2017年06月16日

世間様と自分の考える遼、そのイメージの違いについて



前回の記事で、14カップリングの話をしていた私。

実は、そこで、改めて認識したことが一つ、あるんですよね。

それと申しますのが、
どうも、私の持っている遼のイメージは、世間様で主流になっているであろうイメージと、ちょっと(いや、かなり?)違っている?!ということなんですよ。

とりあえず、書き出して比べてみると、こんな感じでしょうか???


ムック本等、主流と思われる遼:何事も一生懸命。仲間思いで元気一杯。体力は無いが色気のある愛らしい少年……。

私の思う遼:運動神経抜群でタフで不屈。自分本位の考えは「仁」の心でカバーされている。「男」としての色気がある……。


こ、この違い。
これは、やっぱり、私が、トルーパー新参者だからなのでしょうか。

私の場合は、OVA「メッセージ」に、ガツンとやられて。
遼がぐっと渋くなった、そこから、トルーパーに本格的にハマってますからね。
TVのリアルタイムから、ファンを続けてこられた方とは、その辺りで認識に差があったりするんじゃないかと、恐れ多くも、そのようなことを考えてみたりしている現在です(汗)。


――で。
そんな訳でですよ。
私の中での遼君のイメージは……新右衛門さんもあるけれど……やっぱり、キャラクターソング「風のJUNCTION」なんですよね。





ドラマCD「水滸伝」や、アルバム「風」に収録されている、こちらの楽曲。
トルーパー・遼伸に本格的にハマってから聴き直したら、何だかもう……

何で、何で、何で、こんなに格好良いんや〜〜〜!!

まあ、この、アップテンポでドラマティックなサウンドが自分好みだったというのが、大いにある訳なのですが、それにしたって、どうしたって、この「渋さ」は尋常ではないっ!
「これは……!!」という感じで、本気で痺れてしまっているんですよ、私。


そのような次第で、
世間様の遼君と自分の考える遼君のイメージの違いについて、
ちょこっと語ってみた本日でした。

posted by 水守伸之進 at 15:45 | その他

2017年06月14日

ふと気付けば、今日はドキドキ「14」デー!

こんな記事、一応「トルーパー語り・考察ブログ」であるここで、書いても良いのかしら???
なんて思ったのですが、今に始まったことじゃないぞ!という訳で、
今回も14ネタで行ってみたいと思います(笑)。

トルーパーで仁×信カップリングが苦手な方、
また、カップリングの意味が分からないという方は、
くれぐれも以下の閲覧には御注意下さい(汗々)!

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
さてさて、せっかくの14デー。
何を隠そう、私は1×4(キャスト順)派なのです。

古風な私の感性では、基本的に(二次元キャラクターで男同士の場合)、
「タフで活きが良く、より男っぽい方が旦那で、穏やかで愛らしい方が嫁さん」
という一種の固定観念が成り立っているんですよね(笑)。

そうして、そこに、自分好みの容姿やら、性格やら、劇中でのやり取りやらが諸々と加わってきた結果、
何だかすっかり、「遼伸」に安住の地を見付けてしまったという現在なのです。



でも、ここだけの話。
実は、自分が「遼伸好き」を自覚したポイントというのがあったりして(笑)。

大体にして私、TV後半のイメージからか、伸は秀とセットだとずっと思い込んでいたんですよね。
前半の細々としたシーン。
ナスティと純を助けるべく、2人して車の前に立ちはだかったシーンも、ず〜と伸と秀がセットで現れたんだとばかり、記憶違いをしておりました。
でもそれが、何度目かのアニメ前半の視聴で、実際とは異なっていたことが、秀ではなく遼だったことが発覚!

えっ?!
あれも、これも、秀じゃなくて遼だったの?!

「あっ、そうか!火と水でセットになってるんか?!」

今さらながら、その点に気付いて衝撃を受けていた所で、ど〜んと来たんですよ。
「第17話 明かされた鎧伝説」、その冒頭が!

雨の中、阿羅醐城での戦闘を繰り広げるトルーパー。
何度目かの挑戦で、遼が阿羅醐に吹き飛ばされて行く。
そんな彼の身を案じた伸の「遼ー!!」。

そう、ここなんです。
この伸君のアップに、
その愛らしさに、
私はすっかりハマり込んでしまった訳なんですよね。

「遼伸、素敵やないの〜

その時、一緒にアニメを視聴していた身内(天空ファン)に、「遼伸が良い」みたいなことを言ったような記憶があるのですが、その辺りはちょっとあやふやで……(汗)。


そんな所で。
とにもかくにも、14デー。
私の遼伸人生の始まりを、ちょっと語ってみた本日です

posted by 水守伸之進 at 22:12 | その他

2017年06月10日

OVA「MESSAGE(メッセージ)」での、「5人の新たな役目」という解釈について



OVA「メッセージ」に関して、インターネットやムック本で色々な解釈を目にすることがあります。
中でも特に気になっているのは、

5人は「人の心を成長させるという新たな役目」を与えられた……

とするものでしょうか。

「メッセージ」という作品自体、そのテーマは視聴者の感じ方に委ねられていたりもしますので、
どれが正解で、どれが不正解でもないんですよね。
個人個人が、作品を観て、自由に感じ取ったそれが、その人の応え、5人から受け取った「メッセージ」になる訳です。

なので、その辺りを踏まえた上で、ここから先は、あくまで「私なりの考え」を書いてみたいのですが、
私の中では、この「人の心を成長させるという新たな役目」が5人に与えられたとする解釈は、どうにも納得がいかないんですよね。

人々の心を、怨念を生み出さない正しき形へと変えていく。
そんな、他人を強制するとも取れるような「押し付けがましさ」。
自分達の心の力で、他人を、人類全体を、変えることが出来るという、ある種の「驕り」。
果たして、そんな考えを、サムライトルーパー5人は持っているのでしょうか???

いや、そうじゃない。
遼も、当麻も、征士も、伸も、秀も、もっと、もっと、真摯で人類愛に満ちた存在のはずだ。

だから、5人に、そんな役目は存在していないと、私は考える訳なんですよね。

劇中の留守電。伸が遼に寄せたメッセージ。

「理解出来る、手の届く範囲だけで良い。僕はそこで生きているんだ」

私の中では、やっぱり、これなんですよ。

サムライトルーパーは、人類を変えるために戦っているんじゃない。
自らの意志で、人間界を愛し守るという使命を果たして行くだけ。
いつか、誰かが、この思いを分かってくれる。
いつか、きっと、怨念のない、幸せな世界が訪れるはずだ。
それを信じて、サムライトルーパーで在り続けて行くだけ――…。


そして。
そんな彼等の熱い思いを受けて、人々に心の在り方を訴えようとしているのがナスティなのだ、と。

あくまで私個人の意見ですが、そのように解釈をしている「メッセージ」です。

posted by 水守伸之進 at 18:37 | MESSAGE

2017年06月09日

6月9日が誕生日!

とうとう今年も、6月9日がやって参りました。


伊達征士君、お誕生日おめでとうございます





征士と言えば、

美形!
花形!
イイ男!
そして、何故か、面白い!


私的には、やっぱり、これでしょうか〜(楽)。

花形でイイ男然としているが故に、ナスティやレースクイーン等といった女性達とセットで描かれること、
そういった華やいだ演出が多かったりして。
結構、「ファン泣かせ」だったりするんじゃないか???
なんて、伸ファンの私は、恐れ多くも、そのような考えを持ったりしております。

う〜む……。
中でも、一番気になるのは、ドラマCD「光輪伝」で登場の、伊達道場の先輩でしょうか。



征士のおじい様に名付け親になってもらったという女の子・礼子のお母さんなんですけど、
彼女が、これまた妙に……。
征士が、以前に憧れを持っていた……みたいなことが、ありそうな、なさそうな。
なさそうな、ありそうな、なさそうな……(笑)。
何だか、妙に怪しく感じてしまうんですよね〜。

しかしながら、そうは言っても、

そんな征士が格好良いんだから、仕方がない!

ホント、罪作りですねぇ。征士君は〜。

posted by 水守伸之進 at 16:36 | その他

2017年06月04日

もう、6月なのか……?!

もう、6月が始まっているなんて、何だか信じられないこの頃です(汗)。

だって、つい先日ですよ、愛しい伸君のバースデー記事を書いたのって。
それが、それが。もう、9日には、征士君のバースデーが迫っているなんて?!
どひ〜〜〜…。

しかしながら、こんなことで戸惑っていては、夏から秋に来る怒涛の3ヶ月が乗り越えられない!
なんてったって、

8月15日の遼、
9月1日の秀、
10月10日の当麻、

ですからね……。

例年、大したお祝いも出来ていないのが現状ですが、何となく忙しいような気がしてしまう3連チャンです(笑)。



そうだった!
5月は、朱天とナスティの誕生日でしたね。
遅くなってしまいましたが、お2人共、お誕生日おめでとうございます。




5月5日が誕生日の、朱天童子こと、狛俊忠(こま としただ)さん。
精悍な顔立ちに、儚さのある役所。格好良いですね。
特に、TVアニメ後半なんて、思わず可笑しさが込み上げてきてしまう程。
5勇士も3魔将もズタボロの中、1人だけ格好良過ぎて輝いているんですもの。
伸君なんて、かろうじて掴まった木の枝が腐っていて、「うわあぁぁぁ〜!」と闇の彼方へ落ちて行ってしまうというのに。この差は一体?!ってな感じですよっ!
でもまあ、私は、そんな伸君がお気に入りな訳なんですが……(笑)。




そして、5月28日のナスティ。
やっぱり私は、清楚でおしとやかが売りじゃない、
「ハイソ」で「イケイケ」だったりする彼女が好みですね〜。
サングラスや、大胆ドレスが似合っていますし。
OVA登場の水色のワンピースも、お嬢様スタイルだけど、タイトで活動的に見えますからね。
幾つになっても、真っ赤な愛車を豪快に乗り回していて欲しい。
そんなドリームがあったりしております♪


何だか、まとまりのない記事になってしまいましたが、
とりあえず、今年も、もう6月になってしまった?!ということで失礼致します

posted by 水守伸之進 at 18:39 | その他

2017年05月27日

第2部の語りに入って行きたいような、そうでもないような……



トルーパーTVシリーズ・第1部の視聴を終えて、語りを終えて、だらだらと過ぎていく今日この頃です。

もうそろそろ、第2部の視聴と語りに入って行きたいような気もするのですが、
まだまだまだ、この第1部の余韻に浸っていたいような……そんな感じなんですよね〜。

う〜む。
トルーパー第2部と言えば、柳生邸での共同生活。
5人の私服姿や、戦闘以外の日常的なやり取りが観られたりするのは、とっても楽しいんです。
でも、やっぱり、ストーリーや、内容自体は、第1部なんですよね。
第1部のボリューム。
我武者羅な勢いと熱さが、魔将達や阿羅醐との真剣勝負が、断然面白い!
私的に、TVシリーズは、やっぱり「これじゃないと!」な訳なんですよ〜。

でも、でも、そうは言っても。
第2部は、第2部で、お気に入りのシーンがちらほら……いや、結構沢山あったりして(笑)。

伸と秀が、殺陣をやっていたり、食い物を取り合っていたり、軽口でやり合って場を和ませている所なんかは、かなりベッタリな気がするけれど(笑)、やっぱり楽しいですし。
苛立ってヒステリーを起こしたり、悩んでどんどん落ち込んだりしている遼も、人間としての弱さを抱えていて良いですよね。
それに、相性からか、遼・伸・秀と、征士・当麻でセットになることが増えてくるのも興味深いですし、
この、遼・伸・秀のセットというのが、また、私的にときめき満載だったりして……♪

何だ。何だかんだ言いながらも、第2部は第2部で、好きだったりするんじゃないか?

そんな次第で、トルーパーTVシリーズ・第2部の語りは、もうしばらく先になりそうではあるものの、
何処へ転ぼうが、何をしていようが、トルーパー話は尽きない私なのでした。

posted by 水守伸之進 at 17:06 | TVシリーズ

2017年05月17日

ソウルシルバー、始めてみました♪

以前集めたポケモングッズを幾つか手放したい。
でも、その前に。
もう一度、ポケモンのゲームをプレイしてみなければ。
ゲームを遊んでみて、やっぱり手元に置いておきたいグッズと、そうでないグッズを分けなければ!

という訳で。
お気に入りのポケモンゲームを、もう一度、最初からやり直してみることにした私。
先日より、ニンテンドーDS用ソフト「ポケットモンスター・ソウルシルバー」を始めております。
もちろん、プレイヤーは伸君です(笑)。



実を言いますと、私はずっと「ハートゴールド」派だったんですよね。
というのも、GWでカトル君のファンをしていた頃に、このポケットモンスターの「ハートゴールド」と「ソウルシルバー」に出会いまして。
プレイヤーの名前をカトルにするなら、やっぱり、銀より金かな?
なんてイメージで「ハートゴールド」を選択。
一応、「ソウルシルバー」も中古で購入済だったのですが、「ハートゴールド」の方を主に楽しんでおりました。

しかし、しかし!
月日は流れ、GWからサムトルへ。
カトル君から伸君へと流れ着いて、伸君にぞっこんな毎日を送っている現在。

嫁さん所の伸君だったら、金より銀よね。
それになんてったって、「ソウルシルバー」は、渦潮で、海の神様がメインのストーリーとなっているし……。


そんな訳で、心機一転!
今回、「ハートゴールド」から「ソウルシルバー」に鞍替えしてみたという。
何でもないようで、私個人的には一大決心だったという「ソウルシルバー」開始の経緯です(笑)。


それにしても、今回、「ソウルシルバー」を始めてみて思うのは、

やっぱり、この「ハートゴールド」&「ソウルシルバー」は、面白い

ということでしょうか。

シンプルで、丁度良いくらいの操作性。
遊び甲斐のあるストーリー。
メインステージである「ジョウト地方」でのイベントが、ひとまず完了しても、
今度は、お馴染み「カントー地方」でのジムリーダー戦や、伝説ポケモン探しが待っていたりする、このボリューム感。
これは、中々豪華な気がするんですよね。

まあ、「カントー」だの「ジョウト」だのというのは、世代的に合っているという部分が強いのかも知れませんが。
今時の感性を持ち合わせていない自分には、登場キャラクターや小ネタ、駄洒落等、この辺りが一番馴染みやすくて、楽しいんですよ。

そして、そして。
最大のポイントは、やっぱり、ポケモンの「連れ歩き」システム!
これが、もう、可愛くて、可愛くて……!


そんな所で、ポケモン熱が久々に戻ってきた今日この頃。
3DS用ソフトの「ミートピア」同様に、主人公・伸の周りを、遼やら、秀やら、お気に入りのキャラクター(この場合は、ポケモンのニックネームとしてですが)で固めて、冒険を満喫して行きたいと思っている次第です♪


中古ニンテンドーDSソフトポケットモンスター ソウルシルバー(ポケウォーカー同梱)

posted by 水守伸之進 at 16:22 | その他

2017年05月08日

第1部・最終回で、改めて衝撃を受けたこと

昨日の記事では、ストーリー部分を書いて満足してしまった私。
語りで触れるつもりだったポイントのことも、すっかり抜け落ちておりました(汗)。

恐るべし、飽和状態……。

そんな訳で。
本日は、その個人的に注目のポイントを、ちょっと記しておこうと思います。
以下、ネタバレ注意となりますが、よろしければお付き合い下さい〜。



さてさて。
実は私、今回、第1部・最終回(第19話)を観直して、改めて「これは?!」と思ったことがあるんですよ。
それが次の2点。


  • 迦雄須と阿羅醐は表裏一体?!

  • 選ばれしヒーローからも怨念が?!

このようなポイントとなっております。


まず、迦雄須と阿羅醐についてですが、
こちらは、迦雄須の語りと阿羅醐の語りが融合していくのが見事で、ドキッとさせられるんですよね。
阿羅醐が「悪」であることははっきりしている訳ですが、「善」の化身ともいえるはずの迦雄須が、ある意味で「悪」の面を持っているという……。

強大な悪に対抗するために、元が同じ悪である力を利用する。
しかも、それを、素質を持っていたという理由で、5人の多感な少年達に使わせて行く。
肝心な事を何も知らせないまま、純粋な少年達を戦士として仕立て上げて行く。
人間が人間である以上、怨念は生まれ、妖邪が作り出される。
ともすれば、終わり等ないかも知れない、邪悪との戦い。
人間界を守るという重大な使命の元、その過酷な戦いへ、彼等の人生を懸けさせて行く――……。

……なるほど。流石に、混沌(カオス)というだけのことはありますね。
人間界にとっては、尊く、有り難い存在。しかしながら、5人にとっては、罪深い存在でもあるようです。


そして、そして。
心正しき、選ばれしヒーローからも、怨念が生まれているという点。

「正義のヒーロー」というと、
泣き言も、恨み言も言わない。
多くの中から選ばれた、最強で特別な存在。

こういうイメージを抱きがちなのですが、サムライトルーパー5人では、そうは行かない!

当麻・征士・伸・秀の、自分達が無駄死にしたのだと知って、悔しさから燃え上がる怨念。
遼の、自分の選んだ行動が間違っていたのだと分かっての、虚しさ、やるせなさから溢れ出る怨念。
そして、その怨念が、捕らわれた、「その他大勢の人々」から生まれたそれと同じように、敵の力の源となってしまうという……。

特別だけど、特別じゃない。
ヒーローの優越感すらも、ままならない。

そうか、これが、「等身大」ヒーローということなのね!
ヒーロー作品として予期しない展開に、何度観ても飽きが来ない私です。
まあ、好きだからこそ、飽きないんですけどね(笑)。


そのような所で。
多分に人間臭いサムライトルーパー達。
正論で煩くないからこそ、懐の深さや人類愛に満ちていて、並々ならない愛着が湧いてくるんだと、
今回の第1部視聴で、改めて実感した次第です。

posted by 水守伸之進 at 18:52 | TVシリーズ
ピックアップ!
  1. 1. no img 鎧伝サムライトルーパーを『MESSAGE(メッセージ)』から読み解けば… 第1回
  2. 2. no img 登場篇語り1〜ねらわれた大東京〜
  3. 3. no img サムトル・カセットで大笑いして、風邪なんて吹き飛ばそう!
オススメです♪

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
サムトルグッズが熱い!!
新参者(?)の私は、こちらの「駿河屋」にお世話になりっぱなしです(笑)。

何か掘り出し物が見付かるやも…?!
そんな方は、こちらのリンクが便利ですよ。↓↓
サムライトルーパー | 通販ショップの駿河屋


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


◎【ひらりとサムライトルーパー】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


◎サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



性別・年齢・地域は選択なしでも投票可。
あなたの1票をお待ちしております!


カテゴリーアーカイブ
検索

一押しサムトルグッズ◎

<小説>

5人の鎧との出会いや家庭環境が分かる1冊。



格好良くて可愛い伸君の魅力が満載!

感想記事を見る。



<ムック本>

5人に添えられた詩がイイ味の1冊。



伸君のアップが一杯(?)で嬉しい1冊♪



自分と解釈の違いはあれど、シンプルで重宝するシリーズ。




<ドラマ>

地味でしたたかな伸君が、いつだって素敵!

感想記事を見る。


トラブルも起こしてしまうけど、頼りになる秀♪

感想記事を見る。



こちらも運営中*
身内サイト☆

にほんブログ村 アニメブログへ

よろしければ、ぽちり、と。

QRコード