【チャイナ終了】 リコー 中国での生産をタイへ・・・

事務機器大手リコーは5日、中国での複写機の生産をタイへ移管する準備を進めていると明らかにした。中国の輸出環境が米国との貿易摩擦で悪化している影響を緩和する狙いだ。

現在、複写機を中国の上海や深センから米国へ輸出しており、生産の移管を決めれば、最速2カ月でタイから輸出できる体制を整えた。部品も中国以外で調達が可能だという。

山下良則社長は共同通信のインタビューに応じ「(中国からの)移転なり(他国での)工場の設立などを柔軟に考えないといけない」との認識を示した。米中の摩擦が長期化するとの見通しも示し「さらに関税がかかると大きな痛手になる」と述べた。

このニュースを受けてネットでは、

「中国は世界の工場としてとても素晴らしい働きを果たしてきたけれど、他国から見ての利点はどんどん薄れて、技術盗用などの不利点のほうがどんどん上回っている。しかもアメリカや他の国々との間で、商業におけるモラル面での大きな摩擦が強まっている。(繰り返すがアメリカが前面に出しているのは、貿易摩擦というより、商業モラル摩擦)中国を脱出することは良いと思うし、先行した企業、続く企業、たくさんでしょう。」

「アメリカが貿易戦争を仕掛けたのは、中国が力を必要以上に強めているのが原因、今回も台湾での問題でも米をけん制している所を見ると、貿易問題はすぐには解決しそうにはない、中国も賃金が上がって旨味も少なくなった今、賃金の安い方にシフトするのは当然だが、巨大消費地とみられる中国から全面撤退するのも考える所も有る。」

「中国を離脱する企業が多くなっている。ミャンマーやベトナム、或いはマレーシアなど。個人的にはモンゴルなども日本のノウハウを投入すればかなりの戦力になると思う。中国人は独自の組合みたいなもので全てを自分達のものにしたいと露骨に考えている。中国離れはこの際良い機会ではないか?アメリカやヨーロッパの企業も当然考えているはず。」

「前までは中国進出する企業多かったけどちょうどいい転換期かもね。」

「とても良いことです。後に続く日本企業が増えて欲しい。しかし、撤退する時は目立たず、密かに素早くやりましょう。下手すると難癖つけて身柄を拘束されてしまいます。」

「企業としての先見性はとても素晴らしいものを感じます。他の企業も追随すると良いでしょう!!」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by はいはい at 20:59 | ビジネス

レクサスの超ド級SUV ランボルギーニ対抗「F」の噂??

レクサスが2018年1月のデトロイトモーターショーで初公開したフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『LF-1リミットレス』。その市販型に関する情報を、欧州エージェントから入手した。

LF-1リミットレスは、ラグジュアリークロスオーバー市場の先駆者として、多様化する顧客のライフスタイルに対し、新しいラグジュアリーの方向性を提案する。鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受け、流れるような動きを持つしなやかな造形を表現したフラッグシップSUVだ。

スクープサイトSpyder7では、情報をもとに生産モデルの予想CGを制作した。コンセプトモデルをベースにレクサスのフラッグシップSUVらしい高級感を追求。両サイドには大胆にえぐられたインテークや、エアダクトを配しスポーツ性を持たせた。また、ライト類を縦ラインのメッキに絡めた立体的なデザインとして、フラッグシップらしい高級感あるフロントのイメージを作り上げた。

プラットフォームには、「TNGA」のレクサス版「LNGA」を採用。コンセプトモデルのボディサイズは、全長5014mm、全幅1986mm、全高1605mm、ホイールベース2974mmと発表されている。市販型では、全長5000mm、全幅1980mm、全高1590mmが予想され、全体的に若干コンパクトに変更されるはずだ。

パワートレインは、フラッグシップ・サルーン『LS』から流用される3.5リットルV型6気筒エンジンを搭載、最高出力は430psを発揮する。また3.5リットルV型6気筒+2電気モーターの「マルチステージハイブリッド」モデルの設定も噂される。

そして注目は、LSに設定が予想される「LS F」と共有する4リットルV型8気筒ツインターボエンジンで、最高出力は670psと噂される。これが実現すれば、同クラスのエンジンを搭載するランボルギーニ『ウルス』の650psをも凌駕するスーパーSUVの誕生となる。

予想価格は15万ドル(約1690万円)とされており、ウルスの20万ドル(約2260万円)よりかなりお得なプライスだ。

市販型のワールドプレミアは2020年内のモーターショー。2021年からの発売が予想される。

このニュースを受けてネットでは、

「買えないから他人事ですが、こうしたプレミアムSUVブームはいつまで続くのかなぁ。売れる売れないは別にして、個人的には目の覚めるような流麗なクーペやセダンを作って欲しい。」

「スペックと価格でこっちが凄い!って言う記事になるのは仕方がないかもしれないけど、車ってエンジンスペックと価格だけじゃないと思うけどなぁ。しかも、発売予定は2年以上先なのか。その時にSUVブームが過ぎ去っていないといいけど・・・まぁ、どうせ買えないけど。」

「最近、デザインがほぼ同じで斬新さが無いと思う。品質の良さは世界で一番だと思うが。」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by はいはい at 23:49 | ビジネス

【悲報】ソフトバンク 9千人配置転換に批判の声多数

ソフトバンクは、数年内に1万7千人の従業員のうち9千人をグループの新ビジネスに配置転換することを明らかにした。国内の携帯電話市場が飽和し、料金の値下げ圧力が高まっていることから、携帯以外の新分野で人材を活用する。

ソフトバンクは既存事業の人員を半減させるとともに生産性を2倍に向上させる「ハーフ&トゥワイス(半分と2倍)」を掲げた。すでに今春から11月までに社内公募を通じて技術、営業、コールセンターなどから500人以上が、新事業に異動した。来年1月1日付でさらに200人を追加で異動させる。


このニュースを受けてネットでは、

「9000人もの配置転換先があるなんて、スゲーって印象です。しかし、本人希望と違う不本意な部署に配置される人も多そうですね。」

「キャリアショップはたくさんあっても直営店なんてあまりないから難しいかもしれないけど3ヶ月とか期間限定でいいから店舗業務を全職員が経験してみたら?複雑な料金プランやオプション説明などそして苦情を含めたお客様対応などどれだけ大変かを経験したほうがいいと思う」

「正直更なるサービス低下が伺えますね。」

「配置転換して事業再編、、、聞こえは良いけど、具体的な市場把握と計画がある様で無い。過去同様な事をして失敗した企業と同じ様にならなければ良いですが、、、」

「公募で移動できるのは良いな!グループに色んな業種の会社があるので、やりたいことがある人には良い機会ではないか。とはいえ、どこまで希望が通るのかにもよるけど。ダメな人は、これを機会にリストラまがいなことされるのかな。」

「いつか破綻する気がしてならない。ライザップもそうだが、急激な合併吸収多角化で、収益が増えた企業はあまりない。隠れた借金だけが増えて、どこかで判断を誤りそうだと感じる。」

「携帯電話事業に全て投入しているわけでは無いだろうが、かなり人数が大きいと感じる。ある意味余剰気味だったかも知れないがARMの買収やTOYOTAとの自動運転促進事業など次々とAI絡みの新事業分野にシフトを加速させている中で組織化移行を断交すると決めたのだろう。」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by はいはい at 23:47 | ビジネス
最新記事
金融ローン人気ランキング
どうしても今すぐ10万借りたい
本気でお見合いに悩んでいる方へ
厳選18社から結婚相談所を比較