広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年03月06日

ワーク介護バランス (1) ここまでできる働きざかりの介護 小山 朝子 (著)





こんにちは、ひろこです
アラフォー主婦です
年を重ねるとともに、教養も身につけたいなぁと、
日々 ひたすら本を読んでいます。

難しそうだったり
関係なさそうだったり
もう知ってるようなモノでも

知識の幅を広げるために
とにかく 目を通してみます!!

今回はコチラ

ワーク介護バランス (1) ここまでできる働きざかりの介護 (ワーク介護バランス 1)
単行本(ソフトカバー) – 2015/6/11
小山 朝子 (著)



IMG_8156.JPG

◇初めての介護であわてない
◇早まって仕事を辞めない
◇知ってないとはじまらない制度


しばらく福祉分野の勉強をしようと思っています。

介護って、親や兄弟、家族がいれば、
誰でも必ずそのうち
なんらかのカタチでかかわるわけです。

老後、だけではなく。
働き盛りで脳梗塞とか脳卒中とか。
50代の知り合いも、ありました。

また、うちの子どもは交通事故で
入院したことがあります。

幸いその知人も子供も
後遺症とかなかったんですが、
場合によっては不自由になったコトがあったかもしれない。。。

今ピンピンしてるうちの親も
主人の親も
そして、私や子ども、友人・・・。

誰もが要介護になる可能性はあるわけですよね。

年齢が上がるにつれて、可能性は上がります。

「親、主人、子供に何かあった時、きちんと対応したい」
「自分に何かあったとき、家族の負担を最小限にしたい」
「周りで困ってる人がいたら、寄り添いたい」

そんな思いで手に取りました。



やはり、知らないことはコワいです。

友人との間で老後の話題が出た時
「将来、自分が要介護になったら・・・
きっと悲惨な老後を過ごすんだろうなぁ・・・」
と、すごく悲観してる子がいましたw

「何かあったときに対応できる貯金がない!」
「施設を利用するほどお金がない!」
「保険もそんなにかけてない」
「家族を自宅で介護するなら仕事やめなきゃ!」
「収入がなくなったら生活が成り立たない!」
「そもそも、どこに相談すればいいの?」

知らない、見えないから
コワいんです。

本を読んで思ったことは、

「なんだ、介護の度合いによって行政がちゃんと支援してくれるんだ」

ということでした。

ちゃんと申請すれば、いろんな施設やサービスを
限度額内で利用できます。
オーバーした分は自腹ですが、
全額負担ではないという知識が入るだけでも
安心できました。

思ってたより、行政の支援は厚いようです。

とはいっても、これはすべて
「自分で申請」しなければ、誰もしてくれません。

傷病手当とか失業保険とかと同じで、
ボーっと待ってても誰もくれません。
自分の責任で、自分が足を運ぶしかないのです。。。

しかも、足を運んでも、
聞かなきゃ教えてくれない!!!

福祉課の役人は、親切にアレコレ案内してくれません。
自分から、どのサービスを利用したい、
なぜなら家族がこれこれこういう状態で・・・
と積極的に話さないと、
すごくあたりさわりない説明しかされません・・・
しかも要領悪いし、内容ごとに担当者がコロコロ変わるし連携もされてない。

自治体によるとは思いますが、
役人に言われるがままに動くと、
やたら時間かかります。

前記事の本で紹介しましたが
「地図を持って行きましょう」です。

前記事↓「自分の会社をつくるということ」
http://fanblogs.jp/hitahon/archive/14/0

おおまかな流れを自分で調べて
あるていど結末を決めて動けば、
時間も労力も余分に使わずに済みます。





福祉業界の関係者(デイサービスのオーナーとか支援学校の保護者とか福祉課の役人とか)
と話す機会があったのですが、
なんといっても、人手が足りてない・・・。

専門職の人数が全然足りない。
なので、専門知識の乏しい人をスタッフとして雇うしかない。。。

手が足りない!!
今でさえこの状態だから、
この先どうなるんだろう・・・。
サービスの質が心配ですね。

人口オーナスは止められないので
ITの進化に期待です。

さて、この本はシリーズで、
2・3巻と続きます。
ぜひ、読んでみたいと思います。

ありがとうございました♪





ワーク介護バランス (1) ここまでできる働きざかりの介護 (ワーク介護バランス 1)

小山 朝子 旬報社 2015-06-11
売り上げランキング : 982153
by ヨメレバ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
(^^)  



タグ:介護

2017年03月04日

自分の会社をつくるということ 経沢 香保子 (著)

こんにちは、ひろこです
アラフォー主婦です
年を重ねるとともに、教養も身につけたいなぁと、
日々 ひたすら本を読んでいます。

難しそうだったり
関係なさそうだったり
もう知ってるようなモノでも

知識の幅を広げるために
とにかく 目を通してみます!!

今回はコチラ

自分の会社をつくるということ
単行本 – 2005/6/24
経沢 香保子 (著)



IMG_7854.JPG


◇地図を持って行きましょう
◇モノゴトを数字で考える
◇経営者脳を持つ


この本を初めて読んだのは
10年くらい前だと思います。

子どもを育てながら、
仕事するって大変だなぁ。
母親が働き続けるって、すごく気兼ねする。
イヤだなぁ・・・

という心境で読んだと思う。
別に、会社を作ろうとは思ってなかったけど、
自分で何かできないかなと。

私の、シゴトに対する考え方の転機になった本です。

何か迷ったりすると
その都度、考えの整理のために
読み返しています。



シゴトでなくてもかなり参考になりました。
会社って経営するわけだけど、
家庭だって、家計預かるわけですから。

会社って従業員いるけど
家だって、旦那や子供がいます。

私はビジネスの本読んで思うのは
家も同じだなぁってこと。

コーチングの本とかでも、
上司→部下 = 母→子ども = 妻→夫

って感じで かなり参考になります。

「地図を持って行きましょう」
これは本当に すごくためになりました。
私の指針。
何かを始めたり、何かを勉強したり、
あきらめたり、手に入れたり。

その場その場の思い付きで行動するのではなく、
人生の大まかな流れを考えて
選択をする。

目の前の損得とかではなくて、
大きな大きな道筋を考える。

私、産後に仕事を探すときに、
経験のある仕事ではなくて、
全く経験のないSEの職に就きましたw

Accessのクエリとか
Excelの簡単な関数でさえ、
触ったことないのに、

「出来ます!(勉強します)」って言って
もぐりこみました・・・。

あの頃の私は、
自分のITの知識が
将来に向けて最も足りないって考えてたんです。

もうほんと、我ながら英断でした!!!
あんときの私、グッジョブ!!!!!!

まったくの初心者が
たくさんの設置や開発の実践をさせてもらえたうえ
上司が大きな器の人で、
やりかたは自由にさせてくれた。
(というか、忙しすぎて何も教えてくれなかった)
おかげで、たいていのことは
自力でナントカ出来るようになりました

ある程度スキルのある、経理とか総務とか業務に行かなくてよかった。
ましてや、先々縁のない、CADとか選ばなくてよかった!!

長くなってしまいました。
あと二つ。



「モノゴトを数字で考える」
これ、女子が苦手だそうです。
うちの旦那も苦手ですけどね・・・

もうちょっとで完了します とか
多め とか
安い とか
人によって感覚とか価値観が違う。

8割出来ていますので本日中に、とか
5分待ってとか、
2割増しとか
100円引きとか

とにかく 数字で明確に!!

「経営者脳を持つ」
これを意識しだすと、
時間とかコストとか利益とか
常に常に考えます。
コスパとか効果とか。
家計も同じです。
お値段はるけどここは必要!とか、
いくら安くても費用対効果は低いとかw


ダメだ、また長くなってしまった・・・。
今日は簡潔にまとめるつもりだったのですが、

書きたい時に書くブログなので、
書き始めると長くなってしまいます。

ありがとうございました。




自分の会社をつくるということ

経沢 香保子 ダイヤモンド社 2005-06-24
売り上げランキング : 324758
by ヨメレバ


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
(^^)  



プロフィール
ひろこさんの画像
ひろこ
とにかく本を読んでいたくて、文芸~実用書~漫画など、ひたすら読んでます。本のカテゴリ分けは、Amazonを参考にしています。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
リンク集
タグクラウド
最新コメント
ファン
検索
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。