広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年07月21日

マスク時代、人と会う時はメガネは外した方がよいか?

新型コロナウイルスの影響で、
特に他人と対面で会う時には、マスク着用がほぼ当たり前になってますが、
マスクしてると、相手の表情が分かりづらい、と感じたことはありませんか?

特に、ふだんメガネかけてる方がマスクまで着けると、
いよいよ顔の表情がほとんど分からない。
何か対策した方がよいでしょうか?


<対面機会が多い方は、コンタクトレンズの検討を>


メガネで目の表情が分からないと印象が悪くなる
でも書いたように、メガネは、
見る角度によって、顔の表情がまるで分からなくなることがあるものです。

そこにマスクが重なると、人によっては、
顔の表情がまるで分からないことを気にする人も出てくると思われます。

DSC_0066.JPG DSC_0063.JPG

マスク+メガネなし、
マスク+メガネあり、
の顔を、正面から見たものです。

このような、度数が強い場合などは、
メガネは外した方が(コンタクトにした方が)
目の表情が分かりやすいかもしれません。

マスクで顔の下半分が隠れた状態では、
目の表情をしっかり見せることが、
今まで以上に大切です。

DSC_0068.JPG DSC_0065.JPG

次は、
マスク+メガネなし、
マスク+メガネあり、
の顔を、ななめから見たものです。

ななめからメガネかけた人の顔を見ると、
もともと、レンズばかりが目立って、目の表情が分かりにくいものです。
マスクで顔の下半分が隠れると、
目の表情の分かりづらさが、今まで以上に気になる人もしばし出てきます。

不特定多数から、顔をいろいろな角度から見られる場合
(接客業など)
強度近視の人が対面営業や販売する場合

目の調子に問題なければ、
目の表情を分かりやすくするために、
コンタクトレンズの使用を検討した方がベターと思います。


<メガネは、マスクの着け外しにも不便>


もう1つ、マスク着けるなら、
メガネよりコンタクトレンズにした方がいい、
もっと切実な理由。

それは、マスクの着け外しの時に、
メガネが引っかかるからです。


夏は熱中症対策もあり、
どうしても必要な場所以外では、
マスクは外した方がよいのですが、

そうなると、頻繁にマスクの着け外しすることになります。

コンタクトレンズ着けていれば、マスクの着け外しがスムーズにできますが、
メガネだと、フレームが邪魔になります。

マスクを着け外しするたびにメガネが気になっている方は、
これを機に、
コンタクトレンズの使用も考えてみてはいかがでしょう。












 

2020年06月23日

Apple Glass続報:近視の人がレンズ入れ替えなしで使用可能に!?

この記事は、
アップルARメガネ「Apple Glass」は近視の人でも使えるか?
の続報です。

アップル社が開発中のARメガネが、
近視の人でもメガネの代わりに使えるよ、と言う話を前回記事で書きましたが、

今回は、その視力矯正の方法についての続報です。

前回の記事では、標準レンズの代わりに度付きレンズを入れることで、
近視の人がメガネやコンタクトレンズを外した状態でも
ARメガネを使える、となってました。

しかしこの手法では、度付きレンズを特別に入れる必要がありました。

今回新たに発表された情報によれば、
ARメガネのシステムに、
メガネやコンタクトレンズの度数を入れるだけで、
近視の人がメガネやコンタクトレンズを外した状態で
ARメガネを使える、と言うものです。

この方法のメリットは、ARグラスを使っているあいだに、
視力が変わっても、
度付きレンズを交換することなく、度数データを書き換えるだけで、
同じARグラスを使い続けることができる点です。

視力が変わりやすい、中高生や、
老眼が始まる年代には、ありがたいシステムと言えましょう。


注:ただし、受験生にとっては、
ARメガネの存在そのものが、あまり有難くないかもしれません。

受験生に悲報:メガネ端末普及したら、受験中はメガネ使用禁止になる!?
で触れたとおり、
ARメガネによる不正対策として、
受験中のメガネ着用が禁止される可能性も、ゼロとは言えなくなるからです。

裸眼視力1.0以上を保つのは本当に難しい時代ですが、
せめて0.1〜0.2程度、
つまり、手元の答案用紙くらいは裸眼でも見えるだけの視力は、
確保しておきたいものです。

(既に手遅れなくらい近視が進行している場合は、
試験当日だけはコンタクトレンズ着用が必須)
















 

2020年05月30日

コンタクトレンズとメガネ、コロナ感染リスクは変わる?

以前、
コンタクトレンズでコロナウイルス感染?メガネに切り替えを!
で、
コンタクトレンズはコロナ感染リスクがあるから、
メガネに変えた方がいい、と書きました。

しかし、その後の情報で、必ずしも、
メガネに変えるからコロナ感染リスクが下がるわけではないことが分かってきました。


<コンタクトレンズもメガネも、顔を触ることに違いない>


一般的にコロナウイルスは、
ウイルスで汚染されたものを手で触り、
その手で目や鼻などの粘膜に触れることで感染すると言われてます。

(一方で飛沫感染は、1m未満の至近距離で浴び続けない限り、起きにくいです)

それで、コンタクトレンズとメガネで、顔に触れる頻度を考えると、

・コンタクトレンズは、着脱時に指で目に触れる
・メガネは、ずれを直す時にメガネと顔に手が触れる


メガネは、コンタクトレンズと違って、直接粘膜に指が触れない一方、
顔に触る頻度は、むしろコンタクトレンズより多いのです。


この事実だけをとっても、
メガネがコンタクトレンズより、
コロナ感染リスクが低いとは、決して言えないのです。


<コンタクトレンズ、メガネに関係なく注意する事>


コンタクトレンズ、メガネに関係なく、
コロナに感染しないために気を付けることがあります。

以下は、カナダの眼科学者らが発表した内容です。

@コンタクトレンズ利用者がメガネよりコロナに感染しやすい根拠はない
A徹底した手洗いが、最大の感染予防
Bコンタクトレンズのケースを衛生的にすること
Cメガネは、定期的にせっけん(レンズを傷めないもので!)と水で洗うこと
D普通のメガネでコロナウイルスは防げない
E汚れた手で顔や目、鼻を触らない


つまり、手や指を衛生的にすることが重要で、
コンタクトレンズとメガネのどちらを使うかは、
コロナの感染リスクとは関係ないようです。


<コロナに感染したら、コンタクトレンズの使用を一時中止を>


今まではコロナに感染しないための話でしたが、
もしコロナに感染した場合は、事情が変わります。

コロナに感染した時は、コンタクトレンズの使用を一時中止し、
メガネにするよう、呼びかけています。

期間は、コロナから回復するまでです。

また回復後は、今まで使っていたコンタクトレンズとケースは使用できず、
新しいものに交換する必要があるそうです。


<まとめ>


・コンタクトレンズとメガネで、コロナ感染リスクは変わらない
・手や指の清潔が大事で、汚れた手で顔、目、鼻を触らない事が大事


















その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
JINS、ZOFFなどの通販サイト利用できます。
(ハピタス経由だとポイントたまります)

2020年05月23日

アップルARメガネ「Apple Glass」は近視の人でも使えるか?

2020年5月19日、
アップル社が開発中のARメガネ
「Apple Glass」
について、ある種の噂が流れてきました。

噂の内容は、

@製品名は「Apple Glass」
A基本価格は499ドル〜、追加料金で度付きレンズも入れられる
Bジェスチャー操作できるディスプレイが左右両方のレンズにある
C初期のApple Watchと同じく、iPhoneとのペアリングに依存する
D初期プロトタイプはLiDARとワイヤレス充電を実装している
Eアップルは当初、秋のiPhoneイベントで「One More Thing」のサプライズとして
メガネを発表することを計画していたが、
(新型コロナの)集会制限により、2021年3月のイベントに先送りされる可能性がある
Fアップルは2021年後半または2022年前半のリリースを目指している

また、Apple Glassの外観は、
通常のメガネと同様
で、
レンズにAR画像が表示されるそうです。

となると、
やはり気になるのは、
近視の人にとって、
Apple Glassが使えるものとなるか、ですね。


<Apple Glassの度付きレンズの上限は?>


まず気になるのが、
度付きレンズの度数の上限です。

-2Dとか-3Dくらいの、軽い近視であれば問題ないでしょうが、
-8Dや-10D、-15Dのような、
強度の近視にも対応できるか、気になるところです。

外観が通常のメガネと同様である以上、
Apple Glassを使う時は、
通常のメガネは外すことになるわけです。

近視の度数がApple Glassで対応できる上限を超えてしまった場合は、
コンタクトレンズで視力矯正した上で、
度無しのApple Glassを着ける事になると思われます。


<Apple Glassで目の健康は究極に悪化?>


目とメガネのレンズは、
わずか12mm程度しか距離がありません。

ですから、Apple Glassレンズが放つ、
各種電磁波などを、目は至近距離から浴び続けることになります。

これが目の健康に長期的にどのような影響を及ぼすか、
まだはっきりと分かっていません。

きわめて深刻な近視の悪化や、
電磁波による目の病気が起きなければよいのですが。


<近視の受験生には、別の深刻な問題が発生の懸念も>


Apple Glassの外観は、
通常のメガネと変わりません。

と言う事は、メガネをかけた受験生が、
実はApple Glassで不正行為をしていた、
なんて事も、絶対に起きないとは限りません。

このような不正行為を未然に防ぐため、
受験中にメガネを着用できない、
と言う、近視の受験生にとっては笑えない、

裸眼で問題文も読みづらいような強度近視には、
深刻な問題が発生するかもしれません。

受験生に悲報:メガネ端末普及したら、受験中はメガネ使用禁止になる!?

の中でも詳細は書きましたが、
これから受験を迎える中学生や高校生、
あるいはそれ以下の人にとっては、

視力低下の予防や裸眼視力の回復が、
勉強以上に重要になってくる事も考えられます。

また念のため、コンタクトレンズも作っておき、
少しずつ練習して目を慣らした方がよいでしょう。


















<まとめ>


と言うわけですので、
Apple Glassは、
軽い近視の人にとっては朗報となりそうですが、

強度近視や受験生にとっては、
コンタクトレンズの併用が必須となる可能性も出てきそうです。


また、眼球の至近距離にモニターが来ることが、
目の健康に及ぼす影響も未知数です。

今の時点で、近視の人が、
新しい技術を手放しで喜ぶのは、控えた方がよさそうですね。
 

2020年04月25日

緊急事態宣言でメガネの入手も難しくなる!?

コロナウイルスによる緊急事態宣言で、
メガネの入手や調整も難しい時代に!?

視力の悪い人にとって、メガネは生活必需品なのに、
なぜ入手や調整が難しくなるのか。

これは、メガネ店の立地と関係があります。


<郊外型メガネ店は、休業しない>


まず言っておきますが、
郊外にある、店舗を構えたメガネ店は、休業していません。
閉店時間が早くなるなどはありますが、
昼であれば、普通に営業しているところがほとんどです。


<ショッピングモール内のメガネ店が休業した>


問題となるのは、
大型ショッピングモール内や、
駅ビルの専門店街に立地するメガネ店です。

これらのメガネ店は、専門店街ごと閉鎖の影響で、
休業になっているケースがほとんどです。

特に、JINSやZOFFなど、
格安メガネとして知られているブランドで、
休業店舗が多いようです。

ふだん、こういった専門店街のメガネ店を使っている場合には、
緊急事態宣言の影響で、
長期間、メガネの入手や調整ができないケースが想定されます。


<解決法1:メガネはオンラインでも買える>


まず、メガネが買えない件から。
メガネは、実店舗でなくても、
ネット通販で、オンラインで買うこともできます。

特に、度数が分かっている場合や、
今と同じ度数で新しくメガネを作り直したい場合は、
オンライン購入でも、何ら問題なくメガネを作れます。

なお、オンライン購入の場合、知らないと損する話があります。

直接メガネ店のサイトにアクセスするのでなく、

いったん、ポイントサイトにログインして、
ポイントサイト内の広告からアクセスした方がお得です。
(購入価格は変わらないですが、ポイントサイトに、
換金可能なポイントが貯まり、実質的な割引になります)

ポイントサイトに登録し、ログインしてから、
「メガネ」で検索すると、いろいろメガネ店がでてきます。
その中から、自分の使いたいメガネ店のサイトにアクセスすればOKです。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


<解決法2:細かい調整は、近くの実店舗で!>


フレームのゆがみや、簡単に落ちないレンズの汚れなど、
ネットでは対応できない調整が必要な場合もあります。

この場合、他店でも構わないので、
駆け込んでみましょう。

よほど特殊なタイプのフレームやレンズでない限り、
対応してもらえますし、

普段なら他メーカーのメガネは取り扱わないところでも、
コロナの影響でいつも使ってるメガネ店が休みだから、
と言えば、対応してもらえるかもしれません。
店員と交渉してみる価値はあります。


<解決法3:眼科で処方箋だけ作ってもらってオンライン発注>


メガネの度数が合わなくなって、
度数変更したい場合も、オンラインだけで完結しません。

この場合、近くの開いてる実店舗に、
メガネ店を変えることも方法の1つです。

しかし、普段格安メガネ店使っていて、
近くの実店舗は高いメガネしかない、と言う場合は、
少々抵抗があるかもしれません。

その場合、眼科で度数調整の検査、処方箋だけ書いてもらって、
処方箋の内容でオンライン発注する方法もあります。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
メガネのオンライン購入は、ハピタスから!


<まとめ>


いつも使っているメガネ店が
コロナで長期休業となると、いろいろ不安もあると思います。

しかし、ここに書いたように、
解決方法はいろいろあります。

逆に、これを機に、
新しいメガネの買い方やメガネ店を開拓してみるのも
いいのではないでしょうか?

2020年03月29日

コンタクトレンズでコロナウイルス感染?メガネに切り替えを!

コンタクトレンズを着けていると、
コロナウイルスに感染するリスクがあるため、
メガネに切り替えた方がいい!?

このような記事のツイートが反響を呼んでいます。
1日で15000件のリツイートですから、
かなりの注目度です。

コンタクトをメガネにコロナ対策.jpg

元記事は、こちら

この記事によれば、コンタクトレンズの使用者は、
レンズの着脱の時に指が目に触れるだけでなく、

コンタクトレンズ着用中も、
目や顔を触る機会が多く、
目の粘膜を通して感染のリスクがあるということです。

(直接コロナウイルスの症状を発するわけではありませんが、
結膜炎の原因になる可能性があると指摘しています)


そのため、感染予防のために、
メガネに切り替えた方がいい、と。

やはり、日本人は近視の人が多いうえ、
仕事柄メガネが禁止されていたり、
禁止までいかなくてもコンタクトレンズ奨励の職場も多いので、
反響が大きかったようです。


<日本人は、コンタクトレンズでも感染リスク小さい?>


今回の話の元記事は、海外のニュースです。

同じ事が日本人についても言えるかが
ポイントになってきます。

結論から言うと、日本人が
コンタクトレンズから、コロナウイルス由来の結膜炎になるリスクは、
海外と比べれば小さいと思われます。

なぜなら、日本人は、常日頃から、
手を洗ったり拭くことが習慣になっているため、
手や指についている雑菌やウイルスが、
外国人より少ないからです。

手や指だけでなく、建物の壁や、
テーブルなども、
海外と比べて清掃が行き届いていて、
これらの場所に付着している雑菌やウイルスも、
外国より少ないと予想されます。

そのため、正しいコンタクトレンズの使い方
(着け外しの前は指先を石鹸で洗う)
をしている限りは、
比較的リスクは小さいとみられます。


<それでも念のためにメガネに切り替えを!>


しかしながら、
少しでも感染リスクを下げたいのであれば、
コロナウイルスが終息するまでの期間だけでも、
コンタクトレンズを使うのをやめて、
メガネに替えることをおすすめします。

また、看護師のような、
衛生面や感染予防対策を他人にPRする立場の仕事をされている方も、
しばらくの間、
コンタクトレンズの着用を中止し、
メガネに替えた方が、
感染予防の意識が高いと見なされて評価が上がりますね。

(後日追記:記事内容に関して、新たな情報が入りました。
新たな情報は、
コンタクトレンズとメガネ、コロナ感染リスクは変わる?
に書いたので、こちらも必ず目を通してください)





その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
JINS、ZOFFなどの通販サイト利用できます。
(ハピタス経由だとポイントたまります)

2020年03月27日

日本人だけがコロナウイルス感染者が少ない理由

<はじめに>


タイトルを見て、あなたは、
コロナウイルスの話と目や視力の話がどうつながるか、
疑問に思われたかもしれません。

しかし、目や視力、メガネに対する日本人の意識を分析すると、
なぜ世界の中で日本人だけが、
コロナウイルスに感染する人が極端に少ないのかが見えてきます。

そこで今回は、あえてこのテーマで記事を書いてみました。


<日本人とヨーロッパ人の、病気に対する考え方の違い>


いきなり結論から申しますと、

・日本人は、病気の予防や対策のためなら、それまでの習慣や考えを改める事もいとわない
・ヨーロッパ人は、パンデミックに甘んじてでも、守りたいものがある


要は、病気の予防や対策が何よりも優先か、
病気の予防や対策よりも優先したいものがあるか、

日本とヨーロッパは、ここが違うのです。


<日本の実例:近視の増加で、日本人はメガネの接客を受け入れた>


病気の予防や対策が何よりも優先で、
そのために今までの習慣や考えを改めた実例として、
メガネがあります。

つまり、近視だって、広い意味では目の病気です。

日本人は、相手の目の表情を見て感情をくみ取る文化があります。
そのため、
受付や接客で、
客の前でメガネを光らせるのは失礼、と考えていた時代も、かつてはあったのです。

しかし現在では、
ほとんどの窓口業務や接客業で、メガネOKで、
逆にメガネ禁止のところの方が少数派になっているように思われます。

では、なぜ、昔と今で、メガネに対する考え方が変わったのか?

一番大きな理由は、
やはり、何といっても、
近視の人口の増加にあります。

今から30年以上前だって、
日本人の3人に1人はメガネをかけている、と言われてましたが、
今ではさらに増えて、
日本人の3人に2人が、メガネが必要な視力です。

昔と今で、視力のいい人と悪い人の割合が逆転してしまったのですね。
さらに、視力の悪い人の内訳を見ても、
裸眼視力の低い、強度の近視の人が増えています。

このような、メガネ禁止を続けるのが難しい現実に直面すると、
日本社会は、あっさりメガネを受け入れました。

客の目を見る時だけでもメガネ外せ、とか、
コンタクト代支給してでもメガネ禁止を続ける、とは
決してしませんでした。

(コンタクトレンズって、いつでも誰でも着けられるわけではないし、
着用時間が長いと目の健康を損ねるリスクがある)

近視と言う広い意味での目の病気に対して、
それまでのメガネ禁止を変えてでも、
安全で合理的な「病気対策」である、
メガネを受け入れたわけです。


<将来の日本では、サングラスでの接客も解禁される!?>


今の日本では、メガネは大半の職場でOKですが、
メガネ以上に、完全に目の表情を見えなくしてしまう、
サングラスかけての接客は、NGです。

しかし、仮に将来、
日本中で目の病気が大流行し、
予防のためにサングラス着用が有効であると分かったら?

窓口受付も、接客業も、
普通にサングラス着けるのが当たり前になると思います。

サングラスは客に失礼だから使うな!
とは、恐らくならないし、
サングラス禁止にしたところは、バッシングされるでしょう。

日本人にとって、病気の予防と対策は、
それくらい重要なことであり、
病気の予防と対策のためなら、
それまでの価値観や習慣、考えを改める事も、いとわないのです。


<ヨーロッパは、オーラルコミュニケーションを絶対に捨てたくない>


ところが、ヨーロッパでは、事情が全く異なります。

ヨーロッパはオーラルコミュニケーション、
口の形や表情で、相手の感情をくみ取る文化です。

このため、マスクで口元を隠すことが、
コミュニケーション上のタブーです。

そのヨーロッパを、今回、コロナウイルスが襲いました。
マスクを着ければ予防効果がある事は、
医療関係者はマスクを着けている点からも、
ヨーロッパ人も明らかに分かっているはずです。

しかし、ヨーロッパ社会は、
マスクはあくまで医療器具で、
医療関係者や重症者だけが着けるもの、と言う姿勢を崩さず、
決して文化としてマスクを受け入れようとしませんでした。

それどころか、イギリスでもフランスでも、
マスク不要論がメディアを席捲する状況さえ発生しました。

あたかも、率先してマスクよりパンデミックを選んだようなところが、
ヨーロッパ社会にはあります。


日本人の感覚では到底理解できませんが、
ヨーロッパ社会には、
病気の予防や対策よりも、優先したいことがあり、
パンデミックに甘んじてでも守りたいものがあるようです。


<常に病気の予防や対策を優先する意識が、コロナウイルス感染を抑えている>


日本人には、
病気の予防や対策が何にもまして優先、
と言う文化的土壌があります。

この土壌があるからこそ、日本の町は世界一清潔だし、
他人に風邪をうつさないためにもマスクをするし、
手洗いも消毒も、
無意識レベルの習慣として、当たり前に実施しています。

こういう、日常の何気ない動作の1つ1つが、
日本の場合は、コロナウイルスが感染しにくい理由になっていて、
それらの積み重ねの結果、
世界の中で、日本だけがコロナウイルスの感染者が極端に少なくなっていると思われます。


<おわりに>


これは、日本文化が優れているとか、
ヨーロッパ文化が野蛮とかいう話ではありません。

病気の予防や対策が何にもまして優先か、
病気の予防や対策よりも優先したい、
パンデミックに甘んじてでも守りたいものがあるか、

この考え方の違い自体が、既に文化です。
文化の押し付けは悪であり、
私たち日本人が、ヨーロッパにマスク文化を押し付けてはいけないのです。
ヨーロッパがマスクをどこまで受け入れるかは、
あくまでヨーロッパ自身で判断することです。

と同時に、世界には、病気の予防や対策よりも守りたい文化がある、
世界中誰でも、病気の予防や対策を何よりも優先するのが当たり前ではない、
と言うことを、
私たち日本人は、理解する必要があります。

コロナウイルスだけではなく、
病気に対して日本人と異なった価値観を持つ文化の人とも、
日本人は、これから、正しく付き合っていく必要があるのです。



2020年03月16日

ソフトコンタクトレンズのケア用品を店員が必ず持ってる飲食店

※これは、推理記事です。

私は昨夜、名古屋の金山にある、とある飲食店に入りました。
この日は朝からコンタクトレンズを着けていて、
装着時間が長かったこともあり、目がややつらくなってきてました。

しかし店内を一通り見渡した私は、
この店なら、
いざとなれば、
ソフトコンタクトレンズ用の目薬を店員にお願いすれば、
誰かは必ず持ってきてくれると確信しました。

なぜ、私はそのように考えたのでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

それでは、1つずつ理由を説明していきます。

@実はこの店に入ったのは、今回が初めてではありません。

1ヶ月ほど前にも入り、その時、指から少し出血がありました。
大した事もなく、すぐ治まったのですが、
おしぼりに血がついているのを見た店員がすかさず、

「バンドエイド持ってきましょうか?」

と声掛けしてきました。
必要なかったので断りましたが、
とにかく、店員の気周りがいいことは、確かです。


A店内にはそれなりの人数のスタッフがいましたが、
その中に、メガネかけた店員は1人もいませんでした。

そう言えば、今回だけでなく、以前も、
メガネかけた店員は、この店では見た記憶がありません。

このことから、
この店では、店員はメガネ着用禁止で、
視力矯正が必要な場合はコンタクトレンズ着用と、
指定されている
と思われます。

なお、日本人の視力統計から考えて、
店員が全員裸眼と言うことは考えられません。
まちがいなく、複数の店員が、
コンタクトレンズを着用
しています。


B目の調子はその日によって違うので、
コンタクトレンズが入りにくい日も、当然出てきます。

メガネOKなら、そういう日はメガネで出勤してもいいのですが、
メガネ禁止でコンタクトレンズ着用が指定されている場合、
たとえコンタクトレンズが入らなかったとしても、
メガネは外さなければなりません。

それだと見えなくて困るので、
目に違和感を感じにくく、
多少目の調子が悪くても使えるよう、
ソフトコンタクトレンズを使う店員が多い
のではと考えられます。


Cしかしソフトコンタクトレンズは目が乾きやすく、
長い時間着けたままでいるなら、
定常的に専用の目薬を点眼する必要があります。

勤務時間の長い店員は、コンタクトケア用品を更衣室に持ち込み、
休憩時間に目薬さしていると思われます。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

と言うわけなので、
店員の気配りのよさと、
店員の目や視力に関する環境から、
誰かは必ず、
ソフトコンタクトレンズのケア用品、目薬を持っていると確信し、
いざとなれば、目薬借りられると、
安心したわけです。

(たまたま、目薬切らしてしまったのですよ、実は)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

最後に。

この推理が正しいかどうかは、確認していません。
なぜなら、目の調子が何とか持ったため、
目薬が必要なかったからです。

他人にコンタクトレンズケア用品を借りるのは、
本当に最後の手段で、
基本は、自前をしっかり持ち歩きたいですね。


追記:
コンタクトレンズだけでなく、
コンタクトケア用品も、
以下のサイトで買えるので、
必要に応じて補充してください。












2020年03月04日

コロナウイルス拡大で外出自粛?なら目の健康も忘れずに!

日本国内でも、連日、
コロナウイルスの感染拡大について報道があり、

学校は休校、
イベントやライブは中止、
仕事も休みで自宅待機、

など、家で過ごしたり、
ネット関係を使う時間が長くなっていると思います。

しかし、自宅に引きこもって、
1日中、ネットやスマホばかり見ていると、
コロナウイルスとは別の
健康問題が発生します。

それは、
目の健康問題、視力低下、近視の進行
です。

人間の目は、遠くを見る機会が減ると、
近視化しやすくなると言われています。

近視の進行までいかなくても、
1日中、パソコンやスマホばかり見て、
外出もしないと、
無自覚のうちに、目を相当酷使してしまいます。

その事が原因で、
気が付いた時には、

・遠くが見えにくくなっていた
・激しい頭痛や目の奥の痛みに襲われる
・なんとなく体がだるく寝ても治らない


などの、慢性的な症状が出ているかもしれません。

あなたの健康を害するものは、コロナウイルスだけではありません

目の健康、ケアにも気を付けて、
この時期を乗り切りましょう。

アイマスクなど、
身近なもので目のケアはできますから、
まだ持ってない方は、
これを機に用意するといいかもしれませんね。



2020年03月02日

3月3日は、ひな祭り、じゃなくて「裸眼の日」

3月3日と言えば、
圧倒的に大きなイベントは、ひな祭りですが、

実は「裸眼の日」でもある事を、ご存知でしょうか?


<なぜ3月3日が「裸眼の日」なのか>


3月3日を
3.3
と書く事もありますね。

これが、絵文字の裸眼と似ていることから、
3月3日が「裸眼の日」に選ばれました。


<「裸眼の日」ができた由来>


これについては、
目の健康について考える機会を、
1年に1回から、半年に1回に増やす目的で作られた、
とする説が有力です。

目の健康については、毎年秋に、
10月1日が「眼鏡の日」
10月10日が「目の愛護デー」と、
考える機会があります。

しかし、日本人の視力低下、近視の増加が止まらない事から、
1年に1回だけでは不十分で、
半年に1回、
目の健康について考えよう、と言うことで、
秋だけでなく、
春のシーズンにも目の健康に関する記念日が制定されたようです。


<「裸眼の日」の過ごし方おすすめ2選>


@1日、裸眼で過ごす

基本的に「裸眼の日」は、
・目の健康や視力について考える日
・ふだん使っている、メガネやコンタクトレンズのありがたみを感じる日

です。

仕事以外のプライベートな時間は、
なるべく裸眼で過ごすことで、
視力の大切さや、これ以上視力を低下させないよう、
自分の生活を見直すきっかけにするといいと思います。


A気になる異性に自分の気持ちを伝える

男性と女性がメガネで向かい合うと、
メガネのレンズが、
相手に心理的圧迫感や抵抗、壁を感じさせる場合があります。

一方、ふだんメガネやコンタクトレンズ着けている人の場合、
裸眼で異性と向かい合うと、
裸眼の目の表情から、
相手が本気を感じる事もあります。

裸眼で異性に自分の気持ちを伝えると、
・自分は顔がはっきり見えないので、思い切りがよくなる
・相手は目の表情に本気を感じる

で、お互いにとってメリットがあるのです。

3月3日は卒業シーズンですから、
最後に、自分の気持ちを、
裸眼で伝えてみるのもいいかもしれません。


<「裸眼の日」の注意点>


裸眼の目には、
メガネやコンタクトレンズ越しでは伝わらない、
裸眼ならではのよさがあります。

しかし、視力が悪い人にとって、
長時間裸眼で過ごすことは、
目に大きな負担です。

無理のない程度に裸眼するほか、
裸眼で過ごしたあとは、
目の体操をして、
疲れをほぐしましょう。



ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
裸眼好きの度近眼さんの画像
裸眼好きの度近眼
小学校入学少し前から近視で、 メガネデビューは少額3年生の時。 以降、順調に近視が進み、中学2年生の時は、目を細めても裸眼視力0.1未満に。 高校入学時は-8Dのド分厚いメガネ、大学生の時は-9.5D。 現在は-メガネ度数10D、裸眼視力は右眼0.01、左眼0.03、両眼でも0.03の度近眼。 大学入学以降は、ことあるごとに、女性からは 「頼むからメガネ外して」 「コンタクトレンズ作ったら?」 と言われるも、目があまり強くなく、断念。 数年前、新幹線の窓に映った、メガネギラギラで目の表情がまるで分からない自分の顔を見て、裸眼に目覚め、現在に至る。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。