2016年09月25日

グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)

昨日の記事で、インターネットの情報から得た「グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方」をちょっと書いてみたのですが、
一応補足として、その計算方法をここに記しておきたいと思います。

まあ、何と言いますか……私自身のための覚え書きという所ですね……。
計算等がとっても苦手な私。
「こういう計算になってるんやと思うよ」と、せっかく身内に教えてもらっても、
書き残しておかないとすぐに忘れてしまうんですよ〜。
と、そんな私事はさておき……(汗)。


グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方

水600ミリリットルに顆粒1袋(2グラム)を溶かす。
その薬液を飼育水1リットルに対して、10ミリリットルの割合で使用する。


規定量とは、薬を溶かしている水の分だけ、多少の誤差が生じるものの。
こうして、グリーンFゴールド顆粒の薬液は出来る訳です。
それで、どうしてこういう計算になるのかと言いますと……。


ポイントは、粉薬を計りやすいように液体に変えることにあるんですよね。

規定量では、
水60リットルに対して1袋(2グラム)を使用します。

でも、60リットルの水なんて、私のような小型水槽での飼育では扱えないですよね。
そこで!
この顆粒1袋(2グラム)を600ミリリットルの水に溶いてしまう訳です。
すると、この顆粒1袋の溶けた液体600ミリリットルは、飼育水60リットル分に有効となります。

60リットルに、600ミリリットル(顆粒1袋分)。

これが、半分の30リットルなら、
30リットルに、300ミリリットル(顆粒2分の1袋分)。

じゃあ、その3分の1となる、10リットルだったら、
10リットルに、100ミリリットル(顆粒6分の1袋分)。

じゃあ、じゃあ、1リットルは、その10分の1だから、
1リットルには、10ミリリットル(顆粒60分の1袋分)
ということになります。



……そう。単に600ミリリットルを、60リットルで割れば、1リットル分の量が出てくるんですよね。
しかし、私の頭では、順を追って考えていかないと付いていけないんですよ。トホホ……。


そんなこんなな、グリーンFゴールド顆粒薬液の作り方と使い方。
その計算過程の記録という記事。
皆様のお役に立てましたら、幸いです〜。


ニチドウ グリーンFゴールド フック式 2g×2包 (動物用医薬品)

新品価格
¥860から
(2016/11/8 11:51時点)



参考にさせて頂いた情報元様は、こちらです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10111095140

【このカテゴリーの最新記事】
ピックアップ!
  1. 1. 【金魚いきいき計画】金魚のツヤ肌に効果ありだと思います!
  2. 2. no img グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)
  3. 3. ウオジラミ、ぎょえええ〜!!
オススメです♪

20160713_hb101_1_side.jpg
ウチの金魚達にも使っている「HB‐101」。
その様子は【金魚いきいき計画】からどうぞ。

そもそも、「HB‐101」って何?
気になる方はこちらを御覧下さい~。↓↓


【アマゾン】で安い場合がある?!
「HB‐101」


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
ブログ
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

いつも有難うございます
拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


○【ひらりと金魚】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


○サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



<ひらりと金魚達>

pro_ryo.png
リョウ
黒出目金。オス。2014年10月飼育開始。
現在1番の古株でリーダー格……のはずが、この所はシン子に押され気味に。
シン子亡き現在、初期メンバー唯一の生き残りとなる。
基本的にはマイペースな性格をしている。

pro_syu.png
シュウ
丹頂。恐らくオス。2017年2月飼育開始。
恐がりだけど好奇心も強い。
大きな口で上手にご飯を食べる。

kyari_pro.png
キャリコ(仮名)
キャリコ琉金。多分オス。2017年6月飼育開始。
顔にある黒色模様のために「小っちゃなおじちゃん」と化している。
だが性格はいたって無邪気。
とんがった口で必死にご飯をねだる。

pro_ran.png
シン(2014年9月〜2016年6月)
大・中・小サイズ(2016年7月〜12月)
今は亡きらんちゅう達。

pro_shinko.png
シン子
白出目金。メス。2014年11月飼育開始。
愛嬌を振りまきつつ、おすましも忘れない。
近頃「かかあ天下」に。
2017年7月9日に亡くなる。享年4歳。


カテゴリーアーカイブ
検索

こちらも運営中◎
身内サイト☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

よろしければ、ぽちり、と。


QRコード
ひらりとギャラリー
ケアプロスト