2018年10月22日

諦めていたハイドロカルチャー朝顔が?!

ハイドロカルチャーで育ててみようと目論んでいた秋咲き朝顔(百円均一で購入)。
こちらも、ハイドロカルチャーの夕顔と同様、早々に、葉っぱがやられてしまいまして。
やっぱり、無理だったのかなぁ……なんて諦めてしまっていたんですよね。

でも、完全に枯れてしまった訳じゃないし……。
もしかしたら、もしかするかも知れないぞ……。

そんな淡い期待を抱きながら、
家族に水遣りを続けてもらっていたのですが(←おいっ)、
それが、なんと?!
ここに至って。
蕾が出来て、花が咲いたというではありませんか?!

慌てて、デジタルカメラを手に、その姿を写真に収めてみたのが、
数日前のことだったりしております。↓↓

20181020_asagao_1.jpg

20181020_asagao_2.jpg

おおっ?!
凄いっ!本当に咲いている!!

あんなに元気がなさそうな状態だったのに。
淡い感じの青色で、少し小振りな花が見事に開いてくれていました。
自然の力強さと、朝顔の愛らしさに感激です。

花が咲いてくれているのは数時間程でしたが、
今年の素敵な思い出の一つとなってくれました。
有難う、ハイドロカルチャー仕様の朝顔ちゃん〜

そして、そして。
お世話を続けてくれた家族にも、感謝、感謝です

2018年04月24日

ポリシャスが枯れて…

前回の記事で触れていた、ハイドロカルチャーのポリシャス(名前はシン子)。
今年の2月末〜3月始めで完全に枯れてしまい、
とうとうお別れとなってしまったのでした。

pori_20180227.jpg

枯れてしまった原因として考えられるのは、
やっぱり、冬場の寒さと、水のやり過ぎによる根腐れでしょうか。

寒さに関しては、
暖房も点けているし、室内だから10度位はあるだろう、大丈夫だろう。
そう、甘く見ていたのがいけなかった!
ポリシャスは、自分が思っていた以上に低温に弱かったようで、
ハッと気付いた時には、葉の緑色が、すっかり元気を失くしておりました。
申し訳ない……もう、完全に、私の管理不足です。

そして、萎れてしまった葉が復活することもあるかも知れない。
そんな思いで、葉水をしたり、水切れを起こさないようにこまめに水をあげてみたり。

失敗を取り繕うために、失敗を重ねてしまう。
それが、ついには、根腐れ状態に……(涙)。

この辺りの水遣りの加減は、どうしても難しいですね。
実際に、水をあげることで、葉っぱに潤いが戻る時もあれば、
そうでない時もある……。
こういった水加減の見極めは、
ハイドロカルチャーの経験を積んで行くしかないのでは?
そのようにも感じている私です。


さてさて。
ヒポエステスのリョウ
パキラのシン
ポリシャスのシン子
と続けて来た、私のハイドロカルチャー達。
今回のシン子とのお別れで、とうとう、初期メンバーがいなくなってしまったんですよね。
本当に残念です

今現在は、
ヒポエステス亡き後にお迎えした、シンゴニウムのリョウ、
パキラからシンの名を引き継いだ、テーブルヤシのシン
そして、シン子亡き後に始めた、夕顔のハイドロカルチャー栽培(夕顔のシン子)。
この子達、第2期メンバーが頑張ってくれている次第です。

2018年01月18日

パキラが枯れる?!ショックです…。

こっそり続けている、ひやりとハイドロカルチャー。
とうとう、パキラ(名前はシン)までが、枯れてしまいました。
可愛くてお気に入りだっただけに、ショックです

20180118_paki.jpg

このパキラのシン。
エアコン(暖房)を点けていたためなのか、
一時期、幹がしわしわになってしまったんですよね。
どうやら、乾燥し過ぎてしまったらしいということで、
頻繁に霧吹きで葉水等を行い、様子を見ていたのですが、
今度は、水の遣り過ぎで、根腐れ状態になってしまったという……。

せっかく、せっかく、幹のしわしわからは、何とか回復してくれたのに〜!

ハイドロカルチャーって、やっぱり、難しいものですね。
本当に寂しいですが、これも、また、一つの経験。
そう思って、心に留めておきたいと思います

2017年09月16日

ヒポエステスが枯れる!

20170822_hipo.jpg

グッピーのことでバタバタしているこの頃ですが、
実は、ハイドロカルチャーの方でも変化があったりしております。

そうなんですよ。
危ないかも知れないと、常々不安を感じていたヒポエステス(名前はリョウ)。
この子が、とうとう、枯れてしまったんですよね

元々、購入した時から、「見るからに元気!」という状態ではなかったのですが、
それでも、HB−101もあるし、上手く馴染んでくれれば、より元気になってくれるんじゃないか、と。
そんな風に考えていた私。どうにも認識が足りていなかったようで……。

茎は伸び、根っこもそれなりに張ってくれた……にも関わらず!
出てくる葉っぱは、次から次へと枯れていってしまう。
葉の先の方から、茶色く変色して、1枚、2枚と落ちていってしまう……。

気付けば、ひょろひょろに細く間伸びしてしまっていて(まさしく「徒長」という状態)、
日照不足が、その原因として一番怪しい!と分かったものの、そこから立て直すことが出来ず。
とうとう、残念な事態となってしまった次第です。

同じようにハイドロカルチャーとして育てているパキラとポリシャスが、一応元気でいてくれているので、
このヒポエステスも何とかなるだろう。
そう思ったのですがね〜。
パキラやポリシャスよりも、耐陰性が強くなかったために、
日当たりが良いとは言えない我が家での育成は、中々難しかったようです(涙)。
ヒポエステスのリョウちゃん、無知で本当にごめんなさい!

ミリオンバンブー、クローバー、バニーカクタス、エアープランツ……そして、今回のヒポエステス。
色々と失敗をやらかしているのですが、やっぱり、緑がある暮らしは楽しいんですよね。
なので、まだまだ止められない!
そのような次第で、これも一つの経験を得たんだと捉え直して、
今後もハイドロカルチャーを続けて行きたいと思っている私です

2017年05月26日

またしても、水切れ、危機一髪!

またしても、やってしまいました!
窓際に置いていた、ヒポエステスのリョウが水切れです(汗)。

hipo_20160526_1.jpg
茎の一本が、だらりんと……。

今度も無事に立ち直ってくれることを願いながら、
慌てて、金魚用と同じ濃度のHB‐101入りの水を注ぎました。

すると……

hipo_20160526_2.jpg
こちらが、水遣りをしてから1時間後の写真です。

hipo_20160526_3.jpg
そして、約2時間後。

良かった!
うな垂れていた葉と茎が、何とか無事に、起き上がってくれました〜。

これは、天然植物活力液HB‐101のおかげでもあるのでしょうか。
普通の水だけでも持ち直してくれるのかどうか、試したことがないので分からないのですが、
とりあえず、HB‐101に感謝の本日です。

それにしても、本当に、「ひやりとハイドロカルチャー」という感じですね……。
次こそは、水切れにならないようにしよう!
そう思っているのですが、何だかんだと、力及ばず。
ヒポエステスのリョウ君には、いつも申し訳なく思っている私です。

2017年05月24日

やっぱり、ハイドロカルチャーの名前を元に戻しました(汗)。

前回の記事に引き続き、今回のハイドロカルチャー事情も自己満足な内容となっております。
まあ、そんなことを言ってしまったら、私のサイト(姉妹サイトも含む)の総てが自己満足の世界で成り立っているんですけどね〜(汗)。

さてさて。そんな訳なのですが、
この度、パキラのシュウを、パキラのシンに戻すことに致しました。
「やっぱり」といった所でしょうか……

どうも、「シン」と名前を付けて、可愛がっていたこともあってか、
私自身、このパキラを、かなり気に入っている感じなんですよね。
もちろん、どの子も可愛いくて、差は付けられないんですよ。
でも、ずっと「シン」で来ていた分、より愛着があったりもして……。

なので、この子が「シン」じゃなくなってしまったのが、妙に寂しいじゃないか〜!

という訳で、
この葉っぱ達の名前を、我が家にお迎えした当初の案に戻してみたという次第なんですよ。

ええいっ!
この際、花言葉や風水のイメージに拘るのは止めてしまおう!
好きな子に好きな名前を付けたんだと、割り切ってしまえば良いじゃないか〜!

そんなこんなで、転々としてしまった、我がハイドロカルチャー達の名前。
一応の所、

ヒポエステスのリョウ
パキラのシン
ポリシャスのシン子

で落ち着きそうな現在です。

そして、そして、「シュウ」の名は、まん丸緑のマリモちゃんへ(笑)。

それにしても、随分とのん気なことで、必死に迷ったり、悩んだりしているもんだと。
我ながら、思わず、苦笑いしてしまった今日この頃です。

2017年05月19日

ハイドロカルチャーに新入り登場!そして、名前を変更する。

私の「ひやりとハイドロカルチャー事情」。
ヒポエステスとパキラのミニサイズを育てている所なのですが、
この度、そこに、新入り君を迎えてしまいました(笑)。

またしても、ホームセンターで購入のミニ苗。
繊細な趣のある葉っぱが特徴の「ポリシャス」です。

いえ、可愛くて、ついつい……(汗)。
このポリシャスに「シン子」と名付けるのも素敵なんじゃないか、と……。

しかしながら、ここに来て、ふと気になったのが、パキラのシン。
インターネットで調べてみた、パキラの風水的な効果や、花言葉等を踏まえるとするならば。
パキラは、「シン」より、「シュウ」の方が似合っているのではないか、と。
そう思ったんですよね。

パキラ

花言葉は「快活」「勝利」。
風水では、強い気を発する観葉植物で、仕事運や金運の上昇を招くとされている。


ちなみに。
ヒポエステスの花言葉は「全ての人々への優しさ」「美の秘密」。
ポリシャスは「大切な思い出」となっております。



う〜ん。どうでしょうか???
金運・仕事運と聞くと、私的に、やっぱり、シュウの方がイメージとして合っている気がしてくるんですよね〜(笑)。
ヒポエステスの「全ての人々への優しさ」は、リョウの「仁」に通じるものがある気がしますし、
「大切な思い出」のシンというのがまた、愛らしさと切なさがあって素敵です。
それに、リョウ・シン・シュウと揃えるのも、やっぱり捨て難いという……。

まあ、シン子には、しょう油差しに入っているマリモちゃんがいますからね。

そんなこんなで、
パキラのシンを、パキラのシュウに変更。
ヒポエステスのリョウはそのままで、ポリシャスのシンが仲間に加わったという、
私の自己満足ハイドロカルチャー事情なのでした。


あっ!
リョウだの、シンだの、シュウだのって、一体何だ???
そう思われた方は、我が姉妹サイト【ひらりとサムライトルーパー】のこちらの記事をよろしくお願い致します〜。

2017年04月30日

ヒポエステス、危機一髪?!

今日は、朝起きて、ぶっ魂消てしまいました。
ハイドロカルチャーの、ヒポエステス(名前はリョウ)とパキラ(名前はシン)を光の入る場所へと移動しようとした所、何だか、ヒポエステスの感じがいつもと違ったんですよね。

えっ???
あれっ???
ああっ!茎が1本曲がっている?!

動かした時に何処かにぶつかって、折れてしまったのか?!
慌てて確かめてみたのですが、そういう折れ目はなく。
もっと、緩やかに、カーブを切って垂れ下がっている。
力無くうな垂れている……しおれている……。

そうか、これが「水切れ」というやつなのか???

昨日までは何ということもなかったのに。
朝になったら、いきなりこうなってしまっているなんて……!

他に対処の仕様も思い付かなかったため、とりあえず、水をあげることに。
急いで、HB‐101入り(金魚用と同じ希釈率です)の水を注ぎ入れてみた次第です。

これで、何とか、持ち直してくれるやろうか……。

内心ヒヤヒヤしながらも、どうすることも出来ないまま。
そっと机の上に置いたまま、2時間くらいが経過したでしょうか。
ふと目をやると、何と!

ヒポエステスが復活している?!

しなっていた茎が、しゃんと伸びていたんです。
ああ〜、良かった〜、と心底ホッとした瞬間でした。


しかしながら、そうなってくると……。

このヒポエステスの
「水が足りないぜ」
「くそっ、水さえあれば……!」
というサイン。

毎回こうやってサインを出してくれるのなら、水をあげるタイミングが分かりやすくて良いんじゃないか、と。

数時間後には元のように戻ってくれるとするならば。
「茎の1本がしおれてから水を与える」
これで、水遣りのし過ぎによる根腐れを防げるのではないか、と。

喉元過ぎれば何とやら。
そんな、ろくでもないことを考えてしまった、鬼のような私です……あせあせ(飛び散る汗)

2017年04月17日

今度は「パキラ」の写真です。

昨日は「ヒポエステス」の写真だったので、本日は「パキラ」の写真をアップしてみました。

20170416_pa.jpg

こちらも、ヒポエステスと同様、ホームセンターでオアシス苗として売られていたものです。

家にあったガラスのコップ(ミスタードーナツのキャンペーンで貰ったはず…)に、
水洗いしたハイドロボールを敷き詰め、
そこに、オアシスごと苗を植えております。

インターネット等の情報によれば、
根腐れを防ぐための「根腐れ防止剤」があるということなのですが、そちらは使用せず……。

今の所、特別問題が起きている訳ではないので、根腐れ防止剤を使用していないことに多少の不安を覚えつつも、現状で様子を窺っている次第です。

とりあえず、天然植物活力液「HB‐101」を、水槽用と同じ濃度で利用中。
霧吹きで葉に吹きかけたり(葉水)、ハイドロボールにあげたりしているのですがね。

ちなみに。
このパキラの名前は「シン」(やっぱり!)。
涼しげなコップに、青々とした装いが映えて、良い感じなんですよ(笑)。

2017年04月16日

ヒポエステスの写真をアップ。

昨日の記事で、最近始めたハイドロカルチャーについて触れたんですよね。
今日は、せっかくなので、その「ヒポエステス」の写真をアップしてみました。

20170416_hi.jpg

このヒポエステスは、ホームセンターでオアシス苗として売られていたもの。
我が家でお世話をしている内に、元々あった葉の先が、どれも茶色くなってきてしまいました。

一体何故?!
日光不足?!
それとも、水遣りの仕方が良くなかったのか?
透明な器ではなく、寿司柄の湯飲み(百円均一で購入)に植えたため、水をあげるタイミングが分かり難い。
これが原因となってしまっているのか?

それでも、愛らしい新葉も出てきてくれているので、根腐れで弱ってしまっている訳ではないのだろう。
ということで、とりあえずはその湯飲みのまま様子を見ている私です。

いやぁ、この魚偏が一杯の湯飲み。
結構気に入っているんですよ〜。

あっ、ちなみに。
このヒポエステスの名前は「リョウ」となっております。

何だかもう、自分の周りを、リョウやら、シンやら、シン子やらで固めているんですけど、
お気に入りの名前を付けるとこうなってしまうのだから、どうにも、しょうがないんですよね〜(笑)。

ピックアップ!
  1. 1. 【金魚いきいき計画】金魚のツヤ肌に効果ありだと思います!
  2. 2. no img グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)
  3. 3. ウオジラミ、ぎょえええ〜!!
オススメです♪

20160713_hb101_1_side.jpg
ウチの金魚達にも使っている「HB‐101」。
その様子は【金魚いきいき計画】からどうぞ。

そもそも、「HB‐101」って何?
気になる方はこちらを御覧下さい~。↓↓


【アマゾン】で安い場合がある?!
「HB‐101」


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
ブログ
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

いつも有難うございます
拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


○【ひらりと金魚】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


○サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



<ひらりと金魚達>

pro_syu.png
シュウ
丹頂。恐らくオスメスだった!
2017年2月飼育開始。
恐がりだけど好奇心も強い。
大きな口で上手にご飯を食べる。
リョウ亡き現在、1番の古株・リーダー格に!

kyari_pro.png
スイキ
キャリコ琉金。オス。2017年6月飼育開始。
顔にある黒色模様のために「小っちゃなおじちゃん」と化している。
だが性格はいたって無邪気。
とんがった口で必死にご飯をねだる。

pro_ran.png
シン(2014年9月〜2016年6月)
大・中・小サイズ(2016年7月〜12月)
今は亡きらんちゅう達。

pro_shinko.png
シン子
白出目金。メス。2014年11月飼育開始。
愛嬌を振りまきつつ、おすましも忘れない。
近頃「かかあ天下」に。
2017年7月9日に亡くなる。享年4歳。

pro_ryo.png
リョウ
黒出目金。オス。2014年10月飼育開始。
現在1番の古株でリーダー格……のはずが、この所はシン子に押され気味に。
シン子亡き現在、初期メンバー唯一の生き残りとなる。
基本的にはマイペースな性格をしている。
2018年8月9日に亡くなる。享年5歳。


カテゴリーアーカイブ
検索

こちらも運営中◎
身内サイト☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

よろしければ、ぽちり、と。


QRコード
ひらりとギャラリー
ケアプロスト