2017年10月10日

10月10日、お誕生日おめでとうございます!

今年は、体育の日とずれてしまったのが、何だか残念!
そんな本日、10月10日は、当麻君の誕生日なんですよね♪

そのような次第で、

羽柴当麻君、お誕生日おめでとうございます〜



冷静沈着。頼れる作戦参謀。だけど、ノリは悪くない。
一見ドライなように思えても、本当は、仲間思いで照れ屋な人情家。
仲間を庇って放つ真空波、その姿に、常々「優しさ」「有り難さ」を感じている私です。

が、しかしながら……。
どうにも、私の中では、当麻君のイメージがスッキリまとまってくれないんですよね〜。
アニメ中でのクールで格好良いイメージと、
カセットや天空伝での一風変わったイメージが混沌としていて、妙に掴めないという……(涙)。

これって何でしょう???

切れ者で格好良い姿は「マジな当麻」。
なよなよっとしたお坊ちゃんだったり、嫌味なヤツだったりするのは「普段の当麻」。


やっぱり、そういうことなんでしょうか???

彼の中で、自然に何処かで切り替えスイッチが入る……。
そう考えれば、納得が行くような気もしております。


そうそう。
当麻君について考えるなら、この間聴いたドラマCD「天空伝」も興味深かったですね。



このドラマの中で、実は密かに、伸とナスティの当麻に対する意見が分かれているんですよ。

伸→当麻の感覚は何かが違う。
ナスティ→当麻は至って普通。自分達と何ら変わりがない。


さてさて。これはどうしたものか、と……。
まあ、私は伸ファンなので、伸君の意見に従う訳ですが(笑)。

大体、ナスティも天才肌のお嬢様ですからね。
一般的(?)な価値観からは、少々ずれているような感があると思うんですよ。
それに、天才であることを自負していたりもする当麻が、「普通」と言われて嬉しいかどうか。
多分、あんまり嬉しくないんじゃないか?とも思うんですよね〜。

そんな訳で。
「天空伝」を聴きながら、この辺りに思いを馳せてみるのも、中々楽しかった私です

posted by 水守伸之進 at 23:29 | その他

2017年10月09日

そろそろ、第2部の語りを始めようかと…



トルーパーTVシリーズ・第1部の語りを終えてから、随分と日が経ってしまった今日この頃。
もう、そろそろ、後半戦にも突入してみようかなぁ。
何とはなしに、そんな気分になったため、
ぼちぼち第2部のDVDを観始めている所だったりしております(笑)。

しかしながら、当方、やっぱりTVシリーズは第1部が好き!

第2部のストーリーは、妙にドタバタしていて、突っ込み所が一杯あったり、
細々とした部分が良く分からなかったりするんですよね。
お気に入りのシーンは色々とあるものの、
果たして何処までがOVAに繋がっていったのか、その辺りは定かではない……。

命の勾玉とか、三種の神器とか、超弾動とか、後々ほとんど出てきませんからね〜。

なので、第2部の語りは、第1部の時よりも、もっと気楽に。
ざっくり、要所要所を押さえて行ければ良いのではないか、と。
そんな風に考えている私です。

そのような次第で。
恐らく、第2部好きの方には物足りないことになるだろうと思われる今後の語りですが、
これはこれ。私の個人的な考え、感想であるということで、お付き合い頂ければ幸いに思います〜

posted by 水守伸之進 at 15:06 | TVシリーズ

2017年09月30日

今日で9月も終わりですね〜。

今日で9月も終わりだなんて、早いものですね〜。
そう言えば、9月19日が、螺呪羅こと黒田次郎五郎さんのお誕生日だったんですよね。
遅ればせながら、黒田次郎五郎さん、お誕生日おめでとうございます〜



実は私、螺呪羅って、どういう感じの人柄なのか、未だに掴めていないんですよね(汗)。
頭が切れて、策士なのは分かるのですが、
男らしいタイプなのか、はたまた女性的な部分があったりするのか???
魔将達の中で一番の年長者(でしたよね?)ということで、他の3人をまとめる役割を果たしているような。
そんな印象を受けていたりもしております。

当方は伸ファンなので、伸ファン目線で見るとすると、
伸君は結構、螺呪羅にやられてましたね(笑)。
延暦寺で髪の毛切られたり、
新宿の妖邪門に突入してすぐの戦闘では、バク転で避け切れなかった鉄球を喰らったり。
そうそう!
掴まった当麻を助けようとして、蜘蛛の糸に絡め取られてしまった、あのシーン!
あれもファン必見ですよね!もう、色っぽい〜!!

何だか、伸君話が止まらない感じになってきてしまいましたが、
とにもかくにも、お誕生日おめでとうございます!ということで。
本日は失礼致します

posted by 水守伸之進 at 13:50 | その他

2017年09月23日

名前の漢字について、自分なりの憶測を楽しむ。

いきなりですが、名前の漢字から受ける印象ってありますよね。

遼・当麻・征士・伸・秀……。
漢字と、人柄のイメージが、ピッタリ合っているよなぁ!と改めて感激したり、
この字には、こういうイメージがあるから、このキャラクターの名前に使ったのかなぁ……なんて、自分なりの憶測を楽しんでみたり……。

そんな訳で、行き当たりばったりの思い付きではありますが、
本日は、5勇士の名前の漢字について、私なりに思っていることを色々と書いてみたいと思います。


実は私、大変恐れ多い話なのですが(汗)。
ずっと、当麻君の「麻」という漢字が、今一つ、ピンと来ていなかったんですよね〜。


「はるか」「とおい」という意味合いから、スケールの大きさや、力強さを感じさせる字。
やっぱり、その辺りの意味合いが込められているのだろうか。ピッタリだと思う。


征士
「政」じゃないのが意外だったが、そこは敢えて変えたのだろうか。
全体的に、渋くまとまっている感じが、流石だと思う。
「征服」「征伐」……力強くて厳しい雰囲気のある字だけど、それが格好良くて似合っている。



「のびのび健やか」「のびのびしている」というのが人柄に合っている。
「信(シン)」の心を持つのが「伸(シン)」というのは、偶然なのか、狙って考えられたものなのか(楽)。



これは、「シュウ・レイ・ファン」という音に、馴染み易い字を当てたらこうなった……という感じかな?
後、秀は絶対「名前」の方が良い!秀だけ苗字で呼ばれているなんて寂し過ぎる〜!


そして、
当麻
「当」は、矢が的に当(中)たるイメージか。道理にかなうという「当(とう)を得た」からきているのかも……。
「麻」は、どういうイメージで使われているのかな。
当時、「当麻」という名前が流行していたとか???


どうも、私的に「麻」のイメージが湧き難いという……。
そんな次第で、何となく気になったため、インターネットで「麻」を調べてみたんですよ。
そうしたら、中々、驚きの情報が出てきたんですよね!

何でも、麻は神と人を繋ぐとされ、神社の「鈴緒(すずのお)」(御参りの時に鳴らす鈴のついた縄のこと)に用いられる他、魔除けとして、しめ縄等に利用されているとか……。

神と人を繋ぐ?!
魔除け?!
それって、天橋立?!
邪悪を退け、煩悩を滅する「智」の心?!


これ……!
これは、凄い……。
当麻君のイメージにピッタリ合っていますよ〜!!


う〜む。
調べてみると、興味深いことが分かったりするものなんですね〜。

――なんて。あくまで私個人の憶測に過ぎないのですが、
それでも、長年の疑問(?)がスッキリしたような気がしております。
とりあえず、当麻君の名前の漢字もしっくり来たぞ、ということで、
今回は失礼したいと思います〜

posted by 水守伸之進 at 17:47 | その他

2017年09月14日

拍手コメント、有難うございます。

今回の記事は、
9月13日に、ウェブ拍手の方で頂いたコメントへのお返事となっております。

続きを読む...

2017年09月07日

OVA「外伝」の遼とルナについて

先日は、不意に気が向いたんですよね。
なので、サムライトルーパーOVAの「外伝」を、久し振りに観ていた私です。





 ↓以下は、ネタバレ注意でお願い致します!
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
前回視聴した時よりも、何となく面白く感じた今回。

何故、ルポライターは、殺されてしまったんだ?
何故、ナスティと純は、さらわれてしまったんだ?
何故、屍解仙は、鎧ギアが5つ存在していることを知らなかったんだ?
最初から、輝煌帝の鎧を狙ってこなかったんだ?

この辺りの疑問は、結局解決しないままだったのですが、
全体的には、きっちりとまとまっているような印象を覚えたんですよね。

なる程……。
これはこれで面白いということなのか……。

そんなこんなで観終わった後の満足感を味わいつつ。
それでもやっぱり、気になってしまうのは、遼とルナの辺りだったりした私です。
まあ、遼伸人間として、こればっかりは仕方がないということでしょうかね〜(笑)。

しかしながら、今回の視聴で、遼のルナに対する思いを悶々と考えてみた私。
おかげで、何となく、折り合いが付いたような。
自分なりの解釈が出来たような。
ちょっとスッキリとした心地にもなっていたりするんですよね。

そんな次第でして、その個人的な解釈を少々。
以下に記録しておきたいと思いますので、よろしければ、このままお付き合い下さいね〜。


つまり、私は何が引っ掛かっているのかと申しますと、
涙の大武装の前のシーン。戦いの最中、倒れたルナの元へと必死に駆け着ける遼なんですよね。
「ルナ〜!!」
遼が必死になって、ルナを抱き起こしている。
そう、ここなんですよ。

これね、TV版で、ナスティや純が危なかった時ですら、こんなことはしていないはずなんです。
千石大学での那唖挫との戦い然り。狂った朱天の前に飛び出して倒れた純然り……。
あの時は、そんな余裕がなかったから……というのが理由になりそうな気もするんですけど、
じゃあ、ルナの時は余裕があったのかと言われると、そこまでは分からない。
いや、あの時の遼だったら、余裕のあるなしに関わらず、ルナの元へ飛び出していたんじゃないか?とも思うんですよね。

だったら、ナスティ&純とルナの差は、一体何なのか?

それだけ、ルナに思い入れが強かったってこと?
それって、本当に、恋愛感情があったってことなの???

しかしながら。
作品を通してみて、ルナ→遼は分かるんですけど、遼がとりわけルナを意識しているとは思えず……。
出会いから親しくなるまでの経緯は描かれていますが、基本的に、ルナのことはほったらかしなんですよね。
彼女のピンチを救ったのも秀でしたし。
恋愛感情があるとするなら、もっと庇ったり、守ったりするものなのではないか?と……。

――そういえば、DVDに付いていた映像特典。
その絵コンテでは、仁の心は泣いている……というような記述があったっけ。

ということは、「仁」の心が反応しているのか?!
じゃあ、ルナへの思い入れの強さは、「仁」の心によるものなのか……。

そこで、ふっと閃いたのが、次の答えなんですよね。

ナスティよりも、純よりも、ルナが辛い境遇を抱えている分だけ、仁の心が強く反応した。

仁の心に、より響いた分だけ、遼の中でルナへの親しみが強くなっていた。
こう考えれば、ずっと引っ掛かっていたモヤモヤが解消してくれるんじゃないか!

そうだ、これなら、ナスティ&純とルナの差に納得が行く上、
遼伸的にも安心出来るぞ〜♪(←おいおい)


そのような所で、何だか長々と書き散らしてしまいましたが、
とりあえず、遼とルナについては、この認識――あくまで私の憶測による解釈――でいこうと思っている、今日この頃です

posted by 水守伸之進 at 23:43 | その他

2017年09月01日

9月1日、お誕生日おめでとうございます!

頭の中が、8月……遼君のバースデーのままなのですが、今日から9月なんですよね(汗)。
そして、9月と言えば、容赦なくやってくる1日、秀ちゃんのバースデー!

そんな訳で、

秀麗黄君、お誕生日おめでとうございます〜



猪突猛進の快男子!
純粋で、お調子者で、仲間思いの力持ち!
かなりの豪傑かと思いきや、繊細で打たれ弱かったりして、勇猛果敢とはいかない所があったりする。
でも、そういう一面が、本当に良い味を出しているんですよね〜。

心のままに勝手をやっていても、
考えなしに突っ走っていても、
色々とトラブルを巻き起こしても、
何だか憎めない、楽しいキャラクター!

秀って結構、役得だったりするんじゃないか?
そんな風に感じている私です。
しかしながら、「仲間の足を引っ張りたくない!」と思っている秀本人にしてみれば、
この役得も、決して喜ばしいことではないのかも知れませんが……。


さてさて。
伸ファンの私としましては、やっぱり、伸君に懐いている(?)秀ちゃんが、とっても楽しい訳ですよ♪

TV版の前半からじわじわ始まって、後半、外伝、輝煌帝伝説、メッセージ……。
メッセージ自体は、各々が戦いや自分自身と向き合う物語なので、仲間同士のやり取りは少ないんですよね。
でも、作品の集大成として、これまで築き上げてきた関係性の先に存在しているのだと思うと、簡潔なやり取りの中に、ぐっと染みるものがあったりして。

そうそう。
何処までが公式なのか定かではないカセットも、衝撃的でしたね!

伸の栄養満点の手料理が食べられなくなったから痩せたんじゃないか、と思っている秀がいたり、
遼と2人、カラオケで盛り上がっていて、「俺の隣に伸子ちゃん」「お前の隣に征士子ちゃん」妄想発言が飛び出したり(笑)。



ぶったまげながらも、秀の伸に対する愛情に、ホクホク、ドキドキ
ついつい、嬉しくなってしまう私だったりしております。

posted by 水守伸之進 at 17:31 | その他

2017年08月24日

久々に、「天空伝」を聴きました♪



実は先日、サンラーメンを食べたんですよね。
確か、こちらの商品ではなかったか、と。

日清 ラ王 酸辣湯麺 5食パック×6個

新品価格
¥3,900から
(2017/8/24 17:35時点)


酸っぱくて、辛くて、何だか癖になりそうな味。
以前に食べた他の商品より、食べやすい気がして、私的には満足した次第です。
家族の中では、今一つ合わない……という感じだったんですけどね〜(汗)。

そんな次第で、サンラーメンと言えば、トルーパーのドラマCD「月」!
せっかくだから、「月」を聴こう♪
そう思い立ったのは良かったものの、「月」が手近になく……。
代わりに、丁度目に入ったのが、ドラマCD「天空伝」だったんですよね。

なので、予定変更。
久々に、この「天空伝」を聴いて楽しんでいたという、近頃の出来事でした(笑)。


さてさて。そんな訳で「天空伝」ですよ〜。
改めて聴くと、新しい発見があったりして、何とも興味深い!

伸ファンの私は、やっぱり伸君に注目という所。
始終、「お兄さん」って雰囲気の落ち着いた言動が、本当に堪らん感じなんですよね〜。
やんちゃして、ノリに乗ってる風の彼も、もちろん大好きなのですが、
この普段の穏やかさが、またまた素敵で。

秀・征士と当麻の揉め事を諌めようとしているその声が、意外に怒っていなかったことに驚きながらも、
(以前に聴いた時には、もっと、怒っているように感じたんですよね。
これも、「外伝」の遼とルナのように、その都度の自分の受け取り方で振り幅があるんでしょうか???)
「ああ〜!やっぱり、良いお兄さんだなぁ……!」
なんて、その魅力を再認識したという私だったりしております。

本当、良いんですよね〜。
地味で強かな美少年で良識人の伸君がいるからこそ!の、この安心感。
やっぱり、仲間の間で「精神的なまとめ役」を担っているだけのことはありますよ〜。

そして、そして。
「天空伝」で肝心の主人公、当麻君ですが、
自分のようなひねた息子のために、夢を諦めて欲しくなかった……と父母のことを思いやっている語りが、
じ〜んときてしまいましたね。

心では寂しさを感じながらも、それよりも、父母の生き方を優先した。

基本的に理論派である当麻の、冷静な優しさでしょうか。
何とも切なくて、温かいエピソードだなぁ……。
そんな風に感じている次第です。

後は、いきなりサンドウィッチを食べている秀が楽しかったり、
当麻の天空の戦士としての活躍を、我がことの様に叫んでいる征士が面白かったり、
遼と伸の、仲の良さが伝わってくるような空気感にときめきを覚えたり……(笑)。

戦闘シーン的には物足りない感じが否めないものの、素敵なテーマ性を備えた「天空伝」。
賑やかで、聴き応えのある1枚ですね〜。

ピックアップ!
  1. 1. no img 鎧伝サムライトルーパーを『MESSAGE(メッセージ)』から読み解けば… 第1回
  2. 2. no img 登場篇語り1〜ねらわれた大東京〜
  3. 3. no img サムトル・カセットで大笑いして、風邪なんて吹き飛ばそう!
オススメです♪

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
サムトルグッズが熱い!!
新参者(?)の私は、こちらの「駿河屋」にお世話になりっぱなしです(笑)。

何か掘り出し物が見付かるやも…?!
そんな方は、こちらのリンクが便利ですよ。↓↓
サムライトルーパー | 通販ショップの駿河屋


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


◎【ひらりとサムライトルーパー】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


◎サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



性別・年齢・地域は選択なしでも投票可。
あなたの1票をお待ちしております!


カテゴリーアーカイブ
検索

一押しサムトルグッズ◎

<小説>

5人の鎧との出会いや家庭環境が分かる1冊。



格好良くて可愛い伸君の魅力が満載!

感想記事を見る。



<ムック本>

5人に添えられた詩がイイ味の1冊。



伸君のアップが一杯(?)で嬉しい1冊♪



自分と解釈の違いはあれど、シンプルで重宝するシリーズ。




<ドラマ>

地味でしたたかな伸君が、いつだって素敵!

感想記事を見る。


トラブルも起こしてしまうけど、頼りになる秀♪

感想記事を見る。



こちらも運営中*
身内サイト☆

よろしければ、ぽちり、と。

にほんブログ村 アニメブログへ


こっそり主張です。↓↓
ryoshin_doumei40.gif doumei_shinko40.gif


QRコード