HOME > プロミス > プロミスって総量規制対象外?プロミスおまとめローンの解説

プロミスって総量規制対象外?プロミスおまとめローンの解説

プロミス総量規制対象外トップ画像.jpg

消費者金融で1番有名なプロミスですが、平成22年に総量規制ができてから、ちらほら質問されるのが、「プロミスって、総量規制対象外なのですか?」という内容です。なぜこの質問が多いのかと言うと、プロミスはSMBCグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスとなっており、銀行系消費者金融の代表になっているからだと思われます。


総量規制とは、貸金業法で定められた、年収3分の1以上の貸付を禁止した法律です。当サイトでもくどいほど書いていますが、貸金業法は貸金業者が遵守する法律であり、貸金業者とは貸金業登録している、消費者金融やクレジット会社、信販会社などが該当します。


その為、貸金業者にならない、銀行は貸金業法の適用を受けないので、実質的に総量規制は対象外(年収3分の1までの規制が無い)ことになります。


「プロミスって総量規制対象外なの?」と質問する人は、まず、銀行と銀行系消費者金融を同じに考えていることから、そのような誤解が生まれてしまうのだと思われます。プロミスは銀行系消費者金融ですが、決して銀行本体ではありません。銀行系消費者金融とは、銀行のグループ会社や子会社で貸金業をしていることを指しており、貸金業者になりますので、当然に総量規制の対象となるのです。


総量規制の対象男性イラスト

「銀行系」と「銀行」は全く意味合いが異なります。結論的に言えば、プロミスは総量規制対象外ではありません。
貸金業者になりますので、年収3分の1までしか貸付ができないことになっています。


しかしながら、総量規制には総量規制例外貸付があり、例外的に年収3分の1以上でも貸付が認められている契約があるのです。プロミスでも例外融資の商品を扱っており、その商品(ローン)であれば、年収3分の1を超えたとしても借りることが可能となっています。


今回はプロミスと総量規制について書いていきます。


(最終更新日付:平成31年4月14日)


320-50-1h.jpg

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンは総量規制例外貸付

プロミス総量規制対象外おまとめ画像.jpg

プロミスの中で、年収3分の1以上でも借りれるローンは、「貸金業法に基づくおまとめローン」です。


総量規制では、絶対的に年収3分の1以上の融資を禁止にした場合、いろいろな問題が出てくるので、総量規制例外貸付と総量規制除外貸付の条項を定めています。そのなかで、金利を下げて、段階的に債務を減らしていく借り換えローンは、総量規制例外貸付として、融資額が年収の3分の1以上であったとしても問題がないことになっています。


おまとめローンのメリットは、金利が下がることによって、毎月の返済額も引き下がる可能性があり、今までよりも負担が楽になることです。例えば、各社の返済合計が毎月6万円の人が、おまとめローンをした場合、毎月の返済が月5万円に下がるケースもあります(金利によってはあまり変わらない場合もあります)。


また、返済額だけでは無く、今まで3社だった借入先を1つにまとめることで、返済の手続きや電話連絡等も1社のみで済むので、管理が非常に軽くなります。


プロミスのおまとめローンで金利が下がる仕組み

※画像はプロミス公式サイトより抜粋
プロミスおまとめローンメリット画像.jpg

プロミスのおまとめローンで金利が下がる人は、消費者金融から100万円未満の借入を2社以上している人が対象となります。消費者金融では100万円未満の限度額の場合、90%近くが金利(実質年率)18.0%となっています。


これは利息制限法(今は貸金業法でも定められています)によって、貸付が10万円以上100万円未満の場合、上限金利が18.0%と決まっているからです。そして、100万円以上の貸付に関しては、上限金利が15.0%と3%低くしなければならないことが法律で定められています。


その為、仮に消費者金融2社より50万円を18.0%で借りていた場合、プロミスのおまとめローンにすれば100万円の金額で15.0%の金利となりますので、実質的に金利が3%下がることになるのです。


金利15%でのおまとめローンはお得なのか?

プロミスおまとめローン金利15%の疑問.jpg

プロミスのおまとめローンでは200万円以下の場合は多くが金利(実質年率)15.0%での設定となることが予想されますが、果たしてこの金利15.0%は安いのか?という疑問が出てきます。


先ほど言ったように、利息制限法で100万円以上は上限が金利15.0%と決まっていますので、正直安い!とは言えません。今は銀行カードローンを筆頭に低金利化が進んでおり、みずほ銀行カードローンでは金利年4.0%〜14.6%、りそなプレミアムカードローンでは金利3.5%〜12.475%と、例え10万円だけ借りたとしても銀行カードローンでは初めから金利が15%以下になっているものが多いのです。

【有名銀行カードローンの金利一覧】

銀行カードローン
金利
みずほ銀行カードローン
4.0%〜14.0%
三井住友銀行
カードローン
4.0%〜14.5%
りそなプレミアムカードローン
3.5%〜12.475%
楽天銀行カードローン
4.9%〜14.5%

しかし、金利が低いローンは当然審査が厳しくなりますので、誰もが借りられる訳ではありません。特におまとめローンなどの高額融資ではそれだけでも厳しい審査となりますので、プロミスのおまとめローンの方が銀行のおまとめと比べれば借りられる可能性は高いと言えるでしょう。



プロミスおまとめローンのデメリット

プロミスおまとめデメリット.jpg

プロミスのおまとめローンは、年収3分の1以上でも借りられる例外融資のメリットはありますが、当然にデメリットの部分もあります。1番のデメリットは、おまとめローンにした場合、今後限度額内での追加借入ができなくなる点です。

注目消費者金融では総量規制の対象になりますので、おまとめローンの多くは返済専用となっていますが、銀行カードローンは総量規制対象外になっていますので、銀行のフリーローンやおまとめローンでまとめたとしても、多くは限度額内で繰り返し借入が可能となっています。(審査や商品によっては返済専用になります)

まとめる前はそれぞれの消費者金融から限度額内での追加借入ができていた人でも、プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンを契約した場合、完済に至るまで、原則返済しかできなくなります。仮に5年返済で借りたのならば、5年間は借入ができません。


これは、総量規制例外貸付条項に、段階的に債務を減らす借り換え条件がある為、債務を減らすことは、返済専用にしなければならないと決まっているからです。また、おまとめ対象は、消費者金融・クレジットカードなどにおけるキャッシング(無担保ローン)と限定されており、審査が通った後の現金はプロミスが直接申込み人の名前で、借り換え予定の業者に振込するので、原則手元にお金が入ることはありません。


そして、「融資額はお申込時の借換え対象となるローン残高(元本)の範囲内に限ります。」と決められているので、完済するときまでの利息は場合によっては、自分で負担する可能性もあると言うことです。


その他のデメリットとして、プロミスのおまとめローンは、自動契約機か店頭窓口への来店しか申込みができなくなっています。フリーローンではネット申込みが一般的になっており、おまとめローンでもネットから申込みできるローン会社もありますが、プロミスのおまとめローンでは、原則来店が必要なうえに、必ず収入証明書も持参しなければなりません。


プロミスは総量規制対象外?のまとめ

プロミスと総量規制について書いてきましたが、まず、プロミスは貸金業登録している消費者金融になりますので、総量規制対象外ではありません。


プロミスから年収3分の1以上の借入をしたいならば、貸金業法に基づくおまとめローンがありますが、ネットからの申込みはできず、来店が必要となっています。そしておまとめローンは返済しかできないローン契約ということを覚えておかなければなりません。


ここまで書くと、デメリットが目立ってしまいますが、銀行ローンで審査が通らない人や、今すでに借入が年収の3分の1以上あり、どこの消費者金融からも追加借入が停止になっている人などは、プロミスのおまとめローンにすることで3%程度金利が下がる可能性もあり、返済専用なので、確実に借金は減っていくメリットはあります。


もう2度と借入を増やしたくない人、計画的に、確実に借金を減らしたい人には、間違いなくおすすめのローンと言えます。


プロミス
金 利限度額特徴・メリット
4.5%〜17.8%1〜500万円30日間無利息サービス有!

03.png【プロミスのおすすめポイント!】
メールアドレス登録とWEB利用明細登録で30日間無利息サービス!
金利4.5%〜17.8%限度額1〜500万円の消費者金融トップのスペック!
審査時間は最短30分!最短1時間融資も可能!
三井住友銀行ATM利用手数料は無料!

プロミスの最大のメリットは、メールアドレス登録とWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスが受けられる点です。無利息のカードローンは、他にもアコムやレイクがありますが、どちらも起点となる基準が「契約日」となっていることから、契約してから出金をせずに30日間経過してしまうと無利息ではなくなってしまいます。


その点、プロミスは「借入日」から30日間無利息になっていますので、カードだけ作って、利用したいときに借りた日から30日間無利息になります!審査は最短30分のスピード審査で最短1時間融資も可能!消費者金融では全ての面においてトップと言えるキャッシング先です。


プロミスバナー

プロミス公式サイトはこちら


今すぐ借りたいならアコムへがおすすめ!

アコム
金 利限度額特徴・メリット
3.0%〜18.0%最高800万円融資スピードはトップクラス!

03.png【アコムのおすすめポイント!】
正式審査結果回答まで最短30分!
カードローンの中でも※即日融資対応はトップクラス!
新規契約なら30日間金利0円で無利息!
三菱UFJフィナンシャルグループの安心感!
ネットやATMより24時間借入・返済可能!
※即日融資は審査完了後、本人確認書類を平日14:00までにFax送信し、アコムが確認した場合となります。

アコムの最大の特徴は、すべてのカードローンの中でも、審査・融資のスピードがトップクラスの点です。カードローン(特に消費者金融)を借りる人の多くは、申込みした当日に借入したい人が多く、即日融資ができるかどうかが、申込みする大きな選考基準になっています。


どんなに低金利なカードローンでも現金が必要な時に手元になければ全く意味がありません。カードローンですべてにおいてスピードを求めるならばアコムが圧倒的におすすめと言えます。


セブン銀行・ローンソン・EnetなどのコンビニATMはもちろん、銀行ATMとの提携も多く、カードを使っていつでも借入・返済ができ、尚且つ、振込先口座を楽天銀行に登録すれば24時間いつでも振込でキャッシングすることができます!


初めてアコムを利用する人は金利0円サービスで30日間無利息!銀行系消費者金融の代表として、きっと誰もが満足できるカードローンと言えるでしょう。




アコム公式サイトはこちら


レイクALSAなら2つの無利息から選べる!

レイクALSA
実質年率限度額特徴・メリット
4.5%〜18.0%最高500万円提携ATM手数料無料!

03.png【レイクALSAおすすめポイント!】
お借りれ額全額30日間無利息または、お借入額5万円まで180日間無利息!
消費者金融でも提携ATM手数料0円が無料!
審査結果は申込完了画面に表示なのですぐに分かる!
Web完結ならカードレス対応なので郵送物無しで借りれる!
※30日間無利息と180日間無利息の併用は不可。無利息は新生フィナンシャルで初めて契約した方が条件です。

レイクALSAは借入額全額を30日間無利息または、借入額5万円まで180日間無利息のどちらかを選ぶことができます。尚且つ、消費者金融でありながら提携ATM手数料が無料になっています。


銀行カードローンは提携ATM手数料無料なのが多いですが、消費者金融は有料になっていますので、返済や借入を行う都度、108円~216円の手数料が取られます。コンビニの提携ATMを頻繁に利用する人にとってATM手数料はバカにできない金額なのです。


レイクALSAならセブン銀行・ローソン・Enetのコンビニ提携ATMは無料です!そして審査結果は申込完了画面に表示されるので、結果の連絡を待つ必要もありません。Web完結カードレス対応になっていますので、自宅への郵送無しで借りることもできます。レイクALSAは全てを兼ね備えた新しい消費者金融です。

※30日間無利息、180日間無利息との併用は不可




レイク公式サイトはこちら


内緒で借りたい人はSMBCモビットがおすすめ!

SMBCモビット
金 利限度額特徴・メリット
3.0%〜18.0%最高800万円PC・スマホからWEB完結

03.png【SMBCモビットのおすすめポイント!】
モビットWEB完結ならカードレスの為、書類は一切郵送なし!
実質年率3.0%〜18.0%限度額最高800万円で頼れるローン!
SMBCグループのSMBCモビットで安心感は抜群!
原則24時間最短3分でお振込完了で最短即日融資も可能!(審査によっては不可もあり。)

モビットが人気の理由の1つに、WEB完結で電話連絡・郵送物なしで借りれることが挙げられます。カードローンではネットから契約までできるWEB完結が主流ですが、デメリットとしてカードだけは自宅へ郵送されてしまう点があります。


しかし、モビットのWEB完結はモビットカードの発行がありません(カードの有無を選択できる)ので、自宅へ書類などの郵便物は一切無く借入が可能なんです!キャッシングをするのに1番の不安要素は配偶者や家族に借入がバレてしまうことです。


バレる原因はキャッシング会社から来る郵便物が圧倒的に多いので、モビットのWEB完結を上手に利用することで誰にも知られずに借入をすることが可能となります!




モビット公式サイトはこちら


何度でも14日間無利息!ベルーナノーティス

beru-na.jpg

ベルーナノーティス
実質年率限度額特徴・メリット
4.5%〜18.0%最高300万円何度でも14日間無利息!

03.png【ベルーナノーティスのおすすめポイント!】
一部上場企業のグループ会社なので安心!
何度でも14日間無利息で借りれる!
インターネットなら最短3分で申込み完了!
審査時間も最短30分!※原則収入証明書不要
※収入証明書不要はご利用限度額が50万円以下または、他社含めた借入金額が100万円以下の場合になります。

ベルーナノーティスはまだそこまで知名度は有りませんが、一部上場企業「通信販売ベルーナ」のグループ会社(株)サンステージが貸付していますので、安心して利用することができます。


ベルーナノーティスの特徴は、何度でも14日間無利息が利用できることです。新規契約時に14日間無利息となり、完済してからの次回借入が、前回無利息適用の日から3ヶ月以上経過していた場合、再度14日間無利息となります。


消費者金融のノーローンがなんどでも1週間無利息をやっていますが、ベルーナノーティスは何度でも2週間無利息なので、ベルーナの方がお得と言えるでしょう。


また、ベルーナノーティスは「配偶者同意貸付」での申込みを受付ていますので、専業主婦でも申込みが可能となっています。


配偶者同意貸付とは、[申込者+配偶者の年収の1/3]から、[申込者+配偶者の借入残高]を引いた金額が借入上限になります。

配偶者の信用情報も調査するため、必ず同意が必要になるため、配偶者に内緒で借りることはできません。

また、下記の書類が必要になります。
・婚姻関係の証明書(住民票等)
・本人確認書類(運転免許証等)
・同意書(ベルーナ作成の書類)




ベルーナノーティス公式サイトはこちら



関連記事
プロミスで自宅に書類やカードを郵送されずに借りる方法
プロミス瞬フリのメリット!【24時間振込キャッシング】
アコムの借り換えローンとは?借り換えローンを説明します!
利息を下げる方法!借り換えローンの威力
東京スター銀行で借り換え・おまとめするメリット
消費者金融借り換えならアイフルがおすすめ!
借り換えローン・おまとめローンならオリックス銀行がおすすめ!
銀行カードローン審査は厳しい?借りれる?借りた人
おまとめローン後の借入・融資







この記事へのコメント

   
おすすめランキングBEST10

※弊社おすすめ順

オリックス銀行

金利1.7%〜17.8%!業界最低水準の低金利!


アコム
アコム2017.3.16.gif

安心の大手銀行系消費者金融!30日間無利息有


プロミス

消費者金融満足度No.1!最短1時間融資が可能!


SMBC
モビット

モビットのWEB完結は郵送なしで借りれる!


みずほ銀行
みずほ銀行カードローン

上限金利年14.0%の低金利カードローン!


三井住友銀行
カードローン
AF_120・60.gif

金利4.0%〜14.5% CMでおなじみ!初心者も安心


静岡銀行

地方銀行カードローン人気No.1!


アイフル

アイフルなら誰にも知られずカードが作れる!


【広告】
プロフィール

piropiro
はじめまして(・∀・) 現役消費者金融マンです。国家資格の貸金業務取扱主任者持っています。 消費者金融の審査基準・借りれる金融会社紹介・債務整理中でも融資可能な会社など消費者金融の裏側までリアルに書いていきます。弁護士・司法書士との過払い返還交渉や任意整理交渉についての現状などもお知らせします。 問合せ先はvipchokotarou@yahoo.co.jp迄お願いします。
メールお問合せ先
ファン
免責事項
当サイトで掲載中の各企業の情報には細心の注意を払い、正確で有益な情報提供ができるよう心掛けています。
しかし、審査の可否も含めて最終的な内容までをも保証するものではありません。お申込みに際しては利用者の方々それぞれの責任でご自身の判断の下で必ず最終確認されますようお願いします。
また、当サイトのご利用により生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いかねます。