広告

posted by fanblog

2018年04月06日

死ダン超簡単編成勝率97% クリアタイム2分半から3分半



私の死ダン攻略メンバーです。

death (1).png






death (1).JPG


ルーカシャ・アドリアン・カリン・イセリア・ダリオン。

ルーンはダリオン以外は暴走反撃。
ダリオンのみがオール反撃です。

全て純3以下のキャラ達だけですので、誰でも作れてなおかつスキル上げも容易い構成になっています。
もっともスキル上げがしにくいキャラがアドリアンというお手軽さ。


ほとんど旧テンプレのような組み合わせです。
1体ほど、テンプレとしては少々おかしな顔がいますが。



ここは色々試しましたね。
風イエティですとかベラデオン闇ハルピュイアですとか。
でも最終的にはこの編成で落ち着きました。


クリアタイムは2分半前後もしくは3分半前後。
なぜ「もしくは」という表現なのかは、みなさんおわかりでしょう。


勝率は、数えましたところ200回挑戦して敗北が6回。
ですから97%になります。
もちろんオートで。

簡単編成でオートのこの勝率は、我ながらなかなか上出来だと誇りたいものです。
ちょうど200周を終えた前日に双子が登場しまして、公開のタイミングがなくなってしまった可哀想なチームですが。



ルーカシャからイセリアまでは、死ダン攻略をお考えの皆さんならまずご存知でしょう。
それぞれに多段攻撃スキルや有効なデバフをもったキャラばかりです。


残る1体、ベラデオンや光カウガールであるべき1体が、なぜダリオンなのか。



ここは当初、私もベラデオンを入れておりました。
ベラデオンはスキル1に盾割りを持ち、スキル3が回復です。
また道中でもデコイとして他のキャラを保護してくれます。


しかしどうも私はベラデオンと相性が悪いようでして……
どうしても道中でやられてしまったり、ボス戦でベール剥がしが足りなかったりもしたんですね。
測ってみましたら、ベラデオン入りでは勝率90%ほどでした。



そこで回復スキル持ちであり、なおかつスキル1・2が2段攻撃の風イエティを使ってみましたところ……
悪くはないのですが、やはりこれも勝率は90%程度です。
さらにクリアタイムもやや伸びてしまって4分前後。
そもそもスキル倍率が低いので雑魚戦にも時間がかかり、ボス戦でも盾割も減ってしまって
もたついたことがその理由でしょう。


スキル1に速度低下の効果があるのでまるで役に立たないこともないですが、やはり低レアの悲しみですかね。

ちなみに初めての死ダン10階クリアは手動で、その時は風イエティが活躍してくれました。




しかし結局、どうも勝率90%の壁が超えられそうにない。
ルーンを保護ルーンにしてみたり単純に暴走反撃でよりよいルーンにしてみたりと、色々悩みました。



負けパターンの多くは、道中で誰かがやられてしまうことです。
特に中ボスの闇リッチ・グレゴ。
彼が一番危険です。


グレゴはパッシブなども面倒ですが、スキル2の盾割りランダム攻撃。
あれがこわい。
偶然、全ての攻撃が誰か一体に集中して、なおかつ初撃で盾割りをうけるとルーカシャ辺りが簡単に持っていかれます。
そうでなくても盾割りを付けられただけで危険です。
なんせデバフ解除は誰もいないのですから。



なのでヴェラモスを入れたりコナミヤを入れたりと試して試して、最後に行き着いたのがこのダリオンです。



death (2).JPG





ダリオンはパッシブから、味方が受けるダメージを20%カットしてくれます。
これにより盾割が付いても、受けるダメージが随分と減ります。
そして光属性なので狙われやすく、オール反撃なので反撃からの盾割りもつけやすい。

なによりパッシブ+ダリオンが狙われてくれる分だけ他のキャラは死ににくくなり、より攻撃的なステータスにすることができます。
結果としてグレゴの早期撃破が可能になり、なおかつ危険もぐっと減ります。


デコイや反撃の盾割りもかなり役立ちますが、全体を通してみればやはりパッシブが一番ですね。
その効果は闇ゴーレムの反射ダメージにまで及ぶほど。



グレゴの次に厄介だったのが闇ゴーレムのパッシブ反射でした。

グレゴ戦で体力が減っていた場合、そのキャラがそのまま消えてしまいがちです。
特にアタッカーであるルーカシャがそうなります。
暴走ルーンで自分の残り体力もお構いなしに攻撃を続けて、ゴーレムとともに溶けていってしまいます。


低体力高火力が求められる死ダンにおいて、闇ゴーレムのパッシブをどう攻略するか。
みなさんの多くは、保護ルーンで対処しているかと思います。
私はダリオンを選択しました。



彼のおかげで保護ルーンも必要なくなり、回復もカリン1体でなんとかなります。
さらに光属性なので、道中もデコイになってくれます。
そしてオール反撃による盾割りのばら撒き。
2回攻撃とはいえ多段攻撃で、剣折り効果のあるスキル2も地味に活躍します。



ボス戦でもデバフが優秀でして、ベールを剥がしたあとは結構な高確率でボスに盾割りを付けてくれます。
ダリオンの行動順は最後から2番目で、ルーカシャの前でした。
この順番ですとたいていダリオン行動前にはベールが剥がれていて、そしてダリオンの盾割からのルーカシャという理想的な攻撃が可能でした。



ベラデオンと比べますと、

属性・同じ
スキル1・同等
スキル2・剣折り2回攻撃 対 1回攻撃
スキル3・パッシブダメージカット 対 CTあり回復


と、やはりダリオンに軍配が上がるかと思われます。
ベラデオンでは上手くいかないという方は是非一度お試し下さい。


なお光カウガールに関しましては、私は一度も使ったことがないためその使用感は全くわかりません。
ダリオンよりも死ダンにふさわしいかどうかはぜひ皆さんでご確認下さい。



クリアタイムに関しましては、2分を切れていないので人によっては役に立たないチームでしょう。

しかしアリーナの攻撃施設、特に火属性攻撃アップがまだレベル3だったこと、
私の用意できるルーンなどたかが知れていること、
火フェアリー・イセリアのルーンを間違えてオール暴走にしていたこと、

これらを考慮しますと、いずれ2分は切っていたんじゃないかと思います。





death (2).png
よくあるちょっとが足りないケース



カテゴリーアーカイブ
検索
日付順ゲームごとの日記一覧
ゲームの公式サイトリンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
記事ランキング
最新記事
タグクラウド
日別アーカイブ
プロフィール
げんけんさんの画像
げんけん
プロフィール
無課金派。
ソロ派。
ガチャ好まない派。(縛りではない)

暇人。
ゲーム好き。
ながらプレイ好き。
漫画好き。
アニメ・動画は好きじゃない。

最近PCで軽く遊べるFLASHゲームが
減ってきて消化不良気味。
ファン






×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。