広告

posted by fanblog

保険の基礎用語

生命保険で基本的に必要な用語です。
契約書や資料にもでてくるので覚えておいて下さい

【被保険者】:保険の「対象となる人」、その人が死亡したり、病気になった場合に保険金や給付金が支払われます。

【契約者】:保険会社と契約を結ぶ人。保険料を負担する人。

【受取人】:被保険者が死亡した場合などに、保険金を受け取ることができる人。

【保険金】:被保険者が死亡した場合などに、保険会社が受取人に対して支払うお金の事。支払事由によって「死亡保険金」「高度傷害保険金」「満期保険金」と使い分けることがある。

【給付金】:疾病や入院などを原因として、保険会社から支払われるお金。保険金とは区別してこう呼ばれる。

【保険期間】:保険が有効な期間。終身保険では一生涯保険期間が続くが、定期保険や養老保険では一定期間に区切られている。
保険期間が終了した後は、当然保険金は支払われない。

【特約】:疾病や入院などの際にも、保険会社からお金を受け取る事ができるオプションの事。特約をつければ当然保険料も高くなる。

【主契約】:特約以外のもともとの保険の部分。

【保険料負担者】:保険料を負担する人。基本的に契約者と同一。ただし契約後に変更することによって、契約者以外が保険料負担者となることができる。

【告知】:保険加入に当たり、現在の健康状態や過去の病歴、現在の職業などを保険会社に申し出ること。

【審査】:保険加入に当たり、現在の健康状態や過去の病歴などを、医師が直接診断すること。

【告知義務違反】:重要な事項を告知しなかったこと。これが発覚すると、契約を解除されたり、保険金が支払われなかったりする事がある。

【免責事由】:保険会社が保険金や給付金を支払わないと定めた条件のこと。

一つ資料を見てみると文字でみるより、よく理解できますよ!






この記事へのコメント

   
FX業者
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。