プロフィール
hidekiti57さんの画像
hidekiti57
プロフィール
hidekiti57のブログサイトへのリンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
検索
ファン
最新コメント
日別アーカイブ
カテゴリーアーカイブ
写真ギャラリー

広告

posted by fanblog

2016年11月12日

SMAPは解散してしまうのか?キムタクは本当に裏切り者なのか?






SMAPが(事務所が強引に)解散を宣言してから早3ヶ月くらいですか・・
元々噂はチョイ前から有りましたが今現在、一番強調される解散の理由はメンバー不仲説で一緒に仕事が出来ないと言われているが・・・ホントのところはどうなんでしょう。
最初はマネージャー以下メンバーが謀反を起こして事務所をやめると言い出したと言われてる。
そして途中でキムタクが裏切ったと。それが香取が許せず一人意固地になっていると。
でも、最初は事務所(メリー社長)からマネジャーが罵声を浴びせられ(一般企業で言うところのパワハラ)クビを宣告SMAPも連れて出て行けと(その下にいる気に入らない部下もついでにクビにしてやろうとそのときの感情で)言った。
これが事実ならこの時点で事務所はアウトでしょう。
しかしこれで収まらずさらに訳の分からないことを言い出す始末。
謝罪会見、キムタクの裏切り、それに対して不信感と嫌悪感からくる他メンバーとの確執等々
ですが、これらはすべて事務所から出てくる情報であって真相は藪の中です。



今日はタイトルに揚げた「キムタク派裏切り者なのか?」に焦点を当てて妄想します。
まず25年間苦楽を共にした仕事仲間をそんな簡単に裏切るだろうか?
ホントのところはまず工藤静香を小杉・メリーさんが恫喝しありとあらゆる所に圧力をかけ、今後の芸能界を生きながらえて行きたければキムタクを説得する様強要され、メリーさん自身もキムタクには今事務所に残留するって言えば嫁も悪いようにはしない。さらにキムタクに幹部の話も持ちかけたがキムタクはそれを拒否、メンバー全員の今まで通りの活動と何よりSMAP解散撤回を懇願し続けていた。
メリーさんはそれを了承、解散は撤回すると言った。(腹の中では解散させる気満々でこの段階で筋書きは出来上がっていた)
キムタクもそれならと条件を飲み残留を表明したがそれこそマリーさんの思う壺!
そして早々にキムタクのイメージを下げるためのキャンペーンを最初に計画していた通りに展開していった。
まず謝罪会見でキムタク真ん中に立たせる様にフジの社員に指示し、はたから見ればどう見ても感じが悪く映るようなカメラワークでこれまたフジ側に指示済み。
これが第一弾でそこから次々に展開、裏切り者説を最初に流したのもメリーさんの指示、香取がキムタクに嫌悪感を抱いてるといった事をまず噂で流れるように仕向け頃合を見計らって記事にする様に指示したのもメリーさん。
キムタクがハワイに行く様仕向けそれに合わして解散宣言を流したのもメリーさんの指示。さらに追い討ちを掛けるようにキムタク解散を知ってか知らずかとにかくそんな時に呑気にハワイで夏休みみたいな印象を持たれる様に仕向けたのもメリーさん。まあ実際筋書きを書いたのは実は小杉でメリーさんは飯島さんとSMAPが大嫌いな気持ちを利用されただけ。
究極のパワハラ野郎は裏でメリーさんをも操っていたということです。
そう考えると話は変わるが豊洲の盛土を止める様に指示したのはホントに処分される人達だけなんだろうか・・・
戻ります。解散はしないと約束されていたキムタクは激怒してイライラして帰国したところをカメラに撮られ印象悪くこれまたイメージダウン・・・まあこれは誰の指示でもなくキムタクが苛立ちを隠しきれなかっただけですが・・・



とにかくメリーさんは最初からSMAPを潰すのが目的だったと言うことです。
キムタクのイメージが下がることを良しとしないなんて記事が出てますがそれも実はこうなることを見越しての情報操作です。
でも、所詮は情報操作止まりで情報を征していない。
やはり最後に勝つのは情報を征するだけでなく国民的アイドルとして多くの国民の心を鷲掴みに征しているSMAPであることを願いたいですね。。。


以上はすべて妄想と想像が入り混じったフィクションみたいなものです。。。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5613726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アンケートモニター登録 アンケートモニター登録
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。