2017年05月31日

水槽のガラスを磨いて、気分ピカピカ♪

水を換えても、換えても、うっすらと白く濁っているのが取れないんだよなぁ。
リョウ・シン子・シュウの3匹で、過密ってことでもなさそうなのに。
投げ込み式フィルターが1つだけでは、限界なんだろうか?

何となく、そんな風に感じていたこの頃だったのですが、
「もしや?」と思い立ち、スポンジ(アクアリウム用)で水槽のガラスを磨いてみたら、当たりでした(笑)。

スポンジにへばりつく茶色の汚れ。
これが、茶苔でしょうか???

そうなんですよ。
水槽のガラス面がうっすらと汚れていたために、より、飼育水が濁って見えていたという。
故に、ガラスの4面共、スポンジで磨き終わった現在では、随分と透明感が戻ってくれた気がしております。

やっぱり、視界がクリアになると、気分がスッキリするものですね。
金魚達の表情も良く見えて、可愛さアップ(笑)。
飼い主として、嬉しい限りです。

20170531_syu.jpg
「おっ?」

2017年05月30日

【金魚いきいき計画】0.2パーセント塩水で数日経過…

金魚達の塩水浴の濃度を、0.1パーセントから、0.2パーセントに変えて、数日が経過中です。
その甲斐もあってか、丹頂シュウの腹ビレ、その付け根の赤い部分(赤斑病?)も、一応の治まりを見せてくれているんですよね。

とりあえずは、良かった、良かったと、ほっと一息吐きたい所……なのですが、
現在は、何だか、浮き気味に……?!

一体何故???
エサをフレーク中心にしていることが良くなかったのでしょうか?
それとも、「たまには」と気分転換にあげてみた、コリドラス用のタブレット。
割とおいしそうに食べてくれたのですが、もしかして、これが、金魚の消化には合っていなかったのでしょうか?

うぬぬ……。
とにもかくにも、エサの与え方がいけなかったに違いない……ということで、
ここは、またしても反省しなければならない点だと感じている私です。



【金魚いきいき計画】




2017年05月29日

アマゾンフロッグピット、その後。

室内の照明だけでは無理があったのか。
それとも、我が家の照明がとりわけ薄暗いのか。

親メダカ達のプラケースに先日から入れている浮草「アマゾンフロッグピット」が、とうとう枯れてきてしまいました。

葉の部分が黄色く変色してきたな〜。
根っこも全然伸びていないし……。
そんな風に思っていたら、案の定、茶色くなって溶けるように欠けてしまう始末です。

う〜ん……。
屋内で育てられるという情報もあったのに。
中々、そう上手くは行ってくれないものですね〜。

でもまあ、こうなるのは、アマゾンフロッグピットをお迎えした当初から、薄々感じていたこと。

インターネットを見ていると、

アマゾンフロッグピットを屋外で栽培して増やし、その内の幾つかを、屋内の水槽で使用する。

というように、浮草と上手なお付き合いをされている方がいらっしゃったので、
実は、私も、その方法を倣わせて貰っていたんですよね。

元気そうな子を幾つか別容器に移して。
ベランダの直射日光が当たらない場所に出し、
時々、足し水をしたり、水を換えたりする……。

すると、まあ。
枯れ始めてしまった、室内・プラケースの子達と違って、
こちらの方は、可愛らしい若葉まで出してくれているではないですか?!

家の中と外で、こんなにも差が出てしまうなんて。
やっぱり、自然の力というのは偉大なものなのですね……!

そのような次第でして。
おかげで、何とか、全滅を免れているという、
私の「アマゾンフロッグピット、その後」だったりしております(汗)。

2017年05月26日

またしても、水切れ、危機一髪!

またしても、やってしまいました!
窓際に置いていた、ヒポエステスのリョウが水切れです(汗)。

hipo_20160526_1.jpg
茎の一本が、だらりんと……。

今度も無事に立ち直ってくれることを願いながら、
慌てて、金魚用と同じ濃度のHB‐101入りの水を注ぎました。

すると……

hipo_20160526_2.jpg
こちらが、水遣りをしてから1時間後の写真です。

hipo_20160526_3.jpg
そして、約2時間後。

良かった!
うな垂れていた葉と茎が、何とか無事に、起き上がってくれました〜。

これは、天然植物活力液HB‐101のおかげでもあるのでしょうか。
普通の水だけでも持ち直してくれるのかどうか、試したことがないので分からないのですが、
とりあえず、HB‐101に感謝の本日です。

それにしても、本当に、「ひやりとハイドロカルチャー」という感じですね……。
次こそは、水切れにならないようにしよう!
そう思っているのですが、何だかんだと、力及ばず。
ヒポエステスのリョウ君には、いつも申し訳なく思っている私です。

2017年05月25日

【金魚いきいき計画】ヒレの付け根が赤いので、0.1パーセント塩水を開始です。

シュウの腹ビレの付け根が赤いと以前の記事で触れたのですが、
今日も、やっぱり赤いんですよね。

これはどうしたものか……という訳で、本日の換水に合わせて、食塩を入れてみることに。
ひとまず、飼育水1リットルに対して、塩1グラムを入れて、0.1パーセント塩水浴から始めてみました。
これで赤い部分が、治まってくれると良いのですがね〜。

しかしながら、この、赤斑と思しき赤い部分。
妙なことに、1日の内で、色の濃さが変化するんですよね。


朝、赤い部分を発見。
 ↓
エサはゴールドプロスをメインに与え、日課である半換水(HB‐101入り)を行う。
 ↓
昼、15時までに、ゴールドプロスをメインとしたエサを与える。
 ↓
夕方、赤い部分が薄くなっていることに気付く。
 ↓
夜、赤い部分が消えて、元のように戻っている。



そして、治った!と喜んでいたら、翌朝に、また赤い部分が復活している……。
ここ2日くらい、そのようなことが続いている状態です。

これは一体どういうことなのでしょうか???
単に、赤斑病がぶり返しているだけなのか。
それとも、赤斑病ではない、何か、他の症状が出ているのか。

しかも、最初の時は、赤い部分が別の場所に変わったんですよね。
お腹の辺りに出ていたと思っていたら、次の日には、左腹ビレの付け根に。
現在では、左右両方の腹ビレ、その付け根付近が赤くなっているという感じです。
これが、また、不思議なんですよね。

とりあえず、シュウちゃん自体は、元気がある様子。
今日も、シン子ちゃんを追いかけて、食後の運動(?)をしておりました。
なので、何とか大丈夫だろうと、そう思いたい私です。



【金魚いきいき計画】




2017年05月24日

やっぱり、ハイドロカルチャーの名前を元に戻しました(汗)。

前回の記事に引き続き、今回のハイドロカルチャー事情も自己満足な内容となっております。
まあ、そんなことを言ってしまったら、私のサイト(姉妹サイトも含む)の総てが自己満足の世界で成り立っているんですけどね〜(汗)。

さてさて。そんな訳なのですが、
この度、パキラのシュウを、パキラのシンに戻すことに致しました。
「やっぱり」といった所でしょうか……

どうも、「シン」と名前を付けて、可愛がっていたこともあってか、
私自身、このパキラを、かなり気に入っている感じなんですよね。
もちろん、どの子も可愛いくて、差は付けられないんですよ。
でも、ずっと「シン」で来ていた分、より愛着があったりもして……。

なので、この子が「シン」じゃなくなってしまったのが、妙に寂しいじゃないか〜!

という訳で、
この葉っぱ達の名前を、我が家にお迎えした当初の案に戻してみたという次第なんですよ。

ええいっ!
この際、花言葉や風水のイメージに拘るのは止めてしまおう!
好きな子に好きな名前を付けたんだと、割り切ってしまえば良いじゃないか〜!

そんなこんなで、転々としてしまった、我がハイドロカルチャー達の名前。
一応の所、

ヒポエステスのリョウ
パキラのシン
ポリシャスのシン子

で落ち着きそうな現在です。

そして、そして、「シュウ」の名は、まん丸緑のマリモちゃんへ(笑)。

それにしても、随分とのん気なことで、必死に迷ったり、悩んだりしているもんだと。
我ながら、思わず、苦笑いしてしまった今日この頃です。

2017年05月23日

【金魚いきいき計画】今日は……ヒレの付け根が赤い?!

う〜ん。
世の中、そう上手くは行かなかったか(汗)。

以前の記事で、「今年の春は割りと落ち着いている」なんて書いていた私。
にも関わらず。やっぱり、出てきてしまいましたよ。

丹頂のシュウちゃんの、左腹ビレの付け根辺りに赤い点!

これは……やっぱり、赤斑病なのでしょうか……。

恐らくは、水が悪かったのだろうということで、
今朝は、投げ込み式フィルターの綿を飼育水で洗い、普段よりも心なしか多目に換水を行いました。
確かに、フィルターの綿は、かなり茶色く汚れていましたね。
季節柄、3匹共に活発になったため、月1回のペースでは掃除が足りなくなってしまったようです。

後は、今日の食事メニューとして、エロモナス菌の増殖を抑える効果を持つ「ゴールドプロス」をメインに与えてみたり……。

これで何とか、シュウの症状が治まってくれると良いのですが。
とりあえずは、様子見という状態ですね。


それにしても。
HB‐101や、ゴールドプロスを愛用しながら思うのは、

いかに効果があるとされるものを使っていても、普段の管理が至らなければ、調子を崩すことになる。

ということでしょうか。

HB‐101も、ゴールドプロスも、薬ではない。
普段の飼育環境が成り立っていてこそ、より効果を発揮してくれるものなんだ。

そのような訳で、日頃のお世話の大切さを、改めて認識している私です。



「HB‐101」で有名な、株式会社フローラの公式通販サイトはこちら。↓↓




アマゾンでは、価格がお安くなっている場合もあるようです。↓↓

【正規品】フローラ 植物活力剤 天然植物活力液 HB-101 100cc

新品価格
¥1,727から
(2017/5/23 15:09時点)





【金魚いきいき計画】




2017年05月22日

百円均一で、エアープランツを購入してみました。

以前から、百円均一に出掛ける度に、ちょっと気になっていたエアープランツ。
今回は、えいや〜!で、購入に踏み切ってみました。

葉先が、少々茶色くなってしまっているのが気掛かりなのですが、
何となく気に入った「チランジア」という種類の子を選択。
どうにか、長生きしてくれると良いのですがね〜。

しかしながら、家に帰ってからインターネットで調べてみると、
「チランジア」というのはチランジア属という属名であって、種類の名前ではない様子。
じゃあ、一体、この子は、何という種類なのか……。
かなり気になるのですが、今はまだ分からないまま……。

とりあえず、葉の表面が、白っぽく粉を吹いた感じになっていることから、
「緑葉種」ではなく、「銀葉種」であることは分かっているのですがね。

そして、そして。
調べている内に、日当たりや、風通し等、実は、中々管理が難しいということが判明したという……(汗)。

こ、これは、私にもちゃんと育てられるんだろうか???

だけど、それでも、やっぱり可愛い〜♪ということで、
日々勉強しながら、このエアープランツの栽培に挑戦して行こうと思っている次第です。

2017年05月20日

シュウちゃんの、ご飯の食べ過ぎに要注意!

昨日は、ちょっと危ない所でした〜。

どうも、金魚達の昼ご飯の量が多かったようで。
調子良く、シン子やリョウの分まで食べていたシュウが、とうとう食べ過ぎに!
夕方辺りから、ふがふがと泳ぐようになってしまったんですよね。

潜りたいのに潜り難い。
体がすぐに浮き上がってしまう。

バランスが悪く、ふらふらしていたシュウの姿に、
「これは、やってしまった?!」と……。

う〜ん……。
流石に、やり過ぎでしたね。
ゴールドプロスに、ミニペット胚芽の粒、さらには、熱帯魚飼育中の身内に分けてもらった、コリドラス用のタブレットまで。
いつまで経っても、「頂戴、頂戴」と金魚達が寄って来てくれるからって、
好い気になってあげていてはいけなかった!

幸いなことに、今朝には、いつも通りに戻ってくれたシュウ。
これからは、ご飯の量は控え目を心掛けるようにして行こうと、反省した次第です(汗)。

2017年05月19日

ハイドロカルチャーに新入り登場!そして、名前を変更する。

私の「ひやりとハイドロカルチャー事情」。
ヒポエステスとパキラのミニサイズを育てている所なのですが、
この度、そこに、新入り君を迎えてしまいました(笑)。

またしても、ホームセンターで購入のミニ苗。
繊細な趣のある葉っぱが特徴の「ポリシャス」です。

いえ、可愛くて、ついつい……(汗)。
このポリシャスに「シン子」と名付けるのも素敵なんじゃないか、と……。

しかしながら、ここに来て、ふと気になったのが、パキラのシン。
インターネットで調べてみた、パキラの風水的な効果や、花言葉等を踏まえるとするならば。
パキラは、「シン」より、「シュウ」の方が似合っているのではないか、と。
そう思ったんですよね。

パキラ

花言葉は「快活」「勝利」。
風水では、強い気を発する観葉植物で、仕事運や金運の上昇を招くとされている。


ちなみに。
ヒポエステスの花言葉は「全ての人々への優しさ」「美の秘密」。
ポリシャスは「大切な思い出」となっております。



う〜ん。どうでしょうか???
金運・仕事運と聞くと、私的に、やっぱり、シュウの方がイメージとして合っている気がしてくるんですよね〜(笑)。
ヒポエステスの「全ての人々への優しさ」は、リョウの「仁」に通じるものがある気がしますし、
「大切な思い出」のシンというのがまた、愛らしさと切なさがあって素敵です。
それに、リョウ・シン・シュウと揃えるのも、やっぱり捨て難いという……。

まあ、シン子には、しょう油差しに入っているマリモちゃんがいますからね。

そんなこんなで、
パキラのシンを、パキラのシュウに変更。
ヒポエステスのリョウはそのままで、ポリシャスのシンが仲間に加わったという、
私の自己満足ハイドロカルチャー事情なのでした。


あっ!
リョウだの、シンだの、シュウだのって、一体何だ???
そう思われた方は、我が姉妹サイト【ひらりとサムライトルーパー】のこちらの記事をよろしくお願い致します〜。

ピックアップ!
  1. 1. 【金魚いきいき計画】金魚のツヤ肌に効果ありだと思います!
  2. 2. no img グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)
  3. 3. ウオジラミ、ぎょえええ〜!!
オススメです♪

20160713_hb101_1_side.jpg
ウチの金魚達にも使っている「HB‐101」。
その様子は【金魚いきいき計画】からどうぞ。

そもそも、「HB‐101」って何?
気になる方はこちらを御覧下さい~。↓↓


【アマゾン】で安い場合がある?!
「HB‐101」


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
ブログ
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

いつも有難うございます
拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


○【ひらりと金魚】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


○サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



<ひらりと金魚達>

pro_ryo.png
リョウ
黒出目金。オス。2014年10月飼育開始。
現在1番の古株でリーダー格……のはずが、この所はシン子に押され気味に。
シン子亡き現在、初期メンバー唯一の生き残りとなる。
基本的にはマイペースな性格をしている。

pro_syu.png
シュウ
丹頂。恐らくオスメスだった!
2017年2月飼育開始。
恐がりだけど好奇心も強い。
大きな口で上手にご飯を食べる。
近々、改名する可能性有り???

kyari_pro.png
スイキ
キャリコ琉金。オス。2017年6月飼育開始。
顔にある黒色模様のために「小っちゃなおじちゃん」と化している。
だが性格はいたって無邪気。
とんがった口で必死にご飯をねだる。

pro_ran.png
シン(2014年9月〜2016年6月)
大・中・小サイズ(2016年7月〜12月)
今は亡きらんちゅう達。

pro_shinko.png
シン子
白出目金。メス。2014年11月飼育開始。
愛嬌を振りまきつつ、おすましも忘れない。
近頃「かかあ天下」に。
2017年7月9日に亡くなる。享年4歳。


カテゴリーアーカイブ
検索

こちらも運営中◎
身内サイト☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

よろしければ、ぽちり、と。


QRコード
ひらりとギャラリー
ケアプロスト