申込1位バナー
金利は年利1.8%〜14.6%の低金利!限度額最高500万円!
総量規制対象外の為年収3分の1規制無し!主婦・学生も申込可能!
200万円以下は収入証明不要!※最短30分のスピード審査!
※主婦の方は利用限度額30万円以内、学生の方は10万円までとなります。
※審査時間最短30分はインターネットからの申込時です。

消費者金融比較一覧

金利は変動する場合があります。各社公式ホームページへリンクしていますので申込前に確認してください。

【消費者金融比較のポイント】

1.金利は上限金利で比較する!

2.無利息サービスを上手に利用すること!

3.当日融資希望であれば午前中には申込みすること。

4.総量規制以上(年収の3分の1以上は貸付禁止)なら銀行カードローンへ!

5.大手消費者金融であれば利便性は問題なし!中堅以下は確認要。

おすすめランキング詳細は消費者金融比較と解説参照。

会 社 名 実質年率 限度額 詳細
SMBCコンシューマー
ファイナンス
4.5%〜17.8% 1〜500万円 詳細
オススメモビット 3.0%〜18.0% 1〜800万円 詳細
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 詳細
アコム 3.0%〜18.0% 800万円 詳細
三井住友カード
ゴールドローン
3.5%〜9.8% 700万円 詳細
セゾン MONEY CARD 6.47%〜15.0% 300万円 詳細
フクホー 7.3%〜18.0% 200万円 詳細
ユニーファイナンス 12.0%〜17.95% 300万円 詳細

▼消費者金融審査ならアコムがおすすめ!

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループ アコム
実質年率:3.0%〜18.0%
限度額:800万円
審査時間:最短30分

▼メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息!

プロミス

プロミス
実質年率:4.5%〜17.8%
限度額:1〜500万円
審査時間:最短30分

【銀行カードローン比較のポイント】

1.即日融資希望であれば確認してから申込みすること。

2.銀行カードローンのメリットは低金利と高限度額、ATM手数料無料!

3.借入限度額によって金利が分かれている場合が多い。

4.総量規制対象外の為、年収1/3規制無し!主婦も申込み可能。

5.店頭融資はほとんど無いため店頭融資希望なら消費者金融へ!

※各銀行によって条件が異なるため、必ず公式ページをご確認ください。

会 社 名 金 利 利用限度額 詳細
オリックス銀行
カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円
※専業主婦不可
詳細
みずほ銀行
カードローン
コンフォートプラン
※年3.5%〜14.0%
エグゼクティブプラン
※年3.0%〜7.0%
最大1,000万円 詳細
三菱東京UFJ銀行 1.8%〜14.6% 最高500万円
※主婦は30万円学生は10万円以内
詳細
三井住友銀行
カードローン
4.0%〜14.5% 最高800万円 詳細
静岡銀行
カードローン
4.0%〜14.5% 最高500万円 詳細
スルガ銀行
リクルート支店
年3.9%〜14.9% 最高800万円 詳細
りそなプレミアム
カードローン
年3.5%〜12.475%
(変動金利)
最大800万円
※専業主婦不可
詳細
新生銀行
カードローンレイク
4.5%〜18.0% 最高500万円 詳細
イオン銀行
カードローンBIG
3.8%〜13.8% 最高800万円 詳細
イオン銀行
ネットフリーローン
4.8%〜13.5% 30万〜700万円 詳細
住信SBIネット銀行 0.99%〜7.99% 最高1,200万円 詳細
千葉銀行
カードローン
4.3%〜14.8% 最高500万円 詳細

※みずほ銀行カードローンは住宅ローンのご利用でカードローン金利を年0.5%引下げになります。表示の金利は金利引下げ後です。

▼オリックス銀行カードローン審査がおすすめ!

オリックス銀行カードローン
金利:3.0%〜17.8%
限度額:最高800万円
審査時間:最短即日審査

▼低金利+スピード+利便性No.1のカードローン!

三菱東京UFJ銀行カードローン
金利:1.8%〜14.6%
限度額:最高500万円
審査時間:最短30分(インターネットからの申込の場合)

消費者金融金利が一番安いのは?


消費者金融で一番比較するのは金利だと思います。誰しもが一番安い金利で借りたいと思っていることは間違いありませんが、どこで借りれば金利が安く(低く)なるのか?それについてはなかなか分かりづらいことと思います。


なぜなら、消費者金融会社が設定する適用金利は、その人の内容(属性)や借入限度額によって違ってくるからです。例えば、審査で10万円しか限度額を設定できない人と、100万円以上の限度額を設定できる人では適用される金利は違って当然です。


一般的な考え方であれば、10万円〜50万円の限度額設定しかできない人であれば、適用される金利はその会社の上限金利(ほとんどが年率18%)となる可能性が高いです。逆に100万円以上の高額限度額が設定可能であれば適用される金利は限度額が増すごとに低金利となっていく傾向となります。


法律上でも10万円以上100万円未満は上限金利は18%ですが(10万円未満は20%)、100万円以上は上限金利が15%となり、3%下がることになります。


このように金利とはその人の信用度合=リスク度合を示している数字とも言えます。属性の内容のみではなく、取引後の支払状況、取引年数等により、信用度合は変化していき、取引が良好であることが、その人の1番の信用となるのです。信用が上がれば限度額を増やす、増額も可能となり金利も引き下がることは多々あります。


今回は消費者金融の金利について一番安いのは?この件に関して書いていきたいと思います。


(最終更新日:平成28年12月8日)


総量規制対象外のカードローンとは?借り換えローンやおまとめローンはなぜ借りれるの?

借り換えローンは総量規制対象外画像.jpg

総量規制対象外のカードローンとは、一言で言えば銀行が貸付しているカードローンとなります。銀行のイメージは三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などのメガバンクを想像すると思いますが、銀行カードローンにも種類があり、都市銀行、地方銀行、ネットバンクそれぞれがカードローンを積極的にPRしています。


総量規制とは、消費者金融による過剰貸付と多重債務者問題が一体化となってできた貸金業法の中の法律です。そのため、規制されるのは貸金業者の消費者金融やクレジット会社、信販会社のキャッシングとなります。


どのような規制なのか?と言えば、年収の3分の1までしか貸金業者は融資することができません。仮に年収が300万円であれば貸付は100万円まで。年収600万円であれば200万円が貸付の上限となります。単純に年収を3で割った数字が自分自身の借りられる限度と考えれば良いでしょう。


では、なぜ規制されるのは消費者金融などの貸金業者だけなのか?それは銀行と消費者金融は法律が別で、銀行は銀行法、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは貸金業法になっているからです。


総量規制は貸金業法の規制なので、銀行は関係がありません。そのため銀行は年収の3分の1以上でも貸付ができる、総量規制対象外のカードローンとなっているのです。


このように説明すると、借入が多くても銀行カードローンなら借りれると考えてしまいがちですが、いくら銀行が総量規制対象外たどしても、消費者金融よりも当然審査は厳しく、消費者金融で借りられなかった人が銀行カードローンの審査に通ることはほとんど無いでしょう。


しかし、実際には借金が多い人でも低金利な銀行や、消費者金融などから借りられた話を多々聞きます。なぜ総量規制が敷かれている中で、借入することができるのか?それは借入の目的が借り換えローンやおまとめローンなどの、フリーローンとは別の利用使途で申込みしているからです。


であるならば、借り換えローンやおまとめローンは、総量規制とは関係なく借りられるのか?答えは「YES」です。今回は、借り換えローンやおまとめローンと総量規制の関係について詳しく説明したいと思います。


(最終更新日付:平成28年12月8日)


夫婦や親子の借金は返済義務があるのか?

家族の写真450.jpg

よくテレビや映画などで親の借金を背負ってしまった子供や、夫が死亡して多額の借金を返済することになってしまった妻などが登場してきます。


昔から日本は借金に対して非常に厳しい目があるため、「借りたお金はどんな事があっても返さなければならない。」といったイメージがあるのですが、本人が借りてないお金を配偶者や子供が返す義務はあるのか?


借金の返済義務は主債務者が生存しているのか死んでいるのかによって、大きく変わるのですが、前提として、夫婦のどちらかがキャッシングによる借金のあった場合、保証人や連帯保証人になっていない限り、原則として配偶者には返済の義務はありません。


また、消費者金融やクレジットカードから借金をする際に、配偶者に無断で配偶者を保証人にしても、配偶者は保証人としての責任を負うことはありません。


しかし、民法では「夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をした時は、他の一方はこれによって生じた債務について、連帯してその責任を負う」という「日常の家事に関する債務」における夫婦の連帯責任が定められています。


日常の家事というのは、具体的に衣食住のことを指ますので民法から判断した場合、配偶者(妻)が家族の食費や家賃の為に消費者金融から借りた債務に関しては、夫は保証人になっていないのも関わらず、返済の責任が生じることになってしまいます。


このような状況の場合、本当に夫に返済義務が出るのか?今回は夫婦間の日常家事債務に関することを書いていきます。


相続による借金の返済義務こととは別になりますので勘違いしないようにしてください。


(最終更新日:平成28年12月2日)


過払い請求後の借入はできるのか?

平成18年に最高裁が出した過払い返還を認める判決により、過払い返還請求はかなりの勢いで拡大しました。


過払いを完全にビジネス化した弁護士・司法書士によって返還総額の単位は兆となり、グレーゾーン金利の過払いが落ち着いてきた今では、過払いの時効10年になっていない、既に完済した人の過払い請求を掘り起こす様なCM・広告が見られるようになりました。


消費者金融等のグレーゾーン金利での契約は今となっては何の意味も無い契約書となっており実際に過払い返還請求をした人はかなりの人数になると思います。


過払い請求がここまで増えれば当然それに対する疑問が生じてくることになり、一番多いのが、「過払い請求後に借入は可能なのか?」ということです。


今回は過払い請求後にキャッシング借入やローンを組むことは可能なのか?これについて書きたいと思います。(過払い請求は弁護士・司法書士へ依頼した場合を前提に書きます。)


(執筆日付:平成24年5月4日)
(最終更新日:平成28年11月15日)



プロミスの借入金をチャージできるプリペイドカードとは?

プロミスプリペイドカード画像.jpg

消費者金融のカードローンからお金を借りる場合は、ローンカードを使ってコンビニATMなどから引き出すか、ホームページから申し込んで自分の銀行口座に振り込んでもらうしかありません。


また仮に、銀行口座に振り込んでもらったとしても、お金を使う時にはやはり、ATMから引き出すしかありません。


そして、消費者金融カードローンはATMから現金を引き出す際に手数料の掛かることがデメリットになっていました。ローンカードを使って引き出す場合はもちろんのこと、銀行の預金口座からキャッシュカードで下す時でも時間外や提携ATMを利用すると、どうしても手数料の掛かることを避けられません。


この手数料が消費者金融カードローンの高い金利に追い打ちをかける形になって、利用者の気分的には、なかなか元金が減って行かない=返済意欲が欠ける事態に陥ります。


ところが、消費者金融の最大手プロミスがATMを利用しなくてもお金を使えるサービスを2016年9月から開始しました。


その内容は、プロミスと同じ三井住友フィナンシャルグループの一員である三井住友カードが発行する三井住友VISAプリペイドにプロミスから借り入れたお金を直接チャージして利用できるというものです。


三井住友VISAプリペイドカードに融資金をチャージすることによって、今までATMから現金を出金していた作業をする必要が無くなったのです。


ちなみに、プリペイドカードというのはチャージした金額分を財布代わりに使えるカードのことです。Suicaカードや楽天Edyカードなどと同じように使えるということです。


今までのカードローン貸付方法に新たな仕組みを加えたプロミス。今回は三井住友VISAプリペイドを使って借入金をチャージすることについて説明します。


(最終更新日:平成28年11月8日)


カードローン借り換えなら低金利で!


カードローンの利用金額が大きくなった場合、金利が低いカードローンに借り換えしたいと思う人は多いと思います。利用金額が少額であれば毎月の利息は大きな違いはありません。しかし、100万円以上だった場合、低金利なカードローンへ借り換えすることで、毎月の支払金額や利息を下げることも可能です。


カードローンを借り換えをしたいと思っても、今の時代、総量規制で年収3分の1以上の貸付は原則禁止となっており、本当に借り換えできるのか?不安に思う人もいると思います。


今回はカードローンの借り換えについての説明と、借り換えに最適な低金利+高限度額のカードローンをご紹介します。


(最終更新日:平成28年12月8日)


千葉銀行カードローンの審査と口コミは?メリット・デメリットも解説!

千葉銀行カードローンLP画像450.jpg

銀行が個人向け融資に積極的に出てきてから、数年が経過しますが、正直ここまで多くの銀行がカードローン事業に力を入れるのを予想していた人はどれだけいるのでしょうか?


メガバンクの銀行なら予想は付きましたが、地方銀行までもが多くの広告費を使って、自行のカードローンをPRしています。総量規制が導入されたことで、一気に消費者金融業界は衰退していきましたが、逆に銀行はそれを契機にして年々貸付残高を増やしていき、今では銀行の方が貸付残高は多くなっています。


銀行でも目立つのが、地方銀行が発行しているカードローンです。一昔前まで銀行カードローンと言えば、ネットバンクやメガバンクが主流で、地方銀行のカードローンはほとんどありませんでした。しかし、今では多くの地方銀行がカードローンを出しており、銀行カードローンの種類は確実に増えて行っています。


この流れは今後も増加していき、地銀のカードローンは益々増えていくのは目に見えています。では、地方銀行のカードローンって、どうなのか?が、大きなポイントなのですが、正直言ってスペック的にはメガバンクやネットバンクと引けを取らないハイスペックです。


但し、多くの地方銀行では申し込み条件に営業エリア内に居住または勤務している人が条件となっており、まだ全国対応している地銀のカードローンはごくわずかとなっています。


今回紹介する、千葉銀行カードローンも、申し込み条件としては住所または勤務先が千葉県・東京都・茨城県・埼玉県・神奈川県(横浜市・川崎市)の方限定となっています。


地方銀行で全国対応しているのは、静岡銀行カードローンやスルガ銀行リクルート支店が有名ですが、千葉銀行は現時点では全国対応していません。しかしながら、スペックとしては充分に高く、他のカードローンには無い魅力があるローンとなっています。


千葉銀行カードローンの商品内容を含めて、メリット・デメリット、審査について書いていきたいと思います。


(最終更新日付け:平成28年10月21日)


銀行カードローン審査は厳しい?借りれる?借りた人

銀行カードローン審査トップ画像2.jpg

今やどこの銀行でも小口融資向けのカードローン商品を出しており、総量規制導入でその需要はさらに高くなってきています。しかし、消費者金融に比べ審査は厳しいのか?申込みしたいけど借りれるか不安などの声を良く聞きます。


今回はおすすめ人気銀行カードローンとして、オリックス銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックとみずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンのメガバンクと共に、イオン銀行カードローン等の商品内容も含め今の銀行カードローンについて書いていきたいと思います。


(最終更新日付:平成28年12月8日更新)



消費者金融審査に落ちた人がすべきこと3選!

審査落ちた場合の3選画像.jpg

消費者金融審査に落ちると、けっこうショックですよね?借りれる気満々で申し込みした訳ですから、審査落ちのメールが届いた時点で、かなり落ち込むと思います。


なぜ審査に通らなかったのか?その理由を聞こうとして消費者金融会社に連絡しても、審査に落ちた原因は絶対教えてはくれません。そうすると、もう1社申し込みしても、また審査に落ちるのではないか?と考え、不安な気持ちが増々大きくなっていくものです。


しかし、審査に落ちた原因は必ずあるわけで、その原因を取り除かなければ、別の消費者金融に申し込みしても同じように審査に落ちてしまします。


消費者金融は銀行カードローンと違って、保証会社がついていませんので、審査の難易度から言えば、銀行よりも借りれる可能性は高いはずです。


それでも借りることができなかったなら、他のカードローンに申し込みしても、きっと審査には通りません。


1日に3社以上申し込みしてしまった場合、申し込みブラックでより一層借りられなくなる可能性も出てきます。消費者金融の審査に落ちたのなら、なぜ借りられなかったのか?まずは原因を考えるべきなのです。


今回は消費者金融の審査に落ちた人がすべきことを書いていきます。是非参考にしてみてください。


総量規制オーバーなら、おまとめローンがおすすめ!


もし今、年収の1/3以上の借入があり総量規制オーバーしている状態であれば、おまとめローンがおすすめです。

(最終更新日:平成28年8月1日)


理由1 おまとめローンは総量規制例外貸付条項の「顧客に一方的に有利な借り換え」又は、「段階的に債務を減らす借り換え」となることから、消費者金融等の貸金業者でも総量規制の制約を受けず、年収の3分の1以上負債があったとしも申し込みが可能!そして審査次第で融資も可能となります。※例外貸付条項の詳しい内容はカードローン借り換えなら低金利で!を参照してください。


理由2 低金利へ一本化することで毎月の支払い金額が軽減でき、支払い回数も明確に分かるため、完済の目処がはっきりと分かる


理由3 現在総量規制オーバーであれば限度額内での借入も停止されており、毎月返済のみの状態である(貸金業者からの借入の場合に限る。銀行融資は総量規制の適用を受けません)。同じ返済のみであれば低金利一本化することの方が断然お得!


理由4 今まで支払日になると何件も入金の手続きをしなければならなかったが、一本化することで1社のみで済み、簡単。仮に支払いが遅れる場合でも1社のみに連絡すればOK。手間いらず。


【関連記事】
プロミスって総量規制対象外?プロミスおまとめローンの解説
オリックス銀行カードローンを上手に使う方法
東京スター銀行で借り換え・おまとめするメリット


おすすめランキングBEST10
オリックス銀行

金利3.0%〜17.8%!業界最低水準の低金利!


新生銀行
カードローン レイク

銀行カードローンで選べる2つの無利息期間有!


プロミス

消費者金融満足度No.1!最短1時間融資が可能!


アコム

安心の大手銀行系消費者金融!30日間無利息有


三菱東京UFJ銀行
カードローンバンクイック

最短審査30分!総量規制対象外のローン!


モビット

モビットのWEB完結は郵送なしで借りれる!


みずほ銀行
みずほ銀行カードローン

エグゼクティブプランなら年3.0%〜7.0%!


三井住友銀行
カードローン
120x60.gif

金利4.0%〜14.5% CMでおなじみ!初心者も安心


イオン銀行

銀行の中でも低金利!専業主婦も50万円迄OK


アイフル

アイフルなら誰にも知られずカードが作れる!



【広告】
プロフィール

消費者金融比較
はじめまして(・∀・) 現役消費者金融マンです。国家資格の貸金業務取扱主任者持っています。 消費者金融の審査基準・借りれる金融会社紹介・債務整理中でも融資可能な会社など消費者金融の裏側までリアルに書いていきます。弁護士・司法書士との過払い返還交渉や任意整理交渉についての現状などもお知らせします。 問合せ先はvipchokotarou@yahoo.co.jp迄お願いします。
メールお問合せ先
ファン
月別アーカイブ
免責事項
当サイトで掲載中の各企業の情報には細心の注意を払い、正確で有益な情報提供ができるよう心掛けています。
しかし、審査の可否も含めて最終的な内容までをも保証するものではありません。お申込みに際しては利用者の方々それぞれの責任でご自身の判断の下で必ず最終確認されますようお願いします。
また、当サイトのご利用により生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
http://fanblogs.jp/hirohiro30092524/index1_0.rdf
目的別カードローンで探す 消費者金融カードローン 銀行カードローン 低金利カードローン 即日融資カードローン 総量規制対象外カードローン おまとめ・借り換えローン レディースカードローン 無利息カードローン
当サイト人気No.1 オリックス銀行カードローン

300万円以下は原則収入証明書不要!

キャンペーン中のカードローン

楽天銀行スーパーローン
ご入会だけで楽天スーパーポイント1000ポイントプレゼント!

最新記事

ブログランキング

応援1クリックお願いします。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ

カテゴリアーカイブ