広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
>>以前の記事 5件

「温井ダム」の放流イベントを下から見るならトイレに注意!(西日本No.1の高さからジョ〜)

先日2014年10月19日、西日本でナンバーワンの高さを誇るアーチ式ダム「温井ダム」に行ってきました。

目的は15分間のダム放流イベントです。この日は温井ダム周辺で「龍姫湖(りゅうきこ)まつり」が開催されていて、その目玉イベントとしてダム放流が行われるのです。
IMG_4425.jpgIMG_4426.jpg

上から見おろすと想像以上の高さにビックリ。放流前なので下にある「思い出広場」はたくさんの人でにぎわっているのが見えます。

放流予定の12時30分になり、いよいよ放流の開始!わぁ〜〜〜という歓声があがります。
IMG_4432.jpgIMG_4448.jpg

下方にある展望スペース「思い出広場」ではどうやら地面が濡れているようです。下から放流を見るのであればずぶ濡れ覚悟ですね。

ガリバーになって立小便をしているような感覚・・・男性ならわかるはず?
IMG_4443.jpg

さあ下の「思い出広場」に行ってみましょう。おりる方法は2つあります。

まずはこちらの長〜い「しわい階段」をおりる方法。インドア派で体力のない私は即却下。
IMG_4428.jpgIMG_4428-2.jpg

ちなみに「しわい」というのは「つらい」とか「かたい」という方言だそうですが、私はこの言葉を使ったことはありません。

もう1つは管理棟にあるエレベーターに乗る方法。ふふふ、これは楽チンで良いですな。
IMG_4450.jpgIMG_4456.jpg

ひんやりとした空気のトンネルを200mほどすすむと、素晴らしい景色がひろがります。
IMG_4463.jpg

あそこから水が出てくるのか〜、と緑色の車輪のような放流ゲートを見てみると、すぐ横に人影が・・・危ないっっっ!!!
IMG_4459.jpgIMG_4462.jpg

な〜んて、これはダムの規模を実感するために置かれた身長170pの人形、治水太郎くんなのです。

下から放流を見れば迫力があるのは間違いないのですが、子供連れで「思い出広場」から放流を見るには致命的な問題点があります。

それはトイレがないこと。トイレを催すとトンネルを戻りエレベーターで管理棟まで上がらなければならないのですが、混み合っているのでこのエレベーターに乗るのに30分以上待たなくてはなりません。もしくは「しわい階段」を全速力で駆け上がれば良いのですが、どちらにしてもこれぞまさしく「しわいタイム」。臨時の簡易トイレでもあれば良いのですが。

放流を楽しんだ後は、まつりのメイン会場へ。ダムからは離れているので無料の巡回バスで行きました。
IMG_4514.jpgIMG_4539.jpg

ちょうど神楽「八岐大蛇(やまたのおろち)」を上演中で、我が家の子供たちは怖がりながらも興味津々。悪い子は蛇に食べられるから言う事を聞かないといけないのだよ、と言い聞かせシメシメと思っていたら、終演後に大蛇の下から演じている人の足がひょっこりと丸見えに。

「あ〜!足が見えたからこれは人が入って動かしているよ!」・・・だって。私がそんなもの見えなかったと言い張っても後のまつり。おいおい、夢をなくすなよ〜。

「龍姫湖まつり」には初めて行きましたが、思った以上に人が多くて驚きました。無料の巡回バスはすぐに定員いっぱいになるし、運行間隔も微妙に長いし、子供連れには少し「しわい」ですね。

駐車場も無料なのは良いのですが、メイン会場近くやダム近くの駐車場は午前11時ころにはすでに満車で、かなり離れた温井スプリングス近くの駐車場に停めなければなりませんでした。放流イベントがある時は早めに来ることをおすすめします。

温井ダム
〒731-3501広島県山県郡安芸太田町大字加計1956-2
駐車場:あり(無料)
TEL:0826-22-1501(温井ダム管理所)
HP(放流スケジュールもあります):http://www.cgr.mlit.go.jp/nukui/

このページ最上段へ ▲

南区段原「轍 151A」のお好み焼き(松乃屋製麺の生麺を使用した「おっこん商店」のように旨い)

ゆめを〜のせて〜はしる〜しゃど〜・・・

広島市南区段原の住宅街にあるお好み焼き店「轍 151A(わだち いちごいちえ)」のご紹介です。
IMG_3867.jpgIMG_3867-2.jpg

お店のすぐ横には駐車スペースがあります。

そば肉玉(650円)を持ち帰りました。
IMG_4350.jpgIMG_4351.jpg

古くからあるお店の崩れたお好み焼きも良いですが、潔癖症の私はこのように形の整ったお好み焼きの方が好みですね。ぺろ〜んと塗られたソースはオタフクソースのようです。

玉子、麺、豚肉、キャベツ、生地の層構造は整然としていて・・・う〜ん、ステキ。
IMG_4373.jpgIMG_4369.jpg

使用されているのは生麺でむっちりと艶めかしい食感です。焼きそばには松乃屋製麺の麺が使われているのでお好み焼きもそうなのかと思ったのですが少し違うようです。麺は香り良く、旨みがあります。

松乃屋製麺の生麺が使われている「おっこん商店」のお好み焼きのように麺の美味しさが存分に引き出されており、私の好みにぴったりです。

過去の記事
生麺がベラボーに旨いお好み焼き「おっこん商店」(磯野製麺から松乃屋製麺の生麺へ浮気心)

しっかりと焼かれた豚肉に・・・
IMG_4370.jpgIMG_4372.jpg

ホクホクと甘いキャベツ。

ランチタイムにお店で食べると食後のコーヒーのサービスまであります。
IMG_3866.jpgIMG_3864.jpg

鉄板焼メニューもあり、夜にはワイワイと楽しめるお店に早変わり。

駐車場や出前サービスもあり、お客さんにとって使いやすいお店ですね。これからもマイベストお好み焼き店の中の1つであり続けて欲しいものです。

轍 151A(わだち いちごいちえ)
〒732-0811広島県広島市南区段原2-10-13
営業時間:昼11:00〜14:30、夜17:00〜23:00
定休日:火曜日
駐車場:あり(店舗横に1〜2台分)
TEL:082-263-0282
このページ最上段へ ▲

「魚々屋(ととや)ふなこし」の「焼き穴子めし」は穴子メガ盛り(呉市広交差点近く)

先々日の「Yショップ したうね」の手作りサンドイッチ、先日の「笑屋(しょうや)」の巻き寿司に引き続き、呉市広・仁方グルメのご紹介です。

今回は広交差点から広商店街に入ってすぐのところにある「魚々屋(ととや)ふなこし」。ピシッとしたのれんのお店って繁盛しているように感じるのは私だけでしょうか。
IMG_1936.jpgIMG_1937.jpg

目的はこのお店で人気の「焼き穴子めし」です。以前昼過ぎに訪問して売り切れていたことがあったので、今回は開店直後に入店しました。ご主人は少しコワモテですが、お話しすると温和な感じ。このアンバランスさに心がキュンとしちゃいます。

こちらが持ち帰りの「焼き穴子めし」(950円)。
IMG_1986.jpgIMG_1988.jpg

からくさ模様というかミリタリー模様というか・・・抽象的でカオスな容器です。

ふたをパカっと開けると大量の穴子が!う〜ん、美味しそう。
IMG_1989.jpgIMG_1991.jpg

山椒をしっかりとかけて・・・いっただっきまぁ〜す!

焼き穴子の香ばしさにほんのり甘いタレの相性は抜群でどんどん食べ進んでしまいます。
IMG_1993.jpg

肉厚の焼き穴子は短冊状に切られていて、結構弾力があります。この量でこのお値段は素晴らしいですね。これからも呉市広グルメの一角を担い続けていただきたいものです。

魚々屋(ととや)ふなこし
〒737-0125広島県呉市広本町1-11-32
営業時間:昼11:30〜13:30、夜16:30〜23:00
定休日:なし
駐車場:なし(近くに有料パーキング多数)
TEL:0823-72-1986
このページ最上段へ ▲

呉市広「笑屋」の巻き寿司(水曜日のみの限定販売!お米屋さんの県内産コシヒカリが美味!)

仁方駅前の手作りサンド「Yショップ したうね」の帰りに寄ったのは、お米屋さん「笑屋(しょうや)」。目的は水曜日のみ限定販売されている巻き寿司です。
IMG_1939.jpg

過去の記事
呉市仁方駅前「Yショップ したうね」の手作りサンドイッチ(昭和の雰囲気でおかあさんの味)

お店に入ると・・・いったい巻き寿司はどこに !?

ありました、ありました、すぐ左手にあるレジの横に積んでありますが残りはたったの3つ。このあたりでは密かに人気のお店で、早めに売り切れてしまうこともあるとのこと。

店名が「笑屋」ときいて、まさかSHOW-YAのような・・・


いやいや、お店のご主人は温和な方でした。

こちらが無事購入できた「米屋の巻きずし」(500円)。広島県庄原市高野産のコシヒカリが使われています。
IMG_1983.jpgIMG_1997.jpg

巻き寿司の具はかんぴょう、三つ葉、しいたけに穴子。シンプルな組み合わせですが、最後に広がる穴子の香ばしさがグ〜!
IMG_1985.jpgIMG_1996.jpg

特筆すべきはお米の旨さ。冷めてもモッチリ柔らかで、さすがお米屋さんですね。酢飯の酸味も私にはちょうど良かったです。

水曜日のみの販売でハードルが高いのですが、お米好きの方であれば食べておきたい呉市広グルメの1つですよ。

笑屋(しょうや)
〒737-0141広島県呉市広大新開2-21-19
営業時間:9:00〜18:30
定休日:日曜日
駐車場:なし(店舗前に1台くらいは可?)
TEL:0823-71-1707
HP:http://ocomenoshoya.blog.fc2.com/
このページ最上段へ ▲

呉市仁方駅前「Yショップ したうね」の手作りサンドイッチ(昭和の雰囲気でおかあさんの味)

呉市仁方駅前にある地元で人気の「Yショップ したうね」の手作りサンドイッチのご紹介です。
IMG_1945.jpgIMG_1948.jpg

Yショップですので、ヤマザキパンの食パン「ロイヤルブレッド」を使用しています。このパンのうたい文句は「バターの風味豊かなしっとりとした食パン」だそうですが、バターの多寡がはっきりとしない絶妙な言い回しです。

ガラガラっと店内に入ると、そこは昭和の世界。ほんわかした雰囲気の年配のご夫婦がお店を営まれています。種々のサンドイッチが並べられていますが、塩のついたゆで卵がシブイでしょう。
IMG_1943.jpgIMG_1952.jpg

購入したのはサンドイッチ類で最高級メニュー「エビミックスサンド」(420円)。
IMG_1960.jpg

中身は、エビカツにタマゴサンド・・・
IMG_1963.jpgIMG_1964.jpg

とんかつサンド、野菜サンド。

まずはたまごサンド。ゆでたまごのスライスだけでなく、潰してマヨネーズとあえたタマゴも挟んであり、2層になっています。ほんのり辛子もきいていて・・・う〜ん、いい仕事。野菜サンドは水分がパンにしみないように少しマーガリンがぬってあります。これぞまさしく、おかあさんの味!
IMG_1970.jpgIMG_1975.jpg

豚カツサンドはやわらかいロース肉で、ジャンクなソースとともに空腹を満たしてくれます。

エビカツサンドはエビカツが2つに割ってあるので途中で転がり落ちましたよ。
IMG_1978.jpgIMG_1980.jpg

プリプリした小エビの食感がいいですね。

パンの食感もふんわりとしていてなかなかでしたが、それよりもこの殺伐とした世の中で手作りの愛情スパイスたっぷりのサンドイッチが食べられるなんて・・・ああ心のオアシス。

仁方駅前にもかかわらずお店の周りは静かでのんびりとした雰囲気です。地元の方に長く愛されている「Yショップ したうね」の手作りサンド、ぜひ1度お試しあ〜れ。

Yショップ したうね
〒737-0152広島県呉市仁方本町2-11-10
営業時間:6:30〜15:00
定休日:毎月8日
駐車場:なし(店舗前の道は広い)
TEL:0823-79-1552
このページ最上段へ ▲
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。