広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
>>以前の記事 5件

「面館 府中店」の杯数限定ネギらーめん(東雲の本店から進化?変化?私はワイルドな本店派)

安芸郡府中町にある「面館(めんかん) 府中店」へ久しぶりに行ってきました。
IMG_0063.jpgIMG_0065.jpg

あれれ!?駐車場は3台だったっけ・・・いやいや、以前訪れた際は6台だったはずですが、何があったのかは知る由もありません。

過去の記事
期間限定!「面館(めんかん)府中店」のオリジナルメニュー「スタミナ黒らーめん」(マー油入り)

まずはベースとなる「らーめん」(細麺、650円)。ちなみに右の写真が南区東雲にある本店「らーめん」(細麺、630円)。
IMG_0077.jpgIMG_0136-300.jpg

ジーっ・・・いつものように本店との違いをチェックしてしまう貧乏性な私。

府中店ではチャーシューがやや薄く、上品な形にカットしてあります。一方、本店のチャーシューはで〜んと大きくて厚みもあり、ネギやもやしに隠れてしまっていても全く意に介していない様子です。肉1枚の中にも厚みに差があり、最近広島に進出してきた刀削麺(とうしょうめん)のみたい・・・というと過言です。

五色刀削麺(とうしょうめん)(375g)【アリサン】



スープの濁りも量もやはり東雲店の方が上かな。
IMG_0076.jpgIMG_0077.jpg

ゴツトツコツコツとした低加水の細麺は同じ。
IMG_0078.jpg

そして府中店オリジナルで杯数限定の「ネギらーめん」。
IMG_0082.jpgIMG_0086.jpg

「面館」名物のそぎ切りしたねぎが好きな方にはたまりませんね。チャーシューは少し小さいですが厚みがあります。

府中店の「らーめん」は総じて本店よりもお上品な方向へ進化しているようです。のれん分けされてから3年近くが経とうとしているのでやむを得ないのかもしれませんが、私の好みはやはり東雲ワイルドですね。

過去の記事
東雲店との違いは?「面館(めんかん)府中店」の「らーめん」(ソレイユの近くで日曜日も営業)

面館 府中店
〒735-0006広島県安芸郡府中町本町5-14-4
営業時間:昼11:30〜15:00、夜17:30〜19:45
定休日:なし
駐車場:あり(3台分)
TEL:082-282-5117
このページ最上段へ ▲

海田町「おおのさんちのたこ焼き」は地元の人気店!(カープソースたっぷりでトロ〜リ美味やで)

今日はなぁ、広島市安芸区海田町にある地元で人気のたこ焼き店「おおのさんちのたこ焼き」を紹介するで。
IMG_0143.jpgIMG_0140.jpg

うぬぬ・・・2014年4月の増税で価格が上がっとるそうやないか!マヨネーズ入りなどのトッピングもあるようやけど、経済的な事情でシンプルな「たこ焼き」(450円)をtake it out!& open!やで。
IMG_0144.jpgIMG_0146.jpg

上品な玉にはタイガースソース・・・ちゃう、カープソースたっぷりで、つやつやベッピンさんやで。
IMG_0148.jpgIMG_0156.jpg

銭貰うんやからタコにも仕事くらい入れなアカンっちゅうねん。

キャベツもぎょ〜さん入っとるが、本場大阪のたこ焼きにキャベツはご法度やで。たこ焼きの元祖はネギだけが入っとるもんやから、これは「キャベツ入りたこ焼き」いうのが筋や。
IMG_0157.jpg

ここは海田やから・・・ま、しゃ〜ないな。そない言うてもナカナカ旨いやないか。

ついでに言わしてもろたら、これが「PAKUPAKU」の100円たこ焼きや。安いだけにふてぶてしい感じがよ〜でとるわ。
IMG_2395.jpgIMG_2400.jpg

モチのロンちゃん、両者を比べるなんてナンセンス・・・アカンで!

過去の記事
100円でたこ焼き6個!「PAKUPAKU(パクパク)」(広島市内で食べられる激安3大グルメ)

ほな、さいなら!

おおのさんちのたこ焼き
〒739-0032広島県安芸郡海田町南幸町1−41
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月曜日、火曜日
駐車場:あり(店舗前に数台)
TEL:082-824-1050
このページ最上段へ ▲

中区「菊屋」のとんかつ定食は和豚もち豚を使用!(ロースかつにヒレかつ、串揚げが旨い!)

具体的には言及しませんが、あいも変わらず恐ろしい事件が続いていますね。そんな世の中に「か〜〜つっ!!!」

・・・というわけで、広島市中区の三越前パーキング近くにあるとんかつの名店「菊屋」のご紹介です。
IMG_0627.jpgIMG_0625.jpg

東広島市西条にあるとんかつ「一久」と同じく、ブランド豚「和豚もち豚」を使用されています。

過去の記事
とんかつ「一久」の「和豚もちぶたごくうまスペシャル定食」(東広島市西条 とんかつの有名店)
東広島市西条のとんかつ店「一久」 「和豚もちぶたごくうまロースかつ定食」(ブランド豚を使用)
「とんかつ一久」のロースカツサンドとヒレカツ巻きが絶品(東広島市西条の有名店でテイクアウト)

まずは「特上ロースかつ定食」(1350円)。
IMG_0660.jpgIMG_0669.jpg

大判のようなロースカツにごはんと香の物、そしてやや塩分が多めの豚汁。キャベツもごはんもおかわり自由です。

粗めの衣でサクサク感も抜群。
IMG_0663.jpgIMG_0667.jpg

思ったよりもしっかりと揚げてあるので、口の中に入れるや否や脂がジュワーっと広がります。和豚もち豚だけあって、おっさんの胃袋は食後もすっきり爽快。

お次は「ヒレかつ定食」(1500円)。ばくだんいわのような丸い塊4つをパカッ!
IMG_0652.jpgIMG_0657.jpg

断面を見ると至福のピンク色!肉質はキメが細かく、ブラボ〜!

最後は「菊屋定食」(串揚げ6本、1400円)。
IMG_0649.jpgIMG_0651.jpg

貝柱や海老などが職人技で上手に揚げられていますが、このお店に来たらやっぱり和豚もち豚づくしかな。

とんかつ 菊屋
〒730-0017広島県広島市中区鉄砲町7-7
営業時間:昼11:30〜14:00、夜18:00〜21:00
定休日:日曜日・祝日
駐車場:なし(近くに有料パーキング多数)
TEL:082-227-1235
このページ最上段へ ▲

真ダコ刺身は100gが98円でも絶品(中国と韓国に対する日本の風潮変化!?柔から剛へ)

ウクライナで起きたマレーシア機の撃墜事件、怖いですね。世界では領土をめぐる紛争が絶えませんが、最近の情勢を見ていると日本も他人事ではありません。

これまでの外交はのらりくらりと「柔よく剛を制す」というのが日本らしさでもあったのですが、いつまでも柔のままでは腹の虫が治まらないという国民の感情が政府をそのように動かしているのかもしれませんね。以前は庶民の間でも中国や韓国などを露骨に中傷するのは差別をしているような後ろめたさがあり、慎まなければならないというような風潮がありましたが、両国が多くのことを主張し始めた最近ではそのような風潮はなくなってしまいました。

ただ私自身、公の面前で中傷的で過激な発言をしたりインターネットに憎悪コメントを書き込んだりするのには違和感を覚えます。そのようなことをするよりも歴史をさらに学び、政治に自分の意見を反映させることにその労力を注ぐ方がより生産的ではないのかと思うのです。まあその上で我々にできることは1票の権利を行使することくらい(立候補という形で政治に参加することもできます)なのですが・・・。

もちろん今回の期限切れ肉問題などモラルのない国民性も日本と相容れない一因なのでしょうが、数千年の歴史を経て培われた価値観を彼らが否定するはずがありません。

その時代に応じて考え方が変化するのはやむを得えないのかもしれませんが、柔にとどまるのは今の時代に合っていないような気もしますし、剛に変わるほどの覚悟もないような・・・。いずれにしてもわが子たちのために平和で幸せな国「ニッポン」が末永く維持でき、国益が最大限得られるような落としどころがあれば良いですね。

・・・といった「のほほ〜ん」とした考えを持っていると侵略されるぞ!という方もおられるかもしれませんが、私1人が剛になることで侵略されないのであればいつでも喜んで極剛になります。子供の喧嘩のようにやり返したいがための情動的な発言やコメントといった安易な表出法ではなく、実効性のある手段を大局的に考える必要があるということなのです。

というわけで今回は、このタコっ!・・・いや「真ダコ」です。

今年の春は天然の桜鯛をよく食べましたが、天然鯛が少なくなる梅雨時期〜初夏にかけて安くて旨くなるのが「真ダコ」。わが家では100gが98円の時にはかならずタコを買うと決めていて、今シーズンも3回以上購入しています。
IMG_1274.jpgIMG_1276.jpg

しっかりと塩もみして丸ごと茹でるのは夫婦の共同作業です。

私はしっかり茹でたものが好きで、キュキュッと締まった歯ごたえがたまりません。
IMG_1529.jpgIMG_1278.jpg

もちろん旨みも抜群で、タコを食べきるまでの数日間は帰宅する楽しみがマシマシになりますよね。
IMG_1531.jpgIMG_1537.jpg

このページ最上段へ ▲

100円でたこ焼き6個!「PAKUPAKU(パクパク)」(広島市内で食べられる激安3大グルメ)

倉敷市の女児誘拐事件、無事に保護されて本当によかったです。子供を持つ親として、生きて帰ってきてくれたことは何物にも代えがたい喜びのはずです。犯人の身勝手な行動で被害女児の将来には様々な困難が生じることになるかもしれませんが、倉敷市のみなさん!ひっそりと受け入れてあげてくださいね。

というわけで、今回は倉敷市に本社のある「大黒天物産株式会社」の経営するディスカウントスーパー「ラ・ムー中野東店」の一角にある「PAKUPAKU(パクパク)」の100円たこ焼きのご紹介です。
IMG_2390.jpgIMG_2389.jpg

広島市内で食べられる激安3大グルメといえば、「あかつき」の100円うどん、「五洋売店」の220円自動販売機うどん、そして「PAKUPAKU」の100円たこ焼きと決まっています(勝手に)。

過去の記事
うどんの自動販売機!?220円の天ぷらうどん「五洋売店」(広島市南区出島で人気のうどん)
「100円うどん あかつき」は広島で最安!?(最高級メニューが180円!安い「天ぷらうどん」)

店先にはこのような発券機があり、1個、2個、3個、5個をまとめて購入できます。
IMG_2388.jpgIMG_2387.jpg

それにしても消費税が増税になった2014年4月以降も6個入りのたこ焼きを100円で売っているなんて、どうやって採算をとっているのでしょうか。たこ焼き器がカタカタと動き、たこ焼きが鉄板の上でクルクル回って焼けるので人件費が少なくて済むから!?とはいえ2名の店員が常駐しているし・・・。

どうせ私のように玉の小さなたこ焼きなのだろう・・・と思っていたら結構大玉!
IMG_2391.jpgIMG_2394.jpg

どうせ小麦粉の少ないベチャベチャのたこ焼きなのだろう・・と思っていたら、しっかりと小麦粉が入っているではありませんか!100円ですから小麦粉の産地など気にしてはなりません。

どうせタコは私の人間性と同じく極小なのだろう・・・と思っていたら、意外と普通のタコ。100円ですからタコの産地など気にしてはなりません。
IMG_2395.jpgIMG_2400.jpg

大黒天物産系のスーパーは南区宇品や呉市広にもあり、いずれでもこの100円たこ焼きを食べられるようです。このご時世、自分でたこ焼きを作っても100円におさめるのは難しいですし、100円の割にはボリュームがありますので、小腹が空いた際にはお試しを。

過去の記事
外カリ中とろの「たこ焼き」(「炎たこ」で広島ナンバーワン?の味)
イワタニ「炎たこ」で「たこ焼き」の感想(失敗しない作り方!?おすすめはガス熱源とラード!)

PAKUPAKU(パクパク)
〒739-0323広島県広島市安芸区中野東7-28-1(ラ・ムー中野東店の一角)
営業時間:10:00〜19:00
定休日:なし
駐車場:あり
TEL:082-892-9510
このページ最上段へ ▲
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。