広告

posted by fanblog

2019年11月04日

”スマホ史上最恐”の続編『呪巣 ー零の章ー』


以前にご紹介した”スマホ史上最怖”を謳うホラー脱出ゲーム
『呪巣 怨の章』
http://fanblogs.jp/himatubushide/archive/977/0


今回はその続編である
『呪巣 零の章』をご紹介する。

jyusouzero (1).png



GooglePlay版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.edges.horror2&hl=ja

Apple版
https://apps.apple.com/jp/app/%E6%9C%80%E6%81%90%E8%84%B1%E5%87%BA%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0-%E5%91%AA%E5%B7%A3-%E9%9B%B6%E3%83%8E%E7%AB%A0/id1121630607




操作など


だいたい前作と一緒。
アイテムを集めてアチコチタップして謎を解いて話を進めていく。だけ。
その謎も本作はこう……あんまりない。
脱出ゲームとしての手ごたえはあんまりない。

ホラーに主眼を置いているからかな。




ストーリー


前作の主人公がふと気が向いて荒らしまわった廃墟の家。
その家で当時起こった事件が今回のストーリー。
つまり本作は前作の続編であり、時間的には過去の話になる。


■■呪巣 プロローグ■■

双子の姉の零が死んだ

自分の半身が突然なくなったような虚無感が心にどす黒く広がっていく

この事故をきっかけに家族の空気が大きく変わった

零の死からもうすぐ49日のそんな時、一枚の手紙を見つけた

零からの手紙・・・。私への手紙・・・。

生前に書かれたであろう零からの意味深げな ”お願い” だった・・・。

■■■■

※GooglePlayから引用



jyusouzero (2).png



前作の家の数十年前、まだ家族がそこに住んでいた頃の話になる。
時代は1988年。
主人公は双子の妹・哀。
双子の姉である零からの手紙を発見し、その願いをかなえようと奔走する。
その設定だけをうまく使えば、ハートフルコメディな内容にでもできそうだ。




ホラー度


本作は、ホラー作品としてみると残念なことに、ホラー度は前作よりも下がってしまっている。
まず、家の中が廃墟前ということで、いかにもといった雰囲気がほとんどない。
やっぱり、いかにも誰かが死んでいてもおかしくないような建物と、まだそこに住民が生きている建物とでは、雰囲気が全然違う。
ホラーに向いているのは当然前者で、本作は後者になる。


jyusouzero (4).png
リビングもきれい



それから主人公がこの家の娘であるという点も、少なからず恐怖心を和らげる一因となる。
赤の他人が入り込んだ前作は、ただそれだけでそこに住まう幽霊を怒らせるかもしれないという、アウェーな空気がある。
しかし本作の場合はむしろ完全なるホームなわけで、理不尽な襲撃はないであろうという空気がどこかにある。
それはホラーとしてはよろしくない。


jyusouzero (5).png
バスルームもきれい



当然、まだ住民がいるということで、壁や家具の古臭い雰囲気はともかくとして家の中も片付いている。
そこもホラーとしては不利だろう。
本作が初プレイであればまだしも、たいていのプレイヤーはすでに前作をプレイ済みだろうからだ。
やっぱ……きれいな空間よりも汚い空間の方が、なんかありそうだし。

また、本作と前作と、その舞台となる家は時代が違うだけで全く同じ家だ。
となれば、主人公のみならず前作をプレイ済みのプレイヤーからしても、ここはすでに慣れ親しんだ家だ。
全く未知な世界に足を踏み入れる、という不安感に乏しい。



jyusouzero (6).png
トイレもきれ……きたねえな




とまあ、本作は続編ということで前作とどうしても見比べてしまう部分が多く、その要素の多くはホラー的に弱くなってしまっている。と言わざるを得ない。

一応、本作もホラーゲームお得意のびっくり要素はある。












jyusouzero (7).png
ババァ!




jyusouzero (8).png
ハハオヤッ!!



jyusouzero (9).png
目がでかい 最近の女子はこういう顔を目指してんのかい?




jyusouzero (10).png
ラスト 零の霊




jyusouzero (11).png


この、どこにでも出てくる横顔はかなりいい感じだった。
必ず右側からこちらを見ているから、たいてい操作中の指で隠れる。
んで画面を右に移動させている時に出てきてすぐに引っ込むから
「ん……? 今なんか……いたッ! ってもういない!?」
となる。


で……
だ、誰?
目デカ顔と言い、あんたたち誰?


あとは……特になかったなあ。



ネタバレストーリー


で、結局この日に何が起こったのかといえば、結局よくわからないままだ。
一つ一つは断片的に伝わるけれど、全体的にはなんともチグハグな感じ。
順番もはっきりしない。
おかしかったのは零なのか母親なのかばあさんなのかもよくわからない。

というか全員おかしくなったみたいな感じだった。
というかいきなり双子とかちょっと無理やりだな。
というかいろいろ強引に合わせてきたなという感じが強い。


以下の出来事は大雑把な流れで、どこかは前後していてもおかしくない。



ゲーム開始前

零と哀がばあさんの部屋から井戸を見つける
零から笑顔が消える


jyusouzero (12).png



母親が野良猫を処分する


jyusouzero (13).png



零がばあさんの人形の首を切り落とす
ばあさんが零をトイレに閉じ込める


jyusouzero (14).png




零が階段から落ちて死ぬ
同じ日に写真を撮る
ばあさんがおかしくなる

一週間後に父親が交通事故で死ぬ

じいさんが行方不明になる



ゲーム開始後

哀が零からの手紙を見つける
母親の部屋に行くも母親は不在
ばあさんの部屋に行く
電話が鳴るけど出る前に切れる
いつの間にか帰ってきていた母親が料理を作っている
トイレに行く
軒先に出たばあさんの頭にバールが落ちてくる
ばあさんはおそらく死亡


jyusouzero (15).png
座っているのはばあさんでなく、たぶん零の霊



母親の部屋で母親に襲われる
屋根裏に隠される 
押し入れにはお札
二段ベッドが一段になっている
ばあさんの部屋が人形の髪まみれになる


jyusouzero (16).png



ばあさんの部屋から井戸が出てくる
井戸から零の手紙が出てくる
母親がリビングにメモを残し消える
バスルームが血まみれに


jyusouzero (17).png



トイレが外から板で封じられる


jyusouzero (18).png



トイレの中で母親が首つり


jyusouzero (19).png



零の霊が出てくる


jyusouzero (10).png



家族の写真を渡してありがとう

哀はどっかいった。
以上。


これ以上詳しくは、また今度考察記事で。
考察をする気力が残っているならの話だ。
めんどくさいしもういいかなという気もしている。
考察が欲しい方はいいね!ボタンを……ねーか。ねーな。



おまけ



jyusouzero (16).png


この人形だけ髪が薄い! だと!

他人事とは思えない。
この人形は俺が……やっぱいいや気持ち悪いし。



おまけ2



前作ラストの顔はどうやら哀のなれの果てだったようだ。


jyusou (77).png


零の霊は幽霊っぽいのに零だけに
哀はなんかゾンビみたい。



jyusouzero (10).png



双子だったのにねえ。



jyusouzero (20).png


こんなにかわいい顔をしていたのに……
零の方はまだ女の子っぽいけど、哀の方は女の子なのかどうかも怪しくなっちゃってまあ……
なんともしい……ハッ!?



GooglePlay版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.edges.horror2&hl=ja

Apple版
https://apps.apple.com/jp/app/%E6%9C%80%E6%81%90%E8%84%B1%E5%87%BA%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0-%E5%91%AA%E5%B7%A3-%E9%9B%B6%E3%83%8E%E7%AB%A0/id1121630607

カテゴリーアーカイブ
検索
日付順ゲームごとの日記一覧
ゲームの公式サイトリンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
記事ランキング
最新記事
タグクラウド
日別アーカイブ
プロフィール
げんけんさんの画像
げんけん
プロフィール
無課金派。
ソロ派。
ガチャ好まない派。(縛りではない)

暇人。
ゲーム好き。
ながらプレイ好き。
漫画好き。
アニメ・動画は好きじゃない。

最近PCで軽く遊べるFLASHゲームが
減ってきて消化不良気味。
ファン






×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。