検索
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
ファン
プロフィール
愛さんの画像

無料−お得情報
プロフィール

2015年04月28日

TPP交渉の裏側

出来レースのTPP交渉その裏側は・・・

反対派の山田元農相が暴露した「TPPは日米合意済み」の“中身”
2015年4月26日
「自民党筋の情報ですが、すでにTPPの日米合意の内容が決まっていて、箝口令が敷かれています。28日のオバマ・安倍会談で決まったかのように見せかけるためです。その合意内容は、牛肉は今までの関税率を4分の1に引き下げ9%、豚肉の関税は従来の10分の1、米は10万トンの受け入れ枠を確保した上で徐々に関税を引き下げていくというものです」

 なかなか決まらない――という“演出”は、合意を安倍訪米の“手土産”とするための茶番というわけだ。

もっと詳しくはこちらへ
反対派の山田元農相が暴露した「TPPは日米合意済み」の“中身”
タグ:TPP

2015年04月26日

韓国 慰安婦問題 嘘の絶対的証拠

「日本軍は、韓国人女性20万人を強制連行し、性奴隷にした」という韓国の主張は、
「大ウソである」ことを、全世界すべての人に知らしめてください。

世界の人々が以下の証拠を知ることにより、
韓国が慰安婦問題を外交カードや反日プロパガンダに使うことはできなくなるでしょう。

というわけで、下の絶対証拠群拡散に、是非ご協力ください。
日本と世界に在住する日本人と日系人の名誉のためによろしくお願いいたします。

そして、世界に在住する日本人、日系人の子供達がイジメから救われることを祈ります。


以下の 絶対証拠群 拡散に、是非ご協力ください。


第2次大戦中、米軍が慰安婦を調査したところ、「強制連行」はなく、
ただの「売春婦」だった。

動画は↓
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

報告書はこちら↓
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html


アメリカ政府が7年間調査した結果、「強制連行」の証拠は
一つも見つからなかった!

マイケル・ヨン氏の記事
http://ameblo.jp/workingkent/entry-11958461771.html

IWG報告書2007年
http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf 


韓国政府もついに、「強制連行がなかった」ことを認めた。

http://www.recordchina.co.jp/a106352.html

 
続き⇒

2015年04月20日

三井物産など日系企業連合 インドの高速貨物専用鉄道受注へ

AIIBに参加せずとも、官民挙げてアジアのインフラ工事受注に成功したようです。
これを弾みにして、アジア諸国のためにこれからも日本の企業が頑張ってくれることを祈ります。

産経ニュース 2015.4.19 06:00
三井物産など日系企業連合 インドの高速貨物専用鉄道受注へ 土木や信号システム 1100億円超規模

 インドのデリーとムンバイを結ぶ高速貨物専用鉄道の建設事業の一部を、三井物産など日系企業連合が受注する見通しになったことが18日、わかった。三井物産と現地企業の連合が土木軌道工事を、日立製作所と三井物産などの企業連合が信号・通信システムをそれぞれ受注する。今後手続きを経て、今夏にも正式契約する見通し。日立・三井物産連合は信号保安装置も応札中で、受注できれば総額は計1100億円超に上る。安倍晋三政権は、成長戦略の一環としてインフラ輸出に力を入れており、今回の受注で弾みがつきそうだ。

 今回の事業は、日印両政府が共同で進める「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」に基づくプロジェクトの一環で、日本政府は円借款を供与している。土木軌道工事、信号・通信システムともにインド政府傘下のインド貨物専用鉄道公社から受注が内定した。
posted by at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

在沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい。

在沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい。
以下引用

多くの日本人が沖縄北部にあるアメリカ基地内で撮影された監視ビデオを公開したということで、エルドリッジ博士が政務外交部次長の職を解雇されるというニュースを非常に沈痛な気持ちで聞きました。それも解雇理由はビデオ公開の事前許可を得なかったからだとのことだけです。

一連の出来事は二人の日本人が2月22日、抗議中に基地境界線を越えてシュワブ基地の警備員に逮捕されたことに端を発しています。二人の内の一人は山城博治で、平和運動と称する団体の活動家でありその長です。この二人はそのあと釈放されましたが、沖縄の二大新聞であるところの沖縄タイムズと琉球新報はこの二人は警備員に基地内に引きずり込まれて拘束されたもので、違法逮捕であるという誤報を流しました。

この二大新聞社による誤報は一共産党員によって真実と受け止められ、彼は国会の場にこの事件を持ち出し、アメリカと日本政府は無実の国民を不法に抑圧していると非難しました。エルドリッジ博士がビデオ公開を決心したのは、正確に何があったのかを示すことによって、警備員の行動は法に則ったもので抑圧などはないということを証明して日本とアメリカ軍の名誉を守ることにありました。

その一方、上記の平和団体なる組織が行っていることは違法以外の何物でもありません。彼らは反米基地活動家であり、オスプレイの飛行を阻止するために凧や風船を飛ばしたり、米軍基地のフェンスを汚したり、アメリカ軍人に対しては誹謗悪口を浴びせています。

エルドリッジ博士は日本での大規模自然災害において米軍を活用することを発案し、それは4年前の東北震災のあと「トモダチ作戦」と呼ばれて初めて実行されました。また、博士の流暢な言語力は災害の後の仙台空港の復興の時に自衛隊と米軍人との間の意思の疎通に多大なる貢献をしました。博士は職務や種々の機会を通して、日本とアメリカとの関係を推進するために尽力されてきました。こうしたことから、博士は多くの日本人に尊敬されています。博士の解雇は現在の沖縄の危機的状況を鑑みたとき、二国間関係にとって非常な損失であるのみか悪害をもたらす行為とも言えます。それは、博士の解雇は反米基地活動家が望むことであり、彼らの反米目的を利するものだからです。こうしたことから、博士の解雇が撤回されることを切に望みます。我々日本人は二国間のよりよい理解のために博士を必要としていますし、そうした理解がアジア地域の安全には非常に必要なものであると思います。

在沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい。

2015年04月19日

米国人の6割が日本の謝罪不要 慰安婦も6割が「聞いたことがない」

アメリカの人達はよくわかっていらっしゃるのね。

以下 産経ニュース 2015.4.8 09:44 さんから抜粋
詳しくは産経さんの記事をご覧ください。

韓国がさらなる謝罪を求めている慰安婦問題での日韓関係の緊張を、57%が「聞いたことがない」と答えていた。

 日本の謝罪を「十分」(37%)、「不要」(24%)と答えた人の合計が「不十分」(29%)を大きく上回った。ドイツの謝罪に関し、「十分」(33%)、「不要」(21%)とした回答の合計は54%で、日本の方がドイツよりも謝罪しているとの認識を持たれていることが分かった。

米国人の6割が日本の謝罪不要 慰安婦も6割が「聞いたことがない」

NHKが裁判で「完敗」 全国で受信料“不払い一揆”の恐れも

NHKと実際的に契約し押印した人達はどのくらいいるのだろうか?
契約していなければ受信料を払う必要がないの???
放送法だったかな?をよく調べてみないと行けませんね。
NHKさんの言うことを真に受けていたら見もしないNHKチャンネルの受信料を請求されちゃうかも?
公正だと思っていたNHKがねつ造偏向報道をしてるのはどうかなと思ってしまう。
受信料を支払って見ている人達に申し訳なく思わないのだろうか??

以下日刊現代さんの記事をご覧ください。

2015年4月18日 (C)日刊ゲンダイ
NHKが裁判で「完敗」 全国で受信料“不払い一揆”の恐れも

 籾井勝人会長の私用ハイヤー問題や「ヤラセ報道」でテンヤワンヤのNHKに“新たな衝撃”が走っている。NHKが千葉・松戸市在住の男性(66)に対して受信料約18万円の支払いを求めた裁判で「完敗」したのである。

NHKが裁判で「完敗」 全国で受信料“不払い一揆”の恐れも

中国山西省武郷県の劇団員の話

中国山西省武郷県の劇団員のお話です。
中国のお年寄りの日本の記憶・・・それは、以下動画をご覧ください。

中国ネット お年寄りの会話に衝撃、まさか日本人が・・「お年寄りの多くはそう言うよ」
posted by at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国関連

マスコミはこのような事実を何故報道しないのか?。

以下、皆で勉強しよう!!

2015/04/13 に公開
今回の動画は、「ひと目でわかる『日韓併合』時代の真実」を、著者水間政憲が徹底解説-します。日韓併合当時のアサヒグラフなど一次資料からの写真をふんだんに使い、日韓併-合時代、日米開戦後の苦しい状況の中でさえ朝鮮半島への国力を注ぎ続けた日本の真実を-明らかにします。


今年は大東亜戦争終結70周年を迎えます。戦勝国気取りの中韓が、日本を貶める大規模-な情報戦を仕掛けてくることは間違いないでしょう。やまと新聞と水間政憲は、こうした-中韓の動きに対し、一次資料に基づいた客観的な事実を提示し徹底的に対抗します。

「日本が朝鮮半島から搾取した」は大嘘!「ひと目でわかる『日韓併合』時代の真実」を、著者水間政憲が徹底解説【前編】

「日本が朝鮮半島から搾取した」は大嘘!「ひと目でわかる『日韓併合』時代の真実」を、著者水間政憲が徹底解説【後編】

posted by at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の歴史