プロフィール
hidekiti57さんの画像
hidekiti57
プロフィール
hidekiti57のブログサイトへのリンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
検索
ファン
最新コメント
月別アーカイブ
日別アーカイブ
カテゴリーアーカイブ
写真ギャラリー

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年11月21日

今日の株式&ドル円相場への独り言(ぼやき)11/21


以下のポイントサイトは会員登録無料です。この機会にどうぞ^^↓↓↓
モッピー!お金がたまるポイントサイト

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム



サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
↑↑↑以上のポイントサイトは会員登録無料です。この機会にどうぞ^^↑↑↑
とりあえず全部登録してみて
そこから自分に合ったサイトを探してみよう!
毎日順番に回ってみるのもいいかもよ^^
それで自分のやり方に合う使い勝手の良い一番のサイトを見つけよう!^^v

人気ブログランキングへ
宜しくお願いしますm(_ _)m


主要指標
NYダウ   18867.93 -35.89

NASDAQ  5321.51 -12.46

S&P       2181.90 -5.22

ドル円前日値幅  109.791〜110.942

ユーロ前日値幅  116.783〜117.521

大阪日経先物(夜間)/18 18025 -75

CME日経平均先物/18   18000 -100

日経平均前日終値   17967.41 +104.78

WTI原油先物/18    45.69 +0.27

東証1部売買高    2.724105兆円
↓↓↓【株価&ドル/円予想と虫標】につづく





↓↓↓【株価&ドル/円予想と虫標】
ドル円(予想) 110.00〜111.50

日経平均(予想)  17900〜18200






米国市場
米国市場は3指数共反落。トランプ期待も落ち着いてきた格好か。今後の上昇期待は米国主要企業の業績に支えられていくだろう。年内は下げる場面があってもまたその分反発してくだろう。来年以降はトランプさんの経済政策の具現化と企業業績のアップ、この二つが相まって行く事が上昇するための大前提になる。

日本市場
本日は円安で堅調にスタートするでしょう。先週は結局18000円をキープ出来ずある意味思った通りの動きでした。後場で下げて陰線になるという。




テクニカル虫標
日足は青蓑虫ですが前日比に対しては成長です。
週足は着実に成長してます。赤芋虫で終了しました。良い形で今週に繫がったと思います。
月足はきれいな赤トンボを維持し続け良い形ですです。ドンドン成長するとしか思えないくらいきれいな形です。先週は18000円いけず今週は行くでしょう。正直な所は徐々に上がって欲しかったのに一気に上がって最後しゅんとなっちゃいましたね。でもまだ大丈夫かと。

こちらでは平日毎朝9時までに前日の結果と今日の予想を掲載してます。→ひできちさんの株日記



ぼやき【負けない為のルール】
以下に書くことは勝ち組の人には一切関係ない話です。
これから投資を始めるという方や、すでに取引をしてるが結果が、中々出せてないという方達を対象にして書いてます。一旦市場から撤退せざるを得なくなった者として、なぜそうなったかをどうすればよかったをお話しさせて頂きます。

本日も損切りについてです。っていうか18日に掲載したはずの物がなくなってる・・・・??なんかやらかしちゃったんだと思うが・・・ショックじゃ><

それはもう置いといてですね。
損切り=撤収がいかに重要かを分かって欲しくまた書きます。
正直始めたばかりの時はホント損切りの重要性が分かってなかったです。っていうか分かりたくなかったというのが損失が出だした時の心境かと。下がっても上がるだろうと思い持ち続け、ドンドン下がる・・・もう損切りしないとと思ってももうチョイ上がってからなんて根拠の無い期待を抱いて持ち続けてしまうという悪循環に嵌っている。
塩漬けが多くなる時は大体こんな感じで現実逃避してましたね。
買う時はこれから上がると思って買ってるのにそれがドンドン下がって行くって事は完全に読みが外れてしまってるから即撤収が掟なのにね。

そうすると如何に感情をコントロール出来るかなんですが最初にそれが出来ない人は基本ずっと出来ない人です。
そういう人は感情を無に出来る物を利用すれば良いんです。ってかしないといけないんです。
それは各証券会社にあるツイン指値&逆指値を活用する事です。
マネックス証券の【みまもるくん】※1が更に便利ですよ。

要は損切りはルールをきちんと決めそれを如何に淡々と決められたルール通りに行うかが大事で初心者程各社にある便利なツールの特性を理解し最初から活用出来るかが今後の収益に繫がっていく事は間違いないでしょうね。

そのルールでよく言われてるのは買い値の10%増しで利益確定、5%減で損切りを行うのが基本になってるようです。
ですが、銘柄によりけりでその幅は大きく変わってくるかと思います。
例えば値動きの激しい銘柄は数週間で30〜40%動く事もあります。その動向が分析出来、そこから今後の動きが読み解けていけるなら10%で利確していたらある意味損失ですよね。25%で設定しておいても良いと思うし、完全に上昇傾向に有るならそこで逆指値を利用して日々株価を更新していけばもう少し高いところで売れるかもしれません。日々出来なくても事前に設定※2出来ますし、絶対利用すべきです。
銘柄の値幅の動きのパターンを見極めるためとライン%※3を判断するためには、1ヵ月半くらいのスパンで日々のデーターを取り平均値を出し期間内の最高値と最低値に対して何%の上下幅率かを計算し、出た数字が今のその銘柄のライン%とする。
割り出したそのライン%を当てはめて売買する事によりロスの少ない売買が行えるかと思います。
不慣れなうちは売買する銘柄を選ぶ理由は自分が使ってる商品や愛用してる物を作ってる企業でも名の知れた企業でもなんでも良いんですが大前提として業績が安定※4している事ですね。さらに言えばこれから業績が上がりそうだなと思う企業を常にチェックしておくことですね。今だと自動運転関連・ドローン関連なんて当たり前ですね。以前でこんなのも来るかなと思ったのはコンビニでドーナツを売るってなった時保管用のケースを作ってる企業をチェックしてたら300円くらいだった株価がみるみる500円を越えてきましたね。後、ちょっと前だとロックオンなんですがチェックし出してからでも、40%近く上げてましたね。塩漬け状態で買ってませんが・・・^^;最悪ですね><
そうなったのも売買のタイミングを見誤り、資金の投資分配のバランスを崩してしまったからです。自分で決めたルールを自ら破ったというのが一番の原因です。
損切りを淡々と行う為に証券会社のツールを常に活用する。活用できない場合の売買は絶対行わない。
資金の投入は総資金の50%のみでそのうちのさらに50%以下になったら一旦市場から撤収する。投資以外で資金を復活させるまで市場に復帰しない等々
損失を出さない方法、まず防御を徹底して行い身に付けダメージ※5を負わない事が具現化出来る様になってから多少のリスクを背負ってでも攻撃に転じる。(本来の防御の体現なくして攻撃が最大の防御になることはない。)




今日はこの辺で、続きはまた次回のぼやきでm(_ _)m

タイミングとバランス!それを支えるのがルールですなんですがこの話の多くの具体的な事はもうちょい先に成ります。。。

※1【みまもるくん】に関しては11/17の記事をご覧下さい。
※2状況によっては売買不成立や希望価格で売買出来ない事もありますのでチェックは怠らずにしましょう。
※3利確%&損切り%の上下の売買ライン
※4安定してるかどうかの判断を自動で計算・グラフ化して見える化するには管理・分析自動計算表をご覧下さい
※5ダメージ=撤退であり撤収(損切り)ではない。撤収はルールに則って即時実行をする。絶対にする!!


カテゴリーが【トホホな株日記><】の時のぼやきは株をやってて今まで経験した事そこで感じた事、なんでこんな事をといった内容で多くの失敗談^^;とちょこっとの成功例^^vを書いていきますので反面教師としてみな様のご参考になれればなと思います。

書いてる内に思い出したことを間にちょいちょい挟んだりしてます。
お見苦しい点が多々あるかと思いますがご理解の程宜しくお願いします。
色んなコメお待ちしております。m(_ _)m




目に見えてわかる色々な管理分析表!
管理分析表とは←気になる方はこちらへどうぞ

※尚、このブログで過去には、紹介しております。気になる方は是非過去ログを見て下さい!
後、こちらでも→ひできちさんの株日記&自動計算表掲載ブロマガ 
さらにこちらのサイトでは色々な自動計算表を出品しています。
エクセルオリジナル自動計算表の出品&エクセルシートの作成をします。

以下の本が自動計算表作成の為に参考にした本です!!!

ひと言で言えば痒い所に手が届くそんな本です。
とにかく自分的にはこんな事がしたいけど、こんな式はないかな?と思って探せばドンピシャで有るというとこが良かったです!是非ご利用ください。m(_ _)m
他にも参考にした良い本があります。
今後、紹介していきますので良かったらそれらも使ってみて下さい。
よろしくです!!^^




アンケートモニター登録 アンケートモニター登録
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。