exclamation×2 著者書別リスト exclamation×2

本のリスト
■医学・医療
血液と生命の知恵晴れ
医者が患者をだますとき晴れ
パウル・シュミットのドイツ波動健康法
がん患者よ、近藤誠を疑え
あなたが知っている健康常識では早死にする・近藤 誠
健康診断は受けてはいけない
ワクチン副作用の恐怖 ・近藤 誠
医者の大罪・近藤 誠
インフルエンザワクチンはいらない
帯津良一のホメオパシー療法
医者が学んだ祈りの力
睡眠薬中毒 内海 聡
むし歯ってみがけばとまるんだヨ
名医は虫歯を削らない・小峰一雄
コレステロール 血圧 血糖値 下げるな危険! 薬があなたの体をダメにする・大櫛 陽一
くすりの害にあうということ
薬の9割はやめられる・松田 史彦
薬のやめどき・長尾 和宏
医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣・長尾 和宏
うつ消しごはん
ガンの疫学と血液・千島 喜久男
医療大崩壊 船瀬 俊介
不要なクスリ 無用な手術・富家 孝
橋本病・バセドウ病 夢21
■健康
次項有 現代病は塩が原因だった
一生使える脳 長谷川 嘉哉
健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵・鶴見隆史
花粉症は1週間で治る・溝口 徹
やってはいけないウォーキング
ヨガの喜び 沖 正弘
『らくらく毛管運動』で若返る
アワ歌で元気になる
活性酸素に負けない本
体が若くなる技術・ミトコンドリア
ねこ背は治る
精神科医が教える50歳からのお金をかけない健康術
あらゆる病気の原因は「お血」にある
病気の原因は汚血
病気にならない生き方
死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい
腸の力であなたは変わる
■食べ物
日本の長寿村・短命村晴れ
その食生活では若死する晴れ
長寿村・短命化の教訓晴れ
長寿村の秘食
自然治癒力が上がる食事
すごい塩 白澤 卓二
鎌田式 健康ごはん
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物
家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法
食の堕落と日本人 小泉 武夫
食品の裏側2 実態編
安い食べ物には何かがある
長生きしたけりゃ肉は食べるな
こうして作れば医者はいらない
一汁一菜でよいという提案
若杉友子の一汁一菜
ジョコビッチの生まれ変わる食事
小麦は食べるな!
シンプルに暮らす
種子法廃止でどうなる?
世界の長寿食 森下敬一
■少食
甲田式健康道 決定版
長生きしたければ朝食は抜きなさい
朝食をを抜いたらこうなった
奇跡が起こる半日断食 すまし汁
一日一食のススメ
人の運は少食にあり
空腹こそ最強のクスリ
■ナチュラル・ハイジーン
「フォークス・オーバー・ナイブス」に学ぶ超医食革命
フィット・フォー・ライフ
からだの力が目覚める食べ方
■味噌
体質と食物―健康への道
健康食みそ
■サラダ油は危険
オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい
認知症が嫌なら「油」を変えよう
サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!
その「油」をかえなさい
油を断てばアトピーはここまで治る
本当は危ない植物油
なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか?
病気にならない人は何を食べているのか
長命革命
■瞑想
お医者さんがすすめる すごい瞑想
瞑想メソッド100
マインドフルネス瞑想入門
瞑想のあすすめ
ヒマラヤ聖者のマインドフルネス
自信エネルギー開発法
■スピリチュアル
生きがいの創造
生命誕生の事実
アワ歌で元気になる
冥界からの電話
いのちのヌード
■携帯電話
携帯電話 隠された真実
■世の中の真相
日本が売られる晴れ
離間工作の罠 池田 整治晴れ
未だ占領下にある日本の是非を問う
この国を操り奪う者たち
99%の人が知らないこの世界の秘密  内海聡晴れ
日本会議の正体 青木 理
25%の人が政治を私物化する国
STAP細胞の正体
政府はもう嘘をつけない
GHQ焚書図書開封
知らなかった、ぼくらの戦争
もう一つの「幕末史」
常識が変わる 200歳長寿!
秋山佳胤のいいかげん人生術
一生、薬がいらない体のつくり方
■人文・思想・暮らし
あきらめないUNSTOPPABLE晴れ
寂しい生活 稲垣 えみ子晴れ
人生はどこでもドア: リヨンの14日間
もうレシピ本はいらない
ぼくたちにもうモノは必要ない晴れ
国家と教養 藤原正彦晴れ
〇の近い△を生きる「正解」や「正論」にだませれるな
「農業を株式会社化する」という無理
日本農業再生論
ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉
思った以上の人生は、すぐそこで待っている
八正道
おかげさまで生きる
自分を休ませる練習
食べない、死なない、争わない
食べない人たち
発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方
老ける脳と老けない脳・友寄英哲
私の生活流儀 本多静六
「和の食」全史
元気に下山 五木寛之
孤独のすすめ 五木寛之
ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ
幸せのメカニズム
アウトプット大全
本を読む人だけが手にするもの
ネット断ち
1冊読み切る読書術
トリノトリビア
1からわかるキネシオロジー
■経済
お金の流れで読む 日本と世界の未来晴れ
資本主義の終焉と歴史の危機
国貧論
国富喪失
銀行消滅
あらゆる領収書は経費で落とせる
税金を払わずに生きてゆく逃税術
■菜園
タネの未来
現役サラリーマンの自給自足大作戦
畑が教えてくれたこと
野菜は小さい方を選びなさい
■IT
AI入門講座

日本が売られる (幻冬舎新書)

新品価格
¥860から
(2018/11/3 03:40時点)

『日本が売られる』&オールジャパン学習会: 植草一秀の『知られざる真実』
オススメYou-Tube
現代医療は経済活動
安田節子 種子法の廃止や食べものの安全基準の緩和?
日本のタネが危ない!山田正彦先生(元農水大臣)
甲田光雄ラジオ深夜便 1/6
「牛乳は飲んではいけない」
合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験
絶食療法の科学
安保徹博士(2013.06.09星陵会館)
安保徹博士「ワクチンは危険がいっぱい
船瀬俊介先生 クスリは飲んではいけない
船瀬俊介先生『抗がん剤で殺される?』
内海聡医師「99%の人が知らない世界の秘密を暴く!」ワールドフォーラム2014年4月現代医学を問う講演会
最新記事
写真ギャラリー
◆調味料(アミノ酸等)
正体と秘密
超身近な怖ろしい害
食品添加物で病気になる
食品添加物の危険性.com

actto BST-02 ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)

新品価格
¥1,480から
(2016/1/29 15:29時点)

【送料無料】ツインバード コンパクト精米器 精米御膳 ホワイト MR-E520W [MRE520W]

価格:12,860円
(2016/9/13 04:29時点)
感想(44件)

白米,7,5,3分に設定できる
米5合まで

血液をきれいにして病気を防ぐ、治す 50歳からの食養生 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2017/9/21 04:31時点)


アルツハイマー病 真実と終焉"認知症1150万人"時代の革命的治療プログラム

新品価格
¥1,944から
(2018/8/4 13:06時点)

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

テクノAO 一般家電用【電磁波防止グッズ】【ポイント3倍】

価格:14,300円
(2016/1/14 05:05時点)
感想(15件)

トータルヘルスデザイン - 宇宙情報

メール seaside_cycling@yahoo.co.jp

2016年02月05日

医者が患者をだますとき ロバート・メンデルソン

医者が患者をだますとき

中古価格
¥648から
(2016/2/5 10:38時点)



この本は、Confessions of a Medical Heretic by Robert S. Mendelsohn 1979年の翻訳であるが、日本で最近問題となった「製薬大手ノバルティスファーマの高血圧治療薬ディオバンの論文不正事件」や「千葉県がんセンター腹腔鏡手術死亡問題」等、日本の医療における多くの問題点もこの本を読めば理解できる。医者にかかる時に読むバイブル的書物だ。
 また、小児科の先生で、子育てに大変役に立つことが、多く記述されている。
■医者と患者と製薬会社
「医者は患者に害をおよぼすな」
 この無害優先の教えは医学生が暗記するように命じられる西洋医学の父ヒポクラテスが残した「誓い」の一節で、医学の第一の鉄則とされている。医者たる者は患者の不利益となるようなことはしてはならないという意味だが、医者になってからその教えを実践する者はあまりにも少ない。
 医学生はもうひとつ、こんな教えも学ぶ。
「ひづめの音が聞こえたら、シマウマではなくウマが来たと思え」
 シマウマはウマと違いアフリカにしか生息していない。この鉄則が意味するのは、患者の体になんらかの症状が現れれば、論理的に考えて的確な判断をくだし、そのうえで症状の原因を考えよ、ということである。この鉄則も医者になってから実践しつづける者はほとんどいない。こんな悠長なことをまじめにやっていては、高価な劇薬を使う治療や儲かる医療はできなくなってしまう。
 そこで、医者は患者の足音を聞けば「シマウマが来た」と思い、論理的に考えず、不的確な判断をしたうえで治療に当たることになる。子供が授業に退屈してそわそわしだせば、注意欠陥・多動性障害だから薬。血圧が少したかければ薬。鼻が詰まれば薬。気分がふさいでも薬。なんでもかんでも薬、薬、薬。
 医者の周囲にはいつもシマウマが群れをなして走っている。
 医者がシマウマの幻想を見つづけるのも、ひとつには多額の報酬が絡んだ製薬会社との癒着があるからだ。製薬会社が派遣する医薬情報担当者(MR)、といっても実際にやっていることは営業マンと同じなのだが、彼らは医者と莫大な利益を分かちあうために、医者と友好関係を取り結び、販売活動の一環として、豪勢な接待はもとより、使い走りから御用聞き、薬の無料サンプルの配布と日々東奔西走りしている。
薬の使用と乱用の知識について、医者が製薬会社から入手する情報は、悲しいことに営業マンや医学雑誌の広告から得たものがほとんどである。治療データ(未許可の薬を医者が患者に飲ませ副作用を調べる臨床試験の報告資料)なるものは、製薬会社が研究費を払って医者にわざわざご提出願ったものがほとんどだから、その内容はかなり疑わしい。(P78)
■医者の都合と手術
・手術は患者の症状を改善し、病気を取り除くという建前で行われている。だが実際には、手術には隠れた目的がある。医学生の重宝な教材として、人体を使っていろいろな実験ができるのだ。
・金銭欲もまた手術のやりすぎを招く原因である。もし不要な手術をすべて廃止すれば、外科医のほとんどは路頭に迷い、まっとうな仕事を探さなければならなくなる。外科医は手術で生計を立てている。
・手術のやりすぎを招くいちばんの原因は、基本的には「信念」の問題である。医者は手術に意義を見出すばかりか、メスで人の体を切り裂くことになんとも言えない魅力を感じる。だから、その魅力を堪能すべくあらゆる機会を利用して患者を手術台に招くのである。
・手術とは、医者にとって進歩を意味する。進歩は医者に優越感を与え、ほかの医者を凌駕したという意識にひたらせてくれる。(p117)
■母乳とミルクと小児科医
 お湯や水で溶かせばできあがりというミルクは、カロリーが高いだけで、栄養価は劣悪なインスタント食品の元祖である。牛乳はあくまで子ウシのための母乳であり、ヒトの赤ん坊はヒトの母乳で育てるのが生物学の法則である。ウシとヒトの母乳では組織と成分が異なり、それぞれの種の母乳は、その種の乳児が発育するのに必要な栄養素を満たしている。哺乳類同士であっても、例えば子ウシにブタの乳を与える(異種授乳)と、病気になって子ウシが死んでしまうことがよくある。ミルクのようなインスタント食品を命の糧とする赤ん坊は(人口栄養児)は、母乳で育てられた赤ん坊(母乳栄養児)と比べて有病率がきわめて高い。(P160)
■保育園と早すぎる独立(P166)
 一般に、仕事を通じて自己実現を図るというのは、幻想にすぎない場合が多い。仕事の多くは期待しているほど「充実感が得られる」ものではなく、退屈で決まりきった労働をただ機械的にこなすだけである。それでも働きつづけるのは食べていくためである。
 家庭をつくり、子育てに励むことほど、女性に充実感を与える仕事はあるまい。女性も自己実現を目指して家庭にこもらずに積極的に外にでて活動の場を求めるべきだか、お金になる仕事でこの目的をかなえてくれる仕事は、男性の場合と同じでなかなか見つからない。たとえ見つかったとしても、日々忙しく働き続けていくうちに、やがて自分がいちばんやりたいことをする時間がなくなっていることに気がつく。しかも、ただ働いていればいいというものでなく、出世競争に勝ち抜くことが求められる。だが、こんな生存競争は、誰にとってもストレスがたまる不健康なものなのである。
 家庭の外に求めた充実感は、多くの場合、幻想でしかないが、その幻想が家庭に及ぼす影響は現実のものとなって深刻な影を落とすことがある。昔の子供は六歳になってから集団生活を始めていたが、いまでは保育所が各地にできて、入所が認められるとすぐに子供を送りこむ。
 保育所で子供の面倒をみるのは母親ではなく赤の他人である。本来、子供は家族に育てられるのが自然な姿であり、そこに家族間の微妙かつ繊細な力学が働く。しかし、現代社会では、子供は幼児期という人格形成上、きわめて大切な時期を他人の手によって育てられている。
 そうなると、親子の間に生じた溝を埋める教育が保育所に求められるようになる。そこで、大学や短大に「幼児教育」という学科が設置され、育児経験のない育児の「専門家」が養成されることになった。
 こうして、子供の成長期に欠かせない一家団欒の時間が減っていく。やがて、子供は家庭の大切さを忘れて、成長していく。
■テキサスの小学校で実際にあった話(P75)
この小学校では、脳損傷治療のために支給される政府の助成金を利用するために、いいかげんな診断基準だけで、一年間に全児童の40%を「軽度の脳損傷」にしたてあげていた。二年後、助成金は打ち切られたが、次に言語障害をもつ児童が支給の対象となると、軽度の脳損傷をもつ子供は姿を消し、今度は35%の児童が「言語障害」と診断されてしまったのである。
■生命をおびやかす危険のある医療行為
・定期健康診断を毎年うけること。
・栄養に対して無知であったり、間違った考え方をすること
・子供に予防接種を定期的に受けさせること。
・そのほか、現代医学が健康に貢献とするとして勧めているさまざまな行為(P250)
■いんちきな医学研究
 科学記事が信用できるどうかを見極めるには、資金源はどこかを注釈などで調べることだ。薬の安全性についての製薬会社のデータは信憑性に乏しい。医者というものは大きな利益が絡むと、データの改変や捏造に抜群の才能を発揮するものである。(P205)
■病院がストすると死亡率が減る
1976年、南米コロンビアの首都ボゴタで、医者が52日間のストに突入し、緊急医療以外はいっさいの治療を行わなかった。現地の新聞はストがおよぼした奇妙な「副作用」を報じた。ストの期間中、死亡率がなんと35%も低下したのである。国営葬儀教会は「この現象は偶然なのかもしれないが、事実は事実である」とコメントした。―葬儀屋は、医者にストをしてもらうと死亡率が減少して、仕事が減って困ると語ったらしい。―
 同じ年、ロサンゼルスでも医者がストライキを決行した。この時の死亡率の低下は18%だった。
 1973年には、イスラエルでも似たようなことが起きている。ストが決行され、診察する患者の数が一日6万5千人から7千人に減らされた。ストは1ケ月間続いたが、エルサレム埋葬教会によると、死亡率が半減したという。
 この現象について説明を求められた医者たちはこう答えた。
「緊急患者に限って診察したので、労力を重症患者の治療に集中することができたからだ。」
 この発言は、医者が治療の必要のない軽症患者に対し、不要な治療をしなければ、人命救助に専念できるということを意味している。
■著者の栄養学に関する考え方
 現代医学は四大食品群から毎日バランスよく食べるという画一的な考え方を提唱している。四大食品群とは1956年にアメリカ農務省が提唱した指針で次のようなものがある。
第一群 肉、鶏、魚
第二群 牛乳、乳製品
第三群 穀物、豆
第四群 野菜と果物
 この食事指標には二つの問題がある。ひとつは、白人以外の多くの民族には、牛乳を消化するために必要な消化酵素(ラクターゼ)
が十分に分泌されないために乳糖不耐の人が大勢いること。もうひとつは、数百年の伝統によって受け継がれ、それになじんできた食生活の方が、栄養的にバランスがとれていること。
 現代人の栄養に対する考え方は、さまざまな食品メーカーの利害を考慮に入れて情報操作されている。健康のことも時には考えられているようだが、ほとんどの場合はそうではない。(P243)
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4700441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

血液と健康の知恵―新血液理論と健康、治病への応用 医学革命の書

新品価格
¥4,104から
(2016/3/31 05:33時点)


右斜め上 内容紹介

離間工作の罠 ~日本を分断する支配者の手口~

新品価格
¥1,728から
(2016/9/21 05:59時点)

右斜め上 内容紹介
プロフィール
さんの画像

 食べ物や健康に関する本が多いのは、原因不明の角膜潰瘍という病気になり、左眼がよく見えなくなったからです。食生活が悪かったのでしょう。  正しい食生活をしていたら、原因不明の病気にはならなかったかもしれません。
プロフィール
twitter exclamation×2 
 
最新記事
ぴかぴか(新しい)最近の懸念・関心
ワクチンに除草剤が混入
5G推進にストップを
化学肥料が地球温暖化に
天然塩はなにより大事
現在の異常気象は800年周期
民営化は公営よりコスト高

カテゴリーアーカイブ
よく見るサイト
リンク(健康)
リンク(真相)
Ryutaimoji.jpg
VOA Health