2016年06月28日

遼君と新右衛門さん

「遼君って、新右衛門さんに似ている……」
なんて、私がちょっと前の記事に書いたことを、覚えてらっしゃいますでしょうか?

今回、せっかくなので、新右衛門さんを見付けてきたんですよ〜。

それでは皆さん、心の準備はよろしいでしょうか?
行きますよ〜。
せ〜のっ!

ジャジャジャーン!








そして、遼君も貼っちゃいます〜♪







……あれ?

こうして見比べてみるとあんまり似てないような……。

ああ〜、遼君の表情が、不敵でギラギラしているからなのね〜あせあせ(飛び散る汗)

もうちょっと力が抜けた時の顔があれば良かったんですけど、そんな都合の良いものは探し出せず……。

でもほら、
眉毛とか、目の感じとか、揉み上げや口元辺り、雰囲気があると思いませんか〜???
その辺りだけでも伝われば良いのですが……って、こんなことを考えているのは、やっぱり私だけなんでしょうか……。

と、とりあえず、本日は書き逃げで失礼致しますダッシュ(走り出すさま)

posted by 水守伸之進 at 15:46 | その他

2016年06月27日

サムライ・ナンバリング〜ウイングからの流れ者が語る持論とは如何に?〜

サムライ達にも、GWと同様に「1〜5」のナンバーが付いているんですよね。

ファンの間では、仁・義・礼・智・信の並びによる、1・2・3・4・5が通説となっているようなのですが、
GWからの流れ者である私は、中々それがしっくりと来ない……(汗)。

やっぱり、長年GWのファンをやっていましたので、そちらでの容姿や性格等からくる「何とも言えないイメージ」が定着してしまっているんでしょうね〜。


1=ヒイロ…1番の主人公。強靭な肉体と精神、野性を宿す。気高く厳しい性格は、慈愛の裏返し。

2=デュオ…サブ的な役所。明るく、一見人好きのする雰囲気を持つが、中身は結構ドライでシビア。

3=トロワ…クールというより感情が欠落している。戦闘マシーンと化しているが、実は戦いには否定的。

4=カトル…心優しく、純粋。貴公子然としているが、実は内に戦いへの熱い思いを秘める。5人のまとめ役。

5=ウーフェイ…中国系。武道の達人で正邪を見分けられる。冷徹に見えるが、本来は純粋でシャイな少年。


自分の中にある、そんな「1〜5」のイメージに、サムライ達を当てはめてみると……


1=遼…1番の主人公。野性味溢れる不屈のリーダー。大らかで慈愛に満ちている反面、その情熱の分だけ激しさがある。

2=当麻…2番手に登場!でサブっぽい、超天才の作戦参謀。一見ドライな言動も多いインテリ坊ちゃんだが、実は人情に脆く、照れ屋。

3=征士…クールなイケメン。凄腕剣士の副リーダー。決断力・行動力に優れる一方、悩み出すと時間が掛かる面がある。何事も率直故に、失礼な発言が多い。

4=伸…心優しく穏やかな、5人のまとめ役。お坊ちゃん風の外見で、中身はひょうきんでもある。悩み多くも、覚悟を決めれば潔良く、頑固。悪には非常に厳しい。

5=秀…中国系。カンフーが得意な元気一杯、猪突猛進のトラブルメーカー兼ムードメーカー。頑強な見掛けによらず、繊細で打たれ弱い所がある。純粋で仲間思い。


Gパイロット5人とそれぞれ違いがありつつも、これで何となく落ち着くんですよね〜。

そして、この順番は、TV版のキャストの並びと同じになっている!ということで、
ウチでは、このナンバリングを採用している次第だったりしております。

後、ナンバリングとは、ちょっと違うかも知れないのですが、


遼=1枚目

当麻=1枚目半

征士=2枚目

伸=2枚目半

秀=3枚目



なんていうのをいつもの身内と一緒に考えたりして、楽しんでいたりもしております(笑)。



サムライ・ナンバリング関連記事



posted by 水守伸之進 at 17:55 | その他

2016年06月26日

すずなぎに関する私なりの考察

今日は、OVA「メッセージ」に登場する「すずなぎ」について、私なりの考察を書いてみたいと思います。

といっても、資料等はほとんど持っていないため、アニメを観て私個人が考えているという、何とも憶測的内容となりますので、何卒、御了承下さい〜。

続きを読む...
posted by 水守伸之進 at 17:17 | MESSAGE

2016年06月25日

「どれも竹の子の背くらべだわね。しごくのが楽しみ、フフフ……。」



昨日、当サイトでの「サムトル・キャラクター人気投票」を作るのに、四大魔将の本名を確かめようと、身内から「メモリアルズ・下巻」を借りたんですよ〜。

その中にあった、『鎧伝サムライトルーパー』の原案である『超豪拳士アラム・シャダー』の話を改めてちゃんと読んだのですが、
いやはや……、こうならずに「トルーパー」が誕生してくれて、本当に良かった!
なんて、思ってしまいましたよ(笑)。

いえ、これはこれで、中々面白そうなんですけどね。
でも、やっぱり、私は「ヒロイン」が苦手なものでして……。

ナスティのお色気と母性愛に、少年達が手懐けられていく……。

う〜ん、ちょっとなぁ〜。
これが伸子さんだったらいいんだけどなぁ〜。
……って、結局、キャラクターが気に入るかどうかの問題なのかも知れませんが(汗)。

でも、この悪女っぽいナスティ、結構格好良いと思います。
私、割と悪女は好みなんですよ。

女らしいいやらしさがあって、でも本当は、誰よりも純粋だったりして……。

しかし、そうなると、少年達よりもナスティの方が気に入っているかも知れない……。


さてさて、この『超豪拳士アラム・シャダー』。
流石に原案というだけのことはあって、確かにトルーパーに引き継がれている部分があるんですよね。

とりわけ私が興味を覚えたのは、(仲間同士が)争い合って、暗黒軍団の戦士と戦うという所。

なる程。
手柄の取り合い、活躍の取り合いは、しっかり原案からあったんだ……。

最初の1〜5話辺りの遼なんて特に、「俺が」「俺が」って主張していて、6話で伸君とセットになって以降は、ちょっと落ち着き(リーダーとしての貫禄か)が出て来たか?と思いきや、天橋立で抜け駆けですもんね(笑)。
ハナッから、ナスティの言うことに聞く耳持たずの「にやり」。
でも1人で行くのは不安だからか(?)、白炎を連れて行こうとして……。
ブーブー文句垂れながらも大人しくなっていた秀なんて、ホント、可愛いもんですよ。

ぶつかり合う個性と個性。人間らしさ。
若さ故の自信と、勢いと。
そりゃ、そうですよね。「地元じゃナンバー1」の実力者達の寄せ集めですからね。
それが次第に、お互いを思いやるようになり、5つの心でまとまっていく……。

これぞ、明るく健康的で等身大のヒーロー!
やっぱり、トルーパーは楽しいですね〜♪


また、話は変わりますが、私、この「メモリアルズ・下巻」でお気に入りのページがあるんですよ。
それは、142ページ。その悩める遼なんですよ〜。

そんな遼の求める答えは、伸君に聞けばすぐに分かるんじゃないかしら。
えっ?伸君もうっかり忘れてるんじゃないかって?
……そうなると、知識の当麻に登場してもらいましょうかね〜。ふふふっ。

こんなことを考えては喜んでいる伸之進です。


あっ、そうでした!
先に触れました「サムトル・キャラクター人気投票」。
よろしければ、当サイトに立ち寄ったついでとして、一票入れてみてやって下さいね。
性別やら年齢やら地域やらが選べるようになっていますが、もちろん、選ばなくて大丈夫!ですので、お気軽にどうぞ。

ではでは、ここまで長々とお付き合い下さり、有難うございました〜◎

posted by 水守伸之進 at 17:26 | TVシリーズ

2016年06月23日

サムライトルーパーTV版、どのストーリーが好きですか?

突然ですが、トルーパーファンの皆さんは、TV版のストーリーの中でどの話がお好みですか?

やっぱり、熱いバトルの連続!勢いとあっと驚く展開の前半の面白さといったらないですよね〜♪
でも、仲間同士の日常や繋がりに踏み込んで描かれた後半も楽しくて、これはこれで捨て難い気がするぞ……。

そんな中で、私が1つ選ぶと鳴門、やっぱり、こちらになるんでしょうか〜。




第6話「反撃 怒りの超流破」!


まあ私、伸君ファンなものですからね。
ああ、でも天橋立で水蒸気爆発も、ラッコさんポーズも、遼を放せーっ!も、どれも、これも、好きなんですよね〜。
時々出てくる「俺」と、後半の「チッ」とか「シッ!」は、微妙に認めてないんですけど(笑)……でも、それすらも何だか愛おしく感じてしまうこの頃だったりしておりますが……。

さてさて、そんな「反撃 怒りの超流破」なのですが、5人の精神的なまとめ役(当麻は戦略面でのまとめ役、遼は斬り込み隊長、征士は副隊長……いや、遼と2強か?秀は斬り込んでいくけどリーダーの遼とはまた違う感じ……頼れるムードメーカー?)で、地味に苦労している伸君の人柄、魅力が、ぎゅぎゅっと濃縮されていますよね!

心優しい「水の戦士」故に、なおさら海に愛されて。
仁の熱に応える信。
静寂の中での力強い目覚め。
調和と自然を汚す者への激しい怒り。
決まったはずが上手くいかない、あの抜け作感。
那唖挫にいたぶられての、あの色気……。
そして、土壇場力で放ってみせる、「反撃 怒りの超流破」!!


いやぁ、もう、本当にたまらんですわ〜黒ハート

また、ラストの台詞。
「奴等がはびこれば……」
と、既に自分の中で、この戦いの意義や確固とした目的を見出しているのが、「ああ〜、やっぱり年上なんだなぁ」と実感出来て良いんですよね〜。

ではでは、本日はこの辺りで失礼致します。

posted by 水守伸之進 at 16:51 | TVシリーズ

2016年06月21日

ウイングからサムトルへ遡ることは、運命だったのかも知れない?!

何で、あんなに夢中だったんだろう?
それすらも、何だか良く分からない。
そういうものってありますか?
私の場合、それがガンダムWなんですよね〜。

恐らく、池田監督が降りられてからだろうと思われる、男女の恋愛モノ染みてくる雰囲気にげんなりしてしまう私……。

そうじゃないだろう。
きっと「恋愛」より、「人類愛」がテーマなはずだ!


その一心で、TVアニメ、ラストの方の言動に、自分なりの考察や解釈を付けようともがいていたあの頃。
しかし、丁度購入したムック本



角川書店
新機動戦記ガンダムW
COMPLETE OPERATION



に寄せられていた監督のコメントで、ふっと目が覚めました。

監督が描かれていないGWに、きっと他の解釈等存在しないのだ。
私がこれまで考えてきたことは、無駄な足掻きだった……!


本当に衝撃的でしたね。
そこからGWに対する愛着がどんどんと薄れていって、
そのぽっかりと空いた心の穴に、時期を同じくして観直したトルーパーとOVA「メッセージ」が、かなりの質量を持って飛び込んで来たのは言うまでもない……といった感じです。

そうして、伸君のファンになり、どっぷりとトルーパーに浸かりこんで現在に至っている。

全く以って、「縁は異なもの味なもの」。

もしかして、トルーパーと出会うために、GWにハマッたのか?!

あの時の「ウイング・ショック」がなければ、ここまでトルーパーにのめり込まなかっただろう。
そう思えば思う程、運命的なものを覚えずにはいられない私、伸之進なのでした(笑)。

posted by 水守伸之進 at 16:38 | その他

2016年06月15日

勝手なイメージで、ごめんなさい。

実は私、密かにずっと抱き続けているイメージがありまして……。

本当に、おぼろげな遠い記憶なんですよ、子どもの頃に観ていただけで詳しくは覚えてないんです。
なんて、先に断りを入れている訳なのですが、それは一体何の話かと申しますと……

TVアニメの『一休さん』ってありますよね?
そこに出てくる「シンエモンさん」ってお侍さんがいらっしゃるじゃないですか。

(私が何を言いたいのか、察しの良い人なら、もうお気付きかも知れない……)

そう、その新右衛門さんにですよ。

遼君って似ているよなぁ〜。
遼君って新右衛門さんのイメージだよなぁ〜…。

という……(汗)。

いやあ、中身がどうとかじゃないんですよ(でも、中身から来る雰囲気は影響しているかも知れませんが)、ヴィジュアルのぼんやりとしたイメージなんですよっ!
あのTV版の長い後ろ髪を、一つに結い上げたらですね、顎は割れていないけど、凛々しく太い眉毛と揉み上げがこう……。

う〜む。こんなことを考えているのはやっぱり私だけなんでしょうかね(汗々)。

そんな次第でして、この間ちょっと気が向いたので、インターネットの検索で新右衛門さんを探してみたんですよ。
そうしたら、現われた画像を見て……やっぱり、似ている……?
そう思ってしまった私です。

遼君の方がハンサム……でも、新右衛門さんだって、中々の男前に見えるぞ……。

posted by 水守伸之進 at 14:25 | その他

2016年06月12日

本棚の整理が終わったので…

昨日の記事に書きました、本棚の整理云々。
引っ張り出してきましたよ、トルーパー同人誌19冊!

少々勿体ないような、名残惜しいような、後ろ髪を引かれる気分になるのですが、
「ええいっ!ここは思い切って行ってまえ〜っっ!」
という訳で、この間から片付けているGW本と同様に、近々中古買取に出そうと目論んでいる次第です。

よぉ〜し、これで、空いた本棚のスペースに、R×S本が一杯並べられるぞ〜っ!

果たして、そんなささやかな欲望が満たされる日は、いつになったらやってくるのでしょうか(汗)。

しくしく……。
良いんですよ、どうせ(多分)超マイナージャンル……。
小説版「輝煌帝伝説」の例のシーンを何度も読み返して、心を満たしておきますから……。
ああ〜、でも本当にあのシーンは感動ものだったんですよ。
出来るなら、もう、その箇所を蛍光ペンでマークしてしまいたい、ページをドッグイヤーしてしまいたい(笑)!

そんな雨の日曜日の昼下がりなのでした。

posted by 水守伸之進 at 15:50 | その他

2016年06月11日

今日こそは、本棚の整理をしよう!

本棚として使用している2段のカラーボックス。
常日頃のサムトル本収集の成果もあって、段々と手狭になって参りました。
なので、今日は中身の整理をしようと目論んでいる私です。

まあ、中身といいましても、
公式関連のものは、
「メールボックス」
「ラブレター」
ラポートのムック本「外伝」と「輝煌帝伝説」、
そして、つい先日手に入れた小説版「輝煌帝伝説」のみ。

他のムック本や小説、メモリアルズ等は身内の方が集めてくれていて、それらを読ませてもらっている状態(せこい!)ですので私の本棚にはなく、後は大体、同人誌が占めております。
そんな所で、早い話(?)が、その同人誌達を何冊か手放そうかなぁという訳でして……。

というのも、自分の好きなCPは、(多分)超・マイナージャンル!
なので、駿河屋さんや他の同人誌ショップ等を探してみても、ほとんど存在しないんですよ、これが(涙)。
故に、購入するのは、いつも、逆のCP本!
いえ、それはそれで、ストーリーも絵も凄くて、面白く、何かと勉強になる本ばかりなのですが、それでもやっぱり、好みの趣向のものが欲しいな〜、読みたいな〜という願望が、日増しに大きく育ってきてしまいまして……(汗)。

本当に、「こればっかりは、しょうがない」という感じですね〜。
それに、苦手なCPは、いつまで経っても苦手なままですからね。

まあ、良いんですよ。
こういうのも全部ひっくるめて、自分という存在なんですから……。

posted by 水守伸之進 at 15:14 | その他

2016年06月10日

暑い日に、心まで熱くなる…。

う〜……。暑いですね〜……。
室温が31度に達する中、扇風機の風を受けながら、こうして記事を書いている私です(汗)。
どうぞ、皆様も、熱中症にはくれぐれもお気を付け下さいね。

さてさて、そんな次第なのですが、今日はちょっと読書をしておりました。
何の本かといいますと、



浜津守著『鎧伝サムライトルーパー 輝煌帝伝説・ビデオ版』

なんですよ。


公式のものって、ちょっと蓋を開けるのが怖かったりもするのですが(自分の解釈と違っていたらショックですしね)、怖いもの見たさと興味、アニメ中で分からない部分を知りたいという思いもあって、今回遂にこちらの小説に手を出してみました(笑)。
とは言っても、まだ、ざっくりと読んでみたという感じなのですがね。

それでも私、今、不思議な充足感に包まれております。
心に熱い何かが宿っていて、晴れ晴れと、とっても気分が良いんですよ。

――なんて、まあ早い話が、伸君の魅力が作中の至る所で溢れていて素敵だったという……。

秀と伸の仲の良さを知ることの出来るエピソードは切ないですし、
遼が伸のためにあんなこと(?)をしてくれるなんて衝撃が走りましたね!
純やナスティではないんですよ、同じ鎧戦士である伸のためになんですよ?!
いつも何かと助けてはくれるけど、それが、ここまでしてくれるなんて……!!

何だかもう、驚きと感激で感無量になってしまった私です。

また、アニメとは展開の違う部分も結構あるのですが(ラストも違いますしね)、主要メンバーや、ムカラ、ナリアの人物像がアニメ以上に踏み込んで描かれているので、人間臭さがあって、何とも味がありますね〜。

私、もっと早くこの本を読んでいれば良かったなぁ、なんて思ったり(現金!)……。

それでは、今日はこの辺りで失礼致します。

posted by 水守伸之進 at 19:20 | 輝煌帝伝説
ピックアップ!
  1. 1. no img 鎧伝サムライトルーパーを『MESSAGE(メッセージ)』から読み解けば… 第1回
  2. 2. no img 登場篇語り1〜ねらわれた大東京〜
  3. 3. no img サムトル・カセットで大笑いして、風邪なんて吹き飛ばそう!
オススメです♪

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
サムトルグッズが熱い!!
新参者(?)の私は、こちらの「駿河屋」にお世話になりっぱなしです(笑)。

何か掘り出し物が見付かるやも…?!
そんな方は、こちらのリンクが便利ですよ。↓↓
サムライトルーパー | 通販ショップの駿河屋


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


◎【ひらりとサムライトルーパー】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


◎サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



性別・年齢・地域は選択なしでも投票可。
あなたの1票をお待ちしております!


カテゴリーアーカイブ
検索

一押しサムトルグッズ◎

<小説>

5人の鎧との出会いや家庭環境が分かる1冊。



格好良くて可愛い伸君の魅力が満載!

感想記事を見る。



<ムック本>

5人に添えられた詩がイイ味の1冊。



伸君のアップが一杯(?)で嬉しい1冊♪



自分と解釈の違いはあれど、シンプルで重宝するシリーズ。




<ドラマ>

地味でしたたかな伸君が、いつだって素敵!

感想記事を見る。


トラブルも起こしてしまうけど、頼りになる秀♪

感想記事を見る。



こちらも運営中*
身内サイト☆

よろしければ、ぽちり、と。

にほんブログ村 アニメブログへ


こっそり主張です。↓↓
ryoshin_doumei40.gif doumei_shinko40.gif


QRコード