広告

posted by fanblog
HOME > 消費者金融比較・金利比較・キャッシング比較 > Fマネーカードとは?カードローンスペックを検証!

Fマネーカードとは?カードローンスペックを検証!

Fマネーカードヘッダー

Fマネーカードとは、ポケットカード株式会社が発行する、ローン専用のカードです。ポケットカード株式会社は聞いたことがある人もいると思いますが、もともとは、1982年にニチイ・クレジットサービスとして設立され、クレジットカード事業とキャッシング事業を行ってきた会社ですが、2001年に当時、準大手消費者金融だった三洋信販に売却後に現社名に変更となりました。


その後再編等があり、今は三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行、伊藤忠商事及びファミリーマートの関係会社となっています。このことから資本自体は非常に大きく、安心・安全に利用できるカードと言えることは間違いありません。


カードローンは今、銀行カードローンを中心にして、消費者金融、クレジット会社、信販会社等の多くのカードが存在していますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、利用する人の目的によって選ぶカードローンは異なってきます。


Fマネーカードはまだ新しいカードローンとなりますので、知名度はそこまで高くはありませんが、カードローンを借りる選択肢の一つに今後入っていく可能性は充分にあります。


今回は申込みの参考になるよう、ポケットカード株式会社のFマネーカードのスペックをご紹介していきます。


(最終更新日:平成30年11月1日)

Fマネーカードの金利は低金利!

ご利用可能枠
融資利率(実質年率)
〜500万円
4.40%
〜400万円
5.80%
〜300万円
7.80%
〜200万円
11.80%
〜100万円
13.80%
〜50万円
15.80%
〜30万円
17.80%

Fマネーカードの最大のメリットと言えるのは、ズバリ30万円超〜100万円までの金利です。なぜこの限度額の金利がメリットなのかと言えば、消費者金融の場合、100万円未満は一律で17.8%〜18.0%の上限金利が設定されるケースが多いからです。


Fマネーカードは30万円超〜50万円までは金利が15.80%となっており、消費者金融の18.0%よりも2.2%低金利となっています。そして、50万円超100万円までの金利も13.80%ともう一段回低くなっていますので、仮に70万円をFマネーカードと消費者金融で比較すれば金利の差は4.2%にもなるのです!


50万円超100万円未満なら銀行よりも低金利!

Fマネーカードの金利画像

管理人が一押しするのは、50万円超〜100万円までの金利13.80%です。これはメガバンクのみずほ銀行カードローン(100万円未満の場合)よりも金利が低くなっているからです!


カードローン
50万円超100万円未満の金利
Fマネーカード
13.80%
年14.0%
14.5%
17.8%
アコム
18.0%
18.0%

※Fマネーカードは50万円超100万円以下の金利が13.80%ですが、他のカードローンの金利と比較するために、あえて50万円超100万円未満としています。


Fマネーカードはポケットカード株式会社のカードローンとなりますので、銀行ではなく消費者金融と同じく貸金業者の括りとなります。貸金業者で銀行カードローンよりも低金利になるのは、三井住友カードゴールドローンぐらいしか無く、それほど、Fマネーカードの50万円超100万円以下の金利は低金利と言えるのです。


毎月の返済金額も低めの設定で安心!

Fマネーカードの他のメリットとして、毎月の返済金額も低めの設定になっていることから、安心して利用することができる点です。


返済方法は、一括払いかリボ払いかを選択でき、リボ払いの場合、利用残高が15万円以下の場合は月々6,000円、80万円超〜100万円以下でも月々25,000円となっているので、返済の負担はそこまで大きくありません。

締切日残高
月々のお支払金額
15万円以下
6,000円
15万円超20万円以下
8,000円
20万円超60万円以下
15,000円
60万円超80万円以下
20,000円
80万円超100万円以下
25,000円
100万円超150万円以下
35,000円

電話一本で振込手数料無料で振込キャッシングが可能!

Fマネーカードは全国のCD・ATM、コンビニの銀行ATMと提携しているので、もちろんカードを利用して借入することも可能ですが、CD・ATM等に行く時間が無い人は、電話一本で翌営業日に現金を振込してくれるサービスがあります。


振込される口座は毎月引き落としに指定している銀行口座となりますが、振込手数料はポケットカードが負担してくれるので、提携ATMから借りて手数料を取られるよりも断然お得と言えるのです!


Fマネーカード振込画像450.jpg

Fマネーカードの総評・評価

90x108png.png

Fマネーカードは貸金業者でありながら、銀行カードローンよりも低金利で借りることのできるカードローンと言うことができますが、限度額30万円以下は金利17.80%となっており、プロミスと同じ金利設定になっています。


Fマネーカードが低金利となるのは30万円超からの金利である為、申込みする際は40万円以上の限度額で借入希望することをおすすめいたします。


金利以外では、特に秀でたメリットはそこまでなく、逆にデメリットの部分として借入までの期間が消費者金融や即日審査が可能な銀行カードローンに比べると遅いことが挙げられます。


Fマネーカードは自宅へカードが届くまで約2週間程度となっているので、すぐに借りたい人には向いておらず、返済に関しても毎月1日に指定口座から引き落としのみなので、提携ATM等での返済はできないことになっています。


また、今は銀行カードローンの多くがコンビニ等の提携ATM利用手数料が無料なのに対し、Fマネーカードは提携ATM手数料が有料となっています。これは消費者金融でも手数料は有料なので同じなのですが、貸金業者のカードローンで差別化を図るならば提携ATM手数料無料があれば大きなメリットになっただけに残念な感じがします。


しかしながら、デメリットの部分よりも注目するのはやはり低金利のことで、30万円超50万円以下の15.80%の金利だけでも借りる価値は充分にあると言えるでしょう。


銀行カードローンでは審査が不安な方はFマネーカードへお申込みすることが正解なのかもしれません。


Fマネーカードの詳細情報

年間費無料
お申込み資格20歳以上の方(ただし学生は除く)、安定した収入がある方
お支払日毎月1日 (金融機関休業日の場合は翌営業日)
ご利用可能枠最高500万円
ご利用明細郵送または、オンライン明細
お支払方法一括払い、またはリボ払い
実質年率4.40%〜17.80%
融資日数約2週間



当サイトの人気カードローンはこちら!

オリックス銀行カードローン
金 利限度額PR ポイント
1.7%〜17.8%最高800万円下限金利最低1.7%!

03.png【オリックス銀行カードローンのおすすめポイント!】
金利1.7%〜17.8%の業界最低水準の低金利で借入が可能!
限度額最高800万円!口座開設不要!
提携ATM手数料終日無料!利便性はNo.1!

コース
ご利用限度額
借入利率(年)
800万円コース
700万円超800万円以下
1.7%〜4.8%
700万円コース
600万円超700万円以下
3.5%〜5.8%
600万円コース
500万円超600万円以下
500万円コース
400万円超500万円以下
4.5%〜8.8%
400万円コース
300万円超400万円以下
300万円コース
200万円超300万円以下
5.0%〜12.8%
200万円コース
150万円超200万円以下
150万円コース
100万円超150万円以下
6.0%〜14.8%
100万円コース
100万円
100万円未満コース
100万円未満
12.0%〜17.8%

オリックス銀行カードローンの魅力は、100万円未満コースでも金利が12.0%〜17.8%設定になっており、最低金利12.0%で借りられる可能性もあることです。
カードローンの利用者の多くが限度額100万円未満となっており、そのことから金利を安く借りるならば100万円未満の金利設定を見ることが重要と言えます。


注目オリックス銀行なら提携ATM手数料が無料!

オリックス銀行提携ATM4502017.11.17.jpg

オリックス銀行カードローンの最大のメリットとも言えるのは提携ATM手数料が終日無料となっている点です!消費者金融の場合、コンビニに設置してある銀行ATMから借入や返済をすると、取引金額によって108円〜216円のATM手数料が取られます。


多くの人が借入・返済するのはコンビニに設置してある銀行ATMや最寄りの銀行等の金融機関だと思いますが、借入・返済をするたびに108円〜216円のATM手数料がかかるのは非常に勿体ないことで、多い人は月2,000円以上の手数料を払っているケースも珍しくありません。


オリックス銀行の場合、セブン銀行・ローソン・Enetのコンビニ提携ATMはもちろん、イオン銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行の提携金融機関ATMも終日無料となっており、カードローンの中でも提携ATM台数はトップクラスとなっています!


さらにオリックス銀行普通預金口座は必要ありませんので、銀行口座開設の手続きもありません。
銀行カードローンで選ぶなら今オリックス銀行カードローンが断トツおすすめと言えます。




オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら


みずほ銀行カードローン
金 利限度額特徴・メリット
年2.0%〜14.0%最高800万円上限金利年14.0%の低金利!

03.png【みずほ銀行カードローンのおすすめポイント!】
金利年2.0%〜14.0%で事業性資金以外は使途自由!
限度額最高800万円で借り換えもOK!
カードローン利用で※ATM時間外手数料や振込手数料が無料に!
みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方は、さらに金利年0.5%引下げ!(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。)
※時間外手数料や振込手数料無料は、みずほ銀行本支店宛の場合です。
※コンビニATM時間外手数料・ご利用手数料・振込手数料(他行宛)は月4回まで無料です。

みずほ銀行の口座を持っている人は、みずほ銀行カードローンがおすすめです。限度額は最大800万円なので、他社借り換えも含め様々な使途に利用することができます。


多少のデメリットとして、借り入れ条件にみずほ銀行口座が必要となります。口座を持っていない人は、融資までに若干時間が必要ですが、他メガバンクの三菱UFJ銀行、三井住友銀行よりも上限金利が一番低く、全カードローンで見ても、上限金利年14.0%は低金利です。


みずほ銀行はキャッシュカードから借入ができますので、ローン専用のカードを持たなくてもOKです(ローン専用カードを選ぶことも可能です)。そのため、余分なカードを持つ必要が無く、内緒で借りる人には嬉しいサービスとなっています。




みずほ銀行カードローン公式サイトはこちら


三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
金 利限度額特徴・メリット
1.8%〜14.6%※最高500万円知名度No.1銀行カードローン

03.png【バンクイックのおすすめポイント!】
金利1.8%〜14.6%!10万円以上100万円以下は金利13.6%〜14.6%!
※テレビ窓口なら審査回答後(お申し込みから最短翌営業日)にカード発行可能!
全国の提携コンビニATM手数料0円!

【バンクイックの限度額ごとの金利】

400万円超500万円以下300万円超400万円以下200万円超300万円以下100万円超200万円以下10万円以上100万円以下
年1.8%〜年6.1%年6.1%〜年7.6%年7.6%〜年10.6%年10.6%〜年13.6%年13.6%〜年14.6%

上記の表を見ても分かる通り、注目は利用限度額100万円以下の金利です。消費者金融やクレジット会社のカードローンでは100万円未満の場合18%が多い中、三菱UFJ銀行カードローンは10万円以上100万円以下は年利13.6%〜14.6%!


最高金利の上限金利でも年利14.6%となります。そして、200万円超から下限金利は1桁台になり、最高限度の500万円では下限金利の年利1.8%が適用される場合もあります!


※利率は変動金利です。
※平成29年3月27日以降にご契約のお客さまの適用金利です。それ以前にバンクイックをご契約のお客さまの適用金利は、本金利と異なる場合があります。


バンクイックが低金利と言われる所以は、上限金利14.6%だけでは無く、10万円以上100万円以下の金利が13.6%〜14.6%になっている点です。10万円台から最低金利が13.6%になっていることで、消費者金融の18.0%と比較すれば、かなり低金利なのです!


単純にバンクイックで60万円を13.6%で借りれた場合と、消費者金融より60万円を18.0%で借りた場合、1か月間(30日間)の利息は、2,170円も違ってきます。


消費者金融では10万円〜100万円以下は同じ金利ですが、バンクイックなら10万円以上100万円以下までの金利が最低13.6%となっていますので、低金利で借りたいならば、バンクイックから借りることがおすすめなのです。


※【テレビ窓口営業時間】
(設置場所がATMコーナー)
平日:9時~20時
土日・祝日:10時~18時
日曜:10時~17時

(設置場所がロビー)
平日:9時~15時
土日祝日:受付不可
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。




三菱UFJ銀行カードローンバンクイック公式サイトはこちら


三井住友銀行カードローン
金 利限度額特徴・メリット
4.0%〜14.5%最高800万円口座開設不要で利用OK!

check三井住友銀行カードローンの金利表
契約極度額100万円以下100万円超
200万円以下
200万円超
300万円以下
300万円超
400万円以下
借入利率年12.0%〜14.5%年10.0%〜12.0%年8.0%〜10.0%年7.0%〜8.0%

契約極度額400万円超
500万円以下
500万円超
600万円以下
600万円超
700万円以下
700万円超
800万円以下
基準金利年6.0%〜7.0%年5.0%〜6.0%年4.5%〜5.0%年4.0%〜4.5%

03.png【三井住友銀行カードローンのおすすめポイント!】
金利4.0%〜14.5%で上限金利は14.5%の低水準!
限度額最高800万円!自動契約機設置多数あり!
三井住友銀行口座不要で利用OK!

金利が低い銀行カードローンを選ぶなら、本命はやはりメガバンクのカードローンが信頼感は高いでしょう。メガバンクの中でも低金利と審査スピードが秀でているのは三井住友銀行カードローンとなります。


金利は4.0%〜14.5%で、最高金利でも14.5%と銀行ならではの低金利となっており、ローン契約機を利用すればカード発行ができますので、急ぎの方にも充分満足してもらえるはずです。


そして三菱UFJ銀行と同じく、銀行口座開設は不要!全ての面で最高スペックなのが三井住友銀行カードローンの魅力です。(※専業主婦は融資不可となっています。)


mituisumitomo 1203_300x250.jpg

三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら



関連記事
みずほ銀行カードローンの審査と特徴を大手と比較してみる
JCBカードローン【ファーストローンプラス】の審査と口コミ
セブン銀行カードローン審査は最短10分!【口コミと評判】
審査から契約までの流れと必要書類【初心者用】
消費者金融と銀行カードローンを比較してみる
金利を下げる方法!借り換えローンの威力
銀行カードローン審査は厳しい?借りれる?借りた人
消費者金融審査通過しやすくするには?
在籍確認ばれずに借りる方法とは?
消費者金融金利が一番安いのは?







この記事へのコメント

   
おすすめランキングBEST10

※当サイトの申込件数を元に作成したランキングです。

オリックス銀行

金利1.7%〜17.8%!業界最低水準の低金利!


アコム

安心の大手銀行系消費者金融!30日間無利息有


プロミス

消費者金融満足度No.1!最短1時間融資が可能!


SMBC
モビット

モビットのWEB完結は郵送なしで借りれる!


みずほ銀行
みずほ銀行カードローン

おすすめ銀行カードローン!


三井住友銀行
カードローン
191121_af_120x60.jpg

金利年4.0%〜14.5% CMでおなじみ!


静岡銀行

地方銀行カードローン人気No.1!


アイフル

アイフルなら誰にも知られずカードが作れる!

プロフィール

piropiro
はじめまして(・∀・) 現役消費者金融マンです。国家資格の貸金業務取扱主任者持っています。 消費者金融の審査基準・借りれる金融会社紹介・債務整理中でも融資可能な会社など消費者金融の裏側までリアルに書いていきます。弁護士・司法書士との過払い返還交渉や任意整理交渉についての現状などもお知らせします。 問合せ先はvipchokotarou@yahoo.co.jp迄お願いします。
メールお問合せ先
ファン
免責事項
当サイトで掲載中の各企業の情報には細心の注意を払い、正確で有益な情報提供ができるよう心掛けています。
しかし、審査の可否も含めて最終的な内容までをも保証するものではありません。お申込みに際しては利用者の方々それぞれの責任でご自身の判断の下で必ず最終確認されますようお願いします。
また、当サイトのご利用により生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。