2018年08月01日

丹頂シュウの赤色が抜ける?!

毎日、暑い暑いと騒いでいる間に、8月となってしまいました。
皆様、どうぞ、くれぐれも心身を大切にお過ごし下さい〜。


さてさて。そんな近頃ですが。
我が家の丹頂のシュウに、ちょっとした異変が?!

20180728_syu.jpg

写真では分かり辛いのですが、
なんと、まあっ?!
丹頂のトレードマークである、頭の赤い色が、
抜ける(?)褪せる(?)というのが正しいのでしょうか???
とにもかくにも、頭の赤色が消えてしまったんですよね〜

おおおっ?!
これでは、丹頂ならぬ、白いオランダ獅子頭では?!

とりあえず、インターネットで情報を集めてみた所、
色揚げ用のエサを与えていないこと、
日光浴をしていないこと、
等が、この赤色が消えてしまった要因として考えられるのだとか……。

う〜む、確かに、そうなんですよね……。
色揚げ用のエサは、消化に負担が掛かるということで、
我が家では、あまり使用していませんでした。

でも、まあ。
お腹が金ぴかになった黒出目金のリョウも、そうなのですが。
今回、白い金魚となったシュウも、
これはこれで、味があって、愛しいものなんですよね。
ですので、無理に色揚げ用のエサを与える必要もないかな?
なんて、気楽に思っている私だったりしております(笑)。

2018年07月10日

キャリコのスイキも2年目に♪

20180702_kyari.jpg

2017年6月に、我が家にお迎えしたキャリコ流金。
ようやく、名前が「スイキ」に決定した訳なのですが、
なんと、このスイキちゃんをお迎えしてから、
1年が経過したという、この頃なんですよね〜。

でも、正直な所、

えっ?!まだ、1年しか一緒にいなかったの?!

そんな驚きの方が強い感じでしょうか(笑)。

・初のウオジラミ持込みに、ドタバタ。
・それがきっかけか、白出目金・シン子とお別れする。
・やんちゃして、黒出目金・リョウの尾びれを引っ張る。
・故に、リョウとの相性が悪い。
・転覆症状が続く。
・丹頂・シュウとの間に稚魚が生まれる。
・稚魚達とお別れする……。

スイキちゃんが来てからというもの、
本当に色々な出来事があったような気がしております。

えっ?!
実は、我が家のトラブルメーカー?!

いやいや、そんな……。
ええ、それでも、そんな無邪気なやんちゃ振りが、
これまた、可愛かったりもしている次第です〜(笑)。

2018年07月01日

金魚の赤ちゃん、最後の1匹とお別れです…

7月に突入して早々、ショックな出来事が……!
何とか頑張ってくれていると思っていた、金魚の赤ちゃん。
その最後の1匹が、とうとう亡くなってしまいました。

5月の11日に誕生してから、
1ヶ月と少し……。

ほんのしばらくの間でしたが、
ハラハラしながらも、とっても楽しい日々でした。
稚魚達には、本当に、本当に、
「有難う」と「飼い主の能力不足でごめんなさい」
を伝えたい次第です。


20180613_kb_1.jpg

20180613_kb_2.jpg


しかしながら、最後の1匹とのお別れは、
あまりに急なことで、ビックリしました。
昨日の夜までは、いつも通りで。
ちょこちょこと泳いでは、エサを食べてくれていたんですよね。

それが一変!
今朝になったら、水底に沈んで動かなくなっていたという……。

ちゃんと水換えもしていたし、特段変わったことはしていなかった。
怪しいことがあるとすれば、ここ数日続いている気温の高さでしょうか。
30度越えの日々が、稚魚には耐えられなかったのかも知れません。

いや、でも、それよりも重要だったのが、エサの与え方だったのか?
もっと、エサを食べさせて、早く大きくして、
体力を付けなければいけなかったのかも知れない……。


お別れの原因は、はっきりと分からないことが多いですね。
日々の勉強と経験を積んで。
私もいつか、金魚の稚魚をちゃんと育てられるようになりたいものです。

2018年06月25日

ホワイトミールの500mlを購入しました♪

先日の話ですが、
愛用していた金魚のエサ「ホワイトミール」(250mlタイプ)を、
遂に「使い切って」しまったんですよね。

(金魚のエサを、買い替えではなく、使い切ることが出来るなんて?!
金魚生活を始めてから、初めての事態だったので、
妙に嬉しくなってしまった私です

そんな訳で、
「ホワイトミール」(250mlタイプ)を求めて、近場のホームセンターへ。

が、しかし!

250mlの小箱のタイプは、もう、お店では取り扱っていない!
棚に並んでいるのは、500mlタイプの袋入りの商品だけ……。


ホワイトミール 500ml

新品価格
¥410から
(2018/6/25 12:53時点)



ホワイトミール 500ml 関東当日便

価格:408円
(2018/6/25 13:32時点)
感想(0件)



「大入りタイプは、ちょっと、値段が手頃じゃないんだよなぁ〜」
でも、まだ、サイズの小さならんちゅうは、このホワイトミールの方が食べ易そうだし。
消化に良いのと、においが少ないのは、やっぱり、魅力なんだよなぁ……。

大入りタイプを買うか。買わないか。

店内でそんな葛藤(?)を繰り広げつつも、
可愛い金魚達のため、ここは「えいや〜!」と決断。
奮発して購入してみたという、貧乏人の伸之進です(笑)。


さてさて。
そんなこんなで手に入れてみた「ホワイトミール」(500mlタイプ)。
早速使ってみると、この袋入りの方が、何とも扱い易いではありませんか?!

小箱タイプの方は、中身が透明の袋に入っていたんですけど、
このチャック付きの袋が曲者で。
静電気で肝心のホワイトミールが張り付いてしまって、
別容器に移し替えるのに、結構苦労したんですよね

でも、今回の袋は、そうはならない?!

さらさらさら……別容器に、簡単に移ってくれるんですよ。
これに、思わず感激致しまして。

「おおっ?!これは?!」
「500mlの大入りタイプを選んで良かった〜!!」

――なんて。
お店で散々、買い渋っていた過去もすっかり忘れ、
現金なことを思っていた次第です

2018年06月13日

金魚の赤ちゃん育成は難しい……!

20180603_ka.jpg

キャリコのスイキと丹頂のシュウ(←名前変更かな?)。
そんな2匹の赤ちゃんが誕生してから、約1ヶ月が経過したというこの頃です。

しかしながら、本当に、金魚の赤ちゃんの育成って難しいですね〜!

最初は10匹もいた稚魚達。
何とか、順調にやって来れているかと思いきや。
1ヶ月経過目前という段階に来て、ポツリ、ポツリ、と数が減り……。
現在では、とうとう3匹になってしまったんですよね。
その内の1匹は、あまり元気がない様子なので、
プラケースの中を、ちょこちょこと泳ぎ回ってくれているのは、
残りの2匹という状態に……

それにしても、一体、どうしてこうなってしまったのやら……

原因として一番可能性がありそうなのは、水面に張る油膜でしょうか???
一応、水面のゴミをスポイトで吸い取って、じわっと足し水をしてみたり、
料理用の天ぷら敷き紙(パルプ100パーセント)を利用して、
油膜を吸い取ろうとしてみたり……。
思い付く範囲で出来ることは試しているのですが、如何せん、経験不足の腕不足なんですよね〜。

後は、エサの与え方が良くないのか???
水換えの仕方が悪いのか???

とにもかくにも、稚魚達は無事か、と。
何かと落ち着かなかったりしている次第なのです。

それでも、前回の、黒出目金リョウと白出目金シン子の産卵。
あの時よりは、稚魚達が長生きしてくれているんですよね。
その点だけは、自分も金魚飼育、稚魚飼育において成長したんじゃないか、と。
本当に、そう信じていたい私です

2018年05月27日

金魚の赤ちゃん誕生から、2週間が経過しました。

キャリコと丹頂シュウの赤ちゃんが誕生してから、
何とか、2週間経過に辿り着いた、我がひらりと金魚事情です。

現在、稚魚は10匹。
今の所、何とか無事に生存してくれているのですが、
妙な泳ぎ方をしていたり、底の方でじっとしていて、あまり動かない子が1〜2匹……(汗)。

とりあえず、エサは1日3回程、メダカの稚魚用の、
ヒカリ (Hikari) メダカベビー ハイパー育成

ヒカリ (Hikari) メダカベビー ハイパー育成 20g

新品価格
¥204から
(2018/5/27 16:37時点)


こちらのエサを与えております。

後は、残ったエサや、ゴミ等をスポイトで取り出して、
減った水の分だけ、汲み置きの水(カルキ抜きとHB−101入り)を
じわっと足して、様子を見ている毎日です。

何とか、稚魚達の方も、
生まれたてのグッピーの赤ちゃん程の大きさに育ってくれているのですが、
まだまだ気は抜けない!という……。
ヒヤヒヤ状態が続いている次第です

2018年05月11日

丹頂シュウの衝撃的事実が発覚?!

それは、5月8日の朝のこと。
いつものように、金魚達の様子を窺った私は、
キャリコと丹頂シュウが2匹で寄り添ってバタバタ泳いでいるのを目撃したんですよね……。

あれ?いつもやったら、シュウがキャリコから逃げてくのに。
2匹で一緒にいるなんて、珍しいなぁ。

ぼんやりとそんなことを考えながら、よくよく、2匹の住むプラケースを覗いてみると……

ええっ?!
たまごが、ちらばっている?!


何とビックリ!
金魚達が産卵しておりました。

しかも、誰が卵を産んだんだ?と言いますと、
胸ビレに追い星の出ているキャリコは、間違いなくオスなんですよね。
となると、そうなると。
やっぱり、丹頂のシュウが、卵を産んだということに……。

おおおっ?!
シュウちゃんは、メスだったのかっ!!


一体、何年目の真実なのでしょうか
いや、我が家にシュウをお迎えしてから、1年と3ヶ月なんですよね。
物怖じする性格で、白出目金のシン子ちゃんを食後に追い掛けたりしていて(追尾?)、
この子は、多分オスだろうと、そう確信していたんですよ。

それが、それが、まさかのこの展開に?!

も、もしかして、オスからメスへ性転換したのか???
それとも、最初から、私がオスだと勘違いしていただけなのか???
いやいや、それより、「シュウ」から名前を替えなくちゃいけないんじゃないか???

なんてことをモヤモヤと考えている間に、数日が経過し……。
あれよ、あれよと言うままに、幾つか採っておいた卵が孵化した本日なのでした

2018年04月26日

丹頂シュウの面白写真3連チャン?!

撮り溜めた金魚達の写真を物色していると、
何点か、興味深い(?)ものが出てきたんですよね。
せっかくなので、この記事にアップしてみたいと思います。

題して、
「プラケースの角を使った、
シュウの面白3連チャン?!」


omoshirosyu_2018214_1.jpg

omoshirosyu_2018214_2.jpg

omoshirosyu_2018214_3.jpg


何が何だかという感じですが。
題名の通り、丁度プラケースの角にいるシュウをパチリ!
写真に収めているという3枚です。

面白と謳っておきながら、少々インパクトに欠けるような……。
そんな気がしておりますが、
これはこれで、当サイトらしいですよね(笑)。

とにもかくにも、単なる飼い主満足で失礼致しました〜

2018年04月13日

金魚ちゃんメモ

「今日は、丹頂ちゃんが寄って来てくれて可愛かったで〜!」
「キャリコは、また、ひっくり返ってるねん……」
こんな風に、金魚達のことを良く話題にしている我が家。
なのですが。
どうも、母の方が、「丹頂」「キャリコ」「らんちゅう」と言っても、
どの子の話をしているのか、今一つ、ピンと来ないらしいんですよね。

そこで!
せっかくなので、こんなメモ書きをしてみた私。

kingyomemo2018.jpg

ざっと描いた、拙い物でお恥ずかしいのですが、
このメモを冷蔵庫のドアにマグネットで留めて、
母の目に付くようにしているこの頃だったりしております(笑)。

これで、ウチのカワイ子ちゃん達の種類もバッチリ!
……に、なるはず……ですよ、ね……???(汗)。

2018年04月07日

小さならんちゅう用に、小さなエサもあげています。

新たに仲間入りしたらんちゅうは、まだまだ小さい!
そんならんちゅうの、小さな小さな口では、食事をするのも一苦労。
愛用中のミニペット胚芽の粒は、大きくて食べ難いだろう。
という訳で、近頃は、新しいエサにも手を出している私です(笑)。

それというのが、こちらの商品。


ホワイトミール 250ml

新品価格
¥298から
(2018/4/7 16:30時点)



販売元:吉田飼料株式会社
商品名:金魚の栄養食 ホワイトミール


なんですよね〜。


ホームセンターの棚に並んでいた、シンプルなパッケージ。
原材料が、小麦粉、フィッシュミール、食塩、ビタミン、ミネラル
というシンプルで、消化の良さを売りにした作りになっている。
そんな所が気になって、今回、こちらのエサを選んでみたという次第です。


実際に使ってみての感想としましては、私的に、結構良い感じなのではないか、と

乾燥している状態では、「天かす」のような雰囲気ですが、
水分を含むと小麦粉を練ったような、少々弾力のある粒となるんですよね。
確かに、形が崩れ難く、水も汚れ難い!
エサ自体や飼育水のにおいも、特に気にならない!

消化に関してみても、
あくまで、私個人の意見となるのですが、
自分が試した幾つかのエサの中では、
このホワイトミールが、とりわけ、良いようにも感じております。

白いエサなので、白っぽいフンが出てくるんですよね。
消化不良じゃなくても、白いフン?!
これがまた、新鮮で中々興味深いという……


一方で、難点を挙げるとするならば、

  • 食い付きは、それ程良くない。
  • 粒が静電気でくっつき易い。

この辺りでしょうか。

金魚達の食い付きに関しては、
我が家の場合は、リョウ・シュウ・キャリコ共、
ミニペット胚芽の方が、欲しい!欲しい!と勢い良く食べてくれる気がします。

粒が静電気でくっつき易い点については、
私は、こちらの製品を小分けの容器に入れて使っているのですが、
その容器に移し変える際が、少々面倒に感じられるということですね。

元々製品が入っている袋の口に、中身の粒が張り付いて、あたふた。

何か、自分で工夫が出来れば良いのですが、そこまで頭が回らず……。
ちょっと、悩ましくもあったりしています


そのような所で、肝心の新メンバー・らんちゅうはどうなのかと言いますと。
少々食べ難そうではあるものの、
このホワイトミールを一生懸命食べて、長いフンをしてくれるんですよね。
そんな愛らしい姿を眺めながら、
「よしよし。このエサを選んで良かった!」
そう満足している私です

ピックアップ!
  1. 1. 【金魚いきいき計画】金魚のツヤ肌に効果ありだと思います!
  2. 2. no img グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)
  3. 3. ウオジラミ、ぎょえええ〜!!
オススメです♪

20160713_hb101_1_side.jpg
ウチの金魚達にも使っている「HB‐101」。
その様子は【金魚いきいき計画】からどうぞ。

そもそも、「HB‐101」って何?
気になる方はこちらを御覧下さい~。↓↓


【アマゾン】で安い場合がある?!
「HB‐101」


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
ブログ
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

いつも有難うございます
拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


○【ひらりと金魚】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


○サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



<ひらりと金魚達>

pro_syu.png
シュウ
丹頂。恐らくオスメスだった!
2017年2月飼育開始。
恐がりだけど好奇心も強い。
大きな口で上手にご飯を食べる。
リョウ亡き現在、1番の古株・リーダー格に!

kyari_pro.png
スイキ
キャリコ琉金。オス。2017年6月飼育開始。
顔にある黒色模様のために「小っちゃなおじちゃん」と化している。
だが性格はいたって無邪気。
とんがった口で必死にご飯をねだる。

pro_ran.png
シン(2014年9月〜2016年6月)
大・中・小サイズ(2016年7月〜12月)
今は亡きらんちゅう達。

pro_shinko.png
シン子
白出目金。メス。2014年11月飼育開始。
愛嬌を振りまきつつ、おすましも忘れない。
近頃「かかあ天下」に。
2017年7月9日に亡くなる。享年4歳。

pro_ryo.png
リョウ
黒出目金。オス。2014年10月飼育開始。
現在1番の古株でリーダー格……のはずが、この所はシン子に押され気味に。
シン子亡き現在、初期メンバー唯一の生き残りとなる。
基本的にはマイペースな性格をしている。
2018年8月9日に亡くなる。享年5歳。


カテゴリーアーカイブ
検索

こちらも運営中◎
身内サイト☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

よろしければ、ぽちり、と。


QRコード
ひらりとギャラリー
ケアプロスト