HOME > 呉市グルメ > 「メロンパン 本店」の「牛カツサンド」と「ナナパン」と「こしあんパン」(呉市の老舗で懐かしい味)

広告

posted by fanblog

「メロンパン 本店」の「牛カツサンド」と「ナナパン」と「こしあんパン」(呉市の老舗で懐かしい味)

スポンサードリンク



昨日に引き続き、メロン色の建物「メロンパン 本店」のパンをご紹介します。

昨日の記事
・呉市の有名店「メロンパン 本店」の「メロンパン」と「嵯峨の小倉庵」(クリームとあんがぎっしり)
IMG_7628.jpgIMG_7622.jpg

まずは「牛カツサンド」(262円)です。
IMG_7920.jpgIMG_7922.jpg

食パンはしっとりとしていて濃厚なソースで味付けされた牛肉がみっしりと挟まれています。
IMG_0383.jpgIMG_0385.jpg

ちょっと失礼っと・・・牛肉は干し肉を戻したものを揚げたような食感です。
IMG_0395.jpg

次は「ナナパン」(147円)です。キュートな名前ですが「高級パン」という表現に昭和を感じます。
IMG_7634.jpg

IMG_7637.jpg

先日の記事でご紹介した「メロンパン」同様、表面は薄いビスケット生地で覆われています。
IMG_7657.jpg

そしてナナなんと、この「ナナパン」には板状のチョコレートがでーんと入っているのです。
IMG_7653.jpg

ザ・菓子パンという感じですが、個人的にはメロンパンよりもこちらの方が好きかもしれません。

最後に「スペシャルこしあんパン」(136円)です。ここにも「メロンパン謹製」というノスタルジックな表現を発見。
IMG_7640.jpgIMG_7642.jpg

パン屋さんだけあって生地は柔らかくしっとりとしていて美味です。
IMG_7660.jpg

甘めのこしあんがたっぷりと使われています。生地の芳醇な香りがたまりません。
IMG_7662.jpg

消費期限は総菜パンである「牛カツサンド」のみ当日夜まででしたが、その他のパンは購入日を含めて4日間でした。

王道の「メロンパン」や「嵯峨の小倉庵」、人気の「牛カツサンド」は必食ですが、お店には他にもたくさんの種類の菓子パン・総菜パンがあります。昔ながらの店構えですが、あまりのパンの多さにわくわくするお店ですので呉にいかれた際にはぜひ訪ねてみてください。

メロンパン 本店
〒737-0045広島県呉市本通7丁目14-1
営業時間:5:00〜17:00
定休日:日曜日
駐車場:あり
TEL:0823-21-1373



中国地方食べ歩き おすすめのブログ集
にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ
中国地方食べ歩き

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://fanblogs.jp/tb/1639019

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。