ファン
検索
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
マルボロマンさんの画像
マルボロマン
プロフィール
日別アーカイブ
リンク集
RSS取得

広告

posted by fanblog

2014年12月28日

加湿器(気化式)で赤ちゃんに安全なオススメの機種は?

今年も残すところ後わずかとなりましたね。


この時期は空気がカラカラに乾燥して
加湿器を一日中フル稼働させているお宅も多いと思いますが、

赤ちゃんのいるご家庭などでは
なるべく清潔で身体にやさしい安全な機種を使用したいですよね。



加湿器には、大きく分けて

・気化式
・ハイブリッド式
・スチーム式
・超音波式


の4種類があります。


どのタイプもそれぞれ長所と短所があるのですが、
赤ちゃんの健康や安全面を考えた場合
超音波式とスチーム式は避けた方が賢明です。


なぜなら、超音波式は構造上の問題などで
散布される水が細菌で汚染されやすくなりますし、
スチーム式は蒸気の噴出し口が高温になるため
小さい子供さんがいる場合は危険だからです。



そうなると、赤ちゃんや小さいお子さんがいるご家庭の場合は
気化式かハイブリッド式の二択に限定されると思います。



気化式は、ほかのタイプに比べて圧倒的に電力消費が少なく、
さらに衛生的で安全に使えるといったメリットがある一方で、
今までは加湿能力の低さがネックとなっていました。


しかし、最近の気化式加湿器は性能が格段に向上していて、
一般的なハイブリッド式加湿器と比べても
加湿能力がほとんど変わらない機種が次々に登場しています。



中でもオススメの機種が、パナソニックの「FE-KFK05-W」です。


FE-KXK05-Wは、価格comで調べたところ
気化式の加湿器の中では一番売れている機種みたいです。





パナソニック FE-KFK05-W(気化式)の特長

【適用畳数】 木造和室:8.5畳 / プレハブ洋室:14畳
【加湿力】 お急ぎ:600ml/h /強:500mL/h /中:420mL/h / 弱:330ml/h
【消費電力】 お急ぎ:8.0W / 強:6.0W / 中:4.5W / 弱:3.5W
【1ヶ月の電気代】 約39円(1日8時間運転×30日で計算した場合)



同じ適用畳数の一般的なハイブリッド式の加湿力は
「強」で500mL/hほどが目安ですから、FE-KFK05-Wの加湿能力は
ハイブリッド式と比べてもまったく遜色ありません。


さらに、FE-KFK05-Wには
お急ぎモード機能(30分間)が搭載されていて
最大で600ml/hのスピード加湿が可能なんです。

お急ぎモードで短時間で十分に潤った後は
自動で湿度を調整しながら動いてくれます。


加湿能力の高さももちろん魅力的ですけど、
何と言っても電気代の安さが目を引きますよね!



また、FE-KFK05-Wは、独自の静音化技術によって
運転「強」でも31dBという静音性を実現しています。

図書館の騒音値目安が40dBとされているぐらいですから、
これなら動作音が原因で赤ちゃんの安眠を
妨げる心配もありませんよね。


それと、給水トレーにはイオン除菌ユニットが搭載されていて、
加湿する水を除菌して散布するようになっているので
赤ちゃんの健康にも安心ですね。


フィルター交換も約10年間不要で、お手入れもすごく簡単!
とても使いやすい機種だと思います。



気化式の加湿器が気になっているけど
赤ちゃんのことを考えて購入を迷っているという方は、
気化式を選んでまったく問題ないと思いますよ♪


パナソニック FE-KFK05-Wの詳細はこちらからご確認いただけます。

      ↓     ↓     ↓

⇒ AMAZONでFE-KFK05-Wの詳細を見てみる


⇒ 楽天でFE-KFK05-Wの詳細を見てみる


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。