2018年01月06日

1月4日に、グピ子が5度目の出産をしました。

さてさて。
本日は、1月4日に5度目の出産をしたグッピー・シン子(グピ子)の記事となっております。

実は、念願が叶いまして。
今回のグピ子の出産には、ちゃんと立ち会うことが出来たんですよね。
普段とは違う、何処か苦しそうな素振りを見せながらも、
1匹、また1匹、
しばらく経って、また1匹……。
合計9匹(内、1匹とはお別れ)の赤ちゃんを産んでくれたグピ子に、生まれてきてくれた赤ちゃん達に、
何とも、驚きと感動、そして、焦りを覚えた一時でした。

そうなんです。私、かなり焦って、バタバタしていたんですよね。
というのも、今回は、隔離容器内での出産だったという(汗)。

ペットボトル(2リットル)を上下で半分に切って。
その下半分に飼育水を入れ、水槽に浮かべただけという、グピ子の隔離部屋。
当然ながらそこには、生まれたばかりの稚魚達が隠れられるスペースもなく……。

一刻も早く、稚魚を保護しなければ!
エサと間違われて、グピ子に食べられてしまう〜!!


事実、気付くのが遅れてしまった1匹は、グピ子によって怪我をしてしまい、
何とか保護したものの、その後にお別れとなってしまいました

ううっ。グッピーの世界……かなりシビアなんですね……


そんなこんなで、どうにかスポイト(今回は、百円均一のジャンボスポイトを使用)で捕まえた稚魚達。
現在8匹を、稚魚育成プラケースに浮かべたプラスチックコップの中で飼育しています。↓↓

20180105_gupic.jpg

日々、スポイトでゴミを吸い取って。
減った分の水を、稚魚育成プラケース内の飼育水から注ぎ足して……。
この子達も元気に育ってくれることを願って止まない次第です。

20180105_gupic2.jpg
こちらの写真は、
向かって左側に映っている残像のような魚達が、
以前に生まれた子ども達です。
こうしてみると、新入り君とは、かなりサイズが違いますね〜(笑)。


そして、そして、グピ子ちゃん。
前回の出産から、ずっと、グピ男君とは隔離状態だったにも関わらず、
再びの妊娠と出産を迎えるとは……?!

インターネットの情報で読んだ、
グッピーのメスは、交配相手の精子を体内に保存することが出来る……
という話は、やっぱり真実だったんですね!

グッピーのメスって、本当に凄いです

2018年01月05日

2018年。本年も、どうぞよろしくお願い致します。

20180105_rsyu.jpg

12月の後半辺りから、御無沙汰しておりました、水守です(汗)。
昨年中も、当サイトに足を運んで下さった皆様には、大変御世話になりました。
相変わらずの、こぢんまり飼育な金魚サイトですが、どうぞ、本年もよろしくお願い致します。

実は、新年早々、
キャリコの胸びれに追い星らしきものを発見したり、
グッピーのグピ子が出産したり、
黒出目金のリョウが転覆気味になっていたり、
丹頂のシュウが、ミニペット胚芽の粒をリョウの分まで食べてしまったり……
等という出来事が、起こったりしていたのですが、
その話は、また、後程ということで……。

ではでは。
2018年、本年も、のんびりお付き合い頂けますと幸いに存じます

20180105_kyari.jpg

2017年12月24日

グッピーの子ども達は、人懐こいですね〜♪

グッピーの子ども達を育成中のプラケース。
先日、一緒に入れている酸素の出るタブレットが汚れていたので、
きれいにしようと、そのプラケースの中に手を入れたんですよね。

そうしたら!

集まってくる、集まってくる!
29匹程のグッピーの子ども達が、わらわら、わらわら、と。
私の手を、小さな口でつつきに来ようと、やって来たんですよ〜!

しかも、この子達ときたら。
手の平で飼育水ごと掬い上げてみても、全く動じない?!
それ所か、指の付け根辺りを、ちょこちょこと一生懸命つついてくれるという……。

ええっ!
何や、本気で可愛いやん〜!!


まるで、炭酸の微細な泡の中に手を浸しているみたいな、
何処か、くすぐったいような、
そんな感覚に、かなり感激してしまった私です(笑)。

グッピーの子ども達が、
まさか、こんなに好奇心が強かったなんて……!

人懐こい小さな姿に、驚きと喜びを味わわせてもらった、
とっても楽しい一時でした〜。

20171210_gt.jpg

2017年12月18日

シュウちゃんに、いないいないばあ!

随分と人馴れしてくれた、丹頂のシュウ。
人の姿を見付けると、ご飯をねだって真っ先に泳いで来てくれるんですよね。
なので、昨日は、こんな遊びに付き合ってもらっちゃいましたよ〜(笑)。

題して(?)
「シュウちゃんに、いないいないばあ!」

inaiinaibaa_1.jpg

inaiinaibaa_2.jpg

inaiinaibaa_3.jpg

この遊び。
金魚達の体調や、お腹の空き具合というのも関係してきそうなのですが、
シュウは、確かに反応を返してくれたんですよね!

凄い!
こんな風に、金魚と一緒に遊べる日が来るなんて〜!


やり過ぎると金魚のストレスになってしまうかも知れない……
という訳で、注意が必要だなぁと意識しつつ。
1人、思わず感激してしまった、幸せな出来事なのでした♪

2017年12月17日

キャリコちゃん、出張サービス中♪

黒出目金リョウの尾が裂けたという事件から、
犯魚と思われるキャリコだけ、単独飼育となっているこの頃。


せっかく、持ち運びが簡単な、小型のプラケースで飼っているんだから……。

という訳で。
時折、「どんぶり金魚」を真似て、キャリコの出張サービスを行っていたりする私です。

さてさて、その出張先はと申しますと、
家族がラジオを聴いている居間なんですよね。

食卓の上に、キャリコちゃんの泳いでいる小型のプラケースを置いて。
キャリコちゃんの様子を窺いながら、思い思いの用事をする……。

特に、何かと金魚達を可愛がってくれている母が、
この出張サービスを楽しんでくれているみたいでして。
「今日は可愛かったで〜」
と、キャリコのちょっとした仕草を笑いながら聞かせてくれるので、
話のネタにもなり、私も嬉しく感じているんですよ。

どんぶり金魚様様という所でしょうか

愛らしいペットがいると、やっぱり和みますね〜

2017年12月12日

来い来いと 福を呼んでる 金魚ちゃん

最近、開運グッズが妙に気になっているんですよね〜。

近場の某パワースポットに出掛けた御土産(?)として、卓上サイズのダルマさんを買ってみたり。
百円均一ショップで、開運カレンダーや、丁度良い感じの招き猫を手に入れてみたり……。

こうなったら、もう、人生運任せや〜!

なんて、意気込んでいる私なのですが、ふと目の前にいる金魚ちゃんを見て思ったんですよね。

そういや、金魚も縁起の良い生き物だったよなぁ。
玄関で金魚を飼うと、良いことがあるとかどうとか、そんな話もなかったっけ?
おっ、そうだ!
毎日毎日、ご飯をおねだりしている「くれくれダンス」。
あれって、来い来いと福を呼んでいるように見えるんじゃないか?

――という訳で、我が家の金魚達のくれくれダンス。
その写真を、記事にアップしてみた本日です(笑)。

fukukoi2017_rs.jpg
「来い来い、来い来い、金運来い〜!」

何かと忙しくて大変な、年の暮れですが。
当サイトを見て下さっている皆様にも、素敵な福がやってきますように……!

fukukoi2017_k.jpg
「僕も呼んでますよ〜!」

2017年12月08日

12月7日。グピ子が出産しました♪

昨日の朝の出来事ですが。
メダカとグッピー水槽を何気なく覗いてみると、
グピ子ことグッピー・シン子が、少々ほっそりしたような……。

んっ?!これは、もしや……

思った通り、またしても、シン子が出産をしてくれておりました〜。

その数、なんと、12匹!

水槽の底でじっとしていたり、ヒーターの影に隠れていたり。
チョコチョコとすばしっこい動きに翻弄されながら、
何とか捕まえた稚魚達を稚魚育成用のプラケースへ。

元々17匹入っていた所に、新たに12匹追加したので、
合計29匹に。

一番最初に生まれた子達も合わせてみると、
よ、43匹……いや、1匹お別れしてしまったので、42匹でしょうか。

グッピー……。
話には聞いていましたが、実際に、その数の子ども達を目にするとなると、
やはり、凄いと思ってしまいますね!
しかも、卵で生まれてこない分、生存率が高い!
これには、本当に驚いている私です。

さてさて。そんなグッピー夫婦ですが。
これ以上の子どもは、流石にもう育てられないぞ、ということで、
今度こそ、グピ子を隔離することとなりました。

水槽内に、半分位に切った、2リットル入りペットボトルの底部分を浮かせて。
そこに水槽内の飼育水とグピ子を入れて……。

離れ離れになってしまったグピ男とグピ子の姿を見るのは、
何となく忍びないのですが、とりあえず今は、この状態で。
子ども達の性別が分かるようになってきたら、親魚も合わせてオスとメスで水槽を分けよう。
そう考えている次第です

2017年12月03日

リョウとキャリコと塞翁が馬

黒出目金リョウの尾びれが裂けてしまった……。
そんな話を数回前の記事で書いた私ですが、結局、その原因が何だったのかは分からないまま。
リョウの尾びれを咥えて、ちょっかいを出していたキャリコは、
1匹で小型のプラケースに隔離状態となっている現在です。

あれっ?と首をかしげているかの如く、1匹でキョロキョロしているキャリコ。
その様子を見た身内には、
「ああ、とうとう、お仕置き部屋に入れられてしまった……」
なんて言われてしまったんですけどね
でも、こればっかりは、しょうがないんですよ〜

さてさて。そんなキャリコちゃんですが。
何故か、水深が浅めの小型のプラケースに移動してからというもの、
転覆症状が現れずに済んでいるんですよね。

ここ数日続けている、0.2パーセント塩水浴で調子が上がってきてくれたのか?
それとも、水深が浅めの容器というのが良かったのか?

何の作用が働いているのか分からないけれど、症状が治まっているのは有り難い〜!

こういうのを「怪我の功名」というのでしょうか。
いや、「塞翁が馬」という方が、しっくりくるのかも知れない。

リョウの怪我から始まって……。

可愛い金魚達と一緒の飼い主人生も、中々、不思議で味のあるものですねぇ

ピックアップ!
  1. 1. 【金魚いきいき計画】金魚のツヤ肌に効果ありだと思います!
  2. 2. no img グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)
  3. 3. ウオジラミ、ぎょえええ〜!!
オススメです♪

20160713_hb101_1_side.jpg
ウチの金魚達にも使っている「HB‐101」。
その様子は【金魚いきいき計画】からどうぞ。

そもそも、「HB‐101」って何?
気になる方はこちらを御覧下さい~。↓↓


【アマゾン】で安い場合がある?!
「HB‐101」


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
ブログ
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

いつも有難うございます
拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


○【ひらりと金魚】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


○サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



<ひらりと金魚達>

pro_ryo.png
リョウ
黒出目金。オス。2014年10月飼育開始。
現在1番の古株でリーダー格……のはずが、この所はシン子に押され気味に。
シン子亡き現在、初期メンバー唯一の生き残りとなる。
基本的にはマイペースな性格をしている。

pro_syu.png
シュウ
丹頂。恐らくオス。2017年2月飼育開始。
恐がりだけど好奇心も強い。
大きな口で上手にご飯を食べる。

kyari_pro.png
キャリコ(仮名)
キャリコ琉金。多分オス。2017年6月飼育開始。
顔にある黒色模様のために「小っちゃなおじちゃん」と化している。
だが性格はいたって無邪気。
とんがった口で必死にご飯をねだる。

pro_ran.png
シン(2014年9月〜2016年6月)
大・中・小サイズ(2016年7月〜12月)
今は亡きらんちゅう達。

pro_shinko.png
シン子
白出目金。メス。2014年11月飼育開始。
愛嬌を振りまきつつ、おすましも忘れない。
近頃「かかあ天下」に。
2017年7月9日に亡くなる。享年4歳。


カテゴリーアーカイブ
検索

こちらも運営中◎
身内サイト☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

よろしければ、ぽちり、と。


QRコード
ひらりとギャラリー
ケアプロスト