2017年10月27日

暑かった夏を越えて、マリモの水換えです。

ひっそりマリモ事情で活躍中の、我が家のマリモちゃん。
酷暑だった8月と、続く9月を乗り越えて、ようやく水換えを行った昨日でした

マ、マリモの調子が変わっていないからって。
私、水換えをサボり過ぎですね!
これは、反省しなくては……

それにしても、このマリモちゃん。
しょう油差しの中で、かなり頑張ってくれているんですよね。
某百円均一で手に入れた子なのですが、
これも植物活力液HB‐101のおかげなのか、ズボラな私の管理に耐え、
飼育開始から1年経過した現在でも、まん丸緑を保ってくれております。

まるで、植物じゃない、飾り物のマリモみたい……。

しかしながら、以前、他の百円均一ショップで見掛けた、同シリーズのパック入りマリモ達。
こちらの場合は、その緑色が、茶色く変色してしまっていたんですよね。
不憫にも、枯れてしまっていたということでしょうか。
そうなると、このマリモ達は、確かに、飾り物ではなく、植物だということに……。

中々不思議で、可愛いマリモ。
これからも、末永く、お付き合いさせて頂きたいものです

2017年03月29日

しょう油差しで落ち着くマリモ。

ジャムの瓶だと、ちょっとかさばるんだよな〜……。
何か、丁度良い入れ物ってないものだろうか……。

という訳で、マリモちゃんの容器について、手頃な物を探していた私。
そんな私が、またしても百円均一ショップで手に入れてきたのが、
プラスチック製の「しょう油差し」でした(笑)。

marimo_20170327.jpg

このしょう油差し。
決してお洒落とは言えないのかも知れませんが、
その素朴な日常性と安っぽい雰囲気が、何とも自分に合っているように思えて、
結構気に入っております。

ジャムの瓶よりスレンダー。
フタを閉めていても、注ぎ口が開いているので空気が入るぞ。
そして、そして、便利な持ち手付き!


ガラス製ではないので、表面に細かな傷が入りやすい。
それ故に、見た目がクリアではない。
そんな難点は否めないんですけどね〜。

2017年02月01日

1ヶ月以上経ったけれど、マリモの水換えです。

前回の水換えが、去年の12月28日。
1ヶ月以上経過してしまいましたが、本日、マリモの水替えを行いました(汗)。
金魚の方でお馴染みの「HB−101」も添加済みです♪

20170201_marimo.jpg

とりあえず、緑具合も変わらずといった所でしょうか。
本当に、ひっそり、じっくり、生活を続けてくれています。

何年も、何年も掛けて、じわじわと大きくなっていく……。
そんなマリモと、これからも末永くお付き合いしていきたいものですね〜。

2016年10月25日

まん丸緑の可愛い仲間♪

本日は久々に、マリモの写真をアップしてみました。

rm_20161021.jpg

まん丸緑の可愛いマリモ。
やれ、ご飯の時間だ、水替えだ、薬浴だ……と、何かとバタバタしている金魚水槽を横目に、
ガラス細工のタコ・リョウと穏やかに暮らしてくれています。

購入してきた時よりも、ちょっとだけ、大きくなったような気がするのは、
やっぱり、飼い主(?)の欲目なのでしょうか〜。

ガラスのお皿から、小さなジャムのビンに入れ物が替わったから?
それとも、水で洗って形を整えた時の加減で、そう見えるだけ?

だけど、もしかして。
こちらでも使用しているHB‐101の効果で、本当に大きくなっていたりして……。

とにもかくにも、静かな癒し。
深い緑に、ほっとしている私です。

2016年08月31日

選手交代♪

本日、出掛けがてらに百円均一へ寄ってみたら、可愛いコちゃんを見付けてしまいました♪
なので、思わず衝動買い?!
連れて帰って、早速、鎧の玉……じゃなかった、ビー玉と選手交代してみたんですよ↓↓

marimototako.jpg

じゃじゃ〜ん!
真っ赤なガラス細工のタコなんです。

こちらの製品。
本来は、手作りキャンドルの飾りにするものらしいのですが、まあ、ガラス製だから水に入れても大丈夫だろう……ということで、このように、マリモと一緒になっております。

ちなみに、このタコちゃんの名前は、リョウ。

だって、やっぱり「赤」ですからね〜。
それに、ゆでダコちゃんみたいで、楽しいですし(笑)。

大体にして、「赤いもの」と「黒いもの」には、「リョウ(遼)」と名付けたくなってしまうんですよ、私あせあせ(飛び散る汗)

2016年08月23日

マリモの水替えで、塩水トリートメントを終了してみました。

本日は、マリモの水替えを行いました〜。

前回の換水から1週間とちょっとぐらい……。
どうしても、水面には埃が漂ってしまいますね(汗)。

そんな訳で、今回も前回と同様、全換水にしてしまいました。

ただ、今回は、1パーセント塩水でのトリートメントを終了してみたんですよね(HB‐101は入っています)。
果たして、ここから、順調に育って行ってくれるでしょうか?

バニー・伸子のこともあるので、中々、不安は払拭出来ないぞ。
(私、その前に、水栽培で育てていたミリオンバンブー何かも枯らしてしまっているんですよ〜。
緑と相性が悪いとは思いたくないんですけどね……しくしく……)

う〜む……。
でもまあ、そのくらいの不安がある方が、色々と気に掛けることが出来て、丁度良いのかも知れません〜。

marimokansui_20160823.jpg



マリモ飼育関連記事



2016年08月14日

マリモの塩水トリートメント。1パーセントにしてみました。

飼育を始めてから4日目の昨日、マリモの水替えを行いました。
そして同時に、塩水の濃度を0.5パーセントから、1パーセントに上げてみましたよ(500ミリリットルの水に塩5グラムを入れました)。

本当は替える前の水も少々残しておきたかったのですが、埃が溜まってきているみたいだったので断念。
結局全換水になってしまいました。

マリモ自体も、水道水でじゃばっと洗い……。
手の平で軽く転がして、形を整えて……。
飼育用の器に入れて、そこへ先程作っておいた水(カルキ有・HB‐101添加済・1パーセント塩水)を注ぎ入れました。

marimo_20160813.jpg
水色のビー玉と一緒。ぴとっと寄り添いあっていて可愛いです。
ちなみにビー玉は、この間飲んだラムネに入っていたものを水洗いして入れました。
心の文字はサムトルファンのお遊び・画像加工です(笑)。


そこから1日経った現在でも、とりあえず色の変化等はなさそうなのでホッとしております。
このまま元気に、ひっそりと育っていって欲しいですね〜。



マリモ飼育関連記事




2016年08月12日

マリモの塩水トリートメント。塩分濃度が薄かったことに気が付きました!

先日の記事で取り上げたうちのマリモ。
塩水でトリートメント中だと書いたのですが、その塩水の塩分濃度が違っていたことに、今さら気が付きました(汗)。

そう……。
素人金魚飼育を続けているが故に、ついつい塩水浴と聞くと、0.5パーセントだと思ってしまうんですよね。

しかし、しかし!
その0.5パーセントというのは、金魚の体内塩分濃度(約0.6パーセント前後らしいです)に合わせて、金魚の浸透圧の調整が楽になるように考えられた数値。

なので、マリモとは関係のないパーセントだったということに、ようやく意識が辿り着いた私です。

マリモは汽水域でも生きられるので、塩分濃度を少し上げても大丈夫。

インターネットで情報を探してみた所、「1〜2パーセント」でマリモの塩水浴をされている方がいらっしゃったので、
私もこの「1〜2パーセント」に習いたいと思います。

とりあえずは、1パーセントかしら。
1リットルの水に塩5グラムで0.5パーセント塩水だから、
1リットルの水に塩10グラムで1パーセントになるはず……。

よおし、次の水替えで、1パーセント塩水だ。
そして、HB‐101も忘れずに入れるぞ。

問題は、いつ、その水替えを行うかですね〜。
頻繁に替え過ぎると、マリモが弱ってしまうという話ですし……。

ここは、もう少し、様子を見た方が良いのでしょうか〜???



マリモ飼育関連記事



2016年08月10日

マリモを百円均一で手に入れてきました〜!

去年の秋頃、ホームセンターで購入した小さなサボテン(バニーカクタス)。
とっても可愛かったのに、バニー伸子だったのに、ここに来て枯らしてしまったんですよ〜(涙)。

どうやら水遣りに失敗してしまったようでして、いかに、HB‐101を与えてみた所で、お世話の仕方を誤ってしまったのでは、元も子もなかったという……。

うお〜っ!バニ子〜っ!
もう一度、やり直させてくれ〜っ!!


内心ショックな日が続いていたのですが、
「やっぱり、何か緑を育てたい!」
そんな欲望を抑えることが出来なくなってきまして……。

今度は、百円均一のお店で売られていた小さなマリモを買ってしまった、懲りない私です(汗)。


驚いたことに、マリモってカルキ抜きをしていない水道水(軟水・中性の水)で飼育が可能なんですね!

直射日光に当てない。
飼育水の水温を30度以上にしない。
1〜2週間に1回くらいのペースで、水替えを行う(水温合わせもある程度は必要。少しは替える前の古い水も残しておく)。
マリモが汚れてきたら、水道水でそっと優しく洗い、汚れを落とす。

そんな次第で、
水道水で汚れを洗い、
今、現在は、0.5パーセント塩水でトリートメント中のウチのマリモちゃん。
HB‐101も水量に合わせて添加済みです。

どうか、元気に長生きしてくれますように……!


マリモ飼育関連記事



ピックアップ!
  1. 1. 【金魚いきいき計画】金魚のツヤ肌に効果ありだと思います!
  2. 2. no img グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)
  3. 3. ウオジラミ、ぎょえええ〜!!
オススメです♪

20160713_hb101_1_side.jpg
ウチの金魚達にも使っている「HB‐101」。
その様子は【金魚いきいき計画】からどうぞ。

そもそも、「HB‐101」って何?
気になる方はこちらを御覧下さい~。↓↓


【アマゾン】で安い場合がある?!
「HB‐101」


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
ブログ
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

いつも有難うございます
拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


○【ひらりと金魚】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


○サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



<ひらりと金魚達>

pro_ryo.png
リョウ
黒出目金。オス。2014年10月飼育開始。
現在1番の古株でリーダー格……のはずが、この所はシン子に押され気味に。
シン子亡き現在、初期メンバー唯一の生き残りとなる。
基本的にはマイペースな性格をしている。

pro_syu.png
シュウ
丹頂。恐らくオスメスだった!
2017年2月飼育開始。
恐がりだけど好奇心も強い。
大きな口で上手にご飯を食べる。
近々、改名する可能性有り???

kyari_pro.png
スイキ
キャリコ琉金。オス。2017年6月飼育開始。
顔にある黒色模様のために「小っちゃなおじちゃん」と化している。
だが性格はいたって無邪気。
とんがった口で必死にご飯をねだる。

pro_ran.png
シン(2014年9月〜2016年6月)
大・中・小サイズ(2016年7月〜12月)
今は亡きらんちゅう達。

pro_shinko.png
シン子
白出目金。メス。2014年11月飼育開始。
愛嬌を振りまきつつ、おすましも忘れない。
近頃「かかあ天下」に。
2017年7月9日に亡くなる。享年4歳。


カテゴリーアーカイブ
検索

こちらも運営中◎
身内サイト☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

よろしければ、ぽちり、と。


QRコード
ひらりとギャラリー
ケアプロスト