HOME > 銀行カードローン比較 > みずほ銀行カードローンの審査と融資を他社と比較してみた結果

みずほ銀行カードローンの審査と融資を他社と比較してみた結果

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s.jpg

カードローン市場は今、圧倒的に銀行カードローンが人気となっています。銀行カードローンと言っても多くの種類がある中、最初に選ぶのはやはり知名度が高いメガバンクのカードローンを選択する人が多いでしょう。


メガバンクと言えば、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行となりますが、この3行ともカードローンを出しており、非常にスペックの高いローンとなっています。


3行の中、みずほ銀行カードローンは、三菱UFJ銀行と三井住友銀行とはスペックが若干違っています。審査や融資までのスピードで見れば上記2銀行の方が有利となりますが、限度額の大きさで見た場合、トップはみずほ銀行になります。


銀行カードローンを選ぶ場合、メガバンクは外せない存在ですが、3行のカードローンの違いってなんなの?と疑問に思う人も多いでしょう。今回は、みずほ銀行カードローンを中心として、メガバンク3行の銀行カードローンについて比較と特徴を書いていきたいと思います。


(最終更新日付:平成30年11月1日)

メガバンクのカードローンのスペック比較!

項目
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
金利
年2.0%〜14.0%
1.8%〜14.6%
4.0%〜14.5%
限度額
最大800万円
最高500万円
最高800万円
融資日数
HP参照
HP参照
口座開設
必要
不要
不要
自動契約機
無し
有り
有り
提携ATM手数料
有料
無料
無料

※みずほ銀行の融資日数は公式HPでご確認ください。
※みずほ銀行カードローンは住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。


金利で選ぶならみずほ銀行か三菱UFJ銀行!

最初に金利から比較していきますが、上限金利が最も低いのはみずほ銀行カードローンの年14.0%となっています。三井住友銀行が14.5%、三菱UFJ銀行が14.6%なので、最大の開きでも0.6%ですから、そこまで大きな違いは無いといえます。


しかし、限度額100万円以下限定で考えた場合、三菱UFJ銀行カードローンは10万円以上100万円以下が13.6%〜14.6%に対し、みずほ銀行と三井住友銀行は100万円以下は上限金利の年14.0%と年14.5%となっています。


このことから、50万円以下で借りるなら、上限金利が適用されるみずほ銀行、50万円超100万円以下で借りるなら三菱UFJ銀行の13.6%を狙うことが最も安い金利になると言えます。


【メガバンク3行の100万円以下の金利】

金利
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
100万円以下
年14.0%
13.6%〜14.6%
14.5%



審査時間ならみずほ銀行よりも三井住友銀行か三菱UFJ銀行へ

メガバンクのカードローンの審査時間を比較すると、みずほ銀行カードローンよりも、三菱UFJ銀行、三井住友銀行の方が審査は早く、スピードはみずほ銀行が一番遅くなっています。


銀行カードローンは消費者金融と違って、保証会社の保証を受けることが借入条件となっていますので、保証会社の審査と銀行の審査の2つ審査が入ることになります。


このことから、通常銀行カードローンは消費者金融よりも審査に時間がかかるのですが、三菱UFJ銀行と三井住友銀行は消費者金融の審査時間とほとんど変わらない時間となっているのが大きな特徴です。


なぜ審査スピードに差が出るのかは明確ではありませんが、考えられることは、みずほ銀行の保証会社はクレジット会社のオリコに対して、他の2行は消費者金融のアコムプロミスになっています。この保証会社の審査スピードが影響しているのかは不明ですが、審査の早さから言えば、アコムとプロミスの方が分があるのは考えられることです。


このことから、一刻でも審査結果を早く知りたい人は三菱UFJ銀行か三井住友銀行へのお申込みがおすすめと言えます。


みずほ銀行カードローンは銀行口座開設が借入条件!

メガバンク3行のカードローンの中で、みずほ銀行だけは借入条件に銀行口座開設があります。みずほ銀行の口座を持っている人は特に気にする必要はありませんが、持っていない場合、口座開設をしなければ借入ができないので注意が必要です。


銀行カードローンの多くは、融資金を自行の口座に振込することで最初の融資を行っているところが多く、それが消費者金融とは違う一番のデメリットと言われています。


消費者金融の場合は、本人名義の都市銀行であればどこでも振込はしてくれますが、銀行で借りるには口座開設をしなければならないケースが多いのです。


口座開設の手続きがあることによって、口座開設後に振込融資となり、それだけ時間が必要になります。みずほ銀行・イオン銀行・りそな銀行が口座開設が必要な有名カードローンとなっていますが、口座開設不要なローンとして、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、オリックス銀行があります。


口座開設不要な三菱UFJ銀行と三井住友銀行は銀行カードローンでも審査時間が最も早く、これは口座開設が不要なことも一因にあると言われています。


口座開設が必要な銀行カードローン
みずほ銀行・イオン銀行・りそな銀行・東京スター銀行

口座開設が不要な銀行カードローン
三菱UFJ銀行・三井住友銀行・オリックス銀行


みずほ銀行カードローンの審査は厳しいのか?

みずほ銀行カードローン審査は厳しいのか画像.jpg

みずほ銀行カードローン審査は他の銀行カードローンに比べて審査が厳しいのか?これはよく聞かれる質問です。正直言って、銀行カードローンの審査基準は公開されているわけではありませんので、詳しくは分からないと言うのが本音ですが、絶対的に消費者金融よりも審査が厳しくなっているのは間違いありません。


銀行カードローンの審査の重要ポイントは、保証会社の審査です。銀行カードローンは必ず保証会社が付かなければ借入ができないので、保証会社の審査に通過することが借入できるかどうかの大きなポイントとなっています。


みずほ銀行は保証会社がオリエント・コーポレーション(クレジット会社)になっていますが、三菱UFJ銀行はアコム(消費者金融)、三井住友銀行はプロミス(消費者金融)が保証会社になっています。保証会社の審査が厳しいかどうかも重要な判断基準となりますので、オリエント・コーポレーションとアコム・プロミスの保証審査基準も、大きく関わってきます。


そう考えると、みずほ銀行カードローンの審査は厳しいと言った方が正解でしょう。多重債務があれば審査に通過することはできません。また、他社借入で延滞等があっても、当然審査は通らない可能性が高いでしょう。


しかし、これはどの銀行カードローンにも該当することなので、みずほ銀行だけが特別な訳ではありません。まとめとしては、メガバンクのカードローンは、どれもハイスペックな反面、審査は厳しくなっており、どれか一つ審査通過すれば、他も審査に通る可能性が高いとも言えるのです。


みずほ銀行カードローン
金 利限度額特徴・メリット
年2.0%〜14.0%最高800万円上限金利年14.0%の低金利!

03.png【みずほ銀行カードローンのおすすめポイント!】
金利年2.0%〜14.0%で事業性資金以外は使途自由!
限度額最高800万円は全カードローン最大級!
カードローン利用で※ATM時間外手数料や振込手数料が無料に!
住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※時間外手数料や振込手数料無料は、みずほ銀行本支店宛の場合です。
※コンビニATM時間外手数料・ご利用手数料・振込手数料(他行宛)は月4回まで無料です。

みずほ銀行の口座を持っている人は、みずほ銀行カードローンがおすすめです。限度額最大800万円はカードローンでも高額の方ですので、事業資金以外であれば様々な使途に利用することができます。


多少のデメリットとして、借り入れ条件にみずほ銀行口座が必要となります。口座を持っていない人は、融資までに若干時間が必要ですが、他メガバンクの三菱UFJ銀行、三井住友銀行よりも上限金利が一番低く、全カードローンで見ても、上限金利年14.0%は低金利です。


みずほ銀行はキャッシュカードから借入ができますので、ローン専用のカードを持たなくてもOKです(ローン専用カードを選ぶことも可能です)。そのため、余分なカードを持つ必要が無く、内緒で借りる人には嬉しいサービスとなっています。




みずほ銀行カードローン公式サイトはこちら


みずほ銀行以外のメガバンクカードローンをご紹介!

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
金 利限度額特徴・メリット
1.8%〜14.6%※最高500万円知名度No1の銀行ローン

03.png【バンクイックのおすすめポイント!】
金利1.8%〜14.6%!10万円以上100万円以下は金利13.6%〜14.6%!
※銀行でもテレビ窓口からその場でカード発行可能!
全国の提携コンビニATM手数料0円!
※発行されたカードは、発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能。

【バンクイックの限度額ごとの金利】

400万円超500万円以下300万円超400万円以下200万円超300万円以下100万円超200万円以下10万円以上100万円以下
年1.8%〜年6.1%年6.1%〜年7.6%年7.6%〜年10.6%年10.6%〜年13.6%年13.6%〜年14.6%

上記の表を見ても分かる通り、注目は利用限度額100万円以下の金利です。消費者金融やクレジット会社のカードローンでは100万円未満の場合18%が多い中、三菱UFJ銀行カードローンは10万円以上100万円以下は年利13.6%〜14.6%!


最高金利の上限金利でも年利14.6%となります。そして、200万円超から下限金利は1桁台になり、最高限度の500万円では下限金利の年利1.8%が適用される場合もあります!


※利率は変動金利です。
※平成29年3月27日以降にご契約のお客さまの適用金利です。それ以前にバンクイックをご契約のお客さまの適用金利は、本金利と異なる場合があります。


バンクイックが低金利と言われる所以は、上限金利14.6%だけでは無く、10万円以上100万円以下の金利が13.6%〜14.6%になっている点です。10万円台から最低金利13.6%になっていることで、消費者金融の18.0%と比較すれば、かなり低金利なのです!


単純にバンクイックで60万円を13.6%で借りれた場合と、消費者金融より60万円を18.0%で借りた場合、1か月間(30日間)の利息は、2,170円も違ってきます。


消費者金融では10万円〜100万円以下は同じ金利ですが、バンクイックなら10万円以上100万円以下までの金利が最低13.6%となっていますので、低金利で借りたいならば、バンクイックから借りることがおすすめなのです。


※【テレビ窓口営業時間】
(設置場所がATMコーナー)
平日:9時~20時
土日・祝日:10時~18時
日曜:10時~17時

(設置場所がロビー)
平日:9時~15時
土日祝日:受付不可
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。




三菱UFJ銀行カードローンバンクイック公式サイトはこちら


三井住友銀行カードローン
金 利限度額特徴・メリット
4.0%〜14.5%最高800万円口座不要で利用OK!

03.png【三井住友銀行カードローンのおすすめポイント!】
金利4.0%〜14.5%で上限金利は14.5%の低水準!
限度額最高800万円!自動契約機も多数有!
三井住友銀行口座不要で利用OK!

銀行カードローンなら、三井住友銀行も注目のローンです。


審査スピードは三菱UFJ銀行と同等レベルで早く、三井住友銀行口座不要で借りられることも大きなメリットです。自動契約機があることから、カード発行も可能となっていることが嬉しい点です。


三井住友銀行カードローンバナー

三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら


オリックス銀行カードローン
金 利限度額PR ポイント
1.7%〜17.8%最高800万円下限金利最低1.7%!

03.png【オリックス銀行カードローンのおすすめポイント!】
金利1.7%〜17.8%の業界最低水準の低金利で借入が可能!
限度額最高800万円!口座開設不要!
提携ATM手数料終日無料!利便性はNo.1!

コース
ご利用限度額
借入利率(年)
800万円コース
700万円超800万円以下
1.7%〜4.8%
700万円コース
600万円超700万円以下
3.5%〜5.8%
600万円コース
500万円超600万円以下
500万円コース
400万円超500万円以下
4.5%〜8.8%
400万円コース
300万円超400万円以下
300万円コース
200万円超300万円以下
5.0%〜12.8%
200万円コース
150万円超200万円以下
150万円コース
100万円超150万円以下
6.0%〜14.8%
100万円コース
100万円
100万円未満コース
100万円未満
12.0%〜17.8%

オリックス銀行カードローンの魅力は、100万円未満コースでも金利が12.0%〜17.8%設定になっており、最低金利12.0%で借りられる可能性もあることです。
カードローンの利用者の多くが限度額100万円未満となっており、そのことから金利を安く借りるならば100万円未満の金利設定を見ることが重要と言えます。


注目オリックス銀行なら提携ATM手数料が無料!

オリックス銀行提携ATM4502017.11.17.jpg

オリックス銀行カードローンの最大のメリットとも言えるのは提携ATM手数料が終日無料となっている点です!消費者金融の場合、コンビニに設置してある銀行ATMから借入や返済をすると、取引金額によって108円〜216円のATM手数料が取られます。


多くの人が借入・返済するのはコンビニに設置してある銀行ATMや最寄りの銀行等の金融機関だと思いますが、借入・返済をするたびに108円〜216円のATM手数料がかかるのは非常に勿体ないことで、多い人は月2,000円以上の手数料を払っているケースも珍しくありません。


オリックス銀行の場合、セブン銀行・ローソン・Enetのコンビニ提携ATMはもちろん、イオン銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行の提携金融機関ATMも終日無料となっており、カードローンの中でも提携ATM台数はトップクラスとなっています!


さらにオリックス銀行普通預金口座は必要ありませんので、銀行口座開設の手続きもありません。
銀行カードローンで選ぶなら今オリックス銀行カードローンが断トツおすすめと言えます。




オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら



関連記事
セブン銀行カードローン審査は最短10分!【口コミと評判】
新生銀行カードローン レイク審査の魅力【口コミと評判】
利息を下げる方法!借り換えローンの威力
消費者金融金利が一番安いのは?
カードローン借り換えなら低金利で!
おまとめローン後の借入・融資
消費者金融比較と解説







この記事へのコメント

   
おすすめランキングBEST10

※弊社おすすめ順

オリックス銀行

金利1.7%〜17.8%!業界最低水準の低金利!


アコム
アコム2017.3.16.gif

安心の大手銀行系消費者金融!30日間無利息有


プロミス

消費者金融満足度No.1!最短1時間融資が可能!


SMBC
モビット

モビットのWEB完結は郵送なしで借りれる!


みずほ銀行
みずほ銀行カードローン

上限金利年14.0%の低金利カードローン!


三井住友銀行
カードローン
AF_120・60.gif

金利4.0%〜14.5% CMでおなじみ!初心者も安心


静岡銀行

地方銀行カードローン人気No.1!


アイフル

アイフルなら誰にも知られずカードが作れる!


【広告】
プロフィール

piropiro
はじめまして(・∀・) 現役消費者金融マンです。国家資格の貸金業務取扱主任者持っています。 消費者金融の審査基準・借りれる金融会社紹介・債務整理中でも融資可能な会社など消費者金融の裏側までリアルに書いていきます。弁護士・司法書士との過払い返還交渉や任意整理交渉についての現状などもお知らせします。 問合せ先はvipchokotarou@yahoo.co.jp迄お願いします。
メールお問合せ先
ファン
免責事項
当サイトで掲載中の各企業の情報には細心の注意を払い、正確で有益な情報提供ができるよう心掛けています。
しかし、審査の可否も含めて最終的な内容までをも保証するものではありません。お申込みに際しては利用者の方々それぞれの責任でご自身の判断の下で必ず最終確認されますようお願いします。
また、当サイトのご利用により生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いかねます。