HOME > 広島市中区グルメ > 広島つけ麺「辛路」はコスパ最高!(原田製麺のコシのある麺に鰹と昆布の旨み、中区舟入幸町)

広告

posted by fanblog

広島つけ麺「辛路」はコスパ最高!(原田製麺のコシのある麺に鰹と昆布の旨み、中区舟入幸町)

スポンサードリンク



イスラム国の蛮行には言葉も出ません。今回犠牲となったお二人に、謹んで哀悼の意を表します。

彼らの思想をメジャー化することが最大の目的なのでしょうが、それが不可能なのはアウシュビッツ収容所を作ったヒトラーなど、過去の歴史を見ても明らかです。彼らに幸せが訪れることはないでしょう。

今回は広島市中区舟入幸町にある「つけ麺 辛路(からじ)」のご紹介です。すぐ近くには汁なし担々麺も名店「きさく」があり、広島空港などにチェーン展開しているつけ麺店「辛部(からぶ)」とは違いますのでご注意を。
IMG_5540.jpgIMG_5574.jpg

こちらが持ち帰り用の「つけ麺」 (並盛600円+容器代100円)。

広島つけ麺といえば一般に汁なし担々麺よりも割高な印象を受けますが、このお店では並盛が600円とリーズナブルな価格で提供されています。ちなみに麺が0.5玉増しの大盛は700円、1玉増しの特盛は800円になります。キャベツにチャーシュー、細く刻んだ青ねぎとキュウリ、ゴマも付いています。う〜ん、原田製麺の生麺が艶めかしい。

盛り付けるとこんな感じ。新華園ほどのボリュームではありませんが、これが600円なら大満足です。
IMG_5576.jpgIMG_5578.jpg

つけだれの辛さは1倍〜10倍まで選ぶことができ、1倍が普通だそうです。辛さ耐性の上がってきているアブノーマルな私は5倍にしました。
IMG_5580.jpgIMG_5584.jpg

つけだれをたっぷりつけて・・・お〜きたきた。ラー油の辛さでガツンと先制パンチ、そのあとに鰹節と昆布の旨みがじんわりと広がります。もちろん原田製麺はむっちりとしたコシがあり、安心の美味しさ。

チャーシューは赤身主体のものですが、旨みがしっかり。

銀山町にも支店があり、広島でも随一のコスパで旨いつけ麺を食べられるお店が末永く続いてくれることを期待します。

ちなみにこれが「新華園 河原町本店」の冷麺。値段が違いますから単純に比較はできません。
IMG_4666.jpgIMG_4685.jpg

実は最近、お気に入りのつけだれレシピを発見したので、自宅つけ麺がマイブームです。某メーカーから販売されている「広島つけ麺のたれ」とは比べようもなく美味しくできるようになりました。磯野製麺や原田製麺の製麺所で生麺を購入すると1玉60円ちょっとですから、つけ麺好きの方にはおすすめですよ。

【楽天】

つけ麺 辛路(からじ)
〒730-0844広島県広島市中区舟入幸町20-17
営業時間:昼11:30〜14:30、夜18:00〜22:00
定休日:水曜日
駐車場:なし(近くに有料パーキング多数)
TEL:082-294-1351



中国地方食べ歩き おすすめのブログ集
にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ
中国地方食べ歩き

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://fanblogs.jp/tb/3241826

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

是非つけだれのレシピを教えてください!
ハル|2015年02月10日(Tue) 01:32
   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。