広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

鬼京ヒロシ
                    鬼京ヒロシ 本人によるブログ。  ペンネーム=トランプヒロシ(とらんぷヒロシ) =湖路斗ヒロ など。知る人ぞ知る、 元ウラ社会の   作家でトランプディーラー でもある へんな人ですが ヨロシクにゃ!! FC2小説【ホラー/オカルト】   【ファンタジー】などに掲載中。   興味がある方は           リンク集からどうぞ。
最新記事
リンク集
<< 2009年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2008年11月26日 Posted by 鬼京ヒロシ at 18:43 | 侍ジャパン | この記事のURL
あなたにもサムライの血が・・・
 士農工商の時代・・・

文字どおり武士(もののふ)=の天下でした。
「○○の商人の娘は器量よし」
「○○の百姓の娘はベッピンだ」などの噂が広まれば
「我先に」と“女好きの侍”たちが競って誰かがものにしたため、
その時代では“隠し子騒動”なんか珍しくありません。

 わかりやすく言うと・・・
商人や百姓の娘でも「侍の子」を授かることがよくありました(美人ほど)。
しかし、結婚できない場合も多かったわけです。
そこで、生まれた子を商人または百姓の子として育てたため、
商人・職人・百姓の家柄でも、いつのまにか侍の血が混ざることは珍しくなかったのです。

「ウチは商人の血筋だから・・・」「百姓だから侍の血筋ではない・・・」という人がいますが、
実は日本人の大半は侍の血をひいているわけで、純血を探すほうが困難という説もあるほどです。

 純血は稀としても、もともと侍の血筋の人は
やっぱり、その血が濃いようですが・・・  



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。