広告

posted by fanblog

自動振替貸付制度とは

生命保険の自動振替貸付制度とはなんでしょうか。

払い込み猶予期間が経過しても保険料の払込がない場合に、保険会社が解約返戻金の範囲内で、自動的に保険料相当額を立て替えるというものです。

注意点は以下の通りです。

@契約の際に適用を希望しない旨を申し出たときは利用できません。

A終身保険、養老保険などの解約返戻金のある保険でなければりようできません。

B未払いとなっている保険料額よりも解約返戻金が多い場合でなければりようできません。

C立て替えられた保険料には、保険会社所定の利率による利息が1年複利で計算されます。


立て替えられた保険料には、保険会社所定の利率による利息がつきますので、この制度の利用は短期間で済ませたほうがいいでしょう。

返済方法は立て替えられた保険料を一括で返済する事も、分割して返済する事もできます。

保険料の貸付が行われたが、やはり保険を解約したいという時は、所定の期間内に手続きを行えば解約する事ができます。
この時解約返戻金から振替貸付金を差し引かれることはありません。

どうしても払込が困難な場合、解約するかどうかの決め手は以下を参照に判断してください。

《払い込み保険料総額より解約返戻金が多い場合》
⇒解約するほうがよい

《解約返戻金より払い込み保険料総額が多い場合》
⇒どうしても保険を続けたい場合は、払済保険、延長保険、中途減額にするとよい
⇒先々が不安であったり、迷いが消えない場合は解約するのがよい


最近では終身保険、医療保険等は比較的安く、80歳まで加入可能な保険商品が増えていますので、それほど深刻に考える必要はないと考えます。
(個人的意見ですが)









この記事へのコメント

   
FX業者
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。