スポンサードリンク
ファン
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年02月06日

ボトックス注射について

chusha.gif

ボトックス注射というのは、ひとことで言えば筋緊張を和らげてくれる魔法の注射です。具体的には痙縮してこわばっている場所にボトックス注射を打って、こわばりを和らげるものです。

僕は、これまで理学療法士・PTさんや作業療法士・OTさんにボバース法や上田法といった筋緊張を和らげる方法でリハビリをしていただいてきました。ですが、ボバース法や上田法を習得している療法士さんでないと行うことはできません。それにリハビリの制度が変わって、僕のような脳性麻痺の障がい者に対するリハビリが受けられなくなってしまいました。この2つの方法はそれなりの時間も必要になります。なので、比較的短時間で効果の長い「ボトックス注射」に注目が集まり始めて僕もテレビなどを観て「ボトックス注射」のことは、知っていました。1回ボトックス注射を打ってもらうと3ヶ月間筋緊張が和らぐと知って僕も打ってもらいました。
●スポンサードリンク



僕は毎日筋弛緩剤を飲んで筋緊張のコントロールをしています。筋弛緩剤は内服薬なので、水分を適量のんだら、溶けて僕の身体全体の筋緊張を和らげてくれます。一方ボトックスの注射は、注射を打ってもらった場所しか筋緊張は和らぎません。それに加えて筋弛緩剤を飲むことができません。

ひざの痛みを徹底研究して生まれた家庭用電気治療器


結局僕が何が言いたいかというとボトックス注射は局所麻酔みたいな感覚で筋緊張を和らげるものだと僕は感じました。
なので、脳卒中で片麻痺の人には有効なものだと思いました。僕のような脳性麻痺で全体的な麻痺がある状態でのボトックスの注射を打ってもらう場合は、お医者さんと、理学療法士PTさん、作業療法士OTさんとよく相談した上で行ったほうが良いなと感じました。
現在僕は、ボトックス注射は受けておらず、朝、昼、晩の内服薬とリハビリで筋緊張の低い状態を何とか保てております。

2019年02月05日

自然天然素材を使ったiPhoneケース

スクリーンショット 2019-02-04 22.24.56.png

東京や大阪の都会に住んでいると便利ですよね。僕も大阪に住んでいたことがあるので鳥取に帰ってきたので、たまに地域の格差を感じることが多々あります。でも東京や大阪にはない自然を感じることはあります。

天然素材を使ったiPhone・アイフォンケースの紹介


東京や大阪にいても自然を身近に感じることができるようにということでつくられたのが天然素材を使ったiPhone・アイフォンのケースです。

シンプルでスタイリッシュなスマホケース【WOODWE】


そのiPhoneケースをつくった会社「WOODWE」
WOODWEとい会社は自然を素材に取り入れることを念頭にiPhone・アイフォンのケースやMacBook・マックブックのカバーやiPad・アイパッドのケースなどを販売されています。

●スポンサードリンク





価格はいくらか!


調べてみたら「地球には音楽があるWalnut木製」というiPhone・アイフォンのケースで4,402円でした。興味のある方は、下のバナーをクリックして、ウェブサイトをごらんください。


posted by ヒロヤス at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ヒロヤスさんの画像
ヒロヤス
1984年10月22日脳性マヒという障害を持って産まれた。 鳥取県内の養護学校で小学部から高等部まで12年間通った。小学部からワープロで文章作成を始めた。中学部からパソコンでインターネットとメールを始めた。高等部から個人のホームページを開設した。高等部卒業後、ホームページとグラフィックデザインの勉強しており、現在も継続中。パソコンやiPadは、脳性マヒの障害を持っている僕にとって社会参加に欠かせないアイテムである。
プロフィール
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。