広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年09月17日

五十肩

本日、健康診断。

最近、これって、もしかして、噂の、「五十肩」なのか? というお年頃。

腕は上がるものの、腕を伸ばすと痛い。思わず、「あいたたた」と言っている自分が悲しい。

まあ、五十肩が健康診断の結果に関係することもなく、

普段の生活がちょっと不便という程度であまり気にならないのだが、本日、プチ問題発覚。

それはレントゲン撮影のときのこと

「はい、ここに立って」
  OK

「はい、機械があがります」
  OK

「手を腰にあてて…」
  辛うじてOK

「腕をこう」といいながら検査技師さんがひじをぐいっとする
  うっ・・・ 痛い・・・

「前へならえ」の先頭の人の恰好でひじを前にして、レントゲンの機械に当てる感じの体勢がきつい。

無理!と言いそうになったが、

一瞬で終わったのでセーフ。

上にあげる時だけが痛いと思っていたのに、違うのね。

母が最近、ずっと「腕が痛い、腕が痛い、夜、うずいて寝られん」と言う気持ちが少しだけわかる。

悪化しないように気を付けよう。

じゃないと、健康診断の何でもない検査が苦痛になる。。。
【このカテゴリーの最新記事】

2019年04月04日

浮き指

何気にテレビを見ていると、「浮き指」というものが取り上げられていた。

恥ずかしいことに初めて聞く響き。

指が浮いているのかな? そんな人いる???

けど、浮き指の写真を見は、想像通りで足の指が浮いていた。

「えっ、そんな人いるの???」と思った。

そして、わたしは、大丈夫。と。

現に自分の足を見ても、浮いていない。わたしは、大丈夫。



次に「『隠れ浮き指』の人もいます。」と言い出した。

「隠れ?」と思いつつ、チェック方法を確認。

足の指をグーにして、骨が出ればいいらしい。(イメージとしては、手をグーしたときの感じ)


が、その時、わたしは黒いタイツをはいており、自分の足をチェックできず。でも、きっと私は、大丈夫。

そして、ゲストの方々の足のチェック。

結構な割合で「かくれ浮き指」じゃん。

ゲスト同士で他人の足を笑っている。

多分、わたしは大丈夫。・・・はず。



いざ、自分の足をチェック!

ガーーーン。

全然ダメじゃん。「隠れ浮き指」じゃん。涙

人のことを笑える状態ではなかった。

全然、骨が見えない。辛うじて、親指と小指の辺りにうっすらと見えるだけ。



わたしは大丈夫!と思っていたから、改善させる運動を聞いていなかった。

確か、足の指をグーバーグーパーすればいいと言ってたはず。

そう思い、パーをしようとしたのだが、パーができず。というか、足の指が動こうとしない。

どれだけ老朽化しているのだろう。わたしの体。


まだ10代の息子の足をチェックさせた。

「余裕で骨出るわー」と言ってたくせに、わたしと同じような感じなんですけど。



少しずつでも、グーパーをやるようにしてみよう。

2019年02月13日

その手でそこ触る?

母が肝臓の手術をした。
ありがたいことに無事終わった。みなさまに感謝。

手術の後、オペをしてくださった先生から説明を受けた。

簡単に説明された後、

「取り出したモノを見ますか。」と先生。

半分、見たくないような気がしたものの、

「はい。」と返事。

タッパーのような入れ物(どう見てもタッパー)に取り出された肝臓が入っていた。

意外と大きい。

PCで手術前に撮った画像を見せながら

肝臓が入ったタッパーのふたを閉め、容器ごと裏返して

「これが(肝臓)、こんな感じで・・・ ここを・・・」と先生。

「あ〜。はい〜。」と私。

で、またタッパーのふたを開けたら、中の肝臓がちょっと裏返っている感じ。
(タッパーの中でひっくり返されたり、縦にされたりしたから。。。)

ちょっと裏返っているけどいいのかな?とか思っていたら、

先生は次の瞬間、

なんと!

その肝臓を素手で持った! そして、冷静にいい感じに整えた!

「あんまり持たないほうがいいんですけどね」と言いながら・・・

えーーーーーーーー。

躊躇なく、素手で、人の肝臓(しかもきっとよくない病気あり)を触わる???

確かに、あなたがさっき取り出したものだと思うけど・・・

さっきは、手袋されていましたよね?(たぶん)

で、先生、その手はどうするの? 洗うよね???

ここに水道、なさそうだけど?

とかいろいろ考えていたら、

先生は

なんと!

その手でマウスをクリクリ・・・

そして、ふつ〜にPCを見ながら説明を続行。

えーーーーーーーー。

私、そのマウス触りたくないんですけど・・・
(私がそのマウスを触ることはないけど)

先生、その手でドアとか触るよね???

この後、別の先生がそのマウスを触るよね???

そして、その先生がまたいろいろなところを触るよね???

きっと何の問題もないものだろうけど

私はレバーを触った手でマウスを触りたくはない。

医者ってすごい!? 慣れって怖い! と思った出来事だった。

何はともあれ、先生、ありがとうございました!

2019年01月22日

献血

献血にチャレンジした。初めてというわけではないが、
前回は25年以上前のことなので、初めてのようなものだ。
なぜ、しばらく献血をしていなかったのかというと、
時間がかかるから。他の人の倍くらいの時間がかかるから。
体調が悪くなるわけではないが、
2回ほど献血した後、なんとなく嫌になりやめてしまった。

献血のシステムも変わっているのだろうと思いつつ、受付へ。

本人確認のため、運転免許証を提示した。
そして、「中指をここに入れてください」と言われ、何やら指を入れさせられた。
酸素濃度を測る機械のように見えたので、??? と思っていると
「本人確認が生体認証になりました。」と。

え??? 結構な個人情報をこんな軽く取るの???
本音を言うと、少し不信感。
でも、こんなところで「個人情報なので・・・」と拒否することもできず
取られるままに、取られた。
もう、中指を使って犯罪はできないなと思いつつ・・・

献血カードをもらった。
色合いは昔のものと同じだが、薄っぺらなカードに進化していた。

その後、タッチパネルでアンケートに答え、献血車へ。

車の中で問診。
献「お昼ごはんは、今日はたまたま食べていない感じですか?」
私「はい、そうです。」(食べておけばよかったと後悔)
献「お久しぶりということなので、(何かあってもいけないので)食事をしてから献血してください。
  先に、血液の検査だけして、食事をしてから来てください。」
私「はい、わかりました。」

検査用の採血のため、看護師さんのところへ。 
私「いつも(血管が)みつからなくて、困るんです。」
看「そうですか〜」
  右腕・左腕・右腕・左腕・右腕・左腕
  こすったり、たたいたり・・・
  (嫌な予感・・・)
看「25年くらい前に献血をされときは、400ml、されましたか?」
私「いいえ。」
看「ですよね。今は、400mlしかなくて、針が太いんです。
  採血の血液は取れるけど、献血の針は・・・」
  リスクをいろいろ説明され、今日はやめるようにと言われた・・・
  最後に、夏に来てくださいね!と、明るく付け加えられた。

ガーーーーン

私、献血ができない。

不安になり調べたら、血管が細いと透析をするときに問題があるって書いてあった。

さらに、ガーーーーン


寒い日に空腹状態だったのが原因に違いない。
と、思うことにした。

せっかく作ってもらった献血カードの回数は、「0」

ジュースも何ももらえず、中指の情報だけ取られた・・・

次はしっかり食べてからチャレンジしよう。

2018年10月21日

JLPT N2 〜を〜として

◆使い方
 N1をN2としてV/N1をN2とするN/N1をN2としたN


◆例文
  • 社員旅行は、他部署の社員との交流目的として毎年行われます。

  • このプロジェクトは山本さんリーダーとした10名のメンバーで取り組んでいます。

  • 今度のイベントは入社2、3年目の社員中心とする若手社員で企画しています。

  • 来月の講演は中村先生講師としてお招きします。

  • 今週末提出期限とした課題がまだできていない。

  • 明日、前回のテストが30点以下の生徒対象とした補習を行います。

  • 夜9時以降は使用しないこと条件として携帯電話を買うことにした。

  • ダイエット中にスイカだけ朝食として食べたことがあります。

  • あの大学に入学すること目標として頑張っています。絶対に合格します。

  • JLPTは日本語母国語とする人は受験できません。

  • 2018年10月20日

    JLPT N2 〜としても

    ◆使い方
     Vとしても/Vとしたって/Vにしても/Vにしたって
     Aとしても/Aとしたって/Aにしても/Aにしたって
     naとしても/naとしたって/naにしても/naにしたって
     Nとしても/Nとしたって/Nにしても/Nにしたって


    ◆例文
  • 本はあまり読みません。読むとしても、マンガくらいです。

  • 彼の月給が多いにしても、あんな高級な車は買えないはずだ。親に援助したもらったのだろう。

  • いくら甘いものが好きだとしても、こんな大きなケーキを一人では食べ切れない。

  • いくら甘いものが好きしても、こんな大きなケーキを一人では食べ切れない。

  • 受験に失敗してつらいのは、子どもだけでなくにしても同じだ。

  • 朝は食欲がないので食べるにしても、フルーツとヨーグルトくらいです。

  • 明日の朝、早いにしても、7時に寝るのは早過ぎると思う。

  • 子どもたちの食べたいものがシチューだとしても、私がカレーが食べたいければカレーを作ります。

  • N2に合格したにしても、日本語の勉強を続けてくださいね。勉強しないとすぐに忘れてしまいますよ。

  • おいしいとしても、虫の料理を食べてみようとは思わない。


  • 2018年10月19日

    JLPT N2 〜としたら

    ◆使い方
     Vとしたら/Vとすれば
     Aとしたら/Aとすれば
     naとしたら/naとすれば
     Nとしたら/Nとすれば

    ◆例文
  • 海外旅行に行くとしたら、きれいなビーチがある南の島に行きたい。

  • 息子の部屋がきれいだとしたら、彼女が掃除をしてくれているのだと思う。

  • 社長の考えだとしたら、従うしかない。

  • この問題が難しいとすれば、もう少し下のレベルから復習するしかないですね。

  • 読書は好きではありませんが、読むとしたら、推理小説を読みたいです。

  • 宝くじが当たったというのが本当だとすれば、災害で困っている人に寄付しようと思います。

  • もしも、私の一言がきっかけで頑張って成功したとしたら、とても嬉しいです。

  • 過去に戻れるとしたら、高校時代に戻ってもう一度勉強したいと思う反面、もう大学受験はしたくないとも思う。

  • 橋本さんがあなたにやさしいとしたら、それは、あながかわいいからです。橋本さんはかわいい女の子に弱いから。

  • 全員満点が取れると思いますが、間違えるとすれば、この問題ですね。


  • 2018年10月18日

    JLPT N2 〜にしたら

    ◆使い方
     Nにしたら/Nにすれば/Nにしてみたら/Nにしてみれば

    ◆例文
  • タバコの臭いは、タバコを吸わないにしたら本当に迷惑だ。

  • 先生にしてみたら努力している生徒を応援したくなるものだ。

  • にしてみれば、最も信頼していた友達に裏切られるなんて信じられないだろう。

  • 面倒くさがり屋のにしてみたら、なんでもすぐに行動できる友達がうらやましい。

  • 時間に厳しい中村さんにしたらいつも平気で遅刻してくる田中さんが許せないと思う。

  • にすれば子どもはいくつになっても子どもだ。

  • 子どもにしたら好きなようにしたいので、放っておいてほしいと思う時がある。

  • にしてみれば、ゴロゴロしている夫を見ると、少しは家事を手伝って欲しいと思う。

  • おじいちゃん、おばあちゃんにしたら、孫はかわいくて仕方ないものらしい。

  • 太り気味だと思っているにしたら、「私は細いので太りたい」と言っている人がうらやましくてたまらない。


  • 2018年10月14日

    JLPT N2 〜さえ〜ば

    ◆使い方
     NさえVば,NさえAければ,Nさえnaならば,NさえNなら
     Vますさえすば

    ◆例文
  • 難しいそうに見えますが、この説明書を読みさえすれ誰にでもできます。

  • さえいれ、忙しいときに晩御飯を作ってもらうのに・・・と思うこともある。

  • 部屋さえ広け、友達を呼んでパーティをしたい。

  • あと、感想文さえ書け夏休みの宿題が終わる。

  • 今のアパートはとなりの部屋のさえ静かなら、何も問題はありません。

  • お金さえあれ、家族で海外旅行に行きたいです。

  • 田中さんさえ良けれ、今度の休みに遊びに来てください。

  • 上りの新幹線に乗りさえすれ、東京に着くのでそんなに心配しなくても大丈夫です。

  • 自分さえ楽しけれいいという考え方は間違っています。

  • 時間さえあれ、もう少しいろいろなところを観光できたのに。残念だ。



  • プロフィール
    ひまわりスマイルさんの画像
    ひまわりスマイル
    外国人社員の日本語スキルアップが仕事のひとつになり、いろいろな例文を考えているところです。素人なので、日々、試行錯誤中ですし、自分の日本語能力の低さにがっくりきている今日この頃です。
    プロフィール
    検索
    最新記事
    (09/17)五十肩
    (09/15)JLPT N2
    (04/04)浮き指
    (02/13)その手でそこ触る?
    (01/22)献血
    カテゴリーアーカイブ
    日別アーカイブ
    最新コメント
    ファン
    ×

    この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。