HOME > 呉市グルメ > 呉市の有名店「メロンパン 本店」の「メロンパン」と「嵯峨の小倉庵」(クリームとあんがぎっしり)

広告

posted by fanblog

呉市の有名店「メロンパン 本店」の「メロンパン」と「嵯峨の小倉庵」(クリームとあんがぎっしり)

スポンサードリンク



呉市にある、緑色というかメロン色で縦長の建物。
IMG_7625.jpg

一見すると怪しい建物なのですが呉市では誰もが良く知るお店で、全国区の番組でも取り上げられたことのある有名店なのです。その名は「メロンパン」。ややこしいですが、店名が「メロンパン」で、ここは本店になります。中通には中通り店もあり、以前はそごう呉にも支店があったのですが、そごうなき今はゆめタウン呉に移ったそうです。広島市内でも福屋八丁堀店で購入することができます。
IMG_7629.jpg

そしてこれが「メロンパン」の「メロンパン」(158円)です。
IMG_7929.jpg

ラグビーボールのような見た目で、厚みのある大きなパンです。
IMG_7932.jpgIMG_7933.jpg

表面は甘いビスケット生地でコーティングされています。
IMG_0399.jpg

どろりとしたカスタードクリームがどっさりと入っています。甘みが強く、少し粉っぽくてどこか懐かしい味です。普通に思い浮かべるカスタードクリームとは全く異なり、少しサワー感のある白あんのような味とでもいいましょうか。
IMG_0400.jpg

メロンパンとはちがうぢゃないかと思われた方、ごもっともです。しかし呉ではこれが「メロンパン」なのです。いわゆるわれわれ俗人の“メロンパン”はこのお店では「コッペパン」として売られています。あ〜ややこしや〜。

「嵯峨の小倉庵」(230円)です。「嵯峨」という漢字は袋ではいずれも「王へん」になっていますが、レシートには「山へん」になっていたのでどちらでもよいのでしょう。
IMG_7923.jpgIMG_7928.jpg

袋の上からもむっちりと厚みがあるのがよくわかります。

パンはしっとりとしていて食べやすく、甘めのつぶあんがこれでもかという程ぎっしりです。
IMG_0411.jpg

IMG_0418.jpg

いずれも消費期限は購入日を含めて4日間でした。

今回紹介した「メロンパン」や「嵯峨の小倉庵」、「牛カツサンド」などの人気の商品は早くに売り切れますが、13時〜14時頃には追加で焼いたものが出てくるようです。16時くらいには閉店してしまうことも多いようですので、時間を考えて行かれた方が良いと思います。

明日は「牛カツサンド」、「ナナパン」、「スペシャルこしあんパン」をご紹介します。
・「メロンパン 本店」の「牛カツサンド」と「ナナパン」と「こしあんパン」(呉市の老舗で懐かしい味)

メロンパン 本店
〒737-0045広島県呉市本通7丁目14-1
営業時間:5:00〜17:00
定休日:日曜日
駐車場:あり
TEL:0823-21-1373



中国地方食べ歩き おすすめのブログ集
にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ
中国地方食べ歩き

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://fanblogs.jp/tb/1639018

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。