消費者金融比較一覧

金利は変動する場合があります。各社公式ホームページへリンクしていますので申込前に確認してください。

【消費者金融比較のポイント】

1.金利は上限金利で比較する!

2.無利息サービスを上手に利用すること!

3.当日融資希望であれば午前中には申込みすること。

4.最速で借りるならWEB申込後に自動契約機へGO!

5.大手消費者金融であれば利便性は問題なし!中堅以下は確認要。

おすすめランキング詳細は消費者金融比較と解説参照。

会 社 名 実質年率 限度額 詳細
SMBCコンシューマー
ファイナンス
4.5%〜17.8% 1〜500万円 詳細
アコム 3.0%〜18.0% 800万円 詳細
レイクALSA 4.5%〜18.0% 1万円〜500万円 詳細
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 1〜800万円 詳細
アイフル 3.0%〜18.0% 800万円 詳細
J.Score(ジェイスコア) ※年0.8%〜12.0% 最高1,000万円 詳細
三井住友カード
ゴールドローン
3.5%〜9.8% 700万円 詳細
※J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。

▼消費者金融審査ならアコムがおすすめ!

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループ アコム
実質年率:3.0%〜18.0%
限度額:800万円
審査時間:最短30分

▼メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息!

プロミス

プロミス
実質年率:4.5%〜17.8%
限度額:1〜500万円
審査時間:最短30分

【銀行カードローン比較のポイント】

1.即日融資希望であれば確認してから申込みすること。

2.銀行カードローンのメリットは低金利と高限度額、ATM手数料無料!

3.借入限度額によって金利が分かれている場合が多い。

4.店頭融資はほとんど無いため店頭融資希望なら消費者金融へ!

※各銀行によって条件が異なるため、必ず公式ページをご確認ください。

会 社 名 金 利 利用限度額 詳細
オリックス銀行
カードローン
1.7%〜17.8% 最高800万円
※専業主婦不可
詳細
みずほ銀行
カードローン
年2.0%〜14.0% 最大800万円 詳細
三菱UFJ銀行 1.8%〜14.6% 最高500万円 詳細
三井住友銀行
カードローン
4.0%〜14.5% 最高800万円 詳細
静岡銀行
カードローン
4.0%〜14.5% 最高500万円 詳細
千葉銀行
カードローン
1.7%〜14.8% 最高800万円 詳細

※みずほ銀行カードローンは住宅ローンのご利用でカードローン金利を年0.5%引下げになります。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

▼オリックス銀行カードローン審査がおすすめ!

オリックス銀行カードローン
金利:1.7%〜17.8%
限度額:最高800万円
審査時間:HP参照

▼低金利+スピード+利便性No.1のカードローン!

バンクイックカード券面(新ロゴ)画像73.jpg

三菱UFJ銀行カードローン
金利:1.8%〜14.6%
限度額:最高500万円
審査時間:HP参照

カードローン借り換えなら低金利で!


カードローンの利用金額が大きくなった場合、金利が低いカードローンに借り換えしたいと思う人は多いと思います。利用金額が少額であれば毎月の利息は大きな違いはありません。しかし、100万円以上だった場合、低金利なカードローンへ借り換えすることで、毎月の支払金額や利息を下げることも可能です。


カードローンを借り換えをしたいと思っても、今の時代、総量規制で年収3分の1以上の貸付は原則禁止となっており、本当に借り換えできるのか?不安に思う人もいると思います。


今回はカードローンの借り換えについての説明と、借り換えに最適な低金利+高限度額のカードローンをご紹介します。


(最終更新日:平成31年4月14日)


過払い請求後の借入はできるのか?

bc74f392b2a7c6bf8d25134c0c737a4b_s.jpg

平成18年に最高裁が出した過払い返還を認める判決により、過払い返還請求はかなりの勢いで拡大しました。


過払いを完全にビジネス化した弁護士・司法書士によって返還総額の単位は兆となり、グレーゾーン金利の過払いが落ち着いてきた今では、過払いの時効10年になっていない、既に完済した人の過払い請求を掘り起こす様なCM・広告が見られるようになりました。


消費者金融等のグレーゾーン金利での契約は今となっては何の意味も無い契約書となっており実際に過払い返還請求をした人はかなりの人数になると思います。


過払い請求がここまで増えれば当然それに対する疑問が生じてくることになり、一番多いのが、「過払い請求後に借入は可能なのか?」ということです。


今回は過払い請求後にキャッシング借入やローンを組むことは可能なのか?これについて書きたいと思います。(過払い請求は弁護士・司法書士へ依頼した場合を前提に書きます。)


(執筆日付:平成24年5月4日)
(最終更新日:平成31年4月14日)



消費者金融増額で限度額を上げる方法と審査

消費者金融増額審査イラスト画像.jpg

消費者金融から最初は小遣いの補填程度で3万円〜5万円を気軽に借りたけれど、ついつい使いすぎてしまって、限度額がいっぱいになる人はけっこう多いです。管理人も実はアコムから借入したことがあり、いつの間にか限度額50万円まで使ってしまった過去があります。。。


最初は10万円の枠で充分だったのですが、審査結果で50万円までOKと言われると、今後何かあったときの為に、一応50万円の限度で借りました。しかし、お酒が大好きな性格上、飲んでいると気が緩んでしまって、コンビニATMより借入をしてしまう意志の弱さがあったのです(笑)


消費者金融では昔と違い、今は増額の手続きは非常に簡単です。昔は、増額するたびに契約書を新たに書かなければなりませんでしたが、今は審査が通れば消費者金融側の端末から限度額を上げるだけで、すぐに借りることができます。


限度額が上がれば、銀行振込で融資をしてくれますし、カードを使って、提携ATM(コンビニ等)からすぐに出金することが可能なのです。その為、消費者金融の増額は利用者はほとんど何もすることが無く、本当に簡単な手続きとなっています。


増額をしてもらうには、当然審査に通らなければなりません。しかし、借り手側からすると、いつから増額が可能になるのか?審査は厳しいのか?など、分からない事ばかりです。


そこで今回は消費者金融の増額審査について詳しく書いていこうと思います。


(最終更新日:平成31年4月14日)


利息を下げる方法!借り換えローンの威力

消費者金融での借入金額が増えてくると、どうしても毎月の利息負担が苦しくなります。10万円であれば、30日間の利息は約1500円程度ですが、50万円になれば、金利18%の場合、30日間で7397円となり、15,000円返済したとしても、元金に充当される金額は約半分程度です。そこに提携ATM利用手数料などが加われば15,000円返済しても、「これだけしか減らないの?」という事態が起きてしまいます。


消費者金融などのキャッシングカードローンはすぐに借りれて、利便性も良く、必要な時にコンビニ等でいつでも出金できるメリットがありますが、限度額内で繰り返し利用できるリボルビング契約の場合、ついついキャッシングをしてしまい残高が増えてしまうデメリットもあります。


50万円を18%で借りた場合は30日間で7397円ですが、90万円ぐらいになってしまうと、13,315円が利息分となり、これぐらいになると、2万円返済しても1万円も元金に充当されなくなり、毎月支払している人は、返済後の残高を見て減らない元金にため息を漏らしてしまうレベルになってしまいます。


一番のネックは「利息」にあります。この利息が少なければ同じ金額を返済しても元金充当額は多くなり早く残高を減らすことができるのです。今回は利息を下げる方法として、借り換えローンについて書いていきます。低金利へ借り換えする威力はかなり大きいと実感できると思います。


(最終更新日:2019年4月14日)


消費者金融借り換えならアイフルがおすすめ!

消費者金融借り換え画像

今借りている消費者金融やカードローンを低金利で借り換えたいと思っている人は多いと思います。1社しか借りていなくても借入額が高額になった場合や、複数社から借入している人などは月々の利息負担を極力減らしたいのは当然のことです。


借入額が大きい人や複数社からの借入で負債が大きければ、3%程度利息が低くなるだけでも、毎月の負担はかなり減り、利息が減ることは月の最低支払金額を引き下げることが可能となるので、例えば、最低毎月3万円以上入金が必要だったものが、毎月25,000円以上になるなど、月の最低返済額が下がることは、精神的に楽になるものです。


消費者金融の借り換えローンは以前よりもありましたが、総量規制の導入により今一段と注目されている商品です。


今回は消費者金融でも随一の多彩な商品があるアイフルより、かりかえMAXについてと、借り換えローンにおすすすめなカードローンをご紹介します。


(最終更新日:平成31年4月14日)


利息無料!金利0円のカードローン

利息無料!金利0円

カードローンでキャッシングした場合、当然利息(金利)は低い方が良いと思います。借金だから利息を払うのは当然と考えるかもしれませんが、利息無料のカードローンは実際にあります!新規契約で借入するのならば、無利息サービスのある会社で借りるのと、無利息サービスが無い会社では借りる金額が大きいほど差額が出てきます。


貸金業法改正に伴い、上限金利は29.2%⇒20%に引き下げとなりました。消費者金融会社は利息収入が売上にあたる為、上限金利が引き下がった今、無利息キャンペーンをしている会社は少なく限られています。無利息をしているからと言って、通常の実質年率が他よりも高いわけでも無く、支払や借入方法について特殊な制約が設けられているわけではありません。


無利息サービスを使ってデメリットは1つも無いと言い切れます。しかし、世間一般的に無利息サービスはそこまで広く浸透しているように感じられません。それは大部分の無利息サービスは新規契約の1度限りとなっている点も関係していると思います。


逆に言えば新規契約をする特典として、無利息を受けられるのに、それを利用しない手はありません。今回は銀行系大手消費者金融プロミスの30日間無利息、ノーローンのなんどでも1週間無利息、銀行カードローンからは新生銀行カードローンレイクの180日間or30日間無利息サービスについてメリットを書いていきます。


初めてカードローンでキャッシングするのであれば、利息無料の無利息サービスを選ぶことをおすすめします。
※プロミスの30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


【注目!】平成26年10月1日からアコムでも金利0円サービスを開始!初めての方なら契約日の翌日から30日金利がかかりません。「お借入日の翌日」ではございませんのでご注意ください。


(最終更新日:平成31年4月14日)


債務整理後の借り入れは可能か?

貸金業規制法⇒貸金業法となり、上限金利引下げによるリスク回避の為と総量規制の導入により借り入れはますます困難な状態となっています。


特に中小、零細企業は数週間後に資金が入ってくる予定があっても、その何日間のつなぎ資金が無いために倒産してしまうということもあります。


銀行は小さい規模の会社にほど冷たく、不景気により身内・親族からの借り入れもできない。以前であれば個人名義で消費者金融から借り入れして持ちこたえた人も多いと思いますが、今の時代消費者金融からの借り入れも厳しくなってしまいました。


貸し出し窓口が狭まっている今の状況では弁護士・司法書士への債務整理依頼が増えていく事が当然予想されます。一度債務整理をしてしまうといろいろなデメリットがついてきますが、一番痛いのは暫くキャッシングやローンが組めなくなることです。


今回は債務整理後の借り入れポイントについて書いていきます。


(最終更新日:平成31年4月14日)


審査複数件同時申込みは断られる?

一度審査をして断られた人なら分かると思いますが、金融会社に融資の申し込みをして断られるとけっこうショックだと思います。


何がショックと言えば審査に費やした時間、そして借りれると思っていた分、その後の行動や予定がすべて狂ってしまうからです。


そして何よりまた別の金融会社へ申込みしなければならない手間と時間を考えればかなりメンドクサイときっと思うでしょう。そして2回目に申し込みする場合、また断られたら?と不安がよぎり、断られた時のために別の金融会社も申し込みして2件同時や3件同時に申込みする人も少ないと思います。


2件同時ぐらいであれば問題ありませんが、同時・単独含めて4件以上の申込みは逆に断られる可能性が高くなるのを知っていましたか?


よく申込みしすぎで断られたと聞いたことはあるかも知れませんが、なぜ断られるのか?その理由と同時に申込みする場合の最善の方法を書きたいと思います。


(最終更新日:平成31年4月14日)


借金返済しなかったらどうなるのか?

借金返済できなかったら.jpg

消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングの支払いをしなかったらどうなるのか?これについて簡潔に説明したいと思います。


(最終更新日:平成31年4月14日)


年収借入限度超えても借りれる金融とは?

タイトルの借入限度は総量規制の基準となる、年収の3分の1を超えてもという意味です。借入限度枠を増やす(増額)とは違いますのでよろしくお願いします。


総量規制が導入されて6月で丸2年経過しようとしています。(執筆時:2012年3月)総量規制と上限金利引下げが柱の貸金業法改正後は、借りられない資金需要者が溢れ、ヤミ金へ手を出すことが危惧されていました。しかし今のところ大きな混乱は無いというのが正直な感想です。


しかしヤミ金も昔ほど過酷な取立てをしない「ソフト闇金」たるものが出てきており、以前みたいに警察沙汰にならないように借り手と信頼関係?をつくって警察の介入を防いでいるようです。その為、ヤミ金被害は正直な件数が把握できていないのが現状です。


どうしても手元に資金が必要になったとき、今の総量規制がある限り年収の3分の1以上の借入はノンバンクからはできません。(例外と除外、契約形態で適用外もありますが...詳しくは過去記事を参照してください。)では、年収限度以上の借入をしたいときにどうすれば良いのか?今回はこの件について書きたいと思います。


(最終更新日:平成31年4月14日)


おすすめランキングBEST10

※弊社おすすめ順

オリックス銀行

金利1.7%〜17.8%!業界最低水準の低金利!


アコム
アコム2017.3.16.gif

安心の大手銀行系消費者金融!30日間無利息有


プロミス

消費者金融満足度No.1!最短1時間融資が可能!


SMBC
モビット

モビットのWEB完結は郵送なしで借りれる!


みずほ銀行
みずほ銀行カードローン

上限金利年14.0%の低金利カードローン!


三井住友銀行
カードローン
AF_120・60.gif

金利4.0%〜14.5% CMでおなじみ!初心者も安心


静岡銀行

地方銀行カードローン人気No.1!


アイフル

アイフルなら誰にも知られずカードが作れる!


【広告】
プロフィール

piropiro
はじめまして(・∀・) 現役消費者金融マンです。国家資格の貸金業務取扱主任者持っています。 消費者金融の審査基準・借りれる金融会社紹介・債務整理中でも融資可能な会社など消費者金融の裏側までリアルに書いていきます。弁護士・司法書士との過払い返還交渉や任意整理交渉についての現状などもお知らせします。 問合せ先はvipchokotarou@yahoo.co.jp迄お願いします。
メールお問合せ先
ファン
免責事項
当サイトで掲載中の各企業の情報には細心の注意を払い、正確で有益な情報提供ができるよう心掛けています。
しかし、審査の可否も含めて最終的な内容までをも保証するものではありません。お申込みに際しては利用者の方々それぞれの責任でご自身の判断の下で必ず最終確認されますようお願いします。
また、当サイトのご利用により生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いかねます。