exclamation×2 著者書別リスト exclamation×2

本のリスト
■医学・医療
血液と生命の知恵晴れ
医者が患者をだますとき晴れ
薬の9割はやめられる松田 史彦晴れ
パウル・シュミットのドイツ波動健康法
がん患者よ、近藤誠を疑え
あなたが知っている健康常識では早死にする・近藤 誠
健康診断は受けてはいけない
ワクチン副作用の恐怖 ・近藤 誠
医者の大罪・近藤 誠
インフルエンザワクチンはいらない
帯津良一のホメオパシー療法
医者が学んだ祈りの力
睡眠薬中毒 内海 聡
むし歯ってみがけばとまるんだヨ
名医は虫歯を削らない・小峰一雄
コレステロール 血圧 血糖値 下げるな危険! 薬があなたの体をダメにする・大櫛 陽一
くすりの害にあうということ
薬のやめどき・長尾 和宏
医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣・長尾 和宏
うつ消しごはん
ガンの疫学と血液・千島 喜久男
医療大崩壊 船瀬 俊介
不要なクスリ 無用な手術・富家 孝
橋本病・バセドウ病 夢21

■健康
次項有 現代病は塩が原因だった
次項有 健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵・鶴見隆史
一生使える脳 長谷川 嘉哉
花粉症は1週間で治る・溝口 徹
やってはいけないウォーキング
ヨガの喜び 沖 正弘
『らくらく毛管運動』で若返る
アワ歌で元気になる
活性酸素に負けない本
体が若くなる技術・ミトコンドリア
ねこ背は治る
精神科医が教える50歳からのお金をかけない健康術
あらゆる病気の原因は「お血」にある
病気の原因は汚血
病気にならない生き方
死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい
腸の力であなたは変わる
孟司と誠の 健康生活委員会
死ぬまで元気に生きるための七つの習慣

■食べ物
日本の長寿村・短命村晴れ
その食生活では若死する晴れ
長寿村・短命化の教訓晴れ
長寿村の秘食
自然治癒力が上がる食事:小峰一雄
すごい塩 白澤 卓二
鎌田式 健康ごはん
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物
家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法
食の堕落と日本人 小泉 武夫
食品の裏側2 実態編
安い食べ物には何かがある
長生きしたけりゃ肉は食べるな
こうして作れば医者はいらない
一汁一菜でよいという提案
若杉友子の一汁一菜
ジョコビッチの生まれ変わる食事
小麦は食べるな!
シンプルに暮らす
種子法廃止でどうなる?
世界の長寿食 森下敬一
パンと牛乳は今すぐやめなさい

■少食
甲田式健康道 決定版
長生きしたければ朝食は抜きなさい
朝食をを抜いたらこうなった
奇跡が起こる半日断食 すまし汁
一日一食のススメ
人の運は少食にあり
空腹こそ最強のクスリ
週1断食で万病が治る

■ナチュラル・ハイジーン
「フォークス・オーバー・ナイブス」に学ぶ超医食革命
フィット・フォー・ライフ
からだの力が目覚める食べ方
■味噌
体質と食物―健康への道
健康食みそ
■サラダ油は危険
オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい
認知症が嫌なら「油」を変えよう
サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!
その「油」をかえなさい
油を断てばアトピーはここまで治る
本当は危ない植物油
なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか?
病気にならない人は何を食べているのか
長命革命

■瞑想
お医者さんがすすめる すごい瞑想
瞑想メソッド100
マインドフルネス瞑想入門
瞑想のあすすめ
ヒマラヤ聖者のマインドフルネス
自信エネルギー開発法

■スピリチュアル
生きがいの創造
生命誕生の事実
アワ歌で元気になる
冥界からの電話
いのちのヌード
ゆるゆるの法則
金星人オムネク・オネクのメッセージ
地球人になった金星人オムネク・オネク

■携帯電話
携帯電話 隠された真実
コロナと5G

■世の中の真相
日本が売られる晴れ
離間工作の罠 池田 整治晴れ
未だ占領下にある日本の是非を問う
この国を操り奪う者たち
99%の人が知らないこの世界の秘密  内海聡晴れ
日本会議の正体 青木 理
25%の人が政治を私物化する国
STAP細胞の正体
政府はもう嘘をつけない
GHQ焚書図書開封
知らなかった、ぼくらの戦争
もう一つの「幕末史」
常識が変わる 200歳長寿!
秋山佳胤のいいかげん人生術
一生、薬がいらない体のつくり方

■人文・思想・暮らし
「炭」これは便利だ!102の使い方
生命誕生の真実
あきらめないUNSTOPPABLE晴れ
寂しい生活 稲垣 えみ子晴れ
人生はどこでもドア: リヨンの14日間
もうレシピ本はいらない
ぼくたちにもうモノは必要ない晴れ
国家と教養 藤原正彦晴れ
〇の近い△を生きる「正解」や「正論」にだませれるな
「農業を株式会社化する」という無理
日本農業再生論
ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉
思った以上の人生は、すぐそこで待っている
八正道
信じる力が幸運を呼ぶ
おかげさまで生きる
自分を休ませる練習
食べない、死なない、争わない
食べない人たち
発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方
老ける脳と老けない脳・友寄英哲
私の生活流儀 本多静六
「和の食」全史
元気に下山 五木寛之
孤独のすすめ 五木寛之
人間の芯 曽野綾子
ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ
ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が「豊か」なのか
幸せのメカニズム
アウトプット大全
本を読む人だけが手にするもの
ネット断ち
1冊読み切る読書術
トリノトリビア
1からわかるキネシオロジー
大河の一滴
今すぐしなくてはならないこと
幸せになる遺伝子の使い方
君のやる気スイッチをONにする遺伝子の話
命と人生を決める歯臓と遺伝子
進化する里山資本主義
目覚めよ、松果体
自粛バカ
知ってはいけない現代史の正体
人生で大事なことはみんなゴリラから教わった
新型コロナと巨大利権
永遠の0

■経済
お金の流れで読む 日本と世界の未来晴れ
資本主義の終焉と歴史の危機
国貧論
国富喪失
銀行消滅
あらゆる領収書は経費で落とせる
税金を払わずに生きてゆく逃税術
■菜園
タネの未来
現役サラリーマンの自給自足大作戦
畑が教えてくれたこと
野菜は小さい方を選びなさい
■IT
AI入門講座

オススメYou-Tube
次項有甲田光雄ラジオ深夜便 1/6
安田節子 種子法の廃止や食べものの安全基準の緩和?
日本のタネが危ない!山田正彦先生(元農水大臣)
合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験
絶食療法の科学
安保徹博士(2013.06.09星陵会館)
安保徹博士「ワクチンは危険がいっぱい
船瀬俊介先生 クスリは飲んではいけない
船瀬俊介先生『抗がん剤で殺される?』
内海聡医師「99%の人が知らない世界の秘密を暴く!」ワールドフォーラム2014年4月現代医学を問う講演会
現代医療は経済活動
最新記事
写真ギャラリー
◆調味料(アミノ酸等)
正体と秘密
超身近な怖ろしい害
食品添加物で病気になる
食品添加物の危険性.com

actto BST-02 ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)

新品価格
¥1,480から
(2016/1/29 15:29時点)

【送料無料】ツインバード コンパクト精米器 精米御膳 ホワイト MR-E520W [MRE520W]

価格:12,860円
(2016/9/13 04:29時点)
感想(44件)

白米,7,5,3分に設定できる
米5合まで

血液をきれいにして病気を防ぐ、治す 50歳からの食養生 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2017/9/21 04:31時点)


アルツハイマー病 真実と終焉"認知症1150万人"時代の革命的治療プログラム

新品価格
¥1,944から
(2018/8/4 13:06時点)

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

テクノAO 一般家電用【電磁波防止グッズ】【ポイント3倍】

価格:14,300円
(2016/1/14 05:05時点)
感想(15件)

トータルヘルスデザイン - 宇宙情報

2020年11月18日

知ってはいけない現代史の正体

知ってはいけない現代史の正体 グローバリストに歪められた「偽りの歴史」を暴く (SB新書) [ 馬渕 睦夫 ]

価格:913円
(2021/3/11 14:11時点)
感想(6件)



■今のアメリカだけでなく事実上、世界を動かしている本当の勢力が「ディープステート」です。(P27)
 ディープステートとはWASPに代わりアメリカのエスタブリッシュメントの座を仕留めたグローバリストとから成る左派ユダヤ社会のことを指します。彼らは、主要メディアを傘下に収めて世論を操作し、ドルの発行権を独占することにより金融を支配し、CIAを始めとする情報機関を配下に置いて世界の裏社会と通じ、軍産複合体と呼ばれる軍需産業と多国籍企業を握って彼らのビジネスの便宜を図りネオコンというイデオロギー政策集団を使って世界戦略を遂行してきました。ロシアゲートに見られたように、司法界の要所を抑えて、党派的な操作や裁判によって政敵を沈黙させてきたのです。
 殻らがアメリカの実権を握り始めたのは、100年以上も前のウイルソン大統領の時代です。これ以降の世界の歴史の実態は、私たちが歴史教科書で学んでいるいわば正統派の歴史観とは異なっています。(P5)

■アウトバーンを建設したのがヒトラーであることはよく知られています。第二次世界大戦前に3860キロを完成させています。ドイツは第一次世界大戦の敗北で天文学的数字の賠償金を背負わされた国です。どうしてドイツがヒトラーの下で、このような経済発展を遂げることができたのでしょうか。
 教科書などには出てきませんが、その理由は簡単です。ヒトラーはハイパー・インフレーションによって疲弊した経済を立て直すためにバーター貿易を行いました。国際銀行家が発行する通貨を使用しない貿易です。互いの国家に必要な物資を交換することで、双方が債務を負うことなく行える貿易です。また、国際銀行家が所有するドイツ中央銀行を国有化します。
 これは、ドイツは国際銀行家から借金をしない、ということを意味します。ヒトラーは、政府の強力な指導力によってドイツ人の生活を保障するプロジェクトに資金を供給し、短期間のうちにドイツをヨーロッパで最も豊かな国に躍進させました。だから、ヒトラーはドイツ国民の支持を集めたのです。
 そして、だからこそヒトラーは、その誕生に力を貸したはずの国際金融勢力から目の敵にされるようになったのです。
(当初 ヒトラーに資金援助を行って政権をとらせたのが、実は英米の資本家[ロックフェラーやロスチャイルド家]たちと意を通じていたドイツの財閥だった。)
 ヒトラーが推進したバーター貿易や中央銀行の国有化は、ドイツは国際銀行家から借金をしない、負債を抱えない、ということを意味します。このヒトラー独自の経済システムは、国際金融勢力が営々として築きあげてきた「負債によって機能する金融制度」への挑戦を意味するものでした。
 したがってドイツは世界中から「国家社会主義の独裁国家」「ファシズム国家」などのネガティブなレッテルを貼られ、ヒトラーは世界制覇を目論む極悪人に仕立て上げられ、第二次世界大戦で破滅へと導かれていくことになったのです。
 因みに、ヒトラー極悪人説を決定づけたはユダヤ人ホロコーストは、第二次世界大戦勃発当初は、まだ始まっていませんでした。だから連合国はホロコースト故にドイツに宣戦したのではなかったのです。(P91)
 同様な例は、南北戦争時代のアメリカにすでに見られます。エイブラハム・リンカーンは政府通貨を発行することで戦費を調達しました。つまりリンカーンは、国際金融資本家たちが築き上げてきたマネーのシステムを崩壊させようとする政治家でした。1865年、リンカーンは暗殺されます。

■ロシア革命は、歴史教科書にあるような、ニコライ二世の圧政に苦しむロシア人が蜂起して帝政ロシアを転覆させた、という革命ではありません。国外に亡命していたユダヤ人がイギリスのシティやアメリカ・ニューヨークのユダヤ系国際金融勢力の支援を仰ぎ、ロシアの少数民族ユダヤ人を開放するために起こした革命です。
 欧米のユダヤ人金融資本家は、ロシヤ革命を起こしたレーニンやトロッキーを資金的に支援しました。日露戦争の資金調達に奔走する高橋是清に助力したヤコブ・シフもまた、ロシア革命に資金供給したユダヤ人の一人です。
 金融資本家たちのロシア革命への投資は成功しました。レーニン率いるボルシェビキが武装闘争によって権力を奪取します。ロマノフ王朝は打倒されました。王朝が保有していた莫大な資産の多くは欧米の投資家の手に入りました
 投資家の手に渡ったのは、ロマノフ王朝の財産だけではありませんでした。ユダヤ系のトロッキーはアメリカ在住のユダヤ人を引き連れ、共産主義の私有財産禁止の思想のもと、ロシアの民衆が保有していた金(ゴールド)を没収することでした。これらは、革命家たちが投資家への負債の返済にあてられました。(P46) ウイルソン米大統領はロシア革命を礼賛

■国際金融資本家がみな「社会主義者」である理由(P51)
 「国際主義者」(グローバリスト)であることが、社会主義者の一部の特徴です。グローバリズムとは、自らの「普遍的価値」を国家の上におくイデオロギーです。国家を軽視ないしは無視する傾向が強く、国家意識は皆無です。大資本家は、自らが営んでいる国境を超える金融ビジネスに対する国家への介入を極端に嫌います。国際金融の論理的必然としてそうなるのです。
 大資本のビジネスは国境に左右されないところで展開します。特に国際金融資本家のビジネス対象は「世界全体」です。当然、アメリカという国家・国民の利益をビジネスの判断要素とする意味はそこにはありまでん。むしろ、国家などという発想自体、忌避すべきものとなります。
 国際金融資本家をはじめ、ユダヤ系の富豪たちがロシア革命を支援したのは、まず、ロシア革命がユダヤ革命だったからです。そして、その革命思想である共産主義が国際主義であり、つまり社会主義だったからです。
 ロシア革命を分水嶺として、アメリカの政権は国際主義者に握られることとなりました。時の大統領ウイルソンは社会主義者の取り巻き連中に支配される傀儡政権でした。
 この点を、歴史家や政治家は重視すべきです。
 この視点は、今日の国際情勢を理解すべき上で重要です。ソ連の崩壊や中国の変貌から、一般的に「この世から社会主義は消滅した」と考えれれがちです。そうではありません。現在も活躍中の、保守主義と訳されるNeoconservatism略してネオコンは社会主義勢力です。社会主義もリベラルもネオオンも、その根底は同じ国際主義にあるのです。

■国際連盟の表の意義は「従来の二国同盟に基づく安全保障体制が集団的安全保障システムに移行した」ことにあります。「従来二国間同盟」は長年にわたるヨーロッパの政治的知恵であり、「現実主義的」な態度です。
 これに対して「集団安全保障」は、全員で全員の安全を保障するという。「理想主義的」な態度です。メンバー国が侵略された場合には国際連盟加盟国が全員を守る、という安全保障理論に基づきます。現在の国際連合が使用している体制と同じです。
 しかし、国際連盟の画期的な意義は、実はこれとは別のところにあります。「加盟各国が国家紛争解決の当事者としての主権の一部を国際連盟に移管する」という点です。つまり、国際連盟は国家に干渉できる権力を持った機関でした。この国際秩序もまた、歴史上初めて誕生したものです。
 そして、国家の主権に干渉できる権力を持った機関をつくるという発想こそ、国家というものを持たないユダヤ人の思想の表れでした。ウイルソン大統領が国際連盟の発足を熱心に推進した理由はここにあります。
 国際連盟はウイルソン大統領が一人で考えたアイデアではありません。側近のユダヤ勢力の構想です。(P59)

■1994年 金日成(北朝鮮)の核合意(P154)
 1994年ジミー・カーター元大統領らが平壌を訪問し、金日成主席と会談しました。北朝鮮が原子炉を止める見返りとして、核兵器用のプルトニウムを抽出できない軽水炉を西側につくってもらうという和解案、いわゆる「金日成の核合意」がまとめられました。日本は軽水炉費用など、金だけ出されました。
 北朝鮮は核開発をしないと約束したにもかかわらす、朝鮮中央通信が核実験を行い成功したと堂々と公表。(2009、2013、2016、2017年)
 しかし、ブシュもオバマも北朝鮮に対して何ら強い態度を示しませんでした。なぜでしょうか。東西冷戦からオバマまでの歴代大統領を支えてきた国際金融資本家たちの支配下にあるネオコンが、北朝鮮が核を持つことをあえて黙認していたからだとしか考えられません。
 2003年、イラクのフセイン大統領は、実際に核兵器など保有していなかったにもかかわらずアメリカの軍事攻撃を受けて失脚しました。イラクと北朝鮮に対する態度の相違はどこから来たのでしょうか。
 北朝鮮の核保有を黙認したアメリカの狙いは、朝鮮半島の緊張を高め、東アジアに混乱を引き起こすトラブル・メーカーとして北朝鮮を使っていこうという点にあります。ワン・ワールド樹立の前には、世界の大混乱に巻き込む必要があると彼らは考えています。その一環として東アジアで混乱を起こしたいときには、北朝鮮を利用するというシナリオです。この北朝鮮シナリオはオバマ大統領までは存在していました。政権中枢の中には、「アメリカは北朝鮮の核は認める」「ただしアメリカの届くICBMの開発は断念させる。それで手を打てばいい」と公言する者が少なからず存在します。特にアメリカのメディアは、これでアメリカの安全保障は担保されるとして、北朝鮮を認める報道を繰り返しています。
 このシナリオ通りになれば、東アジアは狙い通りに大混乱になります。大統領選挙でヒラリーが勝っていたら、シナリオ通りになる可能性が高かったと思います。
 しかし、トランプが就任したことによって、ネオコンのシナリオは変更を余儀なくされました。トランプはアメリカの実力を背景にして、「核放棄」か「対米戦争」のどちらかを選べと金正恩に迫りました。それに対して2018年6月、金正恩は米朝首脳会談に応じざるをえなくなったわけです。(P154)

■2011年 アラブの春(P170)
 通説→中東・北アメリカ地域の各国で民主化運動が本格化した。
 真相→世俗政権を打倒し、イスラム過激派を台頭させることが狙いだった。

 2010年から2011年にかけてチュニジニアで反政府運動が起こりました。23年間続いていた政権が崩壊します。チュニジニアを代表する花がジャスミンであったことからこの革命は「ジャスミン革命」と呼ばれています。
 ジャスミン革命の影響はまたたくままにアラブ諸国に広がりました。
「アラブの春」とは、それら一連の動きに対してアメリカのメディアが名付けたものです。「アラブに自由と民主主義が実現する」と煽り立てましたが、アラブ諸国はかえって混乱の度合いを深めただけでした。
 エジプトでムバラク大統領の長期政権が崩壊しました。ヨルダンでも内閣が総辞職しました。
 カダフィ大佐による独裁体制が敷かれていたリビアでもカダフィの退陣を要求するデモが発生しました。リビア内戦にはNATOも軍事介入しました。
 これら一連のアラブ諸国の革命や騒乱、内戦にはすべてアメリカが介入しています。介入の根拠になったのが、2001年に起きた同時多発テロにともなってブシュ大統領が宣言した「テロとの戦い」でした。
 結局のところ、アラブの春とは、まともな世俗政権を民主化運動の名の下に打倒して無法状態を造り出し、イスラム過激派テロ集団を台頭させることが目的でした。リビアではカダフィ大佐の下で享受していた生活の安定を崩され、各種イスラム過激派が跋扈する無法国家となり果てました。「アラブの春」のターゲットであったシリアは現在に至るも血みどろの内戦が続いており、多数の難民がEUに押し掛けたことは、記憶に新しいところです。
よく見るサイト
FB Twitte
動画
健康


本要約
自然農法(動画)
ぴかぴか(新しい)最近の懸念・関心
馬渕睦夫さんディープステート
子供達のワクチン接種の話
池田整治さんのFBより
5G推進にストップを
ワクチンに除草剤が混入
落ち葉でプランター栽培
Saarahat(サアラ)さん
PCR検査
化学肥料が地球温暖化に
天然塩はなにより大事
現在の異常気象は800年周期
民営化は公営よりコスト高
ナチュラアルハイジーン

血液と健康の知恵新装版 医学革命の書 [ 千島喜久男 ]

価格:4,180円
(2021/3/23 04:15時点)
感想(0件)

離間工作の罠【電子書籍】[ 池田整治 ]

価格:1,408円
(2021/3/23 04:13時点)
感想(0件)

プロフィール
さんの画像

 食べ物や健康に関する本が多いのは、原因不明の角膜潰瘍という病気になり、左眼がよく見えなくなったからです。食生活が悪かったのでしょう。  正しい食生活をしていたら、原因不明の病気にはならなかったかもしれません。
プロフィール
twitter exclamation×2 
 
最新記事
カテゴリーアーカイブ
リンク(健康)
リンク(真相)
Ryutaimoji.jpg
VOA Health