広告

posted by fanblog

Windows10 TP をisoファイルからDVDドライブを使わずにインストールする (2)

2015年05月12日

pic0061.jpg


こんにちは、ハニービーンです。
前回、DVDドライブのない Let'sNote CF-J10 (Windows7)用 に、システム修復USBを作成しました。


万が一の時のためにも、DVDドライブのないWindows7機の場合には、作成しておくことをおすすめします。

しかし今回の最終目的は、DVDドライブを使わずにWindows10 TPをインストールすることです。

作成したシステム修復USBを改造して、その目的のために利用します。

isoの起動プログラムをUSBで起動する


システム修復USBに、含まれているファイルは、以下のようになっています。
\bootmgr
\boot\BCD
\boot\boot.sdi
\boot\bootfix.bin
\sources\boot.wim
このうち、boot.wim というファイルが、ブート時に実行されるプログラムで、あとのファイルは起動に必要な周辺ファイルです。

このboot.wimを差し替えてしまえば、起動時に別のプログラムを実行できます。

Windows10 TP の isoファイルを、Virtual CD でドライブにマウントして中を見てみます。

Isoファイルを右クリック>Insert the virtual CD into>D:
img61_01.jpg

これでD:ドライブにマウントされました。
img61_02.jpg

「sources」フォルダがあるので、中を見ると、
img61_03.jpg
ここにもboot.wimがあります。\sources\boot.wim という配置は、全く同じになっています。

そこで、システム修復USBのboot.wimを、Windows10 TP の isoのboot.wimに差し替えてみます。

システム修復USBの、\sources\boot.wim の名前を boot2.wim変更しておき、Windows10 TP の isoのboot.wimを同じフォルダにコピーします。
img61_04.jpg

この状態で、USBブートでPCを再起動すれば、Windows10 TP の isoからコピーしたboot.wimが起動するはずです。

USBブート可にして再起動すると、この表示の後、
img61_05.jpg

元のシステム修復USBで起動した時とは違う起動画面です。
img61_06.jpg

Windows10 TP のセットアップ画面が表示されました。

ファイルコピー用にisoをVHDにコピーする


ところで、起動したこのセットアップ画面から、インストールを進めても、インストールを行うことは出来ません。

なぜなら、起動しているboot.wimファイル以外のファイルは、USBにコピーしていないからです。

インストール時に大量のファイルがHDDにコピーされますが、そのコピー元がないわけです。

試しにやってみると、必要なメディアドライバーがない、と表示されます。
img61_07.jpg

必要なファイルにアクセスできるようにするために、Windows10 TP の isoのファイルを全てコピーしたVHDを作ります。

Windows10 TP の iso は4GB強あるので、4.5GBのVHDを作ってみました。
img61_08.jpg

H:ドライブにマウントされています。Xcopyコマンドで、iso(D:)の内容をコピーします。
xcopy D:\*.* /s /e /f H:\
img61_09.jpg

作ったVHDは、USB接続の外部HDDに移動します。内蔵HDDに置いておくと、実際のインストールでHDDをフォーマットする場合は消えてしまいます。

これで準備が整いました。

USBとVHDを使ってインストールする


準備したものを使ってインストールしてみます。

システム修復USB(改)と、外部HDDを接続し、USBブート可能状態で、PCを再起動します。

PCが起動すると、USBから、Windows10 TPのセットアップ画面が起動します。
img61_10.jpg

ここで、VHDに接続するために、[Shift]+[F10]を押します。すると、コマンドプロンプトが起動します。
img61_11.jpg

コマンドプロンプトから以下を入力します。
diskpart
list vol
img61_12.jpg
E:ドライブが外部HDDであることがわかります。

E:ドライブ内にあるVHDに接続します。今回のVHDファイルはE:\disk\VHDs\Win10DVD.vhdです。
select vdisk file="E:\disk\VHDs\Win10DVD.vhd"
attach vdisk
img61_13.jpg
これでVHDがマウントされました。

Exitでコマンドプロンプトを閉じ、インストールを続けます。
img61_14.jpg

あとは、DVDからインストールする時と同じ手順でインストールを行えます。
img61_15.jpg

CF-J10とWindows10 TP


CF-J10にWindows10 TPをVHDインストールして動作確認したところ、ドライバーとユーティリティーのインストールも含めて、正常動作することが確認できました。

クリーンインストールで試しましたが、ドライバー等の中には、新しいOSの動作の障害になるものもあり、アップグレードインストールを行うのは手間が掛かりそうです。

また、CF-J10は使い始めて3年以上経過しており、Roamingフォルダが肥大したりして、そろそろスッキリしたいところでもあります。

ですので、もしこの秋 Windows10 がリリースされて、インストールすることになった場合、できればクリーンインストールを行いたいを考えています。

アップグレードインストールの場合でしたら、DVDドライブがなくても、isoファイルをマウントして、setup.exeを実行すれば作業できると思います。

しかし、クリーンインストールの場合、DVDドライブなしでインストール作業ができるのか? 疑問だったので、試してみた次第です。

もっといい手順があるかもしれませんが、DVDドライブなしでも、インストール作業ができました。




シェアしていただけると大変うれしいです。

更新情報はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

posted by ハニービーン at 08:00 | 備忘録
人気の記事
最新記事
プロフィール
ハニービーンさんの画像
ハニービーン
  • Twitter
  • facrbook
  • Contact
快適な家庭生活を送るための、コンピュータとの付き合い方を紹介しています。

このブログについて

カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。