HOME > その他(金融以外) > 奨学金と国の教育ローンとの違いとは?

奨学金と国の教育ローンとの違いとは?

最近、「奨学金」を返済できずに自己破産する学生が増加している、というニュースを耳にします。


現在では大学生の2人に1人は奨学金を利用していますが、子供を持つ親の中にも奨学金のことを理解できていない人が少なくありません。


また、教育資金としては国からの「教育ローン」もあり、どちらを利用した方が良いのか、事前に確認しておく必要があります。

●奨学金
奨学金というのは、能力のある学生や、進学意欲がありながら家庭の経済事情などで修学が困難である学生を対象に、国や関連機関などから学費として毎月、一定の金額が給付または貸与されるものです。

●奨学金の種類
奨学金には以下の2種類があり、ともに日本学生支援機構から貸与金が支給されます。
@第一種奨学金
第一種奨学金とは、貸与金に対して金利の付かない奨学金のことをいいます。利息を支払う必要がない代わり、貸与金額は学校の種別(大学か専門学校か)や、通学環境(自宅か下宿か)によって限定されます。

また、誰でも申し込めるわけではなく、「家庭の収入基準」と「成績基準(5段階評価の平均や学年における順位)」の2つの条件を満たさないと申込ができません。さらに、認可されるのは申請者の4分の1程度の人数に過ぎず、無利息というメリットはありますが、貸与される可能性の低いのが実態です。

〇第一種奨学金の貸与金の例(大学)
・国公立・自宅通学の場合:月額30,000円または45,000円
・国公立・自宅外通学の場合:月額30,000円または51,000円
・私立・自宅通学の場合:月額30,000円または54,000円
・私立・自宅外通学の場合:月額30,000円または64,000円
自宅外通学の場合でも、自宅通学の月額を選択できます。

A第二種奨学金
返済時に3%を上限とする金利の付くのが「第二種奨学金」です。一応、認可のための成績基準は設けられていますが、「特定分野において優れた能力を持っている」、「進学意欲があり、学業修了が見込まれる」など、数値以外での評価が主体になっています。

家庭の収入基準さえオーバーしていなければ誰もが採用される奨学金になっており、奨学金利用者の7割以上は第二種を利用しています。なお、進学先や通学形態に関わらず、月額3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から希望する金額を自由に選択できます。

なお、家庭の収入基準はかなり高額に設定されているため、一般家庭であれば、一種、二種とも収入基準で落とされることはほとんどありません。

●教育ローン(教育一般貸付)
国の教育ローンは政府系金融機関である日本政策金融公庫が取扱っている、教育における家庭の経済的負担の軽減と、教育の機会均等の確立を目的とした公的な融資制度です。公的制度であるため、世帯年収による利用制限や、母子(父子)家庭への優遇措置などが備わっています。

〇教育ローンのスペック
子供1人に付き最高350万円の貸与、金利は年1.81%、返済期間は最長15年となっています。連帯保証人か教育資金融資保証基金の保証が必要です。対象となる教育施設は修業年限が原則6ヶ月以上で、中学校卒業以上の学生を教育する施設であり、融資対象者は融資対象の学校に入・在学する学生の保護者で、世帯年収が一定金額以下(子供1人の場合は790万円以下)の人です。

●奨学金と教育ローンの違い
項目/ローン
奨学金
教育ローン
借主(返済主)
学生本人
保護者
借り方
毎月定額
一括
利子の発生
在学中は無し
借入た翌日
返済開始
卒業後
借入た翌月


●奨学金のメリットとデメリット
〇メリット
・経済的に不安のある家庭でも利用できます。
・支給対象は学生であるため、ローンを利用できない家庭でも借入が可能です。
・就業するまで返済が猶予されます。
・低金利で固定されているため、景気に左右されません。

〇デメリット
・申請者全員が支給されるわけではありません(第一種奨学金)。
・留年や休学に対応していない場合が多くなっています。
・学生本人が長期に渡る返済を行う必要があります。

●教育ローンのメリットとデメリット
〇メリット
・申請時期に制限がないため、奨学金と違って入学前の費用にも利用可能です。
・借入金を一括で受け取れるため、高額な費用にも対応できます。
・保護者に対する貸付のため、学生に負担がありません。

〇デメリット
・保証を委託すると、保証料が掛かります。
・手続きが煩雑です。


奨学金と教育ローンの違いは、教育ローンが保護者の借りるローンで、返済義務が保護者にある一方、奨学金は学生本人が借りるもので、返済義務は学生本人にあることです。また、教育ローンの場合、借入額の上限は350万円ですが、奨学金は500万円程度まで借り入れることが可能です。







この記事へのコメント

   
おすすめランキングBEST10

※弊社おすすめ順

オリックス銀行

金利1.7%〜17.8%!業界最低水準の低金利!


アコム
アコム2017.3.16.gif

安心の大手銀行系消費者金融!30日間無利息有


プロミス

消費者金融満足度No.1!最短1時間融資が可能!


SMBC
モビット

モビットのWEB完結は郵送なしで借りれる!


みずほ銀行
みずほ銀行カードローン

上限金利年14.0%の低金利カードローン!


三井住友銀行
カードローン
AF_120・60.gif

金利4.0%〜14.5% CMでおなじみ!初心者も安心


静岡銀行

地方銀行カードローン人気No.1!


アイフル

アイフルなら誰にも知られずカードが作れる!


【広告】
プロフィール

piropiro
はじめまして(・∀・) 現役消費者金融マンです。国家資格の貸金業務取扱主任者持っています。 消費者金融の審査基準・借りれる金融会社紹介・債務整理中でも融資可能な会社など消費者金融の裏側までリアルに書いていきます。弁護士・司法書士との過払い返還交渉や任意整理交渉についての現状などもお知らせします。 問合せ先はvipchokotarou@yahoo.co.jp迄お願いします。
メールお問合せ先
ファン
免責事項
当サイトで掲載中の各企業の情報には細心の注意を払い、正確で有益な情報提供ができるよう心掛けています。
しかし、審査の可否も含めて最終的な内容までをも保証するものではありません。お申込みに際しては利用者の方々それぞれの責任でご自身の判断の下で必ず最終確認されますようお願いします。
また、当サイトのご利用により生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いかねます。