google1428854bfb505cc1.html

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
世界の為替市場は、

ニュージーランドのウェリントン市場から始まり、アメリカのニューヨーク市場で幕を降ろします。

オセアニア→アジア→中東→欧州→米国

と順番にオープン/クローズしていきます。

外国為替市場の主要各国として、ニューヨークやロンドン、東京などがあげられます。

各国の取引時間は、下記のとおりです。
※ニューヨーク市場とロンドン市場は、夏時間と冬時間があります。

東京市場      9:00~17:00

ロンドン市場   17:00~1:00(夏時間)3月最終日曜日〜10月最終日曜日まで
         18:00~2:00(冬時間)
ニューヨーク市場 21:00~6:00(夏時間)3月第2日曜日〜11月第1日曜日まで
         22:00~7:00(冬時間)

世界3大為替市場として、

「英国のロンドン為替市場」

「米国のニューヨーク為替市場」

「日本の東京為替市場」

があげられます。

取引高順位は、1位ロンドン為替市場、2位ニューヨーク為替市場3位東京為替市場です。

なお、世界の取引量の約30%が最大のロンドン為替市場で行われているといわれ、

その取引高は東京為替市場の約4倍にもなります。

ロンドンすごいですね〜  


 

FXの基礎知識
資産を守る観点から、証拠金維持率が、何%以下になると全ポジションが自動的に決済されます。これをロスカットといいます。

これは、それぞれの証券会社によって60%だったり、100%だったり、様々です。

証拠金維持率の計算式

預託証拠金100,000円で、1ドル100円の時に買い注文(アスク)を出して、10,000ドルを保有したとします。

その後、1ドル95円に下がりました。すると、

(95円−100円)×10,000ドル=−50,000円

証拠金維持率は、(100,000円−50,000円)÷100,000円×100%=50%となります。

この時、証拠金維持率50%以下でロスカットの証券会社ですと、持っているポジションが自動で決済(損失確定)されてしまいます。残りの証拠金は、50,000円になります。

このまま持っていればまた、上がるかもしれないのに〜と思うかもしれませんが、もっと下がって、1ドル90円になったらどうでしょう?

(90円−100円)×10,000ドル=−100,000円となり、残りの証拠金は、0円になってしまいます。

以上のような事態を避けるために、ロスカットというルールがあるようです。



FXの基礎知識

FX注文用語集

指値(リミット)発注時のレートよりも有利なレートを指定して、売買注文を出す注文。(売りでは、高い値、買いでは、安い値)

逆指値(ストップ) 発注時のレートと比べて不利なレートを指定して、売買注文を出す注文。(売りでは、安い値、買いでは、高い値)この注文は、損失を限定させたり、最低限の利益確保の為にしようする。 


IFD注文 「1の新規注文をセットし、その注文が成立したら2の決済注文を自動的に発注する」という注文方法。「イフ・ダン注文」ともいう。

OCO注文 種類の異なる二種類(利益確定注文と損失限定注文)の注文を出し、そのうち一方が成立すると、もう一方の注文がキャンセルされるという注文方法。

IFO注文 新規注文1と、その注文が成立した場合、1に対する建玉の決済注文を二種類(利益確定注文2と損失限定注文3)を、同時に出す注文方法のこと。

FXの魅力は?

FXの魅力は、何と言ってもレバレッジを効かせて、少額で取引できるところでしょうか。

また、相場が上がっても下がっても利益を得られるチャンスがあるところですね


例えば、米ドル円で、1ドル100円の時に1ドル買って(アスク)1ドル110円の時に売ったとします。

この時の利益は、110円-100円=10円ですね。

では、1万ドルなら、どうなるでしょうか?

1ドル100円で、1万ドルなので、100円×1万ドル=1,000,000円

1ドル110円の時に売るので、110円×1万ドル=1,100,000円

ということで、1,100,000円-1,000,000円=100,000円

10万円の利益ということになります。

しかも、必要な金額は、レバレッジ25倍なら、1,000,000円÷25=40,000円でいいので、

資金効率がとてもいいということになります。

上記は、買った場合ですが、1ドル110円の時に売って(ビット)1ドル100円の時に買うことで、売る場合でも

利益が得られることが魅力ですね。


FXの基礎知識

FXの基礎知識目次

FXの基礎知識目次

・FXって何?

・スプレッドとは?

・円高、円安って何?

・レバレッジとは?

・スワップポイントとは?

・FXの魅力は?

・ロスカットとは?(FXのリスク)

・外国為替市場 主要各国の取引時間
スワップポイントとは、銀行預金に例えると金利のようなものです。
正式には、FXで売買を行ったときに発生する2国間の金利の差のことをいいます。

例えば、米国の金利が2.5%で、日本の金利が0.1%だった場合、日本と米国で金利差が2.4%になります。

米国の通貨を買って日本円を売るという取引(ドル円取引のアスク)をした時に金利差分のスワップポイントが、毎日入ってきます。

反対に、米国の通貨を売って日本円を買うという取引(ドル円取引のビット)をした時は、金利差分のスワップポイントが、毎日マイナスになっていきます。

このスワップポイントは、FX会社によってすぐに口座に反映される場合と、反対売買を行ってから反映される場合の2通りあります。


FXの基礎知識

レバレッジとは?

レバレッジとは”leverage”と英語表記します。てこの作用という意味です。

例えば1ドル=100円の時に、海外旅行で1万ドルを用意する場合、100万円の資金が必要になります。

日本のFX業者では、最大25倍のレバレッジ取引ができるので、25倍の場合、約40,000円で1万ドル相当の取引をすることが出来ます。

まさに「てこの作用」で、少ない資金でも取引ができますね

また、海外のFX業者では、500倍とかで取引ができるところもあります。

FXの基礎知識

円高、円安って何?

外貨に対して円の価値が上がっている状態を「円高」といいます。 また、その反対を「円安」といいます。

輸入品の果物を例にすると、

(為替レート)1ドル100円の時 日本でオレンジ1個 100円→米国でオレンジ1個 1ドル

(為替レート)1ドル110円の時 日本でオレンジ1個 110円→米国でオレンジ1個 1ドル
       (1ドル100円の時より円安)

(為替レート)1ドル90円の時  日本でオレンジ1個 90円→米国でオレンジ1個 1ドル
      (1ドル100円の時より円高)

ということになります。

FXの基礎知識

スプレッドとは?

スプレッドとは、売値(ビッドレート)と買値(アスクレート)の値段の差のことを言います。


  ドル円 1ドル 110.00(売値)110.01(買値)
  
  以上の場合 スプレッドは、0.01円ということになります。

  1,000ドル買う場合 110.01円×1,000ドル=110,010円

  1,000ドル売る場合 110.00円×1,000ドル=110,000円

  以上のようにまったくレートが動かない状態で、1,000ドル売買すると10円マイナスになってしまいま す。

  これが、コスト(費用)になってきます。通貨やFXの取引所によって、このスプレッドは、変わってきますので、要注意ですね。

FXの基礎知識

FXって何?

FXとは「Foreign Exchange」の英略です。正式には「外国為替証拠金取引」といいます。
うーん、なんだか難しそうですね。
ドル・ユーロ・ポンドなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

要するに、外国の通貨を売買して、その差益を狙う取引ということのようです。


・スプレッドとは?
・円高、円安って何?
・レバレッジとは?
・スワップポイントとは?
・FXの魅力は?
・ロスカットとは?(FXのリスク)
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。