広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
>>以前の記事 5件

東広島市黒瀬「龍王山総合公園」の大型遊具に竜王!?(子供も大興奮!2017年12月にオープン)

ロトの血を引く者が向かう場所・・・2017年12月に完成したばかりの東広島市黒瀬「龍王山(りゅうおうざん)総合公園」へやってきました。
IMG_6775.jpg

今回のメインターゲットは竜王・・・いや、冒険広場です。
 IMG_6761.jpg IMG_6762.jpg

【過去の記事】
「竜王公園」の遊具はチープだが駐車場がたっぷり(広島市西区からの夜景や桜の花見がおすすめ)

広島市西区の「竜王公園」のときと同様、暗い場所でもレミーラやたいまつなんて使う気はサラサラありませんでしたが・・・小春日和でお天道様がギラギラ且つメラメラ。
 IMG_6767.jpg IMG_6765.jpg

ネットって小さい子供にはハードルが高いんですよね。
IMG_6773.jpg

幼児〜低学年用の小さな遊具に・・・
 IMG_6774.jpg IMG_6764.jpg

定番のターザンロープ。

1〜3歳専用のスペースは柵でマホカンタされており、アバカムを覚える前の子供なら安心ですね。
 IMG_6754.jpg IMG_6756.jpg

龍王山の山頂までは険しい道のり・・・な〜んて、標高は240m。なだらかな坂道なので子供たちと一緒でも山頂の展望台まで10分ほど。疲れてもホイミ程度で大丈夫。

多種類の桜が植えられていて、もう数週間もするといい景色になりそうです。

道中でも黒瀬のパノラマビューを楽しむこともできます。帰りはもちろんひえんの術・・・いや、ルーラ!
IMG_6791.jpgIMG_6793.jpg

ヒャダルコな天候が続いたせいか、生態観察の森、昆虫の森では生物をほとんど見つけられませんでしたが、これから秋まではヘビやハチに注意!キアリー必須です。

遊具広場の横にある多目的広場には広いグラウンドもあり、最後は子供たちのカラーバット野球のお付き合い。大人の力を見せるべく全力投球してやりましたヨ。

帰りの車中でラリホーから覚めた子供たちはまた遊びたい!の一点張りでしたが、アストロンで受け流しました。

龍王山総合公園
〒739-2612広島県東広島市黒瀬町丸山1618-1
駐車場:あり(第一駐車場50台以上、第2駐車場もあり)
このページ最上段へ ▲

温井ダムの子供広場にある大型遊具(駐車場無料!ダム放流イベント日の遊び場としておすすめ)

温井ダムの放流イベントを見学した後は、子供たちの大好きな大型遊具のある子供広場へ。
IMG_4435.jpgIMG_4463.jpg

過去の記事
「温井ダム」の放流イベントを下から見るならトイレに注意!(西日本No.1の高さからジョ〜)

山の上の方にあるのでダムから歩いていくと10分くらいかかります。遊具のすぐ近くには広い駐車場があるので、混み合うイベント日以外は車で行くのがおすすめです。

ネットをよじ登ることができるくらいの年齢の子供が対象で、3つのコンクリート製の建物から成っています。
IMG_4495.jpgIMG_4501.jpg

1番大きい建物がこちら。高さはありますが、柵がしっかりとついています。

この乾燥した時期、静電気がバチバチになるタイプの滑り台。滑った直後の子供にうかつに触ると電撃ホネホネロックです。
IMG_4511.jpgIMG_4499.jpg

やはりおすすめは小さい建物にあるローラー滑り台。

2つの小さい建物の間はネット製の橋でつながっています。
IMG_4493.jpgIMG_4484.jpg

わが家の子供たちも恐々ながら渡ることができるようになり、成長をしみじみと感じる今日この頃です。

思ったよりもこぢんまりとした公園ですが、温井ダムの放流や神楽イベントと合わせて子供たちにとって十分に楽しむことのできる1日でした。

【楽天】            【Amazon】

家族で遊ぼう!おでかけBOOK 山陽・山陰 2014

新品価格
¥905から



温井ダム(子供広場)
〒731-3501広島県山県郡安芸太田町大字加計1956-2
駐車場:あり(無料)
TEL:0826-22-1501(温井ダム管理所)
HP(放流スケジュールもあります):http://www.cgr.mlit.go.jp/nukui/
このページ最上段へ ▲

「温井ダム」の放流イベントを下から見るならトイレに注意!(西日本No.1の高さからジョ〜)

先日2014年10月19日、西日本でナンバーワンの高さを誇るアーチ式ダム「温井ダム」に行ってきました。

目的は15分間のダム放流イベントです。この日は温井ダム周辺で「龍姫湖(りゅうきこ)まつり」が開催されていて、その目玉イベントとしてダム放流が行われるのです。
IMG_4425.jpgIMG_4426.jpg

上から見おろすと想像以上の高さにビックリ。放流前なので下にある「思い出広場」はたくさんの人でにぎわっているのが見えます。

放流予定の12時30分になり、いよいよ放流の開始!わぁ〜〜〜という歓声があがります。
IMG_4432.jpgIMG_4448.jpg

下方にある展望スペース「思い出広場」ではどうやら地面が濡れているようです。下から放流を見るのであればずぶ濡れ覚悟ですね。

ガリバーになって立小便をしているような感覚・・・男性ならわかるはず?
IMG_4443.jpg

さあ下の「思い出広場」に行ってみましょう。おりる方法は2つあります。

まずはこちらの長〜い「しわい階段」をおりる方法。インドア派で体力のない私は即却下。
IMG_4428.jpgIMG_4428-2.jpg

ちなみに「しわい」というのは「つらい」とか「かたい」という方言だそうですが、私はこの言葉を使ったことはありません。

もう1つは管理棟にあるエレベーターに乗る方法。ふふふ、これは楽チンで良いですな。
IMG_4450.jpgIMG_4456.jpg

ひんやりとした空気のトンネルを200mほどすすむと、素晴らしい景色がひろがります。
IMG_4463.jpg

あそこから水が出てくるのか〜、と緑色の車輪のような放流ゲートを見てみると、すぐ横に人影が・・・危ないっっっ!!!
IMG_4459.jpgIMG_4462.jpg

な〜んて、これはダムの規模を実感するために置かれた身長170pの人形、治水太郎くんなのです。

下から放流を見れば迫力があるのは間違いないのですが、子供連れで「思い出広場」から放流を見るには致命的な問題点があります。

それはトイレがないこと。トイレを催すとトンネルを戻りエレベーターで管理棟まで上がらなければならないのですが、混み合っているのでこのエレベーターに乗るのに30分以上待たなくてはなりません。もしくは「しわい階段」を全速力で駆け上がれば良いのですが、どちらにしてもこれぞまさしく「しわいタイム」。臨時の簡易トイレでもあれば良いのですが。

放流を楽しんだ後は、まつりのメイン会場へ。ダムからは離れているので無料の巡回バスで行きました。
IMG_4514.jpgIMG_4539.jpg

ちょうど神楽「八岐大蛇(やまたのおろち)」を上演中で、我が家の子供たちは怖がりながらも興味津々。悪い子は蛇に食べられるから言う事を聞かないといけないのだよ、と言い聞かせシメシメと思っていたら、終演後に大蛇の下から演じている人の足がひょっこりと丸見えに。

「あ〜!足が見えたからこれは人が入って動かしているよ!」・・・だって。私がそんなもの見えなかったと言い張っても後のまつり。おいおい、夢をなくすなよ〜。

「龍姫湖まつり」には初めて行きましたが、思った以上に人が多くて驚きました。無料の巡回バスはすぐに定員いっぱいになるし、運行間隔も微妙に長いし、子供連れには少し「しわい」ですね。

駐車場も無料なのは良いのですが、メイン会場近くやダム近くの駐車場は午前11時ころにはすでに満車で、かなり離れた温井スプリングス近くの駐車場に停めなければなりませんでした。放流イベントがある時は早めに来ることをおすすめします。

温井ダム
〒731-3501広島県山県郡安芸太田町大字加計1956-2
駐車場:あり(無料)
TEL:0826-22-1501(温井ダム管理所)
HP(放流スケジュールもあります):http://www.cgr.mlit.go.jp/nukui/

このページ最上段へ ▲

志賀島名物「サザエ丼」をマリンワールド海の中道で食べた(イルカのショーにパノラマ水槽)

家族サービスのためにはるばる福岡へ。目的は「マリンワールド海の中道」。
IMG_3646.jpgIMG_3641.jpg

イルカのオブジェに子供たちは大興奮。

入場するや否や、1日に5回催されるイルカのショーへダッシュ!
IMG_2933.jpgIMG_2936.jpg

開始15分前には観客席もかなり埋まってきています。

イルカやクジラジャンプもすごいのですが、わが家の子供たちはなぜかアシカのコミカルな動きに大爆笑。
IMG_2957.jpgIMG_3719.jpg

ショーを堪能した後はそばにあるレストランでツブツブアイスを購入。
IMG_2941.jpgIMG_2942.jpg

う〜ん、ケミカル!子供にはほとんど食べさせず、大人で処理しました。

イルカショー会場にある観客席の下にはレストラン(マリンワールドレストラン)があります。
IMG_2955.jpgIMG_3691.jpg

水中ショーを楽しみながらの食事は子供たちにとって忘れられない思い出になりました。

志賀島名物である「サザエ丼」。
IMG_3667.jpgIMG_3669.jpg

これはなかなか。

「お子様ランチ(パスタ)」に「わかめうどん」。
IMG_3660.jpgIMG_3657.jpg

味は記憶にございません。

水槽にはフエダイなどが泳ぎ廻っています。
IMG_2939.jpgIMG_2950.jpg

パノラマ水槽は大迫力で、まるで魚たちが空を飛んでいるようです。

隣には海の中道海浜公園があり、ワンダーワールドやサンシャインプールなどで遊ぶこともできます。1日かかっても遊びきれない子供たちの楽園、海の中道エリア・・・福岡県に来た際には必訪ですね。

マリンワールド海の中道
〒831-0321福岡県福岡市東区西戸崎18-28
営業時間:時期により異なる
定休日:なし
駐車場:あり(有料:普通車520円/日)
TEL:092-603-0400
HP:http://www.marine-world.co.jp/index.html
このページ最上段へ ▲

大崎下島「豊町七夕納涼祭」の花火大会(駐車場は無料でイベント会場横!トイレ完備)

先週の土曜日、大崎下島で開催された「豊町七夕納涼祭」へ初めて行ってきました。今年で何と31回目だそうです。目的はもちろん打ち上げ花火。
IMG_2692.jpgIMG_2677.jpg

本当は宮島や宇品のように大きな花火大会行きたいのですが、あまりの人混みに子供連れの我々にはハードルが高すぎます。人出が少なそうで、会場付近に無料駐車場がある花火大会をいろいろと探し、ようやく見つけたのがこの「豊町七夕納涼祭」なのです。ちなみに同じ日には呉海上花火大会もあったのですが、そのような事情で華麗にスルー。

駐車場はイベント会場横に200台分、会場から歩いて7分ほどのところにも200台分あります。屋台がオープンする17時頃に到着したところ、会場横の駐車場に停めることができました。

屋台はシャボン玉まみれのクマさんがお出迎え。いいですね、この手作り感。豊町の商工会青年部が企画・運営されているようです。
IMG_2679.jpgIMG_2672.jpg

ステージ前はすべてアリーナ席で、しかもオレンジ色の座席つき!広島県人であればだれでも知っている「大長みかん」が特産品である豊町ならではの粋な計らいですね。

広島テレビで放送されている「大ちゃんの釣りにいこう」でおなじみ、岡田大輔さんの華麗なるお客さんいじりや歌謡ショーを楽しみつつ花火を待ちます。
IMG_2706.jpgIMG_2725.jpg

屋台をぶらぶら、「ゆたか海の駅とびしま館」内の名産品売り場をうろうろ。カップいっぱいの唐揚げやエビ天入り巻き寿司が300円と破格です。串に刺された生肉と野菜が500円で、外にあるバーベキューで焼いて食べられるそうです。
IMG_2722.jpgIMG_2671.jpg

花火鑑賞のベストスポットは小長港フェリーターミナル。打ち上げ場所は海上の黒い船で、花火の筒がみえるくらい間近な距離にあります。
IMG_2668.jpgIMG_2704.jpg

ゴザの上で寝っころがってのんびりと待っている方も。
IMG_2669.jpgIMG_2670.jpg

途中、大雨にも見舞われましたが、打ち上げ開始の20時30分になると小雨になり予定通りスタート。
IMG_2729.jpgIMG_2732.jpg

1700発と規模は小さいのですが、打ち上げ場所が近い分小さな花火でも迫力満点。トイレもすぐ近くにあり、小さな子供連れでものんびりと安心して楽しむことのできる、地元感たっぷりなお祭りでした。

わが家から下蒲刈島や県民の浜のある上蒲刈島、大崎下島まで50km〜60kmとドライブには最適なのですが、安芸灘大橋を渡るのに片道720円(往復で1440円)かかります。もう少し安くなればなぁ・・・と思うのは私だけでしょうか。
IMG_2656.jpgIMG_2659.jpg

家に着いたのが23時前。親子ともどもヘトヘトながら真夏の醍醐味を満喫でき、大満足でした。
このページ最上段へ ▲
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。