバックアップから復元されないもの

もちろん、リカバリー作業を行うのに、回復ドライブも作成しておきます。回復パーティションは含まれていてもいなくても構いません。
必要なもの、その2:回復ドライブ

そして、システムイメージバックアップから復元されないパーティションのバックアップファイルを作成しておきます。
必要なもの、その3:OEMパーティションと回復パーティションのwimファイル

我が家のG500の場合、OEMパーティション(LRS_ESP)と回復パーティション(PBR_DRV)がそれに該当します。Dismコマンドでwimファイルを作っておきます。
[参考]
Windows8.1 回復パーティションとOEMパーティションを復元する

まとめると、必要な物は
その1:最新のシステムイメージバックアップ
その2:回復ドライブ
その3:OEMパーティションと回復パーティションのwimファイル

これだけあれば、アップグレードインストールが、うまくいってもいかなくても心配ないわけです。

その2とその3は、内容が変化しないので、一度作ってあれば今回あらたに作る必要のないものです。我が家では以前作ってあります。

今回は、直前にシステムイメージバックアップを作成するだけです。


シェアしていただけると大変うれしいです。

更新情報はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

posted by ハニービーン at 23:25 | 使い方
人気の記事
最新記事
プロフィール
ハニービーンさんの画像
ハニービーン
  • Twitter
  • facrbook
  • Contact
快適な家庭生活を送るための、コンピュータとの付き合い方を紹介しています。

このブログについて

カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。