2017年07月02日

ウオジラミ、ぎょえええ〜!!

新しくお迎えしたキャリコちゃんのトリートメント期間も終了し、
早速、金魚水槽へ合流だ!と意気揚々だった昨日。

が、しかし!!

とうとう、しでかしてしまったんですよね。
そう、とうとう、持ち込んでしまったんですよ、

寄生虫である「ウオジラミ」をっ!!

20170701_uo.jpg
【ウオジラミ】
体表に寄生して、針で血液を吸う。
最悪の場合、魚を衰弱死させる可能性がある。
梅雨時の6月〜9月頃(水温15度〜30度)の間に、特に発生しやすい。
そのため、この時期は、水槽と水質を綺麗に保つ必要がある。



上の写真は、何とかピンセットでつまみ出すことが出来たウオジラミです。
バタバタとそこまで手が回らなかった私に代わって、身内が写真に収めてくれました。
細菌等とは違って、直径2〜5ミリもあるため、その姿が肉眼で確認出来るという。
その分だけ、本当に、憎たらしく感じてしまいます

しかしながら、金魚飼育を始めて約3年。
毎日換水を続けていたにも関わらず。
ここに来て、ウオジラミに遭遇することとなろうとは……(汗)。

これはやはり、新メンバーのキャリコに付いてきたというのが、一番有力なのでしょうか。
でも、ベランダに出しているアマゾンフロッグピットも疑わしいですし、
何かと体を擦り付けることの多いメダカ達も、微妙に怪しい気がしております。
まあ、一番良くなかったのは、
キャリコ、もしくは、メダカや浮き草に、ウオジラミがくっ付いている!
その事実を見抜けなかった、自分のスキル不足なんですけどね〜(汗々)。


そんな訳で、昨夜の金魚達は、本当に凄かった!
リョウも、シン子も、シュウも、暴れに暴れて、水槽のコーナーに体を擦り付け回っておりました。
こんなに暴れ回っている3匹は、今まで、見たことがないというぐらい……。

飼育水が悪くなったのか?
何か、良からぬ菌がはびこっているのか?
とりあえず、換水して、イソジン浴を行ったら、落ち着いてくれるだろう。

そう思って実行してみたものの、3匹共、一向に治まらず。
これは、もしや、何かの前兆だったりするのでは?!なんて不安になりながら、イソジン浴を行った容器を覗いてみれば、そこには、ゴミのようなものがヒラヒラと舞っていたという……。

な、なんか居る???
ぎゃあぁぁぁ、ウオジラミや〜〜!!


そこから、インターネットで情報を貰って。
金魚達を一匹ずつ、ガラスのコップに捕まえては、ウオジラミがいるかどうかを確認し、
いた場合は、そこに、塩を一つまみ振り掛けて。
ピンセットで、ちょこちょこっと擦りながら、ウオジラミがはがれ易くなってきた所で、
「えいっ!」と掴み上げて。

やっとこさで、ウオジラミ3匹を駆除することが出来たのは、夜中の2時過ぎだったのでした……。


そんなこんなで、一夜が明けた本日は、金魚水槽のリセット。
残念ですが、これはこれで一つの経験になったと思うようにしている私です。


20170702.jpg
20170702_2.jpg
洗い桶にお引越しした、リョウ・シン子・シュウ。
ボウル行きのキャリコちゃんも含めて、とりあえず、無事で何よりの現在です。

ピックアップ!
  1. 1. 【金魚いきいき計画】金魚のツヤ肌に効果ありだと思います!
  2. 2. no img グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)
  3. 3. ウオジラミ、ぎょえええ〜!!
オススメです♪

20160713_hb101_1_side.jpg
ウチの金魚達にも使っている「HB‐101」。
その様子は【金魚いきいき計画】からどうぞ。

そもそも、「HB‐101」って何?
気になる方はこちらを御覧下さい~。↓↓


【アマゾン】で安い場合がある?!
「HB‐101」


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
ブログ
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

いつも有難うございます
拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


○【ひらりと金魚】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


○サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



<ひらりと金魚達>

pro_syu.png
シュウ
丹頂。恐らくオスメスだった!
2017年2月飼育開始。
恐がりだけど好奇心も強い。
大きな口で上手にご飯を食べる。
リョウ亡き現在、1番の古株・リーダー格に!

kyari_pro.png
スイキ
キャリコ琉金。オス。2017年6月飼育開始。
顔にある黒色模様のために「小っちゃなおじちゃん」と化している。
だが性格はいたって無邪気。
とんがった口で必死にご飯をねだる。

pro_ran.png
シン(2014年9月〜2016年6月)
大・中・小サイズ(2016年7月〜12月)
今は亡きらんちゅう達。

pro_shinko.png
シン子
白出目金。メス。2014年11月飼育開始。
愛嬌を振りまきつつ、おすましも忘れない。
近頃「かかあ天下」に。
2017年7月9日に亡くなる。享年4歳。

pro_ryo.png
リョウ
黒出目金。オス。2014年10月飼育開始。
現在1番の古株でリーダー格……のはずが、この所はシン子に押され気味に。
シン子亡き現在、初期メンバー唯一の生き残りとなる。
基本的にはマイペースな性格をしている。
2018年8月9日に亡くなる。享年5歳。


カテゴリーアーカイブ
検索

こちらも運営中◎
身内サイト☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

よろしければ、ぽちり、と。


QRコード
ひらりとギャラリー
ケアプロスト