2016年05月15日

鎧伝サムライトルーパーを『MESSAGE(メッセージ)』から読み解けば… 第1回



ファンの間では異色作で問題作ともされている、トルーパーOVA『MESSAGE』。
確かに、総集編的な内容、ナレーションの多さ、ほとんど説明も無く進む出来事の数々に、お金を出してビデオを手に入れたのに!5人の活躍を楽しみにしていたのに!とガックリきたファンの方もいらっしゃることでしょう。

が、しかし!
池田監督が手掛けられなくなったガンダムWに満足出来なくなっていた私の心には、このメッセージがガツンと響いてきました。
「こ、これだぁっ?!」
全く以ってアニメ通ではない私ですが、これ程までに真摯にキャラクター達と向き合い、極められた作品は他にはないだろうと感じております。

そんな訳で、鎧伝サムライトルーパーの集大成であるメッセージについて、自分なりに語ってみたいと思います。

※リアルタイムを知らない、ムック本もちゃんと揃えられていない、そんな私の、あくまで主観的な内容になりますので、何卒御了承お願い致します。
また、ネタバレを随所に含みますので、これからトルーパー・シリーズを観ようと思っている方は退出された方が無難かも知れません(汗)!


それでも良いぞと言って下さる方は、どうぞ、「続きを読む」からお付き合い下さい〜。

MESSAGE
第1話「解っていた結末」


<ストーリー>

季節はずれた むしの音に 心ひかるる我むねよ
なぐさめらるる月夜さえ にぶく輝くロザリオを
深くはけして わかるめぇなぁ

「何故だ、何故またこんなことが起こるんだ?!まだ何かさせようというのか?」
もうサムライトルーパーではなくなったはずだ。
妖邪帝王阿羅醐(アラゴ)との死闘、黒い輝煌帝を纏う戦士ムカラとの出会いを果たした新宿に、またしても不穏な空気が漂い始めている。かつてサムライトルーパーの智将・天空の戦士であった羽柴当麻は、不安と焦りの中を駆け抜けていた。
目指す先は、新都庁。
「ひとーつ、ふたーつ、みっつ、よっつ、いつつ!!」
夜空に響く声。そこで当麻は、声の主である謎の女すずなぎと対峙する。
すずなぎの意思が攻撃となり、襲い掛かる。それをかわす当麻、だがその彼の体を守るように包んだのは、かつての力。そう、自分の体に残り続けていた鎧の力だった。
「あなた方は死に果てるまで、サムライトルーパーの名を背負って生きるのです」
「恨むことです、迦雄須(カオス)を。鎧無間地獄に送り込んだ迦雄須を」
そうして、すずなぎが映し出したのは、第二次大戦中の記憶。迦雄須が天空の封印を解かんとする、そのイメージだった。

阿羅醐の復活を阻止するために、同じ妖邪の凄まじき力を持つ天空の鎧を解き放つ迦雄須。「必ずや、真の主、探し出して見せようぞ……」
だがその向こうに、キリシタン装束のあどけない少女の霊が現れる。
「この鎧を使ってはいけません!鎧は炎となり、醜い争いを繰り返し、この世を焼き尽くすだけのもの」
少女が仕掛けた攻撃に、形相に、とてつもない怨念の力を感じ取った迦雄須は、非情な過去に思いを馳せ、少女の成仏を試みる。迦雄須を守る天空の鎧の力により、消え去る少女。
そのいたいげな少女こそが、かつてのすずなぎであった。

すずなぎの部屋の中。幼き姿のすずなぎが、泣き疲れて当麻の膝の上で眠っている。
その悲しみを思いやる当麻。
「鎧を求めることは鎧の存在を促すことになる。あくまでも拒み続けて、初めて平静がもたらされる。このような不幸をこれ以上起こす訳にはいかないのだ」
ふと、少女の手に抱えられていた古ぼけた数枚の紙が目に留まる。そこへ手を伸ばした瞬間、ばさばさと舞い上がった紙の面に新たな鎧の絵姿が浮かび上がった。驚く当麻に、向き直った幼きすずなぎが、復讐の歌を詠み上げる。
彼女の成そうとしていることを悟った当麻は、輝煌帝の鎧へと行き着くが……。

「これが……お前の描く輝煌帝か……」
当麻は、すずなぎの舞台(ネオステージ)を見つめていた。
仁、義、礼、智、信の5体の鎧によって、崩れ去る黒と白の輝煌帝。
「さみしゅうございました。さみしゅうございました」
「お恨み申し上げます当麻様。鎧をお使いになったあなた様を……!」
剛烈剣を手に、憎しみと悲しみの化身たるすずなぎが、舞台上の5人に迫る。
次々に斬り倒されていく仲間達。そして、天空が斬られた瞬間に飛んだ翔破弓を受け取った当麻は、すずなぎに向けて思わず矢を番える。
再び対峙する2人。だが、巻き起こる炎のイメージに幼きすずなぎが泣き叫ぶ姿が重なって……。
「私の悲しみはここに怨念となり、残っております。あなた様に仕留められてこそ、私の成仏は果たされるというもの。お討ち下さい当麻様。それが定めなのです!」
「討てん!何故そんなことが出来る?!そんな傲慢な力は持ち合わせていない!!」
弓を捨てる当麻に、すずなぎが尚も募る。
「ならば、安らかな死を与える定めをお受け下さい!!」
「定めだと?!」
「サムライトルーパーとしての定め!」
「はっ?!」
自分を囲むように乱れ飛ぶ反物。脳裏に蘇るのは、サムライトルーパーとして戦った、鎧の意志に利用され、過ぎ去った虚しき過去。
「武装、天空ー!!」
高らかに告げるすずなぎの声に、必死に抗う当麻の姿は、だが、やがて静かに佇む一体の鎧武者へと変わってしまう。
「まずは、ひとーつ」
はらりと、花びらが舞い落ちていた。



<語り・考察>

ふう〜っ。こうしてあらすじを書いているだけで息が上がってきそうな所なのですが(笑)、とりあえず、この「メッセージ」は、フィーリングで感じ取ることが大事なんですよね〜。
どうしてこんなことになっているのか、ネオステージってどうなっているの?幻と現実の区別は?なんて、細々としたことには拘らない。拘っちゃいけない。無駄な説明も一切ありません。
ストーリー、登場人物の心情、動き……確かに成り立っているのに、理屈で説明出来ないような部分があって、そういう所に、監督のセンスや映像の美しさ、面白さを感じたりしている私です。

さてさて、内容の方に入っていきますが、
まず、押さえておきたいのが、鎧世界の意思、輝煌帝の存在でしょうか。
この辺りは、前作の『輝煌帝伝説』から引き継いできている部分なのですが、
鎧世界の意思そのものと言える輝煌帝の鎧は、戦い続けた果てにある「無」というのを求めています。
その実現のために、妖邪界にも人間界にも、干渉し続けてきました。利用出来るものは利用して、着実にその魔手を伸ばしてきており、それを阻止しようと戦って、白と黒の2つの輝煌帝を砕いたのが前作でした。結果的には5体の鎧も消え、少年達は鎧から解放されて、サムライトルーパーではなくなるのですが、決して「めでたし、めでたし」では終わらない……。
阿羅醐だって、トルーパーの鎧だって、時間が経てば復活するぐらいなのですから、それとは比べ物にならないくらいとんでもない力を持った輝煌帝の鎧が蘇らない訳がありません。
「妖邪との戦いが起きなければ、自分達が鎧を求めなければ、忌まわしい輝煌帝を出現させずに済むはずだ!」
そうして鎧を否定し、戦いを忘れようとすることで、彼等は自分達の今を生きている。
それでも、水面下(?)では、輝煌帝は望みを達成させるために、じわじわと世界に干渉し続けています。

そして登場する、すずなぎ。
隠れキリシタンであること、芝居一座の生まれ(エンディングの映像より)であること、鎧に恨みを抱いて死に、怨念となったことの他は、この段階では不明な謎の女性ですが、偽りで身を固めた悪女ではないということは分かります。
迦雄須とのエピソードでは、鎧に激しい恨みを抱きながらも、人間というものを愛していたことが窺えますし、当麻に「討て」と頼んだのも本当だったと思います。

すずなぎが当麻に突き付けたのは2択。

「サムライトルーパーとして、妖邪と化した私を仕留めるか」
「サムライトルーパーとして、輝煌帝を再び呼び出す道具となり、鎧の意志のままに世界を無に返すか」

後者の場合は、彼女の望みも達成するため、彼女自身、安らかに消える(死ぬ)ことが出来るということでしょうか。
当麻を早々に強制的に武装させなかったのは、彼の答えを聞きたかったから。
そして、当麻は前者を否定しました。
あそこで当麻がすずなぎを討ち取っていたなら、それはそれで、彼女は目的を諦めていたかも知れません。でも、そうなっていたら、本当の意味で救われるラストには繋がらなかったでしょうが……。
とにもかくにも、人情を分かっている当麻は討てなかった。
それ故に、彼女の問答は続きます。次は、伸です。


――という風に、勝手に解釈している私ですが、如何だったでしょうか???
もし、この考えに、少しでも賛同して下さったならば、この上ない幸せです〜☆



こちらは、ケイブンシャのムック本。シンプルで割と薄い感じの本です。
自分とは解釈の違う所も色々とあるけれど、カラーページ、キャラクターのアップ等が満載で、ついつい見入ってしまうという……。お気に入りのシリーズです♪



鎧伝サムライトルーパーを『MESSAGE(メッセージ)』から読み解けば…



posted by 水守伸之進 at 21:03 | MESSAGE
ピックアップ!
  1. 1. no img 鎧伝サムライトルーパーを『MESSAGE(メッセージ)』から読み解けば… 第1回
  2. 2. no img 登場篇語り1〜ねらわれた大東京〜
  3. 3. no img サムトル・カセットで大笑いして、風邪なんて吹き飛ばそう!
オススメです♪

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
サムトルグッズが熱い!!
新参者(?)の私は、こちらの「駿河屋」にお世話になりっぱなしです(笑)。

何か掘り出し物が見付かるやも…?!
そんな方は、こちらのリンクが便利ですよ。↓↓
サムライトルーパー | 通販ショップの駿河屋


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


◎【ひらりとサムライトルーパー】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


◎サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



性別・年齢・地域は選択なしでも投票可。
あなたの1票をお待ちしております!


カテゴリーアーカイブ
検索

一押しサムトルグッズ◎

<小説>

5人の鎧との出会いや家庭環境が分かる1冊。



格好良くて可愛い伸君の魅力が満載!

感想記事を見る。



<ムック本>

5人に添えられた詩がイイ味の1冊。



伸君のアップが一杯(?)で嬉しい1冊♪



自分と解釈の違いはあれど、シンプルで重宝するシリーズ。




<ドラマ>

地味でしたたかな伸君が、いつだって素敵!

感想記事を見る。


トラブルも起こしてしまうけど、頼りになる秀♪

感想記事を見る。



こちらも運営中*
身内サイト☆

よろしければ、ぽちり、と。

にほんブログ村 アニメブログへ


こっそり主張です。↓↓
ryoshin_doumei40.gif doumei_shinko40.gif


QRコード