exclamation×2 著者書別リスト exclamation×2

本のリスト
■医学・医療
血液と生命の知恵晴れ
医者が患者をだますとき晴れ
薬の9割はやめられる松田 史彦晴れ
パウル・シュミットのドイツ波動健康法
がん患者よ、近藤誠を疑え
あなたが知っている健康常識では早死にする・近藤 誠
健康診断は受けてはいけない
ワクチン副作用の恐怖 ・近藤 誠
医者の大罪・近藤 誠
インフルエンザワクチンはいらない
帯津良一のホメオパシー療法
医者が学んだ祈りの力
睡眠薬中毒 内海 聡
むし歯ってみがけばとまるんだヨ
名医は虫歯を削らない・小峰一雄
コレステロール 血圧 血糖値 下げるな危険! 薬があなたの体をダメにする・大櫛 陽一
くすりの害にあうということ
薬のやめどき・長尾 和宏
医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣・長尾 和宏
うつ消しごはん
ガンの疫学と血液・千島 喜久男
医療大崩壊 船瀬 俊介
不要なクスリ 無用な手術・富家 孝
橋本病・バセドウ病 夢21

■健康
次項有 現代病は塩が原因だった
一生使える脳 長谷川 嘉哉
健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵・鶴見隆史
花粉症は1週間で治る・溝口 徹
やってはいけないウォーキング
ヨガの喜び 沖 正弘
『らくらく毛管運動』で若返る
アワ歌で元気になる
活性酸素に負けない本
体が若くなる技術・ミトコンドリア
ねこ背は治る
精神科医が教える50歳からのお金をかけない健康術
あらゆる病気の原因は「お血」にある
病気の原因は汚血
病気にならない生き方
死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい
腸の力であなたは変わる
孟司と誠の 健康生活委員会
死ぬまで元気に生きるための七つの習慣

■食べ物
日本の長寿村・短命村晴れ
その食生活では若死する晴れ
長寿村・短命化の教訓晴れ
長寿村の秘食
自然治癒力が上がる食事:小峰一雄
すごい塩 白澤 卓二
鎌田式 健康ごはん
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物
家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法
食の堕落と日本人 小泉 武夫
食品の裏側2 実態編
安い食べ物には何かがある
長生きしたけりゃ肉は食べるな
こうして作れば医者はいらない
一汁一菜でよいという提案
若杉友子の一汁一菜
ジョコビッチの生まれ変わる食事
小麦は食べるな!
シンプルに暮らす
種子法廃止でどうなる?
世界の長寿食 森下敬一
パンと牛乳は今すぐやめなさい

■少食
甲田式健康道 決定版
長生きしたければ朝食は抜きなさい
朝食をを抜いたらこうなった
奇跡が起こる半日断食 すまし汁
一日一食のススメ
人の運は少食にあり
空腹こそ最強のクスリ
週1断食で万病が治る

■ナチュラル・ハイジーン
「フォークス・オーバー・ナイブス」に学ぶ超医食革命
フィット・フォー・ライフ
からだの力が目覚める食べ方
■味噌
体質と食物―健康への道
健康食みそ
■サラダ油は危険
オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい
認知症が嫌なら「油」を変えよう
サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!
その「油」をかえなさい
油を断てばアトピーはここまで治る
本当は危ない植物油
なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか?
病気にならない人は何を食べているのか
長命革命

■瞑想
お医者さんがすすめる すごい瞑想
瞑想メソッド100
マインドフルネス瞑想入門
瞑想のあすすめ
ヒマラヤ聖者のマインドフルネス
自信エネルギー開発法

■スピリチュアル
生きがいの創造
生命誕生の事実
アワ歌で元気になる
冥界からの電話
いのちのヌード
ゆるゆるの法則
金星人オムネク・オネクのメッセージ
地球人になった金星人オムネク・オネク

■携帯電話
携帯電話 隠された真実
コロナと5G

■世の中の真相
日本が売られる晴れ
離間工作の罠 池田 整治晴れ
未だ占領下にある日本の是非を問う
この国を操り奪う者たち
99%の人が知らないこの世界の秘密  内海聡晴れ
日本会議の正体 青木 理
25%の人が政治を私物化する国
STAP細胞の正体
政府はもう嘘をつけない
GHQ焚書図書開封
知らなかった、ぼくらの戦争
もう一つの「幕末史」
常識が変わる 200歳長寿!
秋山佳胤のいいかげん人生術
一生、薬がいらない体のつくり方

■人文・思想・暮らし
「炭」これは便利だ!102の使い方
生命誕生の真実
あきらめないUNSTOPPABLE晴れ
寂しい生活 稲垣 えみ子晴れ
人生はどこでもドア: リヨンの14日間
もうレシピ本はいらない
ぼくたちにもうモノは必要ない晴れ
国家と教養 藤原正彦晴れ
〇の近い△を生きる「正解」や「正論」にだませれるな
「農業を株式会社化する」という無理
日本農業再生論
ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉
思った以上の人生は、すぐそこで待っている
八正道
信じる力が幸運を呼ぶ
おかげさまで生きる
自分を休ませる練習
食べない、死なない、争わない
食べない人たち
発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方
老ける脳と老けない脳・友寄英哲
私の生活流儀 本多静六
「和の食」全史
元気に下山 五木寛之
孤独のすすめ 五木寛之
人間の芯 曽野綾子
ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ
ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が「豊か」なのか
幸せのメカニズム
アウトプット大全
本を読む人だけが手にするもの
ネット断ち
1冊読み切る読書術
トリノトリビア
1からわかるキネシオロジー
大河の一滴
今すぐしなくてはならないこと
幸せになる遺伝子の使い方
君のやる気スイッチをONにする遺伝子の話
命と人生を決める歯臓と遺伝子
進化する里山資本主義
目覚めよ、松果体
自粛バカ
知ってはいけない現代史の正体
人生で大事なことはみんなゴリラから教わった
新型コロナと巨大利権
永遠の0

■経済
お金の流れで読む 日本と世界の未来晴れ
資本主義の終焉と歴史の危機
国貧論
国富喪失
銀行消滅
あらゆる領収書は経費で落とせる
税金を払わずに生きてゆく逃税術
■菜園
タネの未来
現役サラリーマンの自給自足大作戦
畑が教えてくれたこと
野菜は小さい方を選びなさい
■IT
AI入門講座

オススメYou-Tube
次項有甲田光雄ラジオ深夜便 1/6
安田節子 種子法の廃止や食べものの安全基準の緩和?
日本のタネが危ない!山田正彦先生(元農水大臣)
合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験
絶食療法の科学
安保徹博士(2013.06.09星陵会館)
安保徹博士「ワクチンは危険がいっぱい
船瀬俊介先生 クスリは飲んではいけない
船瀬俊介先生『抗がん剤で殺される?』
内海聡医師「99%の人が知らない世界の秘密を暴く!」ワールドフォーラム2014年4月現代医学を問う講演会
現代医療は経済活動
最新記事
写真ギャラリー
◆調味料(アミノ酸等)
正体と秘密
超身近な怖ろしい害
食品添加物で病気になる
食品添加物の危険性.com

actto BST-02 ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)

新品価格
¥1,480から
(2016/1/29 15:29時点)

【送料無料】ツインバード コンパクト精米器 精米御膳 ホワイト MR-E520W [MRE520W]

価格:12,860円
(2016/9/13 04:29時点)
感想(44件)

白米,7,5,3分に設定できる
米5合まで

血液をきれいにして病気を防ぐ、治す 50歳からの食養生 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2017/9/21 04:31時点)


アルツハイマー病 真実と終焉"認知症1150万人"時代の革命的治療プログラム

新品価格
¥1,944から
(2018/8/4 13:06時点)

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

テクノAO 一般家電用【電磁波防止グッズ】【ポイント3倍】

価格:14,300円
(2016/1/14 05:05時点)
感想(15件)

トータルヘルスデザイン - 宇宙情報

2019年04月09日

〇の近い△を生きる「正解」や「正論」にだませれるな

(001)○に近い△を生きる (ポプラ新書)

新品価格
¥842から
(2019/4/10 04:11時点)


「がんばれば幸せになれる」を唯一の「正解」として、日本で生きてきた。
発展途上国の貧しい子供達が「ぼく達は幸せ」と、
豊かになった日本の子供達よりも、目を輝かせている光景を見た。
本当に、がんばれば幸せになれるのか。

唯一の「正解」に不信感が芽生えた。
がんばるという「正解」を、日本人が好きなのは知っている。
でも、がんばらないという「別解」もある。
がんばらないというのは、がんばることを否定しない。
相変わらず、がんばらないと言いながら、ぼくは、がんばっている。
がんばったり、がんばらなかったりが大事。
働きすぎのあなたに、「がんばる」いっぺんとうではない。
〇でもない、〇に近い△の生き方があることに気付いてほしい。

いい子と悪い子。勝ちと負け。
ぼく達は勝手にそれに〇と×をつけてきた。
〇と×のレッテルを貼る生き方はお手軽だ。
ぼく達はレッテルを貼るのが好きな動物。
勝ちが〇で負けが×、本当だろうか。
子育てに苦労しているお父さん、お母さん、気付いてほしい。
勝ちのような負けがあったり、負けのような勝ちがあったりすることを。
「現実」は「正解」を超えている。

〇と×の発想法は堅苦しくて不自由でおもしろみがない。
〇と×の間にある無数の△=「別解」に、
限りない自由や魅力を感じる。
〇に近い△の生き方は、柔らかな生き方だ。

このことを理解できない人は、何をしても成功しないだろう。
組織の中で潰されそうなあなたに、
無数の△の生き方があることに気づいてほしい。

「正解」や「正論」にこだわらなくなると、考え方が自由になることを。
若い人には気づいてほしい。
「正解」に囚われないと、多様な価値観がわかってくるようになる。
他の人の生き方に共感したり、拍手を送ることもできるようになる。
唯一の「正解」を信じる生き方は、時代遅れで窮屈だ。
生きるということは、たくさんの△の中で、
「別解」を探していくということ。
〇に近い△を生きるということは、
「別解力」をつけるということだ。


まだまだ人がやっていない新しい△はいっぱいあるはず、
フロンティアは残っている。
そろそろ、ぼく達はこの国を変えなければならない。
若い人の力で、この国の生き方を変える時期がきている。
淀んだ空気のなかで空気を読みあうのではなく、
子供や若者のために中高年の人は、
空気をかき回したり、空気を入れ替えたりする、勇気を持ってほしい。
がんばれば豊かになれる、という古ぼけた「正解」から離れて、
〇に近い△=「別解」を見つけていこう。
×でも〇でもない、無数の新しい△を信じて、生きてみよう。
人生が輝いてくるだろう、きっと、
生きるのがまちがいなく、おもしろくなる、信じていい。
(P3)

ぼくが行った茅野市は脳卒中が全国でも屈指に多い地域でした。
ぼくが大学の医学部で教わったのは、医者というのは、救急車で運ばれてきた患者を救命するという「正解」でした。
ただ、脳卒中というのは障がいが残るので、悲劇なんですよ。
医者は救命することを教授から教えこまれて病院に送りこまれているんだけど、助ければ助けるほど障がいのための大変な生活が持っている。
重い障がいくを抱えて生きていくことの大変さを見ていると、助けることが本当にいいことなのかという疑問に悩まされました。
倒れないための健康づくりの運動を年間80回行いました。これも「別解」です。今は日本一の健康長寿県・長野になりました。
それでも、どんなに倒れないようにしても脳卒中で倒れる人はわずかにいます。そこで24時間体制の在宅ケアをしました。これも「別解」です。
ぼく達はひたすら「正解」を教えこまれて生きてきました。日本がもう一度元気を取り戻すためには、「正解」とされているものを信じないことがすごく大事なんじゃないかと思う。
「正解」が〇で、それ以外×と考えるのではなく、〇と×の間に△があって、そこに「別解」があるんじゃないか。
たとえば原発はないほうがいいという解が〇で、あったほうがいいという解が×だとしたら、この二項対立でもう議論にならなくなる。
そうではなく〇に近い△を探そうという話だったら、もう一回議論だできるんじゃないか。お互い何度も何度も議論をしあって、〇に近い△を探すのが、日本の生きる道なんじゃないかと思う。
これは原発だけの問題ではなく、経済のあり方にしてもTTPなんか、ものすごく大事な問題なのに建設的な議論がなされていない。残念です。
〇や×かの議論をするとヒステリックになって、相手を全面否定して意見がすれ違っているまんまで、最後はにせものの民主主義が多数決というやつで決めてしまいます。本当の民主主義は、〇と×の間にお互いが納得できる「別解」を探すことなんです。
(P68)

高度医療をやっているという評判の高い病院は、多くはがん治療の拠点病院になっています。最先端の治療で、治すべき、回復させるべき「正解」を目指すわけです。そして、その間はとても親切にしてくれます。
しかし、転移したり、再発をしたりした時、治らないとわかった時、とても冷たい。「正解」だけで突き進むと、信じられないような冷たい言葉が放たれます。「やることがありません、退院してください。」と。患者さんやご家族は途方にくれます。「別解」が用意されていないのです。
諏訪中央病院の緩和ケア病棟病院には、見捨てられた患者さん達がやってきます。ぼく達は、生きているかぎりその人にやることがないなんてことは考えません。コミュニケーションをとりながら、本当にこの人にやり残したことはないか、と探します。
東京の病院でまったく体力がなくなって転院してきた人に歩く訓練をするのです。
患者さんは歩けるようになると、庭へ出たいと言います。庭に出られると、家に一回帰ってみたい、と言います。家に帰られると、今度は家族で温泉に行きたい、といいます。
高度医療をやっている病院の、やることがないという「正解」に振り回されるのではなく、一人ひとりの患者さんの中にある「別解」を探すことが今、問われているのです。
助けることだけが「正解」だった時、助からないとわかると、それはもう、答えのだしようがなくなってしまうのです。
〇と×の間にある△を見つけようとすると、いつまでもギブアップがありません。その人の人生観に合わせて、してあげられることが見つかってくるのです。そして、そこから奇跡が起こることもあります。
余命3ヶ月と言われた人が、それから数年やりたいことをやりとげ、納得して亡くなっていく、なんてことがけっこう多いのです。(P74)

石井:70年近く、孤児たちを世話してきた方に「昔の孤児と今の孤児はなにが違いますか」って聞くと、「人間としての芯があるかないかですよ」って即答されたんです。
今の児童養護施設にいる子供は9割以上が虐待らしいんです。
物心ついた時から人格を否定され、人としての芯がなくなってしまう。
そういう子は将来社会にでてもうまく生きていけないと、その孤児院の先生に聞きました。
人間の芯をつくるために家族の愛情がものすごく大切だと思ったんですが、それは医療の現場においても、感じることはありますか。
鎌田:人間の芯がちゃんとつくられるためには、やっぱり無条件で抱きしめられる、愛された時期が少しでもあることが大事なのだと思います。
虐待されたり、ネグレクトされた子は、そういう時期がありません。
人間には、命を守ってくれる見えない三つのシステムがあります。
それは、自立神経と免疫、ホルモンです。
その中で私はここ数年、「癒しホルモン」ともいわれている「オキシトシン」に注目しています。ハグしたり、肌と肌が触れあったり、人に親切にする時に分泌されます。これが足りないと自閉症になったり、社会脳が発達しないと言われれいるんですね。
ぼくは1歳で養子に出されるわけですが、養母はすごく優しい人でした。
心臓病で入院していることが多かったので、ぼくはよく病院のベッドに入り込んでいたのです。それでいろいろ学校で起きた話をすると「みのるちゃん、えらいねえ〜」って抱きしめてくれたんですね。それできっとオキシトシンが分泌されていたんだと思うんです。
オキシトシンが分泌されるには、本当のお母さんに抱きしめられなくてもいいっていうのがわかってきているんですよ。(P84)

 医療費が安くて健康長寿の理由は何かを探ろうと、委員会がつくられ研究された。
 最も統計的に有意の関係があると言われたのは、高齢者の就業率の高さであった。長野県では農業従事者が多い。しかも、北海道などに比べると桁違いに小さい農業である。小さいからこそ年をとっても続けられ、それが収入や生きがいに繋がっている。身体を動かして働き、生きがいをもてる生活こそが、健康長寿の秘密ではないかと指摘された。
 ここにも「別解」があった。大きい農業がいいと思っていた。が、小さい農業が健康長寿で医療費や介護保険料が安いという大きな効果を生んでいたのだ。(P178)

 38億年前、この地球には生命がなかった。
 なぜだかはわからないが、そんな世界に奇跡的に生命が誕生した。単細胞の生命体である。こうして初めて誕生した生命体の細胞には、大原則があった。
 すべての生命に平等に死が与えれれた。限りある生命、ということである。
 その細胞の中に、"伝える"という役を担う遺伝子が組みこまれていた。
 細胞に"伝える"という役目がなかったら、生命体のない地球に戻っていたと思う。しかし、そうはならなかった。
 最初、生命を繋げる方法は、クローンだった。うり二つの生命が繰り返し生まれた。おもしろくもなんともない。それが、あるときオスとメスに分かれた。それぞれがDNAをだしあって、新しい生命を誕生させるシステムができあがった。オスとメスからDNAをもらうので、お父さんそのものでもなければ、お母さんそのものでもない。他にはない。かけがえのない命になった。みんなそれぞれ違う命が生まれだしたのだ。
 ここがとても大事なところ、みんな違うはずなのに、空気を読みあって同じように生きようとするなんて、我々の命がどうやって生まれたのかを考えるだけで間違っていることがわかる。命はユニークなのだ。ユニークな命はユニークな生活をしたほうがいい。物真似をしないことだ。(P169)

生きるために最も必要なものは、
働く場があることと、愛する人がいること。
安定した雇用がないので、
結婚を諦めている人がいるとしたら悲しいことだ。なんと、
年収200万円以下のワーキングプアーが1100万人。
非正規雇用の人が2000万人。
これでは内需は拡大するわけはない。
日本では特に、生活も、教育も、家庭のあり方も、地域も、
混沌としていて、
どう生きていったらいいのか、いよいよ見えなくなってきた。
こんな時こそ、「別解力」が必要
自由になるために勉強しよう。
(P96)

 あったかいことが大事、なおかつ、あったかいことを持続していくためには、経営が大事。
 これまでの資本主義は、もうけがよければいい、自然を壊しても人を傷つけてももうければいい、というスタイルで進歩をとでてきた。
 それじゃだめなんだ。古ぼけた20世紀の「正解」。
今では、そんなのは「正解」ではないのだ。もうけることは大事だが、地球を傷つけないこと、そこにいるマイノリティの現地の人の生活を壊さず、生き続けられるようにしておくことが大事。(P145)

 高血圧患者に最も投与されているのは、ノバルティスファーマの血圧降下剤、「ディオパン」である。2012年度の売り上げランキング一位で、日本だけで1083億円の売り上げがある。
 この薬は、約11億円の、研究のための寄付金提供を受け、出てきた治療データは、その公正を疑われ"利益相反"が起きている。
 不透明なデータは、医療界のスキャンダルになった。
 原子力村をつくって、安全神話を振りまいた結果が悲劇を拡大した。ディオパンという薬が異常に売れること自体が、大学と製薬会社と医師が利益共同体の「ムラ」をつくっている証拠だと思う。おそらく、ホテルなどで薬の勉強会が催されているのだろう。でっちあげのデータをつくった医師が講師に呼ばれ、講演料をもらう。多くの医師達はおいしいものをごちそうになったり、中にはホテル代を払ってもらったり、交通費を払ってもらったり。なんでタダ飯を食うんだろう。
 血圧の薬はいっぱいある。ディオパンの10分の1の値段でよく効く使いやすい薬はいっぱいある。ぼくはディオパンには見向きもしなかった。患者さんにあった薬を選べばいいだけの話。タダ飯にだまされないことが大事だ。下品になってはいけない。(P122)

 人は繋がりの中で生きている。しかし、人との繋がりの中で人は疲れる。
 時には傷つく。
 変な人間がいる。自分も変だからよくわかる。
 時々傷くのはしょうがない。それでも人は一人では生きていけないから、傷つけ合いながら一緒に生きる。どうしたらいいのだろう。
 変であることを面白がることだ。
 この20年間でたくさんのヒットを飛ばした映画監督、スティーブン・スピルバーグは「自分は失読症だった」とカミングアウトしている。字が読めないのである。日本だったらどうだろう。小学校1年で字がよめないと、レッテルを貼られる。
 スピルバーグは変だったからこそ、画像で勝負した。字が読めなくても、違う才能があふれていることはよくあることだ。(P28)
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8708302
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
よく見るサイト
FB Twitte
動画
本要約
健康
自然農法(動画)
ぴかぴか(新しい)最近の懸念・関心
馬渕睦夫さんディープステート
子供達のワクチン接種の話
池田整治さんのFBより
5G推進にストップを
ワクチンに除草剤が混入
落ち葉でプランター栽培
Saarahat(サアラ)さん
PCR検査
化学肥料が地球温暖化に
天然塩はなにより大事
現在の異常気象は800年周期
民営化は公営よりコスト高
ナチュラアルハイジーン

血液と健康の知恵新装版 医学革命の書 [ 千島喜久男 ]

価格:4,180円
(2021/3/23 04:15時点)
感想(0件)

離間工作の罠【電子書籍】[ 池田整治 ]

価格:1,408円
(2021/3/23 04:13時点)
感想(0件)

プロフィール
さんの画像

 食べ物や健康に関する本が多いのは、原因不明の角膜潰瘍という病気になり、左眼がよく見えなくなったからです。食生活が悪かったのでしょう。  正しい食生活をしていたら、原因不明の病気にはならなかったかもしれません。
プロフィール
twitter exclamation×2 
 
最新記事
カテゴリーアーカイブ
リンク(健康)
リンク(真相)
Ryutaimoji.jpg
VOA Health