>>以前の記事 5件

「ミシュランガイド広島2013特別版」と「ミシュランガイド福岡・佐賀2014特別版」


目私の掲載店予想
ミシュランガイド広島2013星予想 (鮨(すし)、イタリア料理、フランス料理、お好み焼き?)


手(チョキ)掲載店予想の結果(掲載店一覧)
発表!「ミシュランガイド広島2013特別版」の掲載店inブログ内(星獲得の予想は・・・難しい)


黒ハート「ミシュランガイド広島2013特別版」に対する私の感想
「ミシュランガイド広島」掲載店一覧の感想コメント(星獲得店の今後は?2014年版発売!?)


ひらめき「ミシュランガイド福岡・佐賀2014特別版」の掲載店予想
ミシュランガイド福岡・佐賀の掲載店予想と結果(鮨に焼肉、ラーメン、明太子、呼子の活イカ?)


広島市西区「茶や」の韓国定食はアキレススープがおすすめ(庚午で有名な人気韓国料理店)

広島市西区庚午にある人気の韓国料理店「茶や」のご紹介です。

営業日や定休日がわかりにくいなんて言ってはいけません。

人気のランチメニューは「韓国定食」(1080円)です。たしか、平日限定だったような・・・。

「韓国定食」のメインメニューは、アキレススープ、ホルモンポックン、タコポックン、豆腐チゲ、キムチチゲ、焼肉の中から1つ選ぶことができます。

寒い日が続きますので、選んだのは「アキレススープ」。

トロトロスープはコラーゲンたっぷり。ぬちゃぬちゃした歯ごたえのアキレスの旨みがスープ全体に広がっています。スプーンで一心不乱にすするため、口の周りはねっちゃねちゃです。思った以上に胡椒がきいていますがそれがまたよろし。

定食なので、はじめに小皿が3つとご飯がつきます。この日は豚タンを使った1品と、漬物、キムチ。

キムチは酸味の効いた熟成されたもので私の好みにぴったりです。以前食べたキムチチゲも絶品でした。

もう一つの人気メニューであるホルモンポックンは、脂プリプリのホルモンが甘めの味噌で味付けされており、ご飯にはぴったりです。ボリュームもたっぷりでしたが、最後には少し飽きがきてしまいました。

私のおすすめは・・・やはりアキレススープですね。

*2012年には2号店の「茶や.2(チャヤツー)」が中区流川にオープンしています。

茶や
〒733-0822広島県広島市西区庚午1-4-45
営業時間:昼11:30〜14:30、夜17:00〜22:00
定休日:第1・第3日曜日・月曜日
駐車場:あり(お店の前に2台分)
TEL:082-271-1543

「乃が美」v.s.「一本堂」広島の食パン専門店を比較(行列のできる2大有名店舗が広島に!)

大阪発の高級食パン専門店「乃が美(のがみ)」と「一本堂(いっぽんどう)」が広島に進出してきました。

中区大手町で2015年8月にオープンされたのが「乃が美 はなれ 広島店」、南区段原で2016年11月にオープンされたのが「一本堂 広島店」になります。両者を食べ比べてみました。

まずは「乃が美 はなれ 広島店」。今でも連日行列のできる人気店ですね。

マガジンハウスの「&premium」で「日本のおいしい食パン10本」の1つに選ばれています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

& Premium特別編集 おいしいパン案内。
価格:1296円(税込、送料無料)



「生」!?食パンなるブランドを全国に広めるきっかけとなった「乃が美」ですが、実は大阪プロレスの会長でもある坂上雄司さんが手がけるグループで2014年10月に大阪の1号店がオープンしています。

後述する「一本堂」の1号店も大阪発ですが、2013年3月にオープンしていますから、高級食パンの元祖は後者ということでしょうか。

ドナドナの仔牛のごとく、店内にずらりと並ぶ予約パンたち。

2斤で税込864円とかなり強気なお値段ですが、私も1つお持ち帰りです。

卵不使用で、カナダ産小麦粉にマーガリン、バターでしっとりと仕上がっています。蜂蜜を練りこんであるのでほんのり甘いのが特徴です。1斤あたり400円を超えるなんて、庶民の私には毎日食べられるようなシロモノではありませぬ。

一方、「一本堂(いっぽんどう)」は谷舗治也さんが大阪で開業された食パン専門店です。全国に続々とフランチャイズ展開する中、2016年11月に「一本堂 広島店」が広島市南区段原にオープンしました。

メインはカナダ産の小麦粉を使った260円のプレーン。

同じくカナダ産の小麦粉ですが生地量が多くて緻密な「たから」(税込340円)や、国産小麦粉「ゆめちから」を石臼挽きした「ゆたか」(税込360円)もあります。国産小麦はパンに向いていないといわれますがそのお味はいかがなのでしょうか。

焼きたてアツアツのパンをカイロ代わりに帰宅。

フワフワなので抱きしめすぎると潰れてしまうので要注意です。

生でいただくともっちり美味で、耳までしっとり。

シンプルながら毎日食べても飽きの来ない味です。来店するお客さんを優先する趣旨から、ここ段原店では当日の予約はできないようです(前日までの予約なら可)。

「乃が美」と「一本堂」はいずれも大阪発の高級食パン店ですが、関西はパンの消費金額が多いことで知られます。

広島市も政令指定都市で9位ですから、続々と新規パン店がオープンしているのも納得ですね。

開業時期から判断すると「一本堂」が先輩ですが、マーケティングで「乃が美」が業界を先導したという意味ではおあいこです。ただ1斤に400円以上というのは小市民には酷っちゅうものです。

やはり私は1斤260円の「一本堂」をおすすめしますね。オーナの谷舗さんは経営コンサルティングもきっちりとされているようですし、これからフランチャイズ展開がさらに進むかもしれません。

乃が美(のがみ) はなれ 広島店
〒730-0051広島県広島市中区大手町1-4-14
営業時間:10:30〜18:00
定休日:月曜日
駐車場:なし(近くに有料パーキング多数)
TEL:082-241-3016

一本堂(いっぽんどう) 広島店
〒732-0811広島県広島市南区段原4-4-12
営業時間:9:00〜19:00
定休日:不定休
駐車場:なし(近くに有料パーキングあり)
TEL:082-567-2007

広島市「トルヴェ(TROUVER)」のメガ肉サンドイッチ(西区観音新町にオープンしたパン店)

昨年2016年12月に西区観音新町にオープンしたばかりながら大人気のパン屋さん「トルヴェ(TROUVER)」へ初訪です。場所は広島総合グランド入口の近くになります。

京都で有名なパン店「ル・プチメック」で修業をされた方がオープンされたお店になります。「トルベ」でも「ベルト」でもありません。


余談ですが、「トルヴェ」の生みの親ともいえる!?「ル・プチメック」の西山逸成オーナーは池田浩明さんとともに「空想サンドウィッチュリー」なるプロジェクトを行っています。世界中に出かけ、ダンボールで作った屋台でその土地ならではのサンドイッチお弁当を作り、写真に収める、というものです。美的センスのない私にはどう評価してよいのやらわかりませんが。

さて、店内には色とりどりのパンが並べられています。なんといっても、おすすめはもちろん・・・

そう、店名の入った「トルヴェ(TROUVER)バーガー」(税込320円)。肉好きなアナタに・・・なんてそそられる謳い文句なのでしょう。

パンは店員さんがとってくれて、紙袋にいれてくれる・・・パンへの愛情がよくあらわれています。ハード系のパンも量り売りしてくれるのは珍しいですね。

御開帳〜!テイクアウトから時間がたっているので見た目を気にしてはいけません。

一心不乱にガブリエル!

外はしっかりと火の通ったハンバーグで、中のレア部分はねっとり美味です。320円でこれだけ肉厚なハンバーグをいただけるなんて・・・必食ですぞ!

トルヴェ(TROUVER)
〒733-0036広島県広島市西区観音新町2-2-10【地図
営業時間:7:00〜17:30、土日は9:00〜17:30
定休日:火曜日
駐車場:なし(近くに有料パーキングあり)
TEL:082-296-1040

「パン屋航路」2号店が広島市に!ベーグルがモチモチ(尾道で有名なパン屋にプラトニックラブ)

尾道でベーグルが有名なお店といえば「パン屋航路」。その2号店が昨年2016年11月に広島市中区にできたと聞き、或る朝に「ワイルドマンベーグル(Wildman Bagel)」へ行くことにしました。

場所はアステールプラザの近くというか、平和記念公園の近くというか・・・。正義派の私は広島市文化交流会館(旧厚生年金会館)の裏にある路上駐車許可地域(無料)に車を停めたいがため、胃に穴があくのではないかと思うくらい四苦八苦して縦列駐車し、お店に向かいました。

開店直後ということで、15種類ものベーグルを前にして痴情におぼれる私。しかし予算は限られますので、ショーケースを穴があくほど眺めたのちに、泣く泣く厳選しました。

「プレーンベーグル」(180円)、「セサミオニオンベーグル」(230円)、そして「スモーキーチーズベーグル」(300円)。ベーグルに穴!?駐車に苦労したりショーケースを眺めたりしたからではありませんよ。

表面にカリカリチーズがまぶしてあり、美味しそう。思った以上にベーグルが大きいですね。

皮は薄く中はもっちもちの食感で、小片でもしっかりと噛みしめることができます。プレーンは小麦の香りと旨み、セサミはごまの風味がとても感じられました。

中にはスモークチーズ入りの穴が!う〜ん、入りたい・・・小僧にはプチ贅沢の300円ですが、燻製には手間がかかりますし、神様許して!


志賀直哉さん


香炉 約1700万円


ワイルドマンベーグル(Wildman Bagel)
〒730-0811広島県広島市中区中島町9-29
営業時間:昼10:00〜18:00(売り切れ次第閉店)
定休日:木曜日・金曜日
駐車場:なし(近くに有料パーキングあり)
TEL:082-567-5469

「天狗家食堂」でエビ天丼とアサリたっぷり貝汁(広島中央卸売市場で揚げたてサクサクのランチ)

つゆだくエビ天丼と貝汁で有名な老舗「天狗家食堂」のある西区草津港の広島中央卸売市場へ。市場初心者の一般人でも守衛さんに「食事で云々・・・」と声をかければ市場内に入れてもらえます。ちなみに、デンデンではありません。

いくらでもある空いたスペースに車を停めて、関連棟内へ。

昭和レトロなこの雰囲気がたまりません。

ご年配のご主人と奥さん?ソプラノ声が素敵です。

ここに来たからにはもちろん、天丼(680円)と貝汁(200円)を注文です。


エビ天ぷらは注文してから揚げるのでサクサク。つゆだくでジュワーっと絶妙な食感です。

濃いめの味付けでご飯がすすみます。

特筆すべきは貝汁!砂ぬきが完璧で、丁寧なお仕事に感動いたしました。

200円でこれだけのアサリが入っているわけですから、旨みがでていて当然です。

市場で働く方々のために黙々と尽力されるお二人に、職人としての誇りが感じられますので未食の方は是非!

天狗家食堂
〒733-0832広島県広島市西区草津港1-8-1
営業時間:5:00〜13:00
定休日:日曜日、広島中央卸売市場が休みになる水曜日
駐車場:あり(関連棟近くに広大な駐車スペースあり)
TEL:082-279-2681
,