2017年05月02日

アリのレスキュー隊

 シャツのボタンがとれたので、針糸で直そうとしたおじいさんでしたが、目が悪くって糸がなかなか通らないのです。
「だめだ、いくらやっても通らない」
そのうち、頭がくらくらしてきました。
「そうだ、虫メガネはどこだったかな」
机の引き出しを開くと入っていました。
 片手に虫メガネと針を持って、糸を通すことにしました。でも部屋の中は暗くていくらやっても通りません。
「明るいところでやらないとだめだ」
 おじいさんは庭に出てしゃがんでやりました。
 さっきよりも穴が大きく見えて、糸も通りそうです。でもなかなか通りません。
そのとき、巨大なアリが目の前に現れました。
「わあ、」
そのはずです、レンズで写ってるアリですから。
「どうしましたか」
 アリはレスキュー隊の隊員でした。
「針に糸が通らないので困っている」
「わかりました、すぐにやりましょう」
アリは、糸を掴むと、針穴にじょうずに通してくれました。
「よかった、ありがとう」
お礼に砂糖をアリにやりました。 
 ある日、トゲが刺さっておじいさんは困りました。
「トゲが小さくて抜けない、どうしよう、そうだ」
庭に出て、アリのレスキュー隊をさがしました。
 しばらくして、草の中からアリが出てきました。
「どうしましたか」
「トゲが刺さって抜けないので困っている」
「じゃあ、やってみましょう」
 アリはおじいさんの指先にちょこんと乗ると、ぐいぐいトゲをひっぱりました。
 グニュグニュ、グニュグニュ、
でも、皮膚にしっかり刺さっているので、容易に抜けません。
 アリは携帯で、たくさん仲間を集めました。
そしてみんなでやりました。
グニュグニュ、グニュグニュ、スッポーーンと大きな音がしてトゲは無事に抜けました。
「よかった」
 お礼に、おじいさんはハチミツをスプーンに入れてアリたちにやりました。

illustrain10-saihou01.png


lgi01a201310200800.jpg


(未発表童話です)

岩永博史(ひろくん)You Tibeチャンネルコチラ



ファン
検索
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タイムマシンにのって by 海月です (05/23)
アコーディオン物語 by 海月です (01/22)
ゆうれいパトカー by 海月です (11/15)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
童話(99)
プロフィール
さんの画像

童話の創作とマンドリンを弾くのが趣味です。前橋市のマンドリンクラブに所属しています。
プロフィール