exclamation×2 著者書別リスト exclamation×2

本のリスト
■医学・医療
血液と生命の知恵晴れ
医者が患者をだますとき晴れ
パウル・シュミットのドイツ波動健康法
がん患者よ、近藤誠を疑え
あなたが知っている健康常識では早死にする・近藤 誠
健康診断は受けてはいけない
ワクチン副作用の恐怖 ・近藤 誠
医者の大罪・近藤 誠
インフルエンザワクチンはいらない
帯津良一のホメオパシー療法
医者が学んだ祈りの力
睡眠薬中毒 内海 聡
むし歯ってみがけばとまるんだヨ
名医は虫歯を削らない・小峰一雄
コレステロール 血圧 血糖値 下げるな危険! 薬があなたの体をダメにする・大櫛 陽一
くすりの害にあうということ
薬の9割はやめられる・松田 史彦
薬のやめどき・長尾 和宏
医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣・長尾 和宏
うつ消しごはん
ガンの疫学と血液・千島 喜久男
医療大崩壊 船瀬 俊介
不要なクスリ 無用な手術・富家 孝
橋本病・バセドウ病 夢21
■健康
次項有 現代病は塩が原因だった
一生使える脳 長谷川 嘉哉
健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵・鶴見隆史
花粉症は1週間で治る・溝口 徹
やってはいけないウォーキング
ヨガの喜び 沖 正弘
『らくらく毛管運動』で若返る
アワ歌で元気になる
活性酸素に負けない本
体が若くなる技術・ミトコンドリア
ねこ背は治る
精神科医が教える50歳からのお金をかけない健康術
あらゆる病気の原因は「お血」にある
病気の原因は汚血
病気にならない生き方
死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい
腸の力であなたは変わる
■食べ物
日本の長寿村・短命村晴れ
その食生活では若死する晴れ
長寿村・短命化の教訓晴れ
長寿村の秘食
自然治癒力が上がる食事
すごい塩 白澤 卓二
鎌田式 健康ごはん
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物
家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法
食の堕落と日本人 小泉 武夫
食品の裏側2 実態編
安い食べ物には何かがある
長生きしたけりゃ肉は食べるな
こうして作れば医者はいらない
一汁一菜でよいという提案
若杉友子の一汁一菜
ジョコビッチの生まれ変わる食事
小麦は食べるな!
シンプルに暮らす
種子法廃止でどうなる?
世界の長寿食 森下敬一
■少食
甲田式健康道 決定版
長生きしたければ朝食は抜きなさい
朝食をを抜いたらこうなった
奇跡が起こる半日断食 すまし汁
一日一食のススメ
人の運は少食にあり
空腹こそ最強のクスリ
■ナチュラル・ハイジーン
「フォークス・オーバー・ナイブス」に学ぶ超医食革命
フィット・フォー・ライフ
からだの力が目覚める食べ方
■味噌
体質と食物―健康への道
健康食みそ
■サラダ油は危険
オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい
認知症が嫌なら「油」を変えよう
サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!
その「油」をかえなさい
油を断てばアトピーはここまで治る
本当は危ない植物油
なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか?
病気にならない人は何を食べているのか
長命革命
■瞑想
お医者さんがすすめる すごい瞑想
瞑想メソッド100
マインドフルネス瞑想入門
瞑想のあすすめ
ヒマラヤ聖者のマインドフルネス
自信エネルギー開発法
■スピリチュアル
生きがいの創造
生命誕生の事実
アワ歌で元気になる
冥界からの電話
いのちのヌード
■携帯電話
携帯電話 隠された真実
■世の中の真相
日本が売られる晴れ
離間工作の罠 池田 整治晴れ
未だ占領下にある日本の是非を問う
この国を操り奪う者たち
99%の人が知らないこの世界の秘密  内海聡晴れ
日本会議の正体 青木 理
25%の人が政治を私物化する国
STAP細胞の正体
政府はもう嘘をつけない
GHQ焚書図書開封
知らなかった、ぼくらの戦争
もう一つの「幕末史」
常識が変わる 200歳長寿!
秋山佳胤のいいかげん人生術
一生、薬がいらない体のつくり方
■人文・思想・暮らし
生命誕生の真実
あきらめないUNSTOPPABLE晴れ
寂しい生活 稲垣 えみ子晴れ
人生はどこでもドア: リヨンの14日間
もうレシピ本はいらない
ぼくたちにもうモノは必要ない晴れ
国家と教養 藤原正彦晴れ
〇の近い△を生きる「正解」や「正論」にだませれるな
「農業を株式会社化する」という無理
日本農業再生論
ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉
思った以上の人生は、すぐそこで待っている
八正道
おかげさまで生きる
自分を休ませる練習
食べない、死なない、争わない
食べない人たち
発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方
老ける脳と老けない脳・友寄英哲
私の生活流儀 本多静六
「和の食」全史
元気に下山 五木寛之
孤独のすすめ 五木寛之
ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ
幸せのメカニズム
アウトプット大全
本を読む人だけが手にするもの
ネット断ち
1冊読み切る読書術
トリノトリビア
1からわかるキネシオロジー
■経済
お金の流れで読む 日本と世界の未来晴れ
資本主義の終焉と歴史の危機
国貧論
国富喪失
銀行消滅
あらゆる領収書は経費で落とせる
税金を払わずに生きてゆく逃税術
■菜園
タネの未来
現役サラリーマンの自給自足大作戦
畑が教えてくれたこと
野菜は小さい方を選びなさい
■IT
AI入門講座

日本が売られる (幻冬舎新書)

新品価格
¥860から
(2018/11/3 03:40時点)

『日本が売られる』&オールジャパン学習会: 植草一秀の『知られざる真実』
オススメYou-Tube
現代医療は経済活動
安田節子 種子法の廃止や食べものの安全基準の緩和?
日本のタネが危ない!山田正彦先生(元農水大臣)
甲田光雄ラジオ深夜便 1/6
「牛乳は飲んではいけない」
合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験
絶食療法の科学
安保徹博士(2013.06.09星陵会館)
安保徹博士「ワクチンは危険がいっぱい
船瀬俊介先生 クスリは飲んではいけない
船瀬俊介先生『抗がん剤で殺される?』
内海聡医師「99%の人が知らない世界の秘密を暴く!」ワールドフォーラム2014年4月現代医学を問う講演会
最新記事
写真ギャラリー
◆調味料(アミノ酸等)
正体と秘密
超身近な怖ろしい害
食品添加物で病気になる
食品添加物の危険性.com

actto BST-02 ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)

新品価格
¥1,480から
(2016/1/29 15:29時点)

【送料無料】ツインバード コンパクト精米器 精米御膳 ホワイト MR-E520W [MRE520W]

価格:12,860円
(2016/9/13 04:29時点)
感想(44件)

白米,7,5,3分に設定できる
米5合まで

血液をきれいにして病気を防ぐ、治す 50歳からの食養生 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2017/9/21 04:31時点)


アルツハイマー病 真実と終焉"認知症1150万人"時代の革命的治療プログラム

新品価格
¥1,944から
(2018/8/4 13:06時点)

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

テクノAO 一般家電用【電磁波防止グッズ】【ポイント3倍】

価格:14,300円
(2016/1/14 05:05時点)
感想(15件)

トータルヘルスデザイン - 宇宙情報

メール seaside_cycling@yahoo.co.jp

2018年05月18日

一日一食のススメ

完全図解! 一日一食のススメ

新品価格
¥1,188から
(2018/5/18 15:54時点)


■食べすぎると、飲食物を消化・吸収するために、胃や小腸に血液が大量に集まる。すると、排泄の臓器である大腸や直腸、腎臓や膀胱に供給される血液が少なくなってしまい、排泄力が低下するのである。
 また、少食にすると、胃腸に血液を大量に供給する必要がなくなる。そのため、全身の種々の臓器・組織・細胞に、血液が供給され、あらゆる臓器が活発に活動することができるようになる。(P10)
■ぼけの予防・改善策(P88)
@読書や計算をする 前頭前野を活性化ささる
Aよくかむ 咀嚼中は大脳の血流量が10〜20パーセント増加
B音楽を聴く 特に海馬を刺激して、記憶力を増す。毎分60〜64ビートのバロック音楽、周波数3500〜4500ヘルツの高周波の曲がベスト モーツァルト バッハ ビバルディがオススメ
C手、指先を動かす 手は第二の脳
D外国語を勉強する 左側の前頭前野を刺激する
E黒砂糖、ハチミツなどで糖分をとる
■空腹を感じたらハチミツと黒砂糖(P38)
 ハチミツや黒砂糖は、ビタミンB1、B2、B6をはじめとする種々のビタミンや鉄、カリウム、カルシウム、リン、亜鉛などのミネラル類をたくさん含んでいる。それゆえ、体内での糖分の利用効率を高めてくれる。

2018年05月04日

ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥2,200から
(2018/5/4 04:43時点)

●パンに対する不耐性はO-リングテストの様な簡単なテストでわかった。
■セトジェヴィッチ博士は私の左手を腹にあてさせ、右腕を横にまっすぐ伸ばすようにと指示した。「私が押してみるから、君はそれに逆らってくれ」博士は私の右腕を下に押しながら言った。しばらくして、博士は圧力をかけるのをやめた。「これが君の体のあるべき反応だ」。そう博士が言った。
 そして、私に一切れのパンが渡された。「お腹の前でこれを持って、もう一回右腕を伸ばしてみてくれ」。再び博士は私の腕を下に押しながら説明してくれた。この単純なテストによって私の肉体が小麦や大麦、ライ麦などパンに含まれるタンパク質であるグルテンに対して、過敏なのかどうかわかるのだという。
 パンをお腹に近づけるだけで、私の腕はセトジェヴィッチ博士の下向きの圧力に抵抗できなくなっていた。私は明らかに力が抜けていた。
「つまりこれが、君の体がパンに含まれる小麦を拒絶している証だ」(P69)
「O-リングテスト」のやり方
続きを読む

2018年04月27日

「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物

「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物

新品価格
¥1,296から
(2018/4/27 16:25時点)


■「用途名つき物質名」は要注意(P254)
 ハムやウインナーソーセージには「発色剤(亜硫酸Na)「酸化防止剤(ビタミンC)」といった表示がありますが、発色剤と酸化防止剤は「用途名」、亜硫酸NaとビタミンCは「物質名」です。これらの用途名と物資名の表示が義務づけられているものは全般的に毒性の高いものが多くなっています
 この用途名と物質名が表示されるものは、残念ながら限られています。それは次の用途に使われている添加物です。
 保存料、防カビ剤、発色剤、着色料、甘味料、漂白剤、酸化防止剤、糊料(増粘剤、ゲル化剤、安定剤)。
■「一括名」という盲点
 たとえば、紅しょうがに、クエン酸や乳酸といった酸味料が添加されていたとします。この場合、物質名でなく、「酸味料」といった一括表示をすればよいのです。こうした表示が認められているのは、次の添加物です。
 酸味料、調味料、香料、ph調整剤、膨張剤、乳化剤、イーストフード、かんすい、ガムベース、チューインガム軟化剤、豆腐用凝固剤、苦味剤、酵素。
 一括名表示では、何が使われているのかわかりません。製品によっては10品目をこえる添加物が使われることもあります。
■「表示免除の裏ワザ」
添加物の中には表示が免除されるものがあります。それは次の三つです。
@栄養強化剤 食品の栄養を高めるもので、ビタミン類、アミノ酸、ミネラル類があります。体にとってプラスになり、安全性が高いと考えれれているので、表示が免除されています。
A加工助剤 食品を製造する際に使われる添加物で、最終の食品には残らないもの、残っても微量のもので、塩酸や硫酸がこれにあたります。これらは危険性の高いものですが、タンパク質を分解するなどの目的で使われます。
 しかし、もし塩酸や硫酸が残っていたら一大事です。そこで、水酸化Naなどによって中和されます。水酸化Naもなくなるので、加工助剤として表示が免除されます。
Bキャリーオーバー たとえば、せんべいの原材料は米と醤油ですが、醤油の中に保存料がふくまれていても、保存料はキャリーオーバーとなり表示が免除されます。
 こんぶの佃煮を製造したとします。その際、保存料が添加された醤油をたくさん使えば、佃煮に保存料を添加したのと同じ効果をもたらせることができます。しかし、「こんぶ、醤油」という表示で法律上は問題ないことになります。
続きを読む

2017年11月24日

オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい!

オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい! (綜合ムック)

新品価格
¥1,080から
(2017/11/24 06:42時点)


 サラダ油は、日本独自のもので、日本以外の国には存在しない。マーガリンのトランス脂肪酸が海外で問題視され、日本でも騒がれるようになったが、サラダ油は海外に存在しないので日本で問題化されることはない。(悲しい日本、日本では人々の健康より大企業の利益が優先される)また、マスコミでは、サラダ油の危険性は決して報道されない。なぜなら、メディアは日清、味の素、キューピー(マヨネーズの約75%はサラダ油)などの大企業から莫大の広告収入を得ているから。
 サラダ油は、アレルギー・花粉症・認知症・うつ病・がん・糖尿病・動脈硬化などの原因になるというのはおそらく事実だろう。アレルギー・花粉症・認知症・うつ病の人が日本で増えているのは、サラダ油が大きな要因のような気がする。

2017年11月20日

長命革命

長命革命―食べ物を変えれば遺伝子が変わる。長生きができる。

新品価格
¥1,080から
(2017/11/20 14:33時点)


■避けたい油(P139)
【ワースト1】マーガリン、ショートニング
マーガリンは、植物油に水素を添加することで、大量のトランス脂肪酸ができます。このトランス脂肪酸の過剰摂取が、心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させ、肥満やアレルギ疾患を招き、うつ病などの心の病にも関与しています。トランス脂肪酸はショートニングにも豊富です。
【ワースト2】サラダ油
サラダ油は日本独自の加工油です。リノール酸を大量に含み、体内に入るとやがてアラキドン酸という物質に変化し、炎症反応(アレルギー、花粉症)を引き起こします。
【ワースト3】大量生産された油
製造の際に高温処理されることでトランス脂肪酸を含んでいます。
「動物性=体に悪い」「植物性=体によい」というイメージは正しくありません。
肉に含まれるコルステロールは細胞の若返りにも、性ホルモンの減原料にもなる大事な脂です。量をほどほどにし、体を適度に動かして消費するなどを心がければ、健康を増進させる脂ともなります。

2017年11月12日

本当は危ない植物油

本当は危ない植物油 その毒性と環境ホルモン作用 (角川oneテーマ21)

新品価格
¥3,578から
(2017/11/12 03:30時点)


■少量にした方がよいオリーブ油
 フランスは北部に比べて地中海地方の心臓病がすくなく「フレンチ・パラドックス」と呼ばれています。これを地中海地方ではオリーブ油や菜種油を食べている結果だとする報告もありますが、私は地中海地方で魚介類が多く食べられている結果だと思います。オリーブ油は、動物実験で用量依存的に発癌促進作用を示します。オリーブオイルを愛用する家は、量を考えてみる必要があります。(P150)
 カナダのグループは、オリーブ油の脳出血促進作用を見つけました。脳卒中ラットの寿命を短縮するのです。私のグループも確認しています。このようなオリーブ油の悪い面は、一般の人はほとんで知らされていません。オリーブ油は健康に良いとするイメージがメディアを席巻しているからです。オリーブ油の流通に力を持つ国際的なグループの力が強大なのです。(P153)
続きを読む

2017年09月30日

長寿村の秘食

長寿村の秘食 (カラーブックス)

新品価格
¥12,644から
(2017/9/30 12:03時点)

■「逆さ仏」現象
 昭和40年頃から、山梨県の棡原で、老人たちは皆元気に農業に励んでいるのに、大正ひとけた生まれの中年層の多くが親より先に成人病で死んだり、半身不随で不如意の生活を送っているのを目撃した。明治生まれの老親が子や孫に先立たれることを棡原では「逆さ仏」という。
 陸の孤島・棡原に村人待望のバスが開通したのは昭和29年であった。時あたかも神武景気、岩戸景気と未曾有の経済成長に直面した村人は、零細農業や養蚕、炭焼きでは生活できず、農業を捨て東京、神奈川方面に競って出稼ぎに行った。その日々得た現金収入で近代型加工食品を買って帰った。
 出稼ぎによる肉体的、精神的ストレスは大きく、その解消のための飲酒量は増加し、微量ミネラル類、ビタミン類の尿からの消失を高めた。一方、その不足を補うに足る伝統食をとらなくなり、成人病を発生させた。
 食生活も麦を中心とした雑穀、イモ類、豆類、豊富な野菜から、白米一辺倒となり、パンを中心とした肉、卵、牛乳、ハム、ソーセージなどインスタント食品、精製加工食品となった。酒は焼酎からビール、日本酒、ウイスキーとなった。また、菓子、ケーキなど糖分の過剰摂取となった。ここに「身土不二」の伝統的食習慣は完全に崩壊した。
 昔からの棡原の伝統食は、蛋白、脂肪、澱粉の三大栄養素は欠乏したのに対し、ビタミン、ミネラル、植物繊維は過剰だった。反対に現代食は三大栄養素が過剰、微量栄養素欠乏のアンバランス食である。私の棡原観察55年の結論は、「健康長寿のためには三大栄養素は少々不足でも、微量栄養素はたっぷりとる必要がある」ということである。

【かつての棡原の食生活】
 地形上、米は一粒もとれず、麦を中心とした雑穀(アワ、キビ、ヒエ、穂モロコシ、トウモロコシ、ソバ)をはじめ、豆類、芋類(サトイモ、馬鈴薯、甘露、ヤマイモ、コンニャク)、かぼちゃ、各種の野菜、山菜を旬ごとに自給自足してきた。
 コンブ、ワカメなどの海草は保存食として他から求め、野菜とともに煮て食べる。茶、ワサビも栽培し、山には柚、柿がいたるところに野生し、果物として食べる。竹もよく繁殖し、タケノコは塩漬けにし、年間を通じ、塩抜きして食べる。
 どこの家にも味噌蔵があり、自家製のフスマ麹味噌をどっさり作り、貯えてある。動物性蛋白の極めて乏しかった棡原ではこれを補うものが味噌だ。味噌さえあれば、いかなる凶作、飢餓、天災でも最小限度の生命の保持にはこと欠かさないというのが、村人の信仰にも似た味噌への執念である。
 酒は昔から焼酎と決まっている。長年飲んでいると「あがりがよい」と村人はいう。つまり二日酔いをしない。
(古守 豊甫)

2017年09月22日

その食生活では若死する 近藤正二著 叢文社

DSC00753.jpg
昭和48年出版の本にも係わらず、食生活に大いに参考になる本

■汚染食時代の食生活(P59)
 魚は汚染され、農産物は農薬によって危険視され、牛、豚、ニワトリは有害配合飼料、薬品により、その安全性に疑問が投げかけられている。安心して食べられる食品は日本列島から姿を消したようである。
 だが、現在、せめてもの対策を示せ、といわれるなら、私は"多種少量の食生活"をすすめるほかはない。なるべく多種類の食物を少量ずつ食べることで危険を分散することである。

続きを読む

2017年09月03日

日本の長寿村・短命村

日本の長寿村・短命村―緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める

中古価格
¥4,999から
(2017/9/3 04:48時点)


 昭和10年(1935年)から36年間の間に、北海道から沖縄まで全国990カ町村を歩いて回り、長生きの村と短命な村を実地調査し、同じ地域でも食生活の違いにより大きな差があることを解析された。
 流通が発展し、地域の特性が薄れた現代では出来ない稀有で貴重な研究。

(近藤正二博士:1893年〜1977年:東北大学名誉教授)

 長生きは「遺伝だ」とか「気候がいいところが長生きする」「重労働のところは早く老化して長生きしない」「酒を飲むところは短命で、秋田県が日本一短命なのは、ドブロクを飲むからだ」とみんなが言うものだからそうだろうと思ったものですが、それを説く人が、実地調査をやっていないのです。物事は机上で考えて、結論をだしてはなりません。実地に、実例を集めてみなければ結論を出してはいけないという気持ちで、長生き村と短命村を次から次へ回り、実地にとらえて、一つの結論がでてきたのです
【短命な食生活】
・白いごはんの大食
・野菜、豆をあまり食べない。
・魚ばかり食べて、野菜の食べ方が極めて少ない。(魚でも魚の切り身と小魚を食べるところでは、小魚のほうが長生き。)
・りんごやみかんの産地では果物は食べるが、野菜が少ないので短命(果物は野菜のかわりをしない)
【長寿の食生活】
・大食いでなく、さかなか大豆で作ったもの(豆腐や納豆など)を毎日を食べる
・海藻を毎日食べる(海藻を常食している人は脳卒中がすくない)
・人参、大豆、いも、かぼちゃも一度にたくさん食べるのでなく、少量でも毎日食べることが大切
続きを読む

2017年08月25日

長寿村・短命化の教訓

長寿村・短命化の教訓―医と食からみた棡原の60年

中古価格
¥18,236から
(2017/8/25 12:55時点)


■東北大学の近藤正二名誉教授と私(古谷豊甫)が棡原(山梨県)を長寿村として発見したのは昭和43年のことである。しかし、この二、三年前から、老人たちは元気で働いているのに大正生まれの中年層が成人病で不如意の生活を送っているのに気付いた。中には老父が息子の葬式をするといった光景も目撃した。その後この現象はますますひどくなり、ついに昭和一ケタ生まれの働き盛りの中年層までは波及するにいたった。(P37)「逆さ仏」現象
 棡原の大正、昭和一ケタ生まれの短命化の原因は、動物蛋白、脂肪に乏しい穀菜食で育てられ、それによく適応してきた。ところが、戦後の50歳前後の時に経済成長期にぶつかり、高蛋白、高脂肪、高カロリーの近代食をとった。これは人体の適応能力の限界を超えた負担となり、それが裏目に出て成人病による短命化をもたらしたものと私は考える。
 ブラジルの森口幸雄教授によれば、ヒトは加齢とともに蛋白同化ホルモンが少なくなる。つまり10歳まではプロキロ2グラム、二十歳まではプロキロ1.5グラム、50歳までは1グラム、50歳以上は0.5グラムとされている。この点から考えると50歳を過ぎた棡原の中年層は蛋白質はプロキロ0.5グラムでよい時期を迎えたにもかかわらす、逆に大量の蛋白を摂取したところに大きな危険を犯したことになる。(P39)

■棡原地区の戦前(長寿食)と戦後(短命食)の平常献立(P46)
朝食
◇戦前・里芋の煮付け(10〜20ケ)、うどん(夜の残り)、粟飯又は引割麦飯(米3〜1割)漬物
◇戦後・白米飯(一人230g)、みそ汁(冬菜、ワカメ)、生卵又は魚、のり、漬物
昼食
◇戦前・お麦(千葉オバク)「みそ、ねぎ、かつお節、せいだのたまじ」、漬物
◇戦後・白米飯、ソーセージ又はハム、佃煮、こんにゃくの油炒め
夕食
◇戦前・ほうとう(かぼちゃ)3〜4杯、冬菜のおひたし、煮しめ(こんにゃく、里芋、にんじん、ごぼう、こんぶ)
◇戦後・めん類(椎茸のだし)、白米飯、魚又は肉料理、野菜料理、みそ汁
間食
◇戦前・酒まんじゅう(塩あん)せいだ(こんぶとじゃがいも)、おねり、とうもろこし団子、焼とうもろこし、えぞ餅、柿こがし、ころ柿、甘露の切干し
◇戦後・酒まんじゅう(砂糖あん)、お菓子、清涼飲料
備考
◇戦前・魚--小いわし、さんま等で月2〜3回、卵--3日に1ケ、海草--1週に2〜3回
◇戦後・魚、肉、卵--毎日
1977年4月調査

短命化の原因
@主食の変化
 棡原地区は水田がないため、畑作物に依存し、大麦、小麦、きび、粟、稗、豆類、いも類を命の糧としていた。戦後は米の配給制度と現金収入の増加ととおに米への依存が高くなってきた。
A緑黄色野菜の減少
 昔はおひたしやほうとうに入れて多量に摂取していた。
B発酵食品の減少
 みそや酒まんじゅう、納豆等の発酵食品は食用微生物とその酵素が腸内の有用菌(ビフィズス菌)の働きをよくすると云われている 

■里芋とムチン「粘性物質」(P111)
棡原ではかつて、約半年は一日一食で、里芋を主食とし、そのムチンを長期大量に食べており、これが長寿の一因をなしているではないかと考えている。納豆、ナメコ、オクラ、コンブ、山芋、アミジコ、ワラビなどムチンを多く含むものを食べることをおすすめしたい。
続きを読む
よく見るサイト
ぴかぴか(新しい)最近の懸念・関心
池田整治さんのFBより
馬渕睦夫さんディープステート
子供達のワクチン接種の話
PCR検査
ワクチンに除草剤が混入
5G推進にストップを
化学肥料が地球温暖化に
天然塩はなにより大事
現在の異常気象は800年周期
民営化は公営よりコスト高

血液と健康の知恵―新血液理論と健康、治病への応用 医学革命の書

新品価格
¥4,104から
(2016/3/31 05:33時点)


右斜め上 内容紹介

離間工作の罠 ~日本を分断する支配者の手口~

新品価格
¥1,728から
(2016/9/21 05:59時点)

右斜め上 内容紹介
プロフィール
さんの画像

 食べ物や健康に関する本が多いのは、原因不明の角膜潰瘍という病気になり、左眼がよく見えなくなったからです。食生活が悪かったのでしょう。  正しい食生活をしていたら、原因不明の病気にはならなかったかもしれません。
プロフィール
twitter exclamation×2 
 
最新記事
カテゴリーアーカイブ
リンク(健康)
リンク(真相)
Ryutaimoji.jpg
VOA Health